アウトレット自転車を販売している店舗紹介、在庫処分自転車のここに気をつけろ!

更新日:

激安、格安自転車を購入するためにアウトレット自転車を探される方も多いと思います。

そのような方で「探し方がわからない。」「アウトレット自転車って安心なの?」と心配されている方も多いと思います。

今回は第三者視点でアウトレット自転車を安心して購入できる方法や店舗を紹介したいと思います。

なお、安い自転車を探されている方は「安い自転車を探す方法 いつどこで何の車種を買うのがコスパが高いか、おすすめの自転車を含めて解説」にも安い自転車の情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


アウトレット自転車ってなに?

アウトレットという言葉自体は、アウトレットモールなど商品を安く購入できるというイメージがありますが、自転車のアウトレットの場合はさまざまな理由でお買い得になっています。

町の自転車屋にも時々アウトレット自転車がありますが、車種に限りがあります。

そのため、アウトレット自転車を探すのであればネット通販が一番効率です。

いくつかの理由がありますが、代表的なアウトレット自転車は以下です。

アウトレット自転車は運転上問題がないが傷がついている自転車

自転車は残念ながら傷がつきやすい商品です。大きな自転車店を除いてみるとわかると思いますが、自転車と自転車が触れ合うということが当たり前のように行われています。

ふれあうという表現はやさしい言い方ですが、ぶつかりあって保管展示されています。

梱包がされているので基本は傷つきにくいと思うのですが、店舗で展示するときには梱包を取り外し展示されているので傷は付くと思います。

自動車の新車を購入したときに小さな傷はひとつもついていないのがあたりまえだと思いますが、自転車は小さな傷はつくことがあります。

そのため、傷付いた自転車はアウトレットとして販売されるのです。

その他アウトレット自転車は在庫処分の型落ちしている自転車もある

年月

自転車メーカーは毎年新しい自転車を開発販売しています。

車種名が異なれば古い自転車でもそのまま販売されていますが、同車種で年々新しいバージョンの自転車が発売される車種に関しては古い車種という概念が発生します。

それがアウトレット自転車として販売されています。

型が古いと新しい自転車と比較し、性能が劣る可能性はあります。

型落ちの電動自転車については「型落ち電動自転車を格安で購入する方法とタイミング」にも詳しい情報を掲載しています。

一部のアウトレット自転車はパーツの一部が正規品と異なるパーツを利用している自転車

自転車の部品の一部が破損しており新しい部品と交換した時にメーカーの正規の部品ではない場合、アウトレットとして販売されます。

自転車メーカーでもパーツは保有していると思うので、ほとんど発生しないと思いますが、別パーツをつけることで手っ取り早く販売できるとして一部店舗で行っているようです。

アウトレット自転車を探す方法

アウトレット自転車を探す方法はいくつかあります。すぐ探せる方法としてははやりネット通販だと思います。

以下ではネット通販でアウトレット自転車を販売している店舗を紹介します。

大手自転車サイトサイマなども在庫処分のアウトレット店として楽天市場では出店しています。

NeXT-Bike 在庫処分などアウトレット自転車を取り扱いあり

一部販売を行っています。アウトレット自転車に対しては説明が丁寧にされています。

以下のような説明が記載されています。

アウトレット商品をご購入されるお客様は、必ず下記の購入に関する事項を確認し、ご了承の上ご購入ください。

アウトレットとは

こちらで販売している下記に該当する商品をアウトレットとしております。

・仕様変更などで型落ちとなった商品。

・輸送中・調整中・カスタム中についたキズ。

・キズ・凹み・ステッカーなど見た目の不備全般。

これらの商品は良品と全く同じ素材、工程を経ていますので上記の点以外は正規品とかわらなくお乗りいただけます。

走行・安全面にも全く影響ございません。

上記の注意事項をご理解いただけるお客様のみご購入ください。

上記の点でのクレームに関しては交換の対象にはなりませんので、予めご了承ください。

取り扱いアウトレット自転車自体はママチャリから子供用自転車、ロードバイク、ミニベロなどさまざまです。

基本的には一点ものばかりだと思うので、お目当てのアウトレット自転車を見つけたら早めに購入することをおすすめします。

チャレンジ21 在庫処分などアウトレット自転車がみつかる

チャレンジ21もアウトレット自転車の取り扱いを行っています。基本的には傷、へこみ、さびなどが中心です。

購入者にやさしい面としては、傷の度合いが店舗独自の基準でランク付けされており価格に影響しているという点です。

基本ノークレームノーリターンなので、アウトレット自転車に理解がある方のみ購入をおすすめします。

以下のようなルールが記載されており販売されています。

ランクA 新品商品に輸送中・出荷作業中の小さなキズが付いてしまった物。

ランクB 新品商品に輸送中・出荷作業中の中程度が付いてしまった物。

ランクC 使用歴はないが大きな傷が複数ある。使用に問題はありません。

こちらの商品はアウトレット品となります。

傷・凹み・サビ等がございます。

通常走行に問題のない状態ではございますがノークレームノーリターンン所運となります為走行に支障のきたさない程度の損傷、汚れ等あった場合でも保証の対象外となります。

下記の画像を必ずご確認頂きましてご了承頂きました上でご注文くださいませ。

自転車プローウォカティオ チャイルドシート付アウトレット自転車もあり

こちらの店舗もアウトレット自転車の販売をしています。

表記としては以下のような表記がされています。

大正3年から営業している自転車屋ということで老舗ですね。

アウトレット自転車についての記載は以下のような記載があります。

アウトレット製品について

必ずご確認ください

当店の「アウトレット」と表記している商品は、全て新品未使用です。

いかに該当するものを「アウトレット」としております。

・長期在庫として型落ちとなった商品

・輸送中・整備中に付着した傷

・小さな凹み、ステッカーなどの見た目の不備

これらの商品は性質上、良品と同じく走行面・安全面に問題はございません。

安全にお乗り頂けますのでご安心してお買いお求めください。

プローウォカティオについては「在庫処分自転車を探すならプローウォカティオ!他にも様々な魅力やセールにせまる」にも詳しく記載しているのであわせて確認いただければと思います。

自転車通販サイマ(cyma) 楽天市場店はアウトレット取り扱い専門店!?

自転車のネット通販大手のサイマです。

楽天市場ではアウトレット自転車専門店として販売をしていました。

以前は、アウトレットに関しては以下のような注意書き記載があります。

当店はアウトレット品を取り扱っています。

・商品入れ替えにより型落ちになったもの

・塗装にムラができてしまったのも

・キズがついてしまったもの

上記のような商品のうち、通常利用に問題がなく状態の良いものを「アウトレット品」という扱いで通常よりお得な価格で販売しています。

現在は公式サイトのサイマと同じように販売を行っていますが、在庫処分などのアウトレット商品がみつかるかもしれません。

アウトレット自転車壱番館 アウトレット以外も取り扱いあり

店舗名のごとくアウトレット自転車をしている自転車店だと思われます。

「だと思われます。」という表記にしたのは店舗名にアウトレットと表記があるにも関わらず店舗内にアウトレットの取り扱いルールなどが確認できませんでした。

本当にアウトレット自転車なのかは判断できないため、もし自転車をこの店舗で購入するのであれば事前に確認をしたほうがよいと思います。

アウトレット自転車を購入するときに気をつけること

自転車フレームの傷からでるサビ

自転車は基本さびるものだと考えたほうがいいと思います。

特に低価格の自転車はさびやすいため注意が必要です。

ママチャリだと1万円から3万円程度の自転車はさびが発生します。

特にアウトレット自転車に関しては傷が最初から付いており塗装はがれの傷に関しては、そこからダイレクトにさびが発生します。

そのため、傷が原因のアウトレット自転車は届いたらさび止めなどの対応を最初に行うことをおすすめします。

電動自転車はバッテリーの状態を必ず確認

電動自転車は毎年新しい車種が発売されます。

同じ自転車名でマイナーチェンジをし新しい車種が発売されたときに注意したいのはバッテリーです。

型落ち電動自転車だと製造されてから時間がたっており、バッテリーは特に経年劣化が激しいパーツです。

保管方法が悪いとバッテリーを充電して100%になっても走行距離が短くなってしまいます。

また、アウトレット自転車のバッテリーは高額のためバッテリーだけ買い換えるというのは費用面からおすすめできません。

そのため、アウトレット自転車で電動自転車を購入するときはバッテリーの型番製造年月を確認し、時間が経っているものはさけるようにしましょう。

目安としては、製造から1年以上経過している電動自転車バッテリーは事前確認が必要です。

アウトレットの理由が子供乗せの電動自転車は安全性を確認する

アウトレット自転車のうち子供乗せ電動自転車もたまにみかけます。

子供乗せ電動自転車の場合、傷などであれば全く問題なく購入を検討してもよいと思いますが、子供乗せ部分のチャイルドシート周辺が何かしら問題がある電動自転車は避けるようにしましょう、

お子さんの命を預かるチャイルドシートに不備がありアウトレット自転車となっている場合、危険性が伴います。

どうしてもその子供乗せ電動自転車が欲しい場合、別途子供乗せを購入し、取り換えるようにしたほうが無難でしょう。

なお、安いチャイルドシート付電動自転車を探している場合「安い子供乗せ電動自転車のおすすめを紹介 ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの子供乗せ電動自転車を安く購入する方法も」に詳しい情報を掲載いるのであわせて読んでみてください。

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車のアウトレットが絶対額を考えるとお得

アウトレット自転車のうち、特にお買い得なのはロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのようなスポーツ自転車です。

ママチャリの場合、2万円のママチャリで10%引きだと2000円安くなる計算になります。

一方、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのような自転車は自転車そのものの単価が高い傾向があります。

そのため、10万円のロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの場合、10%引きでも1万円安くなる計算になります。

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクのような高額自転車でこそアウトレットはお買い得度が増すといえます。

激安・格安自転車を探す手段としてのアウトレット自転車

そもそもですが、アウトレット自転車を購入する理由は何でしょうか?

やはりお買い得な自転車がほしいということだと思います。

型番商品であればアウトレット自転車と正規の自転車で比較が可能です。

購入する前にどのくらいお得になっているのか確認をしましょう。

上記にも記したようにアウトレット商品はただ安いのではなく、リスクもあります。

リスクと比較し、お買い得であればアウトレット商品がお買い得です。

また、例えばただ単に安いママチャリがほしいからアウトレットを探してみたという方は安いママチャリを普通に探してみることをおすすめします。

アウトレットは若干安いですが、傷の度合いによっては定価が高いため、最終的に支払う価格は、激安で販売されているママチャリのほうがやすかったりもします。

安くても品質はしっかりした自転車もあるので、探して見ましょう。

以下で購入しても問題ない格安自転車を探す方法も紹介していますので、あわせて読んでみてください。

アウトレット自転車を販売している店舗紹介、在庫処分自転車のここに気をつけろ!のまとめ

アウトレット自転車は販売店としてはつくりたくない自転車だと思います。傷が付くことでいたし方がなくアウトレットとしてしか販売できないためです。

しかし購入者からすると安く自転車が買えるチャンスだと思います。

めぐり合わせだと思うので自転車がほしいというときに紹介した店舗などの一度アウトレット自転車を確認してみることをおすすめします!

-自転車を選ぶポイント, 自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車の知識, 自転車の価格
-, , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.