ヤマハの電動自転車はパワーがすごい ヤマハの電動自転車をおすすめする理由

更新日:

パナソニック、ブリヂストンと並んで電動自転車大手メーカーといえばヤマハです。

ヤマハの電動自転車はパナソニックやブリヂストンにはないおすすめ要素がたくさんあります。

今回はヤマハの電動自転車をおすすめする理由とおすすめの電動自転車を紹介したいと思います。

なお、パナソニック、ブリヂストンを含めてヤマハの魅力は「電動自転車を徹底比較!メーカー、コンセプト別の比較表もあり」にも記載していますので、比較してみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール




目次

ヤマハの電動自転車は日本、いや世界で初めての電動自転車

電動自転車を日本で最初に発売したのはヤマハです。

日本だけではなく世界で始めて電動自転車を発売したのがヤマハでした。

1993年に初めてヤハマパスを発売しました。

最初は原付のように免許やヘルメットが必要な電動自転車でしたが、現在は免許もヘルメットも必要ない普通の自転車と同じような自転車として乗ることができます。

これもヤマハが行政と掛け合い電動自転車を普通の自転車として認めるために尽力した結果だといえます。

1993年に発売されたヤマハパスは充電時間が10時間と今の倍以上かかり走行距離の目安が20kmと現在の半分にも満たない距離でした。

電動自転車が免許が必要なく乗れるというのはヤマハのおかげといっても過言ではないです。

ヤマハの電動自転車はのりはじめが他のメーカーとは違う

ヤマハの電動自転車の魅力といえばこぎ出しのスムーズさです。

ドライブユニットと呼ばれるアシストのパワーの源が非常に優れています。

自動車でいうエンジンにあたるドライブユニットの反応が非常に早く、ペダルをこぎ始めるとすぐに反応しアシストをしてくれます。

この反応の速さは1/100秒で人間の反応の速さを超えており、こぎ出した瞬間からアシストをしてくる快適さがあります。

また、アシストパワーも優れており、坂道でもしっかりとフォローしてくれます。

もちろん法律で決められた範囲でのアシスト力ですが、シフトポジション電気制御(S.P.E.C)というヤマハ独自の技術を利用し坂道から安定した道路までどんな場面でも快適に運転できる仕組みがあります。

このシフトポジション電気制御(S.P.E.C)は運転中のスピードやペダルを踏み込む強さなどを総合的に判断しアシスト力を調整しています。

ヤマハの電動自転車はスマートアシストでよりパワーアップ

ヤマハは2020年からスマートアシストという電動自転車をより快適に運転できる機能を搭載しました。

具体的には、坂道でよりは強いパワーをアシストされ、平坦では通常通りのアシスト機能に自動で切り替わる機能です。

坂道でつど、アシスト機能の強さを切り替える必要なくアシスト力が切り替わるので楽に運転ができます。

また、平坦な道では余計なバッテリーを利用しないため、節電され長くバッテリーが持ちます。

また、パワー自体も純粋に強くなりパスWithのモデルで比較した場合、2019年モデルと2020年モデルだと坂を上っているときのアシスト力が1.5倍にもなります。

ヤマハの電動自転車といえばPAS

ヤマハの電動自転車の車種名といえばPASです。

「PAS」と書いて「パス」と読みます。

ヤマハのママチャリ型の電動自転車はすべて「PAS ○○」というような名前がついています。

ヤマハPASは全部で以下の8カテゴリに分類されています。

  • ファッショナブルモデル
  • ファッショナブルモデルCITYシリーズ
  • スタンダードモデル
  • やさしさモデル
  • シティモデル
  • 子供乗せモデル
  • スポーティモデル
  • 目的に合わせて選べるモデル

それぞれの電動自転車の特徴としては、次のとおりです。

ヤマハ 電動自転車 PAS ファッショナブルモデル

おしゃれなデザインが特徴的な電動自転車です。

女性向けのデザインでカスタマイズがきくPAS minä(パスミナ)と通学にも利用できるPAS Ami(パスアミ)です。

ヤマハのデザイン性にこだわった電動自転車シリーズです。

PAS minä(パスミナ)


PAS minä(パスミナ)はレトロなデザインが特徴的なヤマハの電動自転車です。

鋲うちレザーテイストのサドルやゴールドに輝くおしゃれなベルやおしゃれなペダルも特徴的です。

またPAS minäの最も特徴的な点は乗られる方自身の用途にあわせてカスタマイズができる点です。

カスタマイズを前提につくっているため、たとえば前カゴは最初の状態ではついていません。

また、後ろの荷台も最初はついていませんが、必要に応じて設置が可能でチャイルドシートの設置も可能です。

レトロな自転車については「レトロな自転車は2種類 おしゃれなレトロ風自転車かビンテージ自転車、両方紹介」でもおすすめの車種を紹介しています。

PAS Ami(パスアミ)


PAS Ami(パスアミ)自転車通学の女性高校生がほしがりそうなデザインの通学用電動自転車です。

特徴としては、何といっても6色でカラーラインナップです。

パウダーブルー(マッドタイプの水色)、アースブルー(紺)、レッド(えんじ色に近い赤)、マットブラック(マッドタイプの黒)、スノーホワイト(純粋な白)、サクラピンク(マッドタイプのペールピンク)です。

パウダーブルーやサクラピンクなどは女子高校生がすごく好みそうなカラー展開で電動自転車ではなかなかみかけない色です。 しかし非常におしゃれでおすすめです。      

ヤマハ 電動自転車 PAS ファッショナブルモデルCITYシリーズ

ヤマハの電動自転車の中でもミニベロタイプの小さくてかわいくおしゃれな電動自転車シリーズです。

PAS CITY-X(パス シティ エックス)


PAS CITY-X(パス シティ エックス)はミニベロタイプで20インチの電動自転車です。

デザインがどちらかというとスポーティでスタイリッシュなので男性に向いているデザインに仕上がっています。

ミニベロ型電動自転車については「電動ミニベロの選び方 メーカーごと車種の紹介やおしゃれで安いebikeも紹介」により詳しい解説をしています。

PAS CITY-C(パス シティ シー)


PAS CITY-C(パス シティ シー)はミニベロタイプでも女性向けのデザインになっています。

フレームが低床フレームといってまたぐ部分が下に下がっておりまたぎやすくなっています。

20インチの電動自転車については「20インチの電動自転車を購入時の車種別ポイント 特徴を抑えれば素敵な自転車に出会える」をしているのであわせて読んでみてください。

PAS CITY-V(パス シティ ブイ)


PAS CITY-V(パス シティ ブイ)は24インチの電動自転車です。

特徴としては、内装5段変速ギアを採用している点です。

通常の電動自転車は3段変速ギアが多いため、走るシーンに応じて柔軟にギアチェンジができるのが魅力です。

ヤマハはバイクメーカーでもあり、ヤマハのバイクXSR700をイメージして作成された電動自転車です。

ヤマハ 電動自転車 PAS スタンダードモデル

ヤマハPASを代表するスタンダードな電動自転車です。

ママチャリ型の電動自転車モデルで毎日の買い物や普段使いに利用できる電動自転車シリーズだといえます。

PAS With(パス ウィズ)


PAS With(パス ウィズ)は軽さと機能にこだわったWithモデルのスタンダードモデルです。

PAS With DX(パス ウィズ デラックス)


PAS With DX(パス ウィズ デラックス)は名前のとおり、PAS Withのグレードを上げたモデルです。

グレードアップされている面としてはデザインのグレードがあがっています。

たとえばハンドルとサドルがブラウンで統一されておりテリーサドルがレトロな雰囲気をかもし出しています。

また、藤風かごがおしゃれさを強調しています。

PAS With SP(パス ウィズ スーパー)


PAS With SP(パス ウィズ スーパー)はSP(スーパー)という名前の通りPAS Withの中でもスペシャルなモデルです。

PAS With DXはデザイン面をおしゃれにしていますが、PAS With SPは機能面を充実させています。

具体的にはPAS Withのバッテリー用量は12.3Ahですが、PAS With DXは15.4Ahです。

バッテリーが大きくなった分、一度の充電で走行できる走行距離も伸び、PAS Withはエコモードで76kmに対し、PAS With DXはエコモードで100kmを走れる仕様になっています。

ヤマハ 電動自転車 PAS やさしさモデル

PAS SION-U(パス シオン ユー)


PAS SION-U(パス シオン ユー)はヤマハの電動自転車の唯一のやさしさモデルです。

やさしさモデルとはシニアでも乗りやすいユーザビリティの高い電動自転車モデルです。

キャッチコピーは「「簡単」「やさしい」「安心」やさしいアシストなめらかなこぎだしが魅力」です。

20インチ、24インチ、26インチと電動自転車のインチサイズを多数選ぶことが出来ます。

特徴としては、低床フレームというシニアにお乗りやすいようにペダル部分の車体フレームが下に下がっておりまたぎやすいです。

またぎやすいため、他にはスカートをはいた女性にも好評なフレームになっています。

また、シニア向け電動自転車であるため、キャリアにとってがついていたり、液晶スイッチが大きく簡単に操作ができるようになっています。

シニア向け自転車を探しているのであれば「高齢者向け自転車の選び方とおすすめ車種 シニア向け軽い電動自転車や三輪自転車も紹介」も一緒に読んでみてください。

ヤマハPAS シティモデル

シティモデルは電動自転車のママチャリタイプでもハンドルがまっすぐになっているシティサイクル型の電動自転車になります。

ハンドルが手前に曲がっている軽快車型の電動自転車と比較するとスポーティでスピードが出やすいです。

軽快車とシティサイクルの違いについては、以下の「ママチャリ、シティサイクル、軽快車の違い」も参照していただくとわかりやすい思います。

PAS CITY-S5(パス シティ エスファイブ)


PAS CITY-S5(パス シティ エスファイブ)はヤマハのシティサイクル型電動自転車のスタンダードモデルです。

特徴はシティサイクル型で通常のママチャリ型の電動自転車よりひとまわり大きい27インチという点です。

また、状況に応じて細かく変速ギアのチェンジができる内装5段変速ギアというのも魅力でです。

電動ママチャリは少しかっこ悪いけど、電動自転車に乗りたく、クロスバイクやロードバイクなどはやりすぎという方向けの電動自転車といえます。

PAS CITY-SP5(パス シティ エスピーファイブ)


PAS CITY-SP5(パス シティ エスピーファイブ)はPAS CITY-S5(パス シティ エスファイブ)のバッテリー強化版です。

PAS CITY-S5だとバッテリー用量が12.3Ahですが、このPAS CITY-SP5だとバッテリー用量が15.4Ahと大きくあがります。

伴い走行距離はオートエコモードプラスで69kmから87kmと伸びています。

ヤマハ 電動自転車 PAS 子供乗せモデル

電動自転車で人気があるのはやはりチャイルドシート付の電動自転車です。

ヤマハのチャイルドシート付電動自転車は最初からチャイルドシートをつけることを前提に設計されているため、非常に安定しており毎日の保育園幼稚園の送り迎えなどに最適です。

なお、ブリヂストンやパナソニック含めた子供乗せ付き電動自転車については「子供乗せ電動自転車 メーカーや機能別の違い」に詳しい情報を掲載しています。

PAS Babby un(パス バビー アン)


PAS Babby un(パス バビー アン)はチャイルドシートを購入者の状況に応じて選べるタイプの電動自転車です。

そのため、標準だとチャイルドシートがついていません。

子供の成長にあわせて最適なチャイルドシートをつけたい方や既にチャイルドシートは持っており電動自転車のみほしい方などに最適です。

20インチですが、設計上男性でも乗りやすく、前方と後方両方にチャイルドシートを設置できるので3人乗りも可能です。

また、アシスト制御パワーが強いので3人乗りで坂道を登るとなってもパワー不足を感じにくいです。

バビーアンについては「ヤマハパスバビーアンの魅力 チャイルドシート付電動自転車としてのメリットデメリット」に詳しい情報を掲載しています。

あわせて読んでみてください。

PAS Babby un(パス バビー アン)リヤチャイルドシート標準装備モデル


PAS Babby unリヤチャイルドシート標準装備モデルは最初から後ろのチャイルドシートがついているタイプの電動自転車です。

標準的なチャイルドシートを後ろにつけたいという片は最初からこちらを購入したほうが安心です。

PAS Babby unにチャイルドシートがついただけのモデルです。

PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデル


PAS Babby un SP(パス バビー アン エスピー)リヤチャイルドシート標準装備モデルはPAS Babby unやPAS Babby unリヤチャイルドシート標準装備モデルと比較するとバッテリーサイズが大きくなった電動自転車です。

PAS Babby un SPリヤチャイルドシート標準装備モデルはバッテリー用量15.4Ah、オートエコモード73kmと非常に優れいてる電動自転車です。

PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)


PAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)は前方にチャイルドシートが着いている電動自転車です。PAS Kiss mini unのチャイルドシートは独特でまゆがたと呼ばれるすっぽりつつむ形状をしたチャイルドシートになります。

後方のチャイルドシートも設置可能なので3人乗りが可能です。

PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン スーパー)


PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン スーパー)はPAS Kiss mini un(パス キッス ミニ アン)よりもバッテリー用量が大きくなった電動自転車です。

バッテリー用量15.4Ah、オートエコモードで75km走るので充電回数が少なくすみ便利です。

ヤマハ 電動自転車 PAS スポーティモデル(ebike)

ヤマハの電動自転車にはYPJシリーズというより走るためのマウンテンバイク型電動自転車やクロスバイク型電動自転車があります。

このPASのスポーティモデルはシティサイクルをベースに電動自転車をスポーティにしたタイプの自転車です。

ヤマハはPASモデルとYPJモデルをわけているためPASモデルでより走りを追求したいのであれば以下2件のスポーティモデルがおすすめです。

スポーティな電動自転車のことをebikeともいいます。

ebikeについては「ebikeが話題!電動自転車のマウンテンバイクやクロスバイク、ミニベロ」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

PAS Brace(パス ブレイス)

PAS Brace(パス ブレイス)はPASの中で最もスポーティな電動自転車です。

電動自転車でありながら、8段変速ギア、クロスバイクなどに利用されるディスクブレーキを採用しています。

見た目もほぼクロスバイクで電動自転車で走りたい方にはおすすめです。

PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)


PAS VIENTA5(パス ヴィエンタ ファイブ)はPAS Braceと比較すると少しカジュアルでシティサイクルに近い電動自転車です。

フレーム形状が独特でおしゃれで少しレトロさも感じる仕上がりになっています。

ヤマハ 電動自転車 PAS 目的にあわせて選べるモデル

目的にあわせて選べるモデルはそのほかの特殊な電動自転車です。

しかし、特徴があるため、非常にターゲットがわかりやすく、必要な方には必須の電動自転車です。

PAS GEAR-U(パス ギア ユー)


PAS GEAR-U(パス ギア ユー)はビジネス仕様の電動自転車です。

シンプルなデザインですが、キャリアの積載重量が30kgまで対応可能です。

他の一般的な電動自転車でも25kgや27kgが一般的なため、30kgまで大丈夫なキャリアはなかなか貴重で見つかりません。

また、前カゴも縦494mm、横304mm、高さ248mmと非常に大型です。

荷物を運ぶにも最適な電動自転車だと考えられます。

PAS ワゴン(パス ワゴン)


PAS ワゴン(パス ワゴン)は三輪の電動自転車です。

PAS SION-Uというシニア向けの電動自転車がありますが、これはタイヤが3つついている3輪タイプの電動自転車です。

自転車に乗るのに少し抵抗があるシニアの方にも3輪車であれば、倒れることはほぼなく安心して乗ることができます。

ヤマハの電動自転車はママチャリだけではない!YPJ

ヤマハのYPJシリーズは電動自転車でありながらさまざまな状況を走ることを目的としたヤマハブランドの電動自転車です。

ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイクを主としており電動アシスト機能をつけています。

ヤマハの中でもPASの普段使いとはまた違う魅力のあるシリーズばかりです。

YPJ-XC 電動マウンテンバイク


YPJ-XCはマウンテンバイク型の電動自転車です。

山道や舗装されていない道などを走るのに向いている電動マウンテンバイクです。

マウンテンバイクに乗るのに必要な本来のパワーは乗る方が全力で知りきれるようにアシスト機能が多段階の5段階とアシストなしという機能があります。

一番アシストが弱いプラスエコモードであれば何と225kmも走ることができます。

バッテリー自体は13.3Ahですが、ボルト数が36Vと高くバッテリーが長持ちするのだと思います。

電動自転車特有の液晶もマウンテンバイク用になっておりかっこいいです。

また、エンジンにあたるドライブユニットも独自の専用ユニットになっており性能高く乗ることができます。

YPJ-ER 電動クロスオーバーバイク


YPJ-ERはヤマハの電動クロスオーバーバイクです。

クロスオーバーバイクとはクロスバイクのスピード感とマウンテンバイクのオフロード感が両方とも味わえるモデルです。

そのため、タイヤサイズが700×35Cタイヤというクロスバイクやロードバイクで利用する700cという大きさのタイヤに35Cという太いタイヤを採用しています。

舗装の有無関係なく乗ることができる電動自転車といえます。

YPJ-EC ロードバイク風電動自転車


YPJ-ECはロードバイク仕様で仕上げた電動自転車です。

ただし、ロードバイクよりも乗りやすくするため、ハンドルがドロップハンドルではなく、水平なフラットハンドルになっています。

ハンドルについて詳しくは「 自転車のハンドルは奥深い。ママチャリからロードバイクまでハンドル種類の紹介 」を参照するとよりメリットデメリットがわかります。

各パーツはロードバイクのようなパーツを利用しています。

例えば、変速ギアはシマノ製のSORAというパーツを利用しています。

また、ディスクブレーキを採用している点やスローピングタイプのフレームなどがロードバイク感をよりあげています。

YPJ-TC オールマイティ電動自転車


YPJ-TCは日々の生活から休日のロングランまで走れるオールマイティな電動自転車です。

かっこいいデザインと機能がそろった電動自転車がほしいが毎日電動自転車に乗りたいという方には最適でしょう。

特徴としては、キャリアがついており、荷物ものせることもできます。

しかし、シマノ製のSORAを変速ギアに採用するなど走るためにも考えられている電動自転車です。

YPJ-R 電動ロードバイク


YPJ-Rは電動ロードバイクとして走るための電動自転車です。

電動ロードバイクと呼んでよいものはYPJの中でこのYPJ-Rでしょう。

ハンドルや各機能は完全に一般的なロードバイクになっており、それに電動機能を追加したと考えてよいです。

電動自転車よりもロードバイクに重きを置いているため、バッテリー用量は2.4Ahと非常に小さいです。

YPJ-C 電動クロスバイク


YPJ-Cはクロスバイク型の電動自転車です。

クロスバイクとして走れる一方で電動機能もついているというイメージでしょうか。

デザインだけではなく軽さにもこだわっておりクロスバイクとしての機能も十分だと思います。

ヤマハの電動自転車はパワーがすごい ヤマハの電動自転車をおすすめする理由のまとめ

ヤマハの電動自転車は多種多様です。

それはヤマハ自体に電動自転車のノウハウがたくさんあるためさまざまな車種をつくることができるという証拠にもなります。

上記で紹介した機能と自分が欲している条件をマッチさせればヤマハであればきっと最適な1台が見つかると思います!

-自転車おすすめ店舗, 電動自転車, 自転車メーカー, 自転車の種類
-, , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.