ネット通販の自転車の送料について

更新日:

ネット通販でママチャリに限らず自転車を購入しようとすると思いのほか送料が高かったりします。

そのため、実店舗で購入したほうが結果として安上がりなこともあり送料はママチャリ購入にあたり気にする箇所のひとつです。

この記事ではママチャリがなぜそんなに送料が高いのか」「安くする方法はないのかなどを検証してみたいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


なぜ通販の自転車は送料が高いのか

一般的な宅配便であれば送料は1,000円前後のイメージですが、自転車だと数千円から1万円程度かかることもあります。

価格が高いのは簡単にいえば、ママチャリは大きいから送料が高いということです。

一般的に宅配業者の送料は縦×横×高さの三辺の大きさできまります。

自転車の場合、この合計が全長×ハンドルの隅から隅×ハンドル上部までと3辺で250cm以上になります。

そのため80cm四方のダンボールを運ぶのと同等の大きさとなってしまい送料が高くなってしまいます。

実際通販に限らず、自転車の送料はいくらくらい?

ヤマト運輸で自転車を配送した場合の送料

ヤマト運輸の場合、

高さ170㎝以内・縦100㎝以内・横100㎝以内、3辺の合計200㎝以内 ・重さ30㎏以内

までしか受け付けてくれません。

それ以上になると「らくらく家財宅急便」というヤマトホームコンビニエンスという別会社になります。引越しなどをしてくれる企業ですね。

検索してみると例えばママチャリを東京都から東京都へ運ぶ場合自転車(26インチ)はEランクというカテゴリにあり価格はなんと16,254円になります。

なお、引っ越しで自転車を運ぶことについて詳しく知りたいかたは「自転車を引っ越し先に運ぶときの注意点 自転車だけ配送や防犯登録などの手続きなども」に詳しい情報を掲載しています。

佐川急便で自転車を配送した場合の送料

飛脚ラージサイズ宅配便という種類のサービスがあります。3辺合計が260cm以内であれば運べるサービスになります。

仮に同じくママチャリを東京都から東京都へ運んだ場合5,886 円になります。

ただし備考欄に

不定型品(自転車・脚付きソファ・キャスターつき製品・椅子等)、工芸品やガラス製品などの易損品は料金が2割増しとなります。

とあるため、7,063円程度になる見込みです。

西濃運輸で自転車を配送した場合の送料

西濃運輸は自転車専門の「カンガルー自転車イベント便/輸送便」というサービスがあります。

自転車の前輪、もしくは両輪を外して3辺の合計サイズが280cm未満、かつ重量30kg以内に梱包されたもはOKとのことですが、一方前輪、もしくは両輪を外して3辺の合計サイズが280cm以上、もしくは重量30kgを超えるものは対象外とのことです。

ようするに自転車をばらばらにして梱包すればよいがそのままでは運べないということですね。

仮にバラバラに梱包した場合、同じく東京都から東京都に運んだ場合5,850円になります。

主要業者の自転車送料まとめ

やはり普通に宅配業者に委託するとママチャリの送料が数千円後半から1万円以上かかるということがわかりました。昨今の物流費高騰を考えるといたし方がないのでしょうか。

自転車の送料が安い通販業者はどうしているのか

ネット通販でママチャリの送料が安い販売店はどのような企業努力をしているのでしょうか。

大手配送会社を利用しない方法は多数あり、ほかにも「自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法」に詳しく記載しているので参考してみてください。

90%~95%組立てで自転車を発送して送料を抑える

簡単にいうと「ママチャリをバラバラにして配送して組み立てはお客様で行ってね」ということで梱包を小さくまとめて送料を安くしている業者です。

このようなママチャリは送料が安くなりますが2つ問題があります。

自転車の組み立てを個人で行わなければならない

ハンドルやペダル、かごの取り付けなど組み立て作業を購入者自身で行わなければなりません。

一般的にママチャリをネット購入する方は組み立てに関しては素人なので、時間がかかるだけではなく組み立てが失敗したまま乗っていると事故の原因にもなりかねます。

自転車の出荷前点検調整をしていない

       組み立てよりも気がつきにくいですが最も危険なのは出荷前点検を行っておらず生産工業から販売店倉庫に届きそのままの状態でお客様へお送りしているということです。

基本的に工場では生産することが目的であり最終調整は販売店にゆだねた状態で生産を行っています。

販売店は最終調整をすることなく購入者へ輸送しているので、そのしわ寄せはママチャリを購入した購入者にゆだねられます。

組み立てを行わなければならないカゴやハンドルペダルは慎重に組み立てると思いますが、一方でギア、ブレーキなどの調整などはお客様が行うべき項目になります。

ギア、ブレーキなどはカゴなどよりもよりママチャリのコアの部分になるため、慎重な点検整備が必要にも関わらず素人の購入者が点検しなければなりません。

そのまま乗ったママチャリは非常に危険な状態です。

起こりうることとしてはブレーキがいざというときにかからなくなる、逆にワイヤーがひっかかり急にブレーキがかかってしまう。

ギアが切りかわらない。チェーンが外れるなどです。

特に運転中に外装ギアを切り替えしようとしてチェーンが外れると非常に危険で事故のもとになります。

このようなネット通販の90%組み立て、95%組み立てのような店舗に関してはお客様責任でしっかりと組み立てる自身がなければ最寄の自転車屋さんに持ち込み組み立て点検整備をしてもらったほうが懸命です。

自転車屋さんに組み立ててもらうなら自転車屋さんで整備されたママチャリを買ったほうが安上がりで気まずい思いもしないと思いますが・・・

100%組み立て自転車をおすすめする理由は「ネット通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を絶対に買おう」も読んでいただければわかると思います。

通販大手ではない独自の自転車配送ロジスティックスを利用し送料を抑える

例えば特定の地域のみを専門にしている配送業者も数多くいます。

例えばフランチャイズで地元密着の配送といえば赤帽などがそれにあたると思います。

例えば1日貸切 8時間迄・80km迄     21,060円です。

店舗からすると数台これではこべるため結果として割安になるのだと思います。

5台運べれば一台あたり5,000円程度になり、10台運べば2,500円になります。

送料が安い場合このような地元型の業者に委託している場合もあります。

自転車店舗受け取りで送料を抑える 通販で購入店舗で受取

購入者が店舗で受け取ることで送料を抑えることができます。

卸の物流で一括で店舗で配送しているため送料は当然抑えられます。

またプロの自転車整備士などが調整もしてくれるため安心です。

デメリットとしては店舗までとりに行かなければならないとこ、ネットだけで意思決定をし店舗で受け取りをすることで思っていたものと異なっているなどのトラブルが発生する可能性はあります。

ネット通販限定価格などもあるので実店舗価格とネット通販価格が異なっていることも多いですね。

自転車店舗受取については「「自転車販売の実店舗」 一覧」に掲載されており、ネット通販に参入している自転車店はほとんど店舗受取を実施しています。

上記店舗であればインターネット通販で購入し、店舗で受け取りは送料がかからず自転車を受け取りすることが可能です。

ママチャリはものが大きいので送料が高いことは消費者は受け入れるしかありません。

しかし企業努力、サービスなどで価格を抑えていることもあります。

サービスレベルの低下で組み立てを購入者が行わなければならない場合、家具などと違い加害者にもなりえるママチャリのためしっかりとプロに組み立て整備点検を行ってもらうことをおすすめます。

なお、具体的なおすすめできる自転車については「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」にも詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

ネット通販の自転車の送料についてのまとめ

インターネット通販で自転車を購入すると送料が高いことにびっくりします。

これは通常の宅急便ではなく大型便の部類に入り、縦横高さの3辺で250cm以上になるためです。

主要な宅急便会社の場合、自転車の送料は東京都から東京都と都内配送の場合以下の通りです。

  • ヤマト運輸・・・16,254円
  • 佐川急便・・・7,063円
  • 西濃運輸・・・5,850円

ただし、西濃運輸の場合、自転車をバラバラな状態して配送した場合の送料になります。

インターネット通販で自転車を販売している店舗では送料を抑えるためにさまざまな努力をしています。

例えば自転車自体を組み立て途中の90%組み立て、95%組み立てと呼ばれる状態で小さくまとめて送料を抑えています。
この場合、組み立て点検を購入者が行うためあまりおすすめはできません。

また、大手配送会社ではなく、独自の配送会社を利用することで送料を抑えるパターンや自転車を配送せず、店舗で受け取りを行うパターンなどもあります。

大手自転車小売店は実店舗への流入を見込み、インターネット通販で購入し、店頭受取であれば送料無料で対応している店舗が多いです。

これらの点に注意してインターネットで自転車を購入する時の送料の参考にしてみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車の知識, 自転車の比較, その他の自転車の知識
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.