ブリヂストンの電動自転車は独自機能が優れている!ブリヂストンの電動自転車の総評・機能紹介

更新日:

ブリヂストンの電動自転車はかゆいところに手が届く!

電動自転車を通販で購入しようとするときに大手メーカーから選ぶとなると必ずあがるのがブリヂストンです。

ブリヂストンの電動自転車は非常に機能が優れており、ほかのメーカーと比較しても非常に優れているといえます。

今回はブリヂストンの電動自転車の特徴やおすすめの車種の紹介をしたいと思います。

なお、2020年モデルのブリヂストンの電動自転車の総評は以下にも記載しています。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール




ブリヂストンの電動自転車とは

ブリヂストンというとタイヤメーカーというイメージが世の中では一般的です。

しかし、ブリヂストンは自転車メーカーでもあり、電動自転車のみではなく優れた自転車をたくさん製造しています。

ブリヂストンの電動自転車以外の自転車については、「ブリヂストンの自転車!!品質のブリヂストンのママチャリを購入するときのポイント」を参照してみてください。

ブリヂストンの歴史や警察車両などに利用されているシティサイクルなどの情報も掲載しています。

なお、ブリヂストンは「ブリヂストン」と記載し「ブリジストン」ではないので注意しましょう!

ほかの電動自転車メーカーとは何が違う

電動自転車を通販で購入しようとしたときにまず迷うこととしては、どのメーカーの電動自転車がよいのかという点です。

大手電動自転車メーカーであればほかに、パナソニックとヤマハがあります。

ここにブリヂストンを加えた3社が市場シェアを均衡しながらほぼすべてを占めています。

パナソニックの電動自転車はリチウムイオンバッテリーなどのバッテリー周りに優れており、ヤマハの電動自転車は、モーター部分に優れています。

ブリヂストンの電動自転車は各パーツにこだわりの機能を設けており他社と差別化しています。

ほかの電動自転車メーカーとの比較に関しては、「 電動自転車を徹底比較!メーカー、コンセプト別の比較表もあり 」にも詳しい情報を掲載しているので、こちらをご確認ください。

ブリヂストンの電動自転車の特徴

ブリヂストンは電動自転車としての基本機能が優れているうえで、他社にはないような機能がたくさんあります。

総合的に優れた電動自転車がほしいという方にはブリヂストンの電動自転車はおすすめなので、ぜひ参考にしてくださいね。

なお、以下に記載している機能はすべての車種に搭載されているわけではなく、車種により有無があります。

どの電動自転車にどの機能が搭載されているかは後述しているので、気になるかたは先に「ブリヂストンの電動自転車の主な車種」を参照してみてください。

ブリヂストンの電動自転車は両輪駆動で力強い

ブリヂストンの最大の特徴は自転車でありながら両輪駆動ができるという点です。

「前輪も後輪も両方ペダルの力が伝わる」ということではなく、前輪は「電動自転車のモーターの力伝わる」、後輪は「ペダルの力が伝わる」という意味です。

通常の電動自転車は「ペダルのこぐ力をアシストしてくれる」というイメージですが、ブリヂストンの電動自転車は「自転車自体をぐいぐい引っ張ってくれる」というイメージです。

自動車でいう4WD、4輪駆動と同じような動きになるため、力強さがほかの電動自転車とはことなります。

安定性が増し、例えば荷物をたくさんかごに積んでいる自転車本来の前後のバランスと異なる状態でも安定して運転できるメリットがあります。

メリットはこの安定性、電動自転車を引っ張ってくれるということのみではなく、前輪にモーターがついているため、モーターの恩恵をさまざまうけることができます。

それは以下に記載します。

ブリヂストンの電動自転車は走りながらバッテリーに充電される

ブリヂストンの両輪駆動の電動自転車のもうひとつの大きな特徴として走りながらバッテリー充電がされることです。

タイヤがまわっていればそれを力に発電がされバッテリーに充電されるということです。

バッテリーが充電されるタイミングとしては、左ブレーキをかけたときとペダルをこぐのをやめて惰性で運転している時です。

両タイミングで電動自転車のバッテリーへ充電がされるため電動自転車の一度の充電での走行距離が延びます。

バッテリーを取り外して充電器を利用し充電をするタイミング機会も減ることでバッテリーへの負担も減りバッテリーの寿命を延ばす効果もあります。

バッテリーはリチウムイオンバッテリーでバッテリーを空にしたり、100%充電をすることで徐々にリチウムイオンバッテリー自体が劣化していきます。

リチウムイオンバッテリーはスマホなどにも利用されているバッテリーで、スマホも充電を繰り返すことで100%充電しても直ぐバッテリーがなくなるというのと同じ原理です。

この負担が減るため充電器の利用回数が減り、バッテリーが長持ちするということです。

電動自転車のバッテリーについては「電動自転車バッテリーの悩みを解決 寿命確認や値段、処分リサイクル方法など」にも詳しい情報を掲載しています。

ブリヂストンの電動自転車は自動でブレーキがかかる!?

ブリヂストンの電動自転車は自動でブレーキがかかります。

とはいえ、自動車でよくみかけるような事故にあいそうな時に自動でブレーキをアシストしてくれるブレーキ機能ではなく、自動車でいうところのエンジンブレーキと同じようにブレーキをかけてくれるという機能です。

これもブリヂストン特有の機能で、下り坂など自動でモーターブレーキをかけることで急激なスピードアップや、手で強いブレーキをかけ続けるということをせずともスピードを抑制してくれます。

この抑制したスピードの力はバッテリーに充電されるという一石二鳥の機能になっています。

ブリヂストンの電動自転車はベルトドライブでさびない

ブリヂストンの電動自転車のうち両輪駆動の電動自転車にはベルトドライブが採用されています。

ベルトドライブとは自転車のチェーンの部分が一般的な自転車のチェーンとは異なり、ベルト上になっています。

このベルトドライブは軽くて丈夫なカーボン繊維でできています。

カーボンのため、さびることがなくメンテナンスの必要性がありません。

また、ベルトドライブが外れることがないため、外装変速ギアなどでよくある自転車のチェーンが外れるというような現象は発生しません。

このベルトドライブというパーツもブリヂストンならではの非常に優れたパーツだといえます。

ブリヂストンの電動自転車の主な車種

ブリヂストンの電動自転車は、ほかの大手電動自転車と同じように、さまざまなタイプが発売されています。

チャイルドシートつきの子供も一緒に乗れる電動自転車、通勤通学用のママチャリ型電動自転車、シニア向け電動自転車などさまざまです。

以下には主な人気の電動自転車を車種ごとに口コミ形式で記載しているので参考にしてください。

アルベルトe シティサイクル型ブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンのアルベルトeは電動自転車の中でも最も一般的で汎用性がきくシティサイクル型の電動自転車です。

ハンドルがまっすぐになっているタイプのママチャリ型電動自転車です。

両輪駆動、走りながらバッテリー充電、モーターブレーキ、ベルトドライブなどブリヂストン特有の機能を兼ね備えている電動自転車です。

ママチャリ型なので毎日の通勤通学などに最適な電動自転車といえます。

アルベルトeの最大の特徴としては、バッテリーが9.9Ahですが、自動充電機能があるため14.3Ah相当になり最大26インチでは130kmも走ることができます。

ほかのメーカーの電動自転車では100km前後が標準ですが、130kmも走ることができるのは自動充電の機能が活きているといえます。

またアルベルトeのポイントは軽量化と強度の両方をされているJIS規格に合格しているタフフレーム、タイヤメーカーらしくパンクに強いタイヤなどさまざまあります。

機能が豊富で運転しやすいブリヂストンのアルベルトeは世の中にいろいろある電動自転車の中でもトップクラスの電動自転車だといえます。

ビッケ チャイルドシート付ブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンのビッケシリーズは子供と一緒に乗れるチャイルドシートつき電動自転車です。

口コミサイトなどでは大人気の電動自転車ですね。

ビッケはシリーズの名前でビッケの中でも「ビッケグリdd」、「ビッケポーラーe」、「ビッケモブdd」と3種類あります。

なお、ヤマハやパナソニック含めた子供乗せ付き電動自転車については「子供乗せ電動自転車 メーカーや機能別の違い」に詳しい情報を掲載しています。

ビッケグリdd 男性にもおすすめ ブリヂストン電動自転車

ビッケグリddのコンセプトは「パパママ共有しやすいスタイル」という点です。

ビッケのほかの2車種はどちらかというと女性向けにフレームが作られていますが、このビッケグリddは男性でも乗りやすいフレームをしています。

具体的には、ほかの2車種は低床フレームという自転車にまたぐ部分が下に下がっており足を高く上げずとも乗れるフレームですが、ビッケグリddはスタッガードはおしゃれなシティサイクルやクロスバイクなどにも利用されるフレーム形状をしています。

おしゃれで乗りやすくまた27インチサイズの取り扱いもあるため、ビッケグリddは男性も乗りこなしやすい電動自転車となっています。

また、両輪駆動、自動充電、モーターブレーキなどの機能はついています。

ビッケシリーズについては「ブリヂストンのビッケシリーズを詳しく解説 電動自転車のビッケモブやビッケグリ、ビッケポーラーeなどについて」により詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

ビッケポーラーe 前チャイルドシートでブリヂストンならではの安定感抜群 電動自転車

ビッケポーラーeは前方にチャイルドシートがついている子供も一緒に乗れるタイプのタイプの電動自転車です。

上記もしていますが、ブリヂストンの電動自転車は前方も駆動しているため、前方に荷物や子供が乗っていても安定しての運転ができます。

そのため、荷物ではなくチャイルドシートに子供が乗ってる場合も安定した運転が実現でき、1歳程度の小さな子供を前に乗せていても安心安全です。

また、ほかのビッケシリーズの電動自転車と比較するとフレーム、タイヤサイズが小さくなっており小柄な女性などでも安心して運転することができます。

なんとブリヂストン曰く、適正身長は138cm以上となっています。

20インチの電動自転車は珍しくありませんが、ここまで小柄な女性でも乗れる電動自転車は女性の方のことを考えられて設計された自転車だといえます。

また、低床フレームでまたぎやすいのも特徴です。

なお、ビッケポーラーeのみビッケシリーズで両輪駆動、自動充電、モーターブレーキなどの機能がついていなく、この点のみ残念な点です。

20インチの電動自転車については「20インチの電動自転車を購入時の車種別ポイント 特徴を抑えれば素敵な自転車に出会える」をしているのであわせて読んでみてください。

ブリヂストン ビッケモブdd スタンダードなチャイルドシート付き電動自転車の王道

ビッケモブddは非常にスタンダードでかつブリヂストンの機能は搭載されているチャイルドシート付き電動自転車です。

ブリヂストン電動自転車の特徴の両輪駆動、自動充電、モーターブレーキの機能はついています。

チャイルドシート付き電動自転車らしく低床フレームでまたぎやすく安定間もあります。

また、ほかのビッケシリーズでも可能ですが、子供を2人乗せた3人乗りにも対応可能で追加でチャイルドシートを設置することで子供を含め3人乗り電動自転車にもなります。

ほかのビッケシリーズのビッケグリdd、ビッケポーラーeだと特徴が強すぎて乗りにくそうという方には王道のビッケモブddがおすすめだと思います。

ハイディツー(hydee2) かっこいいチャイルドシート付ブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンのハイディツーはブリヂストンの中で最もかっこいいチャイルドシート付き電動自転車です。

雑誌のVERYとコラボした電動自転車ということもありスタイリッシュでおしゃれな電動自転車となっています。

この自転車のデザインであれば子供も大人も大喜びです。

デザインだけではなく機能性にも優れておりブリヂストン独自の両輪駆動や自動充電、モーターブレーキなどの機能は搭載されています。

デザイン面としては、ハンドルがビーチクルーザー風の幅広ハンドルとなっており、砲弾型オートライトやタッチパネルもおしゃれになっています。

おしゃれなチャイルドシート電動自転車がほしいという方にはハイディ2がかなりおすすめです。

大手メーカーの中でチャイルドシート付き電動自転車のコラボ商品はほかにはないため、デザイン面では一番おしゃれといっても過言ではないでしょう。

ハイディー2については「ハイディー2はブリヂストンのデザイン性高い電動自転車 機能やカスタムパーツの紹介」により詳しい情報を掲載しています。

アシスタ 格安ブリヂストンの電動自転車

アシスタシリーズはブリヂストンの中でもお手ごろ価格で購入しやすい価格帯の電動自転車です。

ブリヂストンならではの機能は十分搭載されており手に入りやすい格安モデルになっています。

アシスタC STD チャイルドシート搭載のお買い得モデル  ブリヂストンの電動自転車

チャイルドシートが搭載されているブリヂストンの電動自転車では最も購入しやすいモデルの電動自転車アシスタC STDです。

ブリヂストンの電動自転車でチャイルドシートがついていて安さにこだわるならアシスタです。

安さにこだわりながらもアシスタは機能としては、十分搭載されており、雨の日でもとまりやすいスマートコントロールブレーキ搭載など子供を乗せるからこそ安全性第一に考えられている機能を搭載しています。

また、リアキャリアのチャイルドシートも大手メーカーであるブリヂストンならではのつくりになっておりヘッドガードまでついている本格的なチャイルドシートになっています。

長くチャイルドシート付きの電動自転車に乗りたいということであれば信頼性高いブリヂストンのアシスタC STDで十分活用できると思います。

アシスタプリマ ママチャリ型お買い得モデル ブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンのアシスタプリマは価格を抑え購入しやすい電動自転車です。

機能としては、両輪駆動、自動充電、モーターブレーキなどはついていませんが、ブリヂストンのほこるタフフレームなどのブリヂストン要素を多数アシスタプリマには搭載されています。

「低価格で電動自転車がほしい」、「後からチャイルドシートをつけたいが今は必要ない」という方などにアシスタはおすすめです。

アシスタプリマはブリヂストンに限らずとりあえず電動自転車に乗りたいという方には最適ではないでしょうか。

フロンティア 安定感抜群のブリヂストンの電動自転車

ブリヂストンのフロンティアはビッケなどと同じくシリーズモデルで多数のフロンティアシリーズを発売しています。

フロンティシリーズの特徴としては、低床フレームでシニア高齢者の方でも乗りやすく、足腰の筋力が落ちてしまったが、電動自転車に乗りたいという方向けに考えられているシリーズです。

シニアの方や女性などが毎日の生活で買い物や通勤で利用するのにおすすめです。

フロンティア フロンティアシリーズのベーシックモデル ブリヂストンの電動自転車

フロンティアシリーズはシニアの方や女性の方をターゲットとしていますが、このフロンティアデラックスはその中でも機能が充実した電動自転車です。

具体的にはブリヂストンの電動自転車の特徴である両輪駆動、自動充電、モーターブレーキ、カーボンベルトドライブを搭載している点などです。

また、24インチの自転車に関しては、身長135cm以上の方であれば乗ることができます。

適正身長が小さい自転車は安定性が優れており乗りやすさは非常に高いです。

普段の買い物やちょっとしたお出かけなどに優れている普段使いの電動自転車だと思います。

シニア向け自転車を探しているのであれば「高齢者向け自転車の選び方とおすすめ車種 シニア向け軽い電動自転車や三輪自転車も紹介」も一緒に読んでみてください。

フロンティアリラクシー    おしゃれなブリヂストンの電動自転車

低床フレームシリーズでシニア向けとなるとどうしてもデザインは後回しになり勝ちですが、このブリヂストンのフロンティアリラクシーは乗りやすさとデザイン性の両方を兼ね備えた電動自転車になっています。

乗りやすさに関しては、フロンティアシリーズの特徴の低床フレームです。

特にこのフロンティアリラクシーはまたぐ部分が平行に近く非常に乗りやすいです。

具体的には地面からフレームのまたぐ部分の一番上まで焼く29cmと軽く足をあげただけでまたげる高さとなっています。

また、ブリヂストンの特徴の両輪駆動、自動充電、モーターブレーキも搭載で坂道でも安心で乗りやすさ抜群です。

また、デザイン面に関しては、アシスト機能などの操作パネルが雑誌のVERYとコラボレーションしたタッチパネルと同じデザインを採用しておりおしゃれです。

また、カラータイヤや落ち着いたフレームカラーなどが魅力的です。

毎日の買い物に利用したい女性やシニアの方におすすめの電動自転車だと思います。

買い物に最適な自転車については「買い物におすすめの自転車 おしゃれなかごやリュックで大容量荷物でも大丈夫」にもおすすめ車種を紹介しています。

フロンティア デラックス フロンティアの上位モデルでブリヂストンの機能が多数搭載

ブリヂストンのフロンティアの上位モデルです。

機能としては、フロンティアの機能にソーラーパネル型のテールランプ、タイヤの空気圧をわかりやすくする空気ミハル君のほかバッテリーを大きくしています。

バッテリーは9.9Ahですが走りながら充電できる機能を加味すると14.3Ahの大型バッテリー規模になり走行目安距離が130kmと非常に優れています。

低床フレームでまたぎやすく130kmもの長距離を一度の充電で走行できるなど普段使いで電動自転車と忘れてしまうような自転車として利用できるのではないでしょうか。

カジュナe  ベーシックラインスイートライン ブリヂストンの通学向け電動自転車

カジュナeのベーシックラインとスイートラインはブリヂストンの電動自転車の中でも女性の通学にコンセプトを置いている通学電動自転車です。

カジュナeのベーシックラインとスイートラインの違いはほぼありません。

デザインカラーが異なるだけで基本スペック、価格は同じです。

好きなデザインカラーを選ぶことでカジュナeかスイートラインという車種名がかわるイメージです。

女性向けのおしゃれなデザインとブリヂストンならではの機能を両立させています。

デザインに関しては、大き目の藤風バスケットや強度とデザインを兼ね備えたダブルフレーム、ベルトドライブやタイヤのリム、ハンドル、サドルがブラウンに統一されているなどおしゃれでレトロなデザインに仕上がっています。

機能性もブラウンのカーボンベルトドライブのほか、両輪駆動、自動充電、モーターブレーキなどブリヂストンの機能を採用しており品質、デザイン、機能がそろった通学用自転車だといえます。

また、カジュナeのベーシックラインとスイートラインはエコモードで130kmも走ることができます。

カジュナeのようなレトロなデザインの自転車については「レトロな自転車は2種類 おしゃれなレトロ風自転車かビンテージ自転車、両方紹介」でほかの車種も紹介しています。

ブリヂストンの電動自転車は独自機能が優れている!ブリヂストンの電動自転車の総評・機能紹介のまとめ

ブリヂストンの電動自転車は大手電動自転車になり機能が多数あります。

両輪駆動やバッテリーの自動充電、モーターブレーキ、ベルトドライブなどあげるときりがないほど独自の機能がります。

特に両輪駆動は電動自転車の安定性があがり安心して運転ができます。

口コミでも安定性が高いと評判です。

車種としては、アルベルトeやビッケシリーズなど人気のリシーズがたくさんあるので多種多様のニーズにこたえることができると思います。

また、子供乗せ電動自転車が人気です。

ぜひ、電動自転車を購入するという場合、機能が優れているブリヂストンの電動自転車を検討してみてくださいね!

なお、ブリヂストン以外の電動自転車がどのような特徴があるかの比較は「 電動自転車を徹底比較!メーカー、コンセプト別の比較表もあり」に記載しているのであわせて確認してみてください。

-自転車おすすめ店舗, 自転車メーカー
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.