男の子向け子供用自転車の注意点 自転車のサイズやおしゃれについて

更新日:

元気な男の子だと自転車に乗って外に遊びにいきたい!

楽しく自転車に乗りたいなど男の子ならではの要望ややりたいことがでてきますよね。

男の子に自転車を買い与えるタイミングは購入するときに注意したほうがよいことなどをまとめました。

なお、女の子用子供向け自転車についてはこちらにまとめているのでいっしょに確認してみてくださいね。

年齢別の自転車について選ぶポイントは「年齢別子供用自転車。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車まで」に記載しているので一緒に確認してみてくださいね。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール




保育園幼稚園 初めての男の子の自転車

3歳、4歳程度の男の子の場合、自転車についての悩みは女の子と同じことがほとんどです。

保育園、幼稚園に入学頃に購入するべき自転車のポイントについては、「保育園幼稚園 初めての女の子の自転車」を参照してください。

また、以下では年齢別のおすすめの自転車や自転車の選び方を紹介しています。

小学校入学頃の男の子の自転車

小学生の頃になると近所の友達や家族で自転車ででかける機会も増えてきます。

低学年であれば近場だけですみますが、高学年になるとかなり遠くまで自転車で男の子は遊びにいったりもします。

また、習い事も男の子や野球やサッカーなどのスポーツを始め、一人で自転車で練習場までむかうという姿もよく目撃します。

そのため、小学生になった頃から中学年程度までを見据えて男の子の自転車車種選びをすることが大切だと思います。

具体的には、以下がポイントです。

男の子にはかっこいい変速ギアつきの自転車を選びましょう

小学生の男の子には変速ギアつきの自転車をおすすめします。

親子で一緒に自転車で出かけるということも多くなると思いますが、まだまだ男の子といえど低学年の頃は脚力は弱く自転車で上り坂を登りきれないとなんてことも多いです。

そのため、変速ギアつきの自転車を購入することで少しでも脚力の負担を減らしこぎやすい環境をつくってあげることが大切です。

また、子供だけで近所を遊びまわるようにもなり、変速ギアつき自転車であれば友達と一緒に走るときも見劣りせず自尊心の成長につながると考えられます。

変速ギア自体はほとんどがシマノ製ギアなので、シマノ製ギア以外のギアがあった場合は注意しましょう。

いざというときに男の子にはリアキャリア(荷台)がある自転車を選びましょう

22インチだと小学校高学年くらいまで乗られる男の子もいると思います。

その頃になると習い事を習いに行く男の子も多く一人で習い事に向かわせることも多々あると思います。

スポーツを習うと荷物が多く、また練習場までが遠く自転車で通うと思います。

そのときに練習荷物が入った大きなバッグを背酔わせるよりも、大きなカゴに荷物が入ったほうが安定し運転しやすくなります。

前かごだけだと荷物が入りきらないということもあると思うので、後ろカゴに荷物をいれるようにしましょう。

そのためには後ろカゴをつけられる自転車を選ぶ必要があり条件としてキャリア(荷台)が最初からついている自転車は後からカゴの設置が楽なためキャリア(荷台)つき自転車がおすすめです。

キャリア(荷台)がない自転車でもあとから設置も可能な車種がありますが工賃等を考えると割高になるので最初から設置されている自転車をおすすめします。

男の子でもデザインはおしゃれで大人っぽい自転車がおすすめ

デザインは大人っぽいデザインがおすすめです。

小学校入学のタイミングにあわせて事前にお祝いで購入されることも多いと思いますが、保育園幼稚園の卒園の頃に男の子が好きなデザインはきっと小学校に入学すると飽きたり、恥ずかしくなったりすると思います。

そのため、デザインがある程度の年齢になっても乗れるようなデザインにすることで長く自転車に乗るようになり自転車嫌いをつくらないポイントだと思います。

男の子が小学校入学時には22インチ程度の自転車がおすすめ

上記の理由と重複するところもありますが、小学校入学程度の男の子であれば22インチをおすすめします。

20インチのデザインと機能はどちらかというと保育園幼稚園向けの男の子デザインと機能の自転車が多く、22インチになるとお兄さん向けになってきます。

例えば、20インチの男の子向け自転車で変速ギア付き自転車というのはほとんどありません。

22インチになれば男の子向け自転車でも変速ギア付きというのが多々あります。

年齢別幼児用自転車。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車までの「6~7歳用自転車について」を参照ください。

中学校入学頃の男の子のかっこいい自転車

中学生に入ると大人とかわらない自転車を求めるようになると思います。

ポイントとしては上記にも記しましたが、男の子のライフワークにあった自転車かということです。

また学校等の規則に準じている自転車かということも確認する必要があります。

中学入学の頃には24インチか26インチでも十分乗れると思います。

男子中学生の自転車については「男子中学生におすすめの人気自転車 サイズや通学用自転車の選び方を解説」や「中学生におすすめの自転車 男子女子別の通学に最適な自転車を紹介」にも詳しい情報を掲載しています。

男の子のライフワークのあったかっこいい自転車か

部活動を行っていおり自転車で部活に参加するとなると荷物を入れるカゴは必須になります。

カゴは大きめのカゴを選ぶようにしましょう。

かご付きはかっこ悪いと思っている男の子も多いかと思いますので、そのような男の子にはカゴ付きのかっこいいクロスバイクなどもあります。

かっこいいかごつきのクロスバイクは子供だけではなく大人の通勤用自転車としても活用できます。

学校の規則に沿った男の子用かっこいい自転車か

意外に多いのは入学前に自転車を購入してしまい改めて自転車通学に利用できる車種を確認したところTSマーク、JIS規格に沿ったもの、BAAマークがついているなどの校則があることです。

これは学校によりけりなので、事前に校則ルールを確認する必要があります。

また、自転車の車種だけではなく、自転車保険の加入が義務付けられている学校も多いです。

保険に関しては、中学生頃の男の子になると荒い運転になることも多いので学校の校則有無関係なくあわせて加入をしましょう。

なお、自転車保険全体について学びたい場合「自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ」を読んでみてください。

男の子向け子供用自転車の注意点 自転車のサイズやおしゃれについてのまとめ

保育園幼稚園 初めての男の子の自転車、年齢別に小学校入学時に必要な男の子の自転車、中学校入学時に必要な男の子の自転車とまとめてきました。

必要なのは第一にライフワークに沿った自転車かということです。

自転車のインチサイズがもっとも重要で小学校入学時には22インチ程度、中学入学時には26インチの自転車でも乗れると思います。

中学入学頃になると体格差が生じると思うので体格にあったサイズの自転車を選びましょう。

購入したあと条件がそろわず全く自転車を利用しない、改めて自転車を買い換えなおすということがないように事前にしっかりと上記事項をチェックし男の子に快適な自転車ライフをすごさせてあげましょう。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の種類, 子供用自転車, 性別世代別自転車の選び方
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.