ママチャリの平均的な重さは何キロ?を調査しました

投稿日:7月 4, 2019 更新日:

ママチャリを購入するときに「何となく軽いほうがいいとは思うけど、このママチャリは軽いのか?」と思うことがあると思います。

以前、経験上自転車全体の重さの違いの記事を記載しました。

このときの記事はざっくりとした経験上の重さのみを記載していたのですが、実際細かく算出したことがなかったので調査しました。

イメージでは自転車の中でもクロスバイクやロードバイクのような高い自転車や小さな折りたたみ自転車なら軽そうだがママチャリは車種によって軽重の差がどのくらいあり、その差によって何が違うのかというのを調べていました。

以下調査過程なのでわかりやすく結論を先に書くと結論としては、「ママチャリの重さの平均は18.5kgです」。

楽天市場で売られているママチャリの平均は何キロくらいか

今回は楽天市場での検索で「ママチャリ」と検索した結果上位30件に絞込み平均の重さを調査しました。

なお、検索結果の上位30件に電動自転車、チャイルドシート付きママチャリ、ママチャリの重さが記載されていない自転車があったためこれらは集計対象から除外しました。

結論:ママチャリの平均の重さは18.5kg

上位30件の平均は18.5kgでした。タイヤのインチサイズは24インチ~27インチですが、中心となる26インチが30件中25件なので、ほぼこれが間違いないママチャリの平均的な重さだと思います。

楽天市場のサイト上でママチャリの重さを掲載していないサイトも多数あり30件を調査確定するまで4件はママチャリの重さが掲載されていませんでした。

写真で見る限り特に重そうな感じもしなかったため単に掲載していないように思います。

スペックによって重さは違うのか

パーツで重さが変わる部分はどこかと考えたとき有無で変わるのは変速ギアだと思い、変速ギアの有無に絞りこみ重さを比較してみました。

  • ギアあり・・・18.6kg
  • ギアなし・・・18.5kg

ほとんど同じ結果でした。。。

ギアの有無の違いはこんなものでしょうか。思っていたより重さに差意がなかった印象です。

ママチャリのシティサイクルタイプと軽快車タイプ

もう1軸で重さの違いがあると感じていたのはハンドルがまっすぐになっているシティサイクル型とハンドルが手前に曲がっている軽快車(ママチャリ型)の違いです。

世の中ではこの2車種は両方ともママチャリと呼ばれていますが、厳密にはスペックはが違います。

data-full-width-responsive="false">

細かい違いについては、以下「ママチャリ、シティサイクル、軽快車の違い」を読んでいただければ違いがわかり通販で購入する時のひとつの参考になると思います。

結果は1.2kgとタイプによって結構違うママチャリ

  • シティサイクルタイプ・・・17.5kg
  • 軽快車タイプ・・・18.7kg

シティサイクル型と軽快車で1.2kgの違いがありました。

違いについては上記の生記事を読んで頂ければわかると思いますが、キャリアの有無と、スタンドの種類で1.2kgくらいちがうのですね。

これは大きな違いだと思います。

また、シティサイクル型のほうがママチャリの中でもスピードが出やすい(出しやすい)ので、軽量化しているのかもしれません。

最も軽いママチャリと最も重いママチャリは

最も軽いママチャリはこの2車種で16.0kgでした。

両方とも同じCOCOSWEBの自転車になります。

両方ともシティサイクル型の自転車でフレーム1本のVフレームのため軽量化できているのかもしれませんね。

ちなみに一番重いママチャリの詳細は記載しませんが、5車種あり26インチ変速ギア付きの軽快車タイプのママチャリでした。

このパターンが一番重いパターンなのかもしれませんね。

ママチャリの重さのまとめ

結論トシテハ、ママチャリの平均の重さは18.5kgです。また、シティサイクル型と軽快車で重さの差意が大きくシティサイクル型が軽さを求めている方におすすめです。

今後この18.5kgをひとつの参考基準に頂きママチャリを購入するときの参考にしていただければと思います。

-自転車の知識
-, , ,

Copyright© 通販で自転車(ママチャリ)の選び方を学ぶ「ママチャリ コレ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.