折りたたみ電動自転車が大人気。通販で購入するとき失敗しない2つのポイント

更新日:

近年電動自転車が人気になっており、日本の物流金額ではママチャリに匹敵するくらいの物流金額が電動自転車であります。

人気の電動自転車のうち、今徐々にブームになっているのが折りたたみ電動自転車です。

大手メーカーからベンチャー系自転車メーカーまで各社折りたたみ電動自転車を発売しています。

今回はおすすめの折りたたみ電動自転車の情報をまとめるとともに、折りたたみ電動自転車を通販で購入するときの注意点などをまとめました。

なお、折りたたみ電動自転車の軽さランキングは「100車種の軽さ検証!軽い電動自転車ランキング 平均重量や最軽量電動自転車の発表」に掲載しているのであわせて読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


目次

折りたたみ電動自転車とは

電動折りたたみ自転車

折りたたみ電動自転車は折りたたみ自転車でありながら電動アシスト機能がついた自転車です。

折りたたみ電動自転車は現在パナソニックのような大手メーカーだけではなく、中小メーカーもこぞって新商品を出す人気の自転車カテゴリです。

大手電動自転車メーカーについては「電動自転車を徹底比較!メーカー、コンセプト別の比較表もあり」にも詳しく比較し情報をまとめています。

最近は通販でも簡単に折りたたみ電動自転車が発売されているので、手には入りやすくなりました。

それだけに、価格の安い折りたたみ電動自転車も多く品質の高い電動自転車とそうではない電動自転車の差が激しくなってきています。

通販で品質の高い折りたたみ電動自転車を手に入れるための方法は以下に記載しています。

折りたたみ電動自転車はebikeとも呼ばれる

折りたたみ電動自転車は電動自転車の中でもebikeと呼ばれる部類に分けられます。

ebikeは一般的には、折りたたみ電動自転車をはじめとし、クロスバイク型電動自転車、ロードバイク型電動自転車、ミニベロ型電動自転車などスポーツバイクや小径車の電動自転車のことをさします。

ebikeの中でも折りたたみ電動自転車は人気で存在自体が新しい自転車のため、ベンチャー企業の参入や新しい技術やコンセプトを用いた電動自転車などさまざまです。

ebikeに限らず電動自転車全体については人気の車種は「人気の電動自転車を紹介 車種別人気ランキング形式で詳しく解説」にも詳しい情報を掲載しています。

折りたたみ電動自転車のメリット

折りたたみ電動自転車にはほかの自転車にはないさまざまなメリットがあります。

折りたたみ電動自転車のメリットを活かすことでよりよい電動自転車ライフがまっていると思います。

折りたたみ電動自転車は折りたため機動性が優れている

折りたたみ電動自転車の最も優れたメリットは折りたため車や電車に積んで、良好先などでも電動自転車にのれるということでしょう。

最近は森林などで折りたたみ電動自転車でのサイクリングが人気になっています。

遠方までの移動は電車で移動し、現地で折りたたみ電動自転車を広げサイクリングをする方が多いです。

電車への折りたたみ電動自転車は輸送用のバッグが必要です。

電車に持込ができる収納袋は楽天市場などでも購入できるので選びましょう。

車に積み込むときには輸送バッグは必要ありませんが、積み込みするときに車や自転車を傷つけてしまう可能性があります。

そのため、収納用バッグを用意するか、段ボールなどで保護してあげるとよいでしょう。

段ボールで保護する場合、畳んだ状態で箱に入ればいいのですが、入らない場合、段ボールを開いて回りに囲んであげるだけでも十分効果があります。

折りたたみ電動自転車は保管がしやすく管理しやすい

折りたたみ電動自転車のメリットとしては、折りたためることで保管がしやすくなるという点です。

電動機能が付くと自転車でも金額が高く、野外での保管が不安になることあります。

その場合、室内保管が必要になりますが、折りたたみコンパクトになることで玄関などでも保管が可能となり非常に便利です。

このコンパクトさは折りたたみ電動自転車のメリットの一つといえます。

また、マンションなどの場合、子供乗せ付き電動自転車などでは、マンションの駐輪場に電動自転車をとめ部屋に戻ります。

しかしながら折りたたみ電動自転車であれば室内まで運ぶことも可能です。

このメリットとしては防犯上もありますが、バッテリーの充電をしなくてはならなく、子供乗せ付き電動自転車の場合、部屋に戻って思い出すと再度マンションの駐輪場までバッテリーだけ取りにくいという作業が必要になります。

ちょっとしたことですが、室内に電動自転車が保管できるとこのような移動がなくなりストレスが少なくなります。

折りたたみ電動自転車のデメリット

耳をふさぐ

上記でメリットをあげましたが、一方デメリットもあり、このメリットデメリットをしっかりと把握することでよりよい折りたたみ電動自転車が選べると思います。

電動アシスト機能がつくことで重量が重くなる

電動自転車のデメリットとしては、重量が重くなることです。

詳細は以下の「普通の折りたたみ自転車と折りたたみ電動自転車どのくらい違う」で詳しく解説しますが、電動アシスト機能が付くことで焼く2.7kg重くなります。

バッテリー容量が小さい電動自転車が多い

電動自転車の中でも折りたたみ電動自転車は軽量さと小回りがウリの電動自転車です。

そのため、バッテリーも比較的小型なバッテリーを採用している折りたたみ電動自転車が多いです。

小型のバッテリーだと、一度の充電で走行できる走行距離目安が短くなってしまいます。

そのため旅行先で長距離を走りたいなどの要望に応えられない可能性もあります。

最近ではバッテリーのみ別売りしており、予備用バッテリーとして2個バッテリーを保有している折りたたみ電動自転車オーナーも増えてきています。

利用目的と走行距離を想定し、バッテリーの追加購入も検討したほうがよいでしょう。

折りたたみ電動自転車を通販で購入するときに気をつけること

折りたたみ電動自転車を購入する時に注意して気を付けることがいくつかあります。

特にねっと通販で購入される方も多いと思うので、事前にしっかりと気を付けることを頭に入れてから折りたたみ電動自転車を購入するようにしましょう。

フル電動自転車(モペット)かどうかを確認する

インターネット通販を中心に折りたたみ電動自転車の中に「フル電動自転車」や「モペットタイプ」とかかれた折りたたみ電動自転車が販売されています。

フル電動自転車(モペット)は日本の公道では乗ることができないタイプの電動自転車です。

そのため、購入後に公道で乗ると道路交通法違反(整備不良)になるので注意が必要です。

ぱっと見はフル電動自転車(モペット)と一般的な折りたたみ電動自転車は似ているので区別がつきにくいです。

ネット通販で購入する時にはホームページ上に「フル電動自転車」や「モペット」という単語がないかチェックをしましょう。

フル電動自転車(モペット)をもって私有地や公道がないキャンプ場などを走る分には問題ありません。

せっかくの折りたたみ電動自転車を購入しても公道で乗れないということにならないように事前に注意しましょう。

フル電動自転車(モペット)については「フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介」により詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

一方、ナンバープレートを取得し公道を走ることができる【COSWHEEL EV SCOOTER】という商品もあるのでチェックしてみてください。

折りたたみ電動自転車のバッテリー

バッテリー

バッテリーサイズは折りたたみ自転車に限らず電動自転車を購入するときには必ずチェックする項目です。

バッテリーサイズが大きければ大きいほど重量容量が増え、走行距離目安が延びます。

走行距離目安としては格安電動自転車であれば一度の充電で30~35km程度が平均的な走行距離だといえます。

一方、パナソニックでは折りたたみ電動自転車で約50km走行できるモデルも作成販売しています。

この走行距離の目安が短いと何度も充電しなくてはならないだけではなく、充電回数が増えることによりリチウムイオンバッテリーの劣化が早くなり、一度の充電でも走行距離目安までバッテリーが持たなくなるので注意が必要です。

電動自転車のバッテリーは「電動自転車バッテリーの悩みを解決 寿命確認や値段、処分リサイクル方法など」に詳しい情報を掲載しています。

折りたたみ電動自転車の各オプションパーツ

折りたたみ自転車は折りたたんだ時の省スペース化、軽量化を意識するため必要なパーツがついていない場合があります。

具体的には、以下のとおりです。

  • ライト
  • かご
  • かぎ
  • 泥除け

このようなパーツが折りたたみ電動自転車についているのかを購入前にしっかり確認しましょう。

確認して購入後についていなかったとなれば後悔しても遅いです。

ライト、かぎ、泥除けなどは後からつけることもできますが、かごは自転車の設計上後からつけるのが難しいタイプの自転車が多いです。

必要でなければつける必要はありませんが、後から必要かもと考えるのであれば最初から仕様確認しておく必要があります。

中古の折りたたみ電動自転車を購入する時に注意すること

折りたたみ電動自転車を購入検討するときに少しでも安く購入したいと思い、中古の折りたたみ電動自転車の購入を検討されているかたも多いと思います。

特に最近では、ネット通販だけではなく、メルカリやラクマなどの個人間取引のアプリでも簡単に購入できます。

簡単に中古の折りたたみ電動自転車を購入できてしまうだけに中古のリスクも確認しておきましょう。

電動自転車のバッテリーは繰り返し充電されると劣化する

電動自転車のバッテリーはほとんどがリチウムイオンバッテリーという種類のバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーは携帯電話などにも採用されているバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーの弱点は何度も充電を繰り返しているうちに劣化してくるという点です。

購入当初に一度の充電で走ることができた走行距離が中古の折りたたみ電動自転車では走ることができない可能性があります。

そのため、中古で折りたたみ電動自転車の購入を検討している方はそのバッテリーがどの程度繰り返し充電されているのかを事前に確認したほうが無難です。

安いからといって折りたたみ電動自転車を購入してバッテリーがほとんど機能しなく、追加でバッテリーのみ購入し、予想外の出費が発生するということがないように事前にバッテリーの状況をチェックしておきましょう。

大手電動自転車メーカーのバッテリーの劣化状況のチェック方法は「電動自転車バッテリーの悩みを解決 寿命確認や値段、処分リサイクル方法など」に記載しています。

あわせて読んでみてください。

電動折りたたみ自転車は他の自転車と比べると耐久性が弱い可能性が高い

電動自転車に限らず、折りたたみ自転車は一般的には耐久性がほかの自転車よりも低いことが多いです。

理由としては、折りたたむ部分は普通の自転車であれば溶接なり、そもそも折ることができないつくりになっています。

そのため、折りたたむ部分は通常の自転車よりも負荷が大きくなるため、折りたたみ自転車は耐久性が通常の自転車よりも弱いといわれています。

耐久テストがどの程度されているのかを事前に確認することである程度の担保になります。

また、JIS規格BAAマークなどの保証マークがついているかなども耐久性の一つの目安になると思います。

普通の折りたたみ自転車と折りたたみ電動自転車どのくらい違う

電動アシスト機能がついていない折りたたみ自転車と折りたたみ電動自転車ではさまざまな面で差があります。

折りたたみ電動自転車と折りたたみ自転車の重量の差

比較

折りたたみ自転車を購入するときに重要なポイントとなるのが重さです。

重さは収納や持ち運びをするときに軽ければ軽いほどよく、また折りたたみ自転車をこぐのも楽になります。

折りたたみ電動自転車と一般的な折りたたみ自転車ではやはり利用しているパーツの量やバッテリーの有無があるため、折りたたみ電動自転車のほうが重いです。

楽天市場などで販売されている人気の折りたたみ自転車の平均重量は15.4kgです。

一方、通販で人気の電動アシスト機能付きの折りたたみ自転車の場合、平均重量は18.1kgでした。

この18.1kgは楽天市場で「電動 おりたたみ自転車」と検索した結果の上位10件の平均的な重量です。

電動の有無で重さは約2.7kg重くなるといえます。

ただし特徴的なのは、折りたたみ電動自転車でも電動アシスト機能がついていない一般的な折りたたみ自転車よりも軽い電動自転車もありました。

折りたたみ電動自転車は高額商品のため、予算をかければ素材にこだわることができ結果自転車本体を軽くできるということだと思います。

15kg以下の軽量折りたたみ電動自転車か20kg前後の格安折りたたみ電動自転車の2極化しています。

折りたたみ電動自転車と折りたたみ自転車の価格の差

お金貯金箱

折りたたみ自転車か折りたたみ電動自転車どちらかを通販で購入するとき悩みの大きなポイントは価格です。

楽天市場などの通販では折りたたみ自転車は1万円前後で購入できます。

一方、折りたたみ電動自転車の場合、安くても5万円台です。

この価格差を許容できるかというのがポイントです。

通販で購入できる折りたたみ電動自転車

通販でもさまざまな折りたたみ電動自転車を購入することができます。

大手パナソニックの折りたたみ電動自転車からベンチャー系の折りたたみ電動自転車までさまざまあります。

また、折りたたみ電動自転車以外のおすすめ自転車については「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」にも詳しい情報を掲載しているのでいっしょに読んでみてください。

折りたたみ電動自転車 MG-CTN20EB シトロエン


自動車メーカーシトロエンの折りたたみ電動自転車です。

シトロエンが発売しているわけではなく、シトロエンブランドをパテント利用し自転車メーカーのミムゴが販売しています。

重量は20kgと軽量ではなくやや重いですが、走行距離目安は30kgと平均的です。

また、拡張性もありフロントキャリアがついているので後からかごが必要な場合、後付ができるようになっています。

自動車のシトロエンが好き、目を惹くブランドのある折りたたみ電動自転車がほしいという方にはおすすめです。

シトロエンの自転車については「シトロエンの自転車を全車種解説 電動や折りたたみなどの機能評価」に詳しい解説をしているので合わせて読んでみてください。

折りたたみ電動自転車 Qualisports クエリスポーツ Q1


シンプルでスタイリッシュな折りたたみ電動自転車です。

特徴としてはバッテリーをシートポスト(サドルの下の棒)と共有化したことで、表面上にバッテリーがないようにみえるデザインです。

一見すると普通の折りたたみ自転車に見えるため、スタイリッシュに仕上がっています。

14.5kg、走行距離目安は35kgと標準的です。

また、ハンドルの高さが調整できるハンドルポストを採用しているため、16インチにも関わらず長身の方でも乗れるつくりになっています。

デメリットとしては、90%組み立てとなっており、購入者にて組み立てが必要です。

16インチの自転車については「大人用16インチの自転車特集 折りたたみ自転車でも軽い10kg以下の自転車が多数」に詳しいメリットなどを掲載しています。

折りたたみ電動自転車 パナソニック オフタイム BE-ELW072A


パナソニックが発売している折りたたみ電動自転車です。

特徴としては、折りたたみ電動自転車としては大容量の8.0Ahバッテリーです。

バッテリーが大きいため、一度の充電での走行距離桃54kmと長く走ることができる。

また、日本製、BAAマーク付きとパナソニックだけに信頼感のある折りたたみ電動自転車となっています。

折りたたみ電動自転車 ジック ULTRA LIGHT E-BIKE TRANS MOBILLY かなり軽量


折りたたみ自転車メーカー、自動車ブランドの自転車メーカーのジックの折りたたみ電動自転車です。

特徴としては、バッテリーがマグネット式でハンドル箇所に装着ができるようになっています。

バッテリー自体も軽く480gしかなく非常に軽いです。

この折りたたみ電動自転車は軽さにこだわっているため、総重量も11.9kgと非常に軽く軽量です。

電動がついていない安い折りたたみ自転車よりも軽く、軽快です。

折りたたみ自転車が得意なメーカーが製造企画しただけあるおすすめの折りたたみ電動自転車です。

一方、デメリットは一度の充電での走行距離は12kg程度までしかできずこまめな充電が必要です。

ジックについてはこちらに詳しい情報を記載しています。

折りたたみ電動自転車 ミムゴ SUISUI スイスイ BM-A30WH

オーソドックスな折りたたみ電動自転車です。

SUISUIブランドがあり、機能としては標準的です。

一度の充電で30kmまで走り、約20kgです。

折りたたみ電動自転車 パスピエ20R

20インチの折りたたみ電動自転車です。

特徴としては、最初からライトやカゴがついており、価格も格安折りたたみ電動自転車の部類になります。

また、一度の充電で42kmまで走るなど機能面も優れています。

価格と走行距離で購入するのであれば非常におすすめの折りたたみ電動自転車です。

20インチの電動自転車については「20インチの電動自転車を購入時の車種別ポイント 特徴を抑えれば素敵な自転車に出会える」をしているのであわせて読んでみてください。

折りたたみ電動自転車 TERN VEKTRON S10 ヴェクトロン


ヨーロッパで大人気の折りたたみ電動自転車です。

メーカーのヴェクトロンの特許技術やノウハウを十分につめこんだ自転車です。

計算され配置されたバッテリーモーターや太めのタイヤと低重心フレームは、安定性とスポーティな走行性の両立を実現しています。

バッテリーも8.4Ahと大きめのバッテリーを搭載しています。

ハンドルの高さもワンタッチででき、適正身長も147~195cmと幅広く対応しています。

ママチャリ型折りたたみ電動自転車 SUISUI

SUISUIはママチャリ型電動自転車でありながら、折りたたみ機能がついている自転車です。

折りたたみママチャリはネット通販を中心に販売がされており、SUISUIは格安電動自転車として通販で人気があります。

26インチ、変速ギアなしとシンプルな折りたたみママチャリの電動自転車ですが、価格が非常に安くお買い得感が強いです。

駐輪場などのスペースが狭い方にもおすすめのママチャリ型折りたたみ電動自転車です。

SUISUIについては「SUISUIは電動自転車を徹底解説 子供乗せ対応や折りたたみ電動自転車などを紹介」に詳しいスペックなどを掲載しているのであわせて読んでみてください。

折りたたみ電動自転車を購入する時に一緒に購入したほうがよい自転車アクセサリ

折りたたみ電動自転車を購入するときにいっしょに購入したほうがよい自転車アクセサリや自転車パーツなどです。

自転車用ヘルメット

自転車用ヘルメットはお子さんやロードバイクなどのスポーツ自転車に乗る方がかぶるイメージが多いですが、近年は電動折りたたみ自転車に乗る方もかぶる傾にあります。

折りたたみ電動自転車はスピードを出しやすく、一方ママチャリなどと比べると車体が小さいため安定性に欠けるところがあります。

気軽に乗れる分バランスを崩しやすく転倒の危険性もあります。

特に旅行先などでサイクリングに折りたたみ電動自転車を利用されるのであればかぶることをおすすめします。

自転車用輸送バッグ

折りたたみ電動自転車の魅力はなんといっても車や電車に自転車を積み込み、地震と一緒に移動できる点です。

移動には輸送バッグは必要で特に電車での移動では輸送バッグに入れていることが電車内への持ち込みに必須になっています。

自転車保険

自転車保険は都道府県によりますが、義務化されている地域も多く自転車保険の加入はぜひ行ったほうが良いです。

特に折りたたみ電動自転車はスピードも出て気軽に乗れることからも事故への注意が必要です。

また、旅行先など慣れない地域での運転も多くなるため、事故にあうあわないは関係なく自転車保険は加入しておいたほうが無難です。

現在ではインターネットやコンビニで簡単に自転車保険の加入が可能になっています。

詳しくは「自転車保険はコンビニで簡単に加入できる!セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート 各コンビニの補償を比較」や「東京都の自転車保険が2020年4月1日より義務化 簡単な自転車保険の紹介」の記事を読んでみてください。

折りたたみ電動自転車が大人気。通販で購入するとき失敗しない2つのポイントのまとめ

折りたたみ電動自転車はパナソニックや海外大手メーカーからベンチャー系自転車メーカーまで幅広く販売されている自転車カテゴリです。

重量は軽いものは11kg台からあり非常に軽い電動自転車もあります。

電車で移動し、サイクリングで移動する場合、電車持込用の輸送バッグを一緒に購入しましょう。

通販で購入するときは走行距離の目安と各種オプションの有無を確認してから購入するようにしましょう。

きっと素敵な折りたたみ電動自転車をみつけることができると思います!

以下の記事も電動おりたたみ自転車を通販で購入するときに役に立つ記事だと思いますので、いっしょに読んでみることをおすすめします。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の種類, 折りたたみ自転車ミニベロ
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.