安いギアつきママチャリならdixhuitがおすすめ 通販最安値の自転車です

投稿日:2019年11月8日 更新日:

ギア付きのママチャリを通販で購入しようとたくさん同じような自転車が並び、どのママチャリを購入したらよいのか迷いますよね。

値段が安いギア付きママチャリを選びたいが値段が安いだけで選んでいいのかも不安ですよね。

今回は通販で販売されているママチャリで安く非常におすすめできるギア付きのママチャリ「dihxuit」を紹介したいと思います。

ギア付きママチャリを探している方はこのママチャリを購入しておけばまず間違いないです。

ギア付きママチャリdixhuitの購入は↓からできます!


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


dixhuitはどんな安いギアつきママチャリ?

dixhuitは26インチ、シマノ製外装6段変速ギアを搭載した標準的なママチャリです。

機能面は至ってオーソドックスですが、オーソドックスでありながら通販の中で最も安いギア付きママチャリだといえます。

ママチャリのカラーはホワイト、ブラック、ブラウン、オレンジ、イエロー、ブルー、ピンクの7色展開です。

そのうち「ホワイト、ブラック、ブラウン」と「オレンジ、イエロー、ブルー、ピンク」では同じロゴのdixhuitですが、若干細部が異なっています。

具体的には、「ホワイト、ブラック、ブラウン」はサドルとハンドルがブラウンになっており、またかごもワイヤーかごになっています。

一方、「オレンジ、イエロー、ブルー、ピンク」のカラフルなママチャリに関しては、サドルとハンドルはブラックで統一されており、かごはメッシュかごになっています。

違いに関しては、この二点のみであとは同じです。

シマノ製外装変速6段ギアに関しては、通販で販売されているほかのママチャリと同じものを利用しており特別グレードが低いというわけでもなさそうです。

ギア付きママチャリdixhuitはどこで購入できる?

ギア付きママチャリdixhuitは楽天市場やYahoo!ショッピング、amazon、auWowma!など主要な通販モールであれば購入することができます。

ただし注意点としては、楽天市場ではゴーゴーサイクリングが販売していますが、Yahoo!ショッピングでは自転車BANKという店舗で販売して店舗名が異なっているという点です。

商品自体は同じなため、問題ないですが、購入する通販モールによって販売店が異なっているので注意しましょう。

値段が安いギア付きママチャリだと問題ある?

dixhuitは値段が安いからといって品質が低いママチャリというわけではなさそうです。

理由としては、二点あり一点目は、このギア付きママチャリを販売しているゴーゴーサイクリングは物流面を工夫し値下げに成功しているためです。

二点目はゴーゴーサイクリングを運営している株式会社サントラストは自転車メーカーでメーカー直送スタイルをとっているため、中間マージンがかからずその分安くなっています。

このギア付きママチャリを含めて自転車を安く提供できている詳しい理由については、「ゴーゴーサイクリングって最近よく自転車通販でみかけるけど評判ってどうなの?調べてみるとママチャリの価格は安く、品質はよさそう!」にも詳しく記載いているので購入前に読んでみてください。

ギアつきママチャリでオートライト付きで安いのはある?

おすすめのギア付きママチャリであるdichuitですが、機能面でデメリットをあげるとするならばライトがオートライトではなく、タイヤとライトの発電部分がこすれて発電するブロックダイナモライトを採用している点です。

価格が安いため、いたし方がなく許容反映ですが、夜自転車に乗る場合ライトをつけるとペダルが重くなりこぎにくくなります。

また、オートライトはほぼ無音ですが、タイヤとライトがこすれるためギーギーと音がなります。

この点はギア付きママチャリのdixhuitのデメリットといえます。

重くならないライトがよい場合は別途電池式のライトを購入するかハブダイナモライト(オートライトとも呼ばれる)のギア付きママチャリを購入することをおすすめします。

ハブダイナモライト(オートライト)のギア付きママチャリの最安値を調べてみたところdixhuitと同じく、ゴーゴーサイクリングのルシールという自転車が最安値でした。

ルシールについても基本スペックはdixhuitと同じでライトがブロックダイナモライトかハブダイナモライトかの違いのようです。

ギア付きママチャリのdixhuitの詳細スペックの紹介

ギア付きママチャリdixhuitの各種パーツについて所感をまとめています。

基本的には1万円台で購入できるママチャリはほとんど機能は同じです。

そのため、デザインの好き好き、価格の安さ、自転車の組み立て配送の有無、送料などから自転車を選ぶのが無難です。

ギア付きママチャリのdixhuitのハンドル

ハンドルはママチャリらしい手前に曲がっているハンドルになります。

このような自転車のタイプを軽快車ともよびます。

ハンドルがまっすぐになっているタイプとは異なり、安定感があるので通勤通学用かばんをかごに入れたり、重い買い物袋を入れて運転しても安定します。

ギア付きママチャリのdixhuitのシマノ製外装6段変速ギア

シマノ製外装6段変速ギアはほとんどのギア付きママチャリで採用されているママチャリのギアです。

このdixhuitに関しても同じく普通の外装変速ギアです。

価格が高いママチャリに関しては、内装変速ギアを採用していることが多く、安価に取り付けができるギアの種類です。

通販で販売されているギア付きママチャリであればほとんどが同じタイプの変速ギアを利用しているので、ほかのギア付きママチャリを選ぶのであれば「シマノ製外装6段変速ギアか否か」だけ確認するといいと思います。

ギア付きママチャリのdixhuitのかご

かごは上記にも記載していますが、「ホワイト、ブラック、ブラウン」と「オレンジ、イエロー、ブルー、ピンク」で違ってきます。

「ホワイト、ブラック、ブラウン」はワイヤーかごで「オレンジ、イエロー、ブルー、ピンク」はメッシュかごです。

縦29cm×横35cm×高さ24cmとややワイヤーかごのほうが大きいです。

それぞれのかごの種類によってメリットが異なります。

メッシュかごのメリットは網目が細かいので荷物が落ちくい点がメリットです。

ワイヤーかごのメリットは網目が粗い分柔軟に荷物が入るのとワイヤーが太いため曲がりにくいのがメリットです。

色によってかごの種類が異なるのでdixhuitを購入する場合はかごの種類に注意しましょう。

ギア付きママチャリのdixhuitのサドル

サドルもかごと同じく車体の色によってカラーが異なります。

「ホワイト、ブラック、ブラウン」はブラウンで「オレンジ、イエロー、ブルー、ピンク」はブラックです。

機能面は同じようなので、デザインによってカラーを変えているようです。

ギア付きママチャリのdixhuitのキャリア(荷台)

ギア付きママチャリdixhuitのリアキャリアは最大積載重量が18kgです。

18kgまで荷物を載せられるキャリアになります。

最大積載重量が18kgのキャリアは一般的ですが注意したい点はチャイルドシートは設置できないクラスだということです。

キャリアにチャイルドシートを設置する場合、最大積載重量が25kg以上が必要です。

そのため、後ろにチャイルドシートは設置でません。

ただし、前に設置するタイプのチャイルドシートは制限がないため、このギア付きママチャリdixhuitでも設置は可能です。

ギア付きママチャリdixhuitのリアキャリアの使い方としては、別途後ろかごを設置し荷物を入れるという方法が一番無難だと思います。

ゴーゴーサイクリングでは後ろに設置するかごも別途販売しているので同時購入するのがいいですね。

ママチャリが配送されるときには後ろのかごも設置された状態で届くので取り付けの手間などもなくお手軽です。

ギア付きママチャリのdixhuitの鍵

シリンダー式リング錠です。

シリンダー式リング錠は一般的な鍵です。

ママチャリによく利用されるGORINというメーカーの鍵を採用しているようです。

かぎ付きのため、基本的には安心ですが、必要最低限の鍵のため、自転車盗難を避けたいようであれば別途目立つ鍵ももうひとつくらいつけてもいいかもしれません。

ギア付きママチャリのdixhuitの自転車フレーム

ダブルループフレームという一般的なフレームを利用しています。

耐久性は問題ないと思います。

フレームやフレームカラーに関しては好みによりけりという点が大きいため、特にメリットデメリットはありません。

ギア付きママチャリのdixhuitの自転車全体感

全体的には基本スペックの合格点を超えているオーソドックスなギア付き自転車というところだと思います。

オーソドックスな26インチのギア付きママチャリを求めているのであればかなりお買い得だと思います。

楽天市場やYahoo!ショッピングの通販ではどちらかというとホワイト、ブラック、ブラウンのワイヤーかごのタイプが人気の用です。

そのほかのおすすめの安いギア付きママチャリの紹介

ギア付きママチャリのDixhuitではない他のギア付きママチャリを購入したいということであれば以下などもおすすめです。

どの商品も通販のランキング上位常連自転車なので、安心して安心して購入できるかと思います。

オーソドックスなギア付きママチャリ 21テクノロジー MC266

非常にオーソドックスなギア付きママチャリです。

機能面等ほとんどdixhuitと代わりがありません。

価格はこのママチャリのほうが若干高いです。

メリットとしては、おまけのライトがついているという点でしょうか。

dixhuitではないカラーバリエーションがほしい場合などはこのギア付きママチャリでもよいかもしれません。

注意したい点としては、21テクノロジーは自転車の組み立てを購入し自身で行わなければならない点です。

このママチャリの場合明記がされていないため、100%組み立ての可能性がありますが、詳細が不明なので購入前に確認したほうがよいかもしれません。

カラータイヤが特徴的なギア付きママチャリ スマートファクトリー グラフィス

グラフィスはカラータイヤが人気の自転車ブランドです。

特徴は鮮やかなデザインと折りたたみ機能を持った折りたたみ式のギア付きママチャリという点です。

価格は3,000円前後高いですが、1万円台で購入できる貴重なギア付きママチャリです。

安いギアつきママチャリならdixhuitがおすすめ 通販最安値の自転車です。のまとめ

ギア付きママチャリで安く品質がよい自転車を求めているのであれば一番よいのはゴーゴーサイクリングのdixhuitだと思います。

6段変速ギア付きのママチャリでは最安値です。

カラーは7色展開ですが色によってかごの仕様が異なっているので注意が必要です。

また、通販サイトにより販売店も異なっているので購入前に間違えないようにしましょう。

ギア付きママチャリとしての機能は合格点は超えていますが、至って普通です。

安さの理由はママチャリの原価というよりはメーカー直送で中間マージンを抑えている、物流も自社で行っているという点で価格が安いのだと思います。

普通のギア付きママチャリを少しでも安くほしいという方にはdixhuitはかなりおすすめです!

ギア付きママチャリdixhuitの購入は↓からできます!

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車の種類, 自転車ブランド
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.