ダホンの折りたたみ自転車のスペックが非常に高くておすすめ!ダホンの感想。

更新日:

ダホン(DAHON)という折りたたみ自転車をご存知でしょうか?

折りたたみ自転車の中でも非常に品質に優れており軽量化、ハイスペックな折りたたみ自転車メーカーです。

今回はダホンの折りたたみ自転車について情報をまとめてみました。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


日本のダホンは2種類!?ダホンとダホンインターナショナル

ダホンの折りたたみ自転車を詳しくしてべてる方なら一度は感じる疑問があります。

それは、アキボウが輸入代理店として輸入しているダホンと武田産業、シナネンサイクルが輸入代理店として輸入しているダホンインターナショナルという2種類のダホンがあることです。

車種はダホンとダホンインターナショナルで異なりますが、コンセプトなどは結局はダホンなので両ブランドとも一緒です。

ママチャリを中心に通販でいかに有益な自転車を購入できるかをコンセプトにこの記事を書いているので、今回はネット通販で広く販売されているダホンインターナショナルの折りたたみ自転車を中心に内容をまとめています。

シナネンサイクルの運営店舗ダイシャリンについては「ダイシャリンの自転車はおすすめ!通販も実店もサイクルプラザダイシャリンに迫る」を武田産業については「武田産業はチャクルで有名な自転車メーカー 自転車の評判や武田産業事業について」に詳しい情報を掲載しています。

ダホンの折りたたみ自転車はここがすごくておすすめ

おどろき

ダホンのすごさといえば折りたたみ自転車の技術です。

ダホン曰く、ダホンの折りたたみ自転車の98%の製品にダホンの特許350件のいずれかが採用されているといわれるほどダホンは折りたたみ自転車の技術力があります。

逆にダホンの技術を利用していない2%の折りたたみ自転車というものを見てみたいものですね。

ダホンの折りたたみ自転車の全体的にみられる特徴としては以下です。

ダホンの折りたたみ自転車は安定性がすごくておすすめ

ダホンの折りたたみ自転車は通販で売っている折りたたみ自転車と比較すると限りなく安定性が高いです。

激安折りたたみ自転車を通販で購入するとハンドルがぐらぐらしてスピードを出すのが怖いですが、ダホンの折りたたみ自転車はそのようなことがほぼないです。

理由としては、自転車のフレーム工学に優れており体にフィットするジオメトリー(形状)になっているためです。

ハンドルやサドルの高さが柔軟に調整できるため適正身長も幅広く男性から女性まで乗ることができます。

ここまで追求するのはロードバイクなどレーシングバイクでは見かけますが、折りたたみ自転車ではダホンが唯一無二というくらい優れていると思います。

ダホンは折りたたみが楽で非常にコンパクトになるのがおすすめ

ダホンの特徴としては、ほとんどの車種で3ステップの折りたたみ工程で自転車を折りたたむことができます。

サドルを下に下ろす、ハンドルを折り曲げる、フレームを折り曲げる。この3つの工程のみです。

通販の安い折りたたみ自転車の場合、フレームを折りたたむという1工程のみの場合が多く、コンパクトさにかけます。

ダホンの場合、3ステップありますが折りたたんだ場合幅を取る、ハンドル、サドル部分を下げることでコンパクトになり、収納が楽になります。

また、1ステップごとの作業は技術があるため非常に楽なので、安い折りたたみ自転車よりも早く簡単に折りたたむことができると思います。

ダホンはとにかく軽いのがおすすめ

ダホンの折りたたみ自転車全体にいえることで最も重要なことは軽さです。

楽天市場の検索結果で上位にランキングされている折りたたみ自転車の平均的な重さは15.4kgでした。

一方ダホンの折りたたみ自転車の場合、一番安い折りたたみ自転車のSUVD6で13.7kgと平均よりも軽いです。

また、最も現在最も軽いダホンの折りたたみ自転車は、9.8kgと10kgを下回る軽さです。

平均的な折りたたみ自転車の重さについては、「折りたたみ自転車の平均的な重さは何Kg?通販で人気車種平均を検証しました。」もあわせて一緒に呼んでくださいね。

ダホンの折りたたみ自転車おすすめ車種紹介

ダホンはすべておすすめできる折りたたみ自転車ですが、特におすすめの車種を紹介したいと思います。

なお、ダホンや折りたたみ自転車以外のおすすめの自転車は「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」に掲載しています。

ダホン SUV D6 安い価格のダホン

ダホンの折りたたみ自転車で最もリーズナブルな価格の折りたたみ自転車です。

価格は安くてもダホンの主要技術は含まれており価格に対しレベルの高い折りたたみ自転車になっています。

例えば、フレーム強度が通常の約3倍になっており、フレームにケーブルが張られており、このケーブルが車体のチューブの代わりになり強度を高めています。

コストを抑えるためか、ハイテンスチールを採用していますが、重量は13.7kgと折りたたみ自転車の平均よりも軽く乗りやすいです。

また、ハンドルの高さ調整ができるため、身長にあわせた高さに調整でき運転の安定度が増します。

身長に関しては、適正身長が145cmから190cmとほとんどの大人であれば乗ることができるダホンの技術の高さが伺われます。

ダホン EEZZ D3 ダホンの技術が詰め込まれた折りたたみ自転車

ダホンの新しい技術が取り込まれているEEZZです。

イージーという自転車名からわかるとおり、非常に快適に自転車ライフを楽しむことができる車種です。

折りたたみ方はダホンの新しい挑戦がみえる特殊な折りたたみ方ですが、小さくコンパクトに織り込むことができます。

また、開くときもワンタッチの傘を開くように簡単に開くことができるのが印象的です。

機能面では3段変ギアで16インチとなっています。

軽さにもこだわっておりダホンで最も軽い9.8kgという軽さになっています。

3段変速つきの乗りやすく軽いため、持ち運びをし、乗り先ですぐに乗りたいという方にはすごく優れている折りたたみ自転車だといえます。

以下の動画でEEZZのおりたたみの説明があります。

DAHONを含めて16インチの自転車については「大人用16インチの自転車特集 折りたたみ自転車でも軽い10kg以下の自転車が多数」にメリットなどを記載しているのであわせて読んでみてください。

ダホン Mu SP9 ハイスペックな折りたたみ自転車

折りたたみ自転車やミニベロタイプのホイールの中で非常に高価で優れているホイールの451ホイールというホイール種類を採用しているダホンの折りたたみ自転車です。

451ホイールを採用しているというだけで折りたたみ自転車に詳しい方からすると高そうでハイスペックな自転車というイメージがあります。

しかし価格は10万円台とスペックに対し非常にお手ごろです。

451ホイールはロードバイクなどに近くスピードが出やすい自転車に仕上がります。

他の特徴としては、ブレーキワイヤなどのワイヤーがフレーム内装式でデザインのスタイリッシュに仕上がっています。

135cm~190cmまでの幅広い方に乗って頂ける仕様になっているのも魅力です。

ロードバイクは駐輪場の関係上置けないけど、スポーティな自転車がほしいという方には非常におすすめなおりたたみ自転車です。

ダホン Vigor LT ロードバイクのような折りたたみ自転車

見た目からして折りたたみ自転車なのにロードバイクのような仕上がりになっているダホンの折りたたみ自転車です。

SRAM Forceというロードバイクでも高級部類にあたるパーツを利用しています。非常に軽く快適です。

また、見た目から特徴的なのは折りたたみ自転車にも関わらずドロップハンドルです。

クロスバイクやロードバイクなどでみかけるドロップハンドルですが、折りたたみ自転車でドロップハンドルということがこの車種のダホンの本気度が伝わります。

ロードバイクのように軽やかに走ってもらうための折りたたみ自転車です。

ロードバイクについては「ロードバイクを通販サイトで安く購入するおすすめの方法 メーカーや組み立て済み自転車も紹介」にも記載しています。

ダホン折りたたみ自転車のまとめ

ダホンの折りたたみ自転車は品質が高く非常におすすめです。

価格は数万円から数十万円とさまざまですが、価格にあった折りたたみ自転車だと思います。

ダホンは通販で販売されているため適正身長内であればまたがず躊躇せず購入してもよい折りたたみ自転車メーカーだと思います。

また、ダホン以外の折りたたみ自転車については「おすすめの折りたたみ自転車 通販で人気の軽量で安い折りたたみ自転車を紹介」を確認してみてくださいね。

-自転車おすすめ店舗, 自転車の知識, 自転車メーカー, 自転車の種類, 折りたたみ自転車ミニベロ, 自転車ブランド
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.