アルミフレームママチャリ特集!通販で購入できる全車種を細かく紹介!

更新日:



ママチャリを購入するときにフレームの素材はあまり気にしない方が多いと思います。

クロスバイクやロードバイクなどを購入するときにはフレーム素材は非常に大きな要素の一つですが、ママチャリの場合ほとんどがスチールです。

ハイテンスチールなどが多いですが、一部のママチャリではフレームにアルミを用いている車種もあります。

非常に貴重なので今回はアルミフレームのママチャリを紹介したいと思います。

また、シニア向け自転車を探しているのであれば「高齢者向け自転車の選び方とおすすめ車種 シニア向け軽い電動自転車や三輪自転車も紹介」も一緒に読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


アルミフレーム素材のママチャリで通販買えるのは5シリーズのみ

ロードバイクやクロスバイクの場合アルミフレームの自転車は一般的で特に珍しくありませんが、ママチャリとなるとアルミフレームの自転車はほとんどありません。

楽天市場など通販サイトで確認する限りリシーズで5車種しか発売されていません。

アルミフレームはハイテンスチールと比較すると軽量がウリですが、価格がスチールと比較するとどうしても高くなってしまいます。

そのため、ロードバイクやクロスバイクなどと比較すると軽量化をそこまで求められていないママチャリのため、高単価のアルミフレームのママチャリが少ないのだと思われます。

やはり多少重くても上部で価格が安いスチール素材のママチャリが世の中では人気なのでしょう。

アルミフレームママチャリとスチールフレームママチャリの重量の差は素材の違いで1.6kgキロ

アルミフレームでママチャリを製造するメリットは軽さにあると思います。

楽天市場でママチャリと検索した時の上位30件の平均重量は18.5kgでした。

一方以下で紹介するアルミフレームの5車種の平均重量は16.9kgでした。

その差は約1.6kgでした。

約1.6kgの差を重くみるか軽くみるかは各個人によるところだと思いますが、アルミフレームのママチャリは比較的スペックが高いママチャリばかりなので、差別化の一つだといえるのでしょう。

通常のママチャリの重さについては「ママチャリの重量 重さってどのくらい??」で検証しているので読んでみてくださいね。

アルミフレーム以外にもアルミ素材を利用したママチャリパーツはたくさんある

アルミフレーム以外にも軽量化のため、アルミフレームを利用しているパーツはたくさんあります。

例えば、ペダルやクランク、リム、ハンドルなどです。

アルミペダルに関しては、ロードバイクやクロスバイク用のペダルが多いのですが、ママチャリは汎用的なペダルがついていることがほとんどなので、市販のアルミペダルも利用できると思います。

ママチャリのリムもアルミ素材が多いため、特に珍しくはありません。

リムの軽量化や加工のしやすさを考慮するとアルミ素材が最適だと思います。

クランクやハンドルはステンレス素材が多いのですが、一部パーツとしてアルミ素材のパーツの取り扱いがあります。

アルミ素材ママチャリパーツについても通販サイトで探してみるのが早いと思います。

アルミフレームのママチャリで通販で買える全車種紹介

アルミフレームで通販で購入できるママチャリを紹介します。

通販でママチャリを購入するときのポイントは「通販でママチャリを買うときの4つのポイント(通販特有のチェックポイント)」を参照してみてください。

ブリヂストンのシニア、女性向けアルミフレームママチャリ アルミーユ

ブリヂストンのアルミフレームのママチャリです。

ブリヂストンは電動自転車だけではなく、電動がついていないママチャリも多数製造していますが、その中でもグレードが高いママチャリです。

26インチ、内装3段変速ギア、点灯虫タイプのオートライト付きとグレードが高いです。

もちろん、タイヤメーカーでもあるため、タイヤはチューブ磨耗によるパンク耐久性もアップ「タフロードチューブガードタイヤ」を採用しており、チューブも通常の35%性能アップしている肉厚チューブを使っています。

ブリヂストンのママチャリについては「ブリヂストンの一般自転車!!品質のブリヂストンのママチャリを購入するときのポイント」に詳しい情報をまとめています。

低床フレームで乗り降りがしやすいのが特徴的なフレームデザインです。

乗り降りの時に足を高くあげなくてすむのでシニアの方や女性などに向いているアルミ素材ママチャリだと思います。

アルミフレームにもかかわらず17.5kgとあまり軽さにインパクトがないのですが、機能装備が充実している分17.5kgという重さになっているのだと思います。

アルミーユを含めて女性向けの自転車については「女性向け自転車の選び方を解説 乗りやすい車種や通勤通学向け自転車まで詳しく紹介」に詳しい情報を掲載しているのであわせて確認してみてくださいね。

ブリヂストンの通学に最適なアルミフレーム素材のママチャリ エブリッジ

こちらもブリヂストンのアルミフレームのママチャリです。

価格はアミーユよりも安く重量も軽いママチャリです。

魅力は16.4kgと非常に軽いことです。

アルミ素材の軽いママチャリにもかかわらず機能も充実しており、内装3段変速ギア、オートライトなどを搭載しています。

フレームデザインもループ型フレームでおしゃれで高校生の通学などに最適だと思います。

また、タイヤもグレードが高いタイヤを採用しているので軽く肘王に信頼がおけるママチャリだと思います。

アルミフレーム素材で24インチの軽量安いママチャリならカール

アルミフレームのママチャリはフレーム素材が高価なため価格が高くなってしまいます。

アルミフレームのママチャリの中で通販で販売されているもので最も安いアルミフレームのママチャリがカールです。

カールは軽さにこだわりを持つシニアや背の低い女性のことを考慮し24インチのママチャリも発売しています。

普段の買い物などに利用できるママチャリで軽いものが欲しいという方には最適です。

価格は安くともオートライトやローラーブレーキを採用しています。

コンセプトとしては軽さにこだわっているのか変速ギアがついていません。

変速ギアが付くと数百グラム後半程度ギアで重たくなってしまうので重さを極力抑えているのだと思います。

販売メーカーはマルイシで非常に優れた老舗自転車メーカーです。

マルイシについては「丸石の自転車の特徴を解説。丸石サイクルは伝統ある自転車メーカーで車種多数」に詳しい情報をまとめています。

低床フレームで乗り降り簡単な24インチのアルミフレーム素材のママチャリ アルミスターU17.3kg

アルミスターUという名前のごとくアルミフレームを売りにしているママチャリです。

ミヤタという品質が高い自転車を製造している自転車メーカーです。

低床フレームで24インチ低床フレームというスペックから女性やシニアの方に人気のママチャリだと思います。

BAA、盗難補償などもついていおり、充実したママチャリだと思います。

ミヤタの自転車については「ミヤタの自転車を全車種解説 クロスバイクやママチャリ、グラベルロードなど紹介」に詳しい情報を掲載しています。

アルミ素材のママチャリで最も軽いママチャリ クォーツ

クォーツは16.1kgと非常に軽いママチャリです。

24インチ変速ギアなしですが、軽さにこだわっておりママチャリの中でも最軽量クラスだと思います。

価格は高額ですが、超軽量モデルのママチャリを探しているのであればクォーツは非常におすすめです。

アルミフレームママチャリ特集!通販で購入できる全車種を細かく紹介!のまとめ

アルミフレームのママチャリで通販で購入できる車種は5車種と少ないです。

ママチャリをアルミフレームで製造するのは軽量化が目的ですが、価格が重要な要素のママチャリにおいて軽量化は販売メリットが少ないのかもしれません。

しかし、アルミフレームのママチャリは通販で人気上位のママチャリと比較すると1.6kg軽く、最軽量のアルミフレームママチャリは16.1kgと非常に軽いものです。

アルミフレームのママチャリは機能面は充実した高付加価値ママチャリとスペックを抑え軽量化にこだわったママチャリの2つに分かれます。

スペックを抑えても比較的高価格のため、機能の充実か軽量さか目的を決めてアルミフレームのママチャリを選ぶことがポイントだと思います。

ぜひアルミフレームのママチャリを検討してみてくださいね!



-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車のパーツ, 自転車の種類
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.