1万円台のママチャリと2~3万円台のママチャリは品質は一緒!日々のメンテナンスを大切に!

更新日:

通販でママチャリを探していると低価格の1万円台のママチャリや2~3万円台のママチャリまでさまざまな価格帯があります。

仕様を見る限り、6段変速ギアの有無、オートライトの有無くらいしか違いがわかりませんが、例えば6段変速ギアでオートライ付き自転車で価格が2倍、3倍と違うことがあります。

これらは何が違うのかを解説したいと思います。

結論としては「品質はほぼ同じ」なんですけどね。

具体的なパーツ別で価格の違いについては「ママチャリの値段の違いを解説  自転車相場を知れば安いママチャリが手に入る!」に記載しているので合わせてよんでみてくださいね。

なお、現在1万円以下のママチャリは通販では販売されていません。

1万円以下では買えませんが、1万円台の最安値のママチャリについても詳しく解説しています。

また、安い自転車を探している場合「安い自転車を探す方法 いつどこで何の車種を買うのがコスパが高いか、おすすめの自転車を含めて解説」に安い自転車の選び方などの詳細を載せているのであわせて読んでみてください。

1万円台のママチャリと2~3万円台の自転車は何が違う?

結論、品質に大した差はないです。

どちらのママチャリも「ママチャリで機能」としては足りています。

1万円台で購入できる通販の最安値、激安価ママチャリと少し値段が上がった2万円、3万円のママチャリですが、品質に対して差はないです。

そもそもですが、自転車という乗り物は、車種によって価格差というものがかなりあります。

参考までに3車種のおおよその価格差です。

  • ママチャリ   :1万円~5万円程度
  • 折りたたみ自転車:1万円~50万円程度
  • ロードバイク  :3万円~100万円以上

このように考えるとママチャリという自転車は価格差があまりない車種になります。

なぜ価格差が小さいかというとママチャリに5万円以上かけるニーズが世の中にないからです。

また、本来自転車をのって移動するだけであれば数万円で十分機能するからです。

何十万円もする折りたたみ自転車やロードバイクなどは完全に趣味の世界です。

グラム単位の軽量化を求めたりなど、本来の移動するということ以外の目的で金額があがっています。

また、ママチャリも10万円もあれば電動自転車が買えますし。

ママチャリは高くても5万円程度、それも日本のブランド、ブリヂストンやパナソニックの一流ブランドのママチャリが購入できます。

同じ自転車なのにロードバイクは100万円以上も自転車もあるのか

100万円以上のロードバイクがあるのはさすがに各パーツの品質が違いグレードが高いからです。

100万以上となれば耐久性や軽量化、品質は安いロードバイクと比較すると大きく差があります。

自転車というのは品質を求めるのであればこのくらいの価格差が発生する乗り物なのです。

しかし、「3万円」と「4万円」のロードバイクは何が違うのかというとほとんど同じです。どちらを購入しても同じ程度の初心者用形だけロードバイクになります。

同じように1万円台で購入できるママチャリと2万円、3万円のママチャリを比較しても1万円で各パーツのグレードが大幅アップできるわけではなく違うパーツを利用していても品質に大きな違いがないのが実情です。

ロードバイクを通販で購入するときのポイントは「ロードバイクを通販サイトで安く購入するおすすめの方法 メーカーや組み立て済み自転車も紹介」にもまとめています。

では、なぜ1万円台のママチャリと2、3万円のママチャリがあるのでしょう。

価格は真ん中くらいがちょうどいい

ひとつは松竹梅という考え方で自転車に限らず、1万円~5万円程度であれば真ん中のあたりの商品を選びたがるのが日本人気質です。

正直、2万円、3万円前後の自転車で品質が1万円台と大きく違ってすごくいいというのは残念ながらみたことありません。

真ん中くらいがちょうどいい」というなぞの精神により2、3万円くらいの自転車は1万円くらいの自転車より品質がよいと思いがちなのだと思います。

安心要素BAAやJIS規格だから価格は2、3万円でしょ?

BAAやJIS規格のようなシールが貼られているママチャリは2、3万円台の自転車が多いです。

BAAとは一般社団法人自転車協会の認定マークです。JISは日本産業規格の規格です。

BAAは登録制度でBAAのホームページ上では2017年7月時点で37社が対象となっています。

当然シール代金は登録代金が発生するため、これら費用はママチャリ代金に上澄みされます。

また、BAAマークが付いている自転車は耐久テストも十分行っているという状況です。

しかしながら、1万円のママチャリが耐久テストを行っていないかというと全くそのようなことはなく耐久テストを行っています。

BAA規格に近い、またそれと同様の耐久テストは行っています。

同じような耐久テストを行わず、日本でママチャリが流通し耐久性に問題があるとメディアが大好きそうな社会問題になることは必須で消費者庁も黙っていないと思います。

1万円台のママチャリも耐久テストは十分に行っており耐久性品質は、経験上2万円、3万円の自転車にひけをとらないと思います。

1万円以下のママチャリはあるか

以前はネット通販で1万円以下のママチャリも販売されていました。

現在ママチャリでは1万円以下で販売している通販店舗ありません。

中古ママチャリであれば1万円以下で購入もできるかもしれませんが、新品のママチャリは現在一番安くても12,800円です。

なお、1万円以下でママチャリではなく折りたたみ自転車は購入することが可能です。

1万円以下で購入できる自転車については「1万円以下で購入できる激安自転車」を参照してください。

ではなぜ1万円の自転車は価格2万円、3万円の自転車と比較し品質に問題がありそうだと感じるのか

通販で購入者がママチャリ到着時に組み立て調整を行わなければならないママチャリがある

組立て 自転車

品質が高い自転車を購入するためにはどうしたらよいのでしょうか?

1万円でも2~3万円でも上記していますがそこまで車体自体の品質に違いはありません。

よりよい品質のママチャリというのはしっかり整備されているかです。

変速ギアの調整、ブレーキの調整などママチャリには調整すべき箇所が多数あります。

これがしっかりと調整されていることで問題なく乗ることができるママチャリになるのです。

通販では1万円台の安いママチャリの中にはこれら変速ギアの調整、ブレーキの調整を購入者自身に行わせる店舗があります。

組み立て点検整備費用を削って安くする代わりに購入者に組み立てをさせるのです。

ママチャリの組み立てを素人が行うことで組み立てが甘く、1万円台のママチャリは品質が悪いという風に思われているのだと思います。

1万円台でも組み立てを行ってくれる自転車通販もあるので組み立てを行ってくれる店舗から購入しましょう。

2万円、3万円台の店舗はその人件費をダイレクトにママチャリ価格に反映させているのだと思います。

価格が2万円から3万円の自転車を売りたい企業のポジショントーク

ポジショントーク

ポジショントーク要素は大きいと思います。

企業として利益率が高い2万円、3万円のママチャリを売りたいからポジショントークとして1万円のママチャリは壊れやすい、修理できないなどとうたっているのです。

実際の品質を1台1台比較しているわけではないと思いますが、1万円の安い自転車は壊れやすいという記事やコラムを掲載しています。

何も根拠がないですが、2万円、3万円のママチャリを売りたいというポジショントークです。

ポジショントークが悪いというわけではなく、企業の活動としてはありえる話だとはおもいます。

しかし、購入者がポジショントークと鵜呑みにしすぎると言い方は悪いですが「プチぼったくり」にあってしまうので注意が必要です。

1万円台のママチャリでも品質は変わらず、修理もできます。

修理相場については「自転車修理が安い店舗はここだ。修理内容別価格の比較」を確認してみてください。

パンクであれば修理は1000円から2000円でできるので、1万円2万円多くだすメリットはあまりないのではないかと思います。

ママチャリの管理方法と消耗品扱い

もう1点は最安値のママチャリを購入する方の層と管理方法です。

これは予測でしかないのですが、安ければ安いほうがいいという最安値ママチャリを購入する方の自転車管理方法が雑なのではないでしょうか。

1万円台だから消耗品としてママチャリを取り扱い、壊れたら買い換えるくらいの勢いの方が多いと思います。

一方金額があがれば、長くメンテナンスをして乗り続けたいという方が増えてきて日々ママチャリのメンテナンスを行うようになるかと思います。

そのため、消耗品というイメージがある1万円台のママチャリは使い捨てというイメージがあるのかもしれません。

価格の心理的要素が大きい

ひとつは心理的な要素が大きいと思います。最安値だから安かろう悪かろうという気持ちでしょうか。実際はそこまでかわらないはずですが。

価格が安く品質が高いママチャリに出会うためにはどうしたらよいのか

正直数万円のママチャリというのは運次第というところはあると思います。

品質の高いママチャリに出会うためには、上記をまとめるようなことになります。

  • ママチャリの組立てをプロが行っているママチャリを選ぶ。プロに組立てを行ってもらう。
  • 自転車通販会社のポジショントークにだまされない
  • しっかりとママチャリのメンテナンスを行う

決して経験上、1万円台のママチャリの品質が悪いわけではないです。2万円3万円のママチャリと品質は大して変わりません。   

1万円台のママチャリと2~3万円台のママチャリは品質は一緒!のまとめ

ママチャリを購入すると数年は乗り続けるものです。

1万円のママチャリだから壊れやすいというわけでもなく、通販で購入した場合はしっかりと組立てを行い、日々のメンテナンスを行うことで消耗品としてもママチャリを長く乗ることができます。

購入者の心がけのところはありますので、1万円台のママチャリでもしっかりと大切に乗ってみてください。

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車の種類, 自転車の価格
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.