1万円台で購入できるクロスバイクを徹底研究。通販で買えるものは大丈夫か

更新日:

クロスバイクを通販で購入しようとすると高いクロスバイクから安いクロスバイクまで様々ありますよね。

安いクロスバイクであれば1万円台のクロスバイクも多々みかけます。

1万円台で購入クロスバイクは激安の部類だと思いますが品質や保証体制などが不安なところもあります。

今回は1万円台で購入できるクロスバイクについて調査してみました。

また、3万円、5万円程度のクロスバイクについても評価しています。

そのほか低価格で購入できるおすすめのクロスバイクは「初心者にもおすすめのクロスバイクを紹介 安くてコスパのよい通勤通学に使える自転車」や「初心者向けの安いクロスバイク入門 初めて買うならこの車種がおすすめ」に詳しい情報を掲載しています。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール




通販で購入できる1万円台のクロスバイクはルック車がほとんど

1万円台のクロスバイクの購入を検討されているのであれば、まずはクロスバイクを購入したい目的を考えたほうがよいと思います。

一人で通勤通学用のクロスバイクを街乗り目的で乗りたいということであれば全く問題ありません。

また、ママチャリではダサいからクロスバイクがほしいという方も問題ないと思います。

しかし、「クロスバイクを購入してみんなでツーリングをしたい」「クロスバイク仲間に誘われてクロスバイクを購入しなければならない」という方は注意が必要です。

1万円台で購入できるクロスバイクは5万円以上するクロスバイクと比較し、そもそもの能力面で劣っています。

ツーリング仲間とクロスバイクを楽しみたいという方であれば比較的高額で安心できる大手メーカーのクロスバイクをおすすめします。

1万円台のクロスバイクでツーリングに行くと振り切られる可能性や無駄に体力消費をする可能性が高いです。

1万円台で購入できるクロスバイクはあくまでクロスバイク風のルック車というカテゴリの自転車が多いです。

ルック車自体が悪いわけではなく、見た目重視や一人でとりあえずクロスバイクに乗りたいという方であれば全く問題ないです。

1万円台の安いクロスバイクを購入する前に再度乗る目的を振り返ってみましょう。

ルック車については「ルック車について解説 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの見分け方など」に詳しい情報を掲載しています。

1万円台のクロスバイクを通販で購入するときのポイント

1万円台のクロスバイクを購入するときのポイントがいくつかあります。

特に初めてクロスバイクを購入する方には重要なポイントなのでしっかりと確認するようにしましょう。

1万円台のクロスバイクは完全組み立ての自転車か

自転車 組み立て前

クロスバイクを通販で購入するときに気を付ける最も重要なポイントはクロスバイクが完全組み立て、100%組み立てで届くかという点です。

街の自転車屋などで購入する場合は組み立てられておりすぐに乗れる状態で購入できるのが当たり前ですが、通販の場合、最終的な組み立てを購入者自身で行わなければなりません。

ママチャリと異なり特にクロスバイクの場合スピードを出し乗ることが多いのでしっかりとした組み立てを行わないと、突然チェーンが外れたり、ブレーキが利かなかったりすることがあります。

不安をあおるわけではないですがクロスバイクの組み立てに自信がなければ、組み立て済みクロスバイクを購入するか、組み立てを自転車屋に依頼するのがおすすめです。

組み立て済み自転車については通販サイト上に「完全組み立て」や「100%組み立て」などの表記があります。

一方、購入者が組み立てを必要とする場合「90%組み立て」などの表記があるので注意しましょう。

自転車の組み立てについては「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」にも詳しい情報を掲載しているのでそちらもあわせて確認することをおすすめします。

1万円台のクロスバイクの重量はどの程度の重量か

クロスバイクは各種パーツやフレームなどで重量の差がでてきます。

当然高額のパーツは品質も高く軽量なことが多いです。

一つの目安として15kg以上あるクロスバイクはルック車の可能性が高いです。

また、15kgというのは27インチや700cのクロスバイクの場合です。

24インチのクロスバイクというのもたまに見かけますが、価格が安い場合クロスバイク風ルック車の可能性が高いです。

上の写真は2020モデルRALEIGH(ラレー)RF7(ラドフォード7)というクロスバイクです。

実売価格10万円を超え、10kgを下回るようクロスバイクもあります。

なお、楽天市場で販売されている人気上位30車種のママチャリの平均重量は18.5kgでした。

18kg前後のクロスバイクは楽天で売れ筋の安いママチャリと重さがあまり変わらないという認識を持ち購入の検討をしましょう。

おすすめの1万円台のクロスバイク

1万円台でもおすすめできるクロスバイクはたくさんあります。

デザイン優先で購入するのであればスペックは確認せず好きなデザインのクロスバイクを購入すれば全く問題ないです。

1万円台でも機能面を考慮するのであれば以下などのクロスバイクが安くておすすめです。

とにかく価格重視の1万円台のクロスバイク

楽天市場最安値のクロスバイクです。

泥除け付きやクイックリリースハブなど痒い所に手が届く機能もついています。

26インチなので重量は14.6kgと1万円台であれば標準的だと思います。

低価格で探している場合通勤通学にはおすすめです。

重量14kg台の1万円台で購入できるクロスバイク

700Cで14.2kgと1万円台のクロスバイクでは比較的軽い自転車です。

21段変速ギアと走りを楽しみたい方におすすめです。

通販でしかみたことない!?1万円台で購入できる折りたたみクロスバイク

おすすめかはなんともいえませんが、クロスバイクの折りたたみ自転車です。

近年物流費が上がっている影響から梱包を小さくし物流費を抑えるために折り畳みのママチャリなども開発されていますが、クロスバイクまで折りたたみとは驚きです。

クロスバイクに乗りたく自宅に駐輪場がなく室内保管で部屋が狭くて収納がコンパクトなクロスバイクがよいという方にはよいのではないでしょうか。

上記クロスバイクはすべて購入者で組み立て調整が必要な車種です。

しっかりと組み立て調整してから乗るようにしましょう。

3万円、5万円のクロスバイクでもルック車はある

1万円台のクロスバイクはルック車が多く見た目がかっこいいクロスバイクで街乗りをしたいという方向けの車種が多いですが、3万円、5万円程度のクロスバイクでもルック車と呼ばれるクロスバイクは多数あるので注意が必要です。

一説にはクロスバイクは5万円以上、ロードバイクは10万円以上という話もありますが、目的に応じてです。

3万円、5万円で機能性は劣るがデザインが非常に優れており街乗りで基本乗りこなすということであれば3万円、5万円のクロスバイクでも問題ないと思います。

クロスバイクの価格と機能は必ずしも比例しているわけではなく、目的やデザイン、企業のブランドなどによっても価格はかわってきます。

通販でノンブランドの安いクロスバイクを探すとあたり外れもあるのは事実です。

5万円クロスバイクにお金を出せるのであれば、ブランドのあるクロスバイクを購入したほうが無難な気がします。

3万円前後であればできる限りレビューや1万円台のクロスバイクとは品質が違うことを訴求しているクロスバイクにしましょう。

1万円台で購入できるクロスバイクを徹底研究。通販で買えるものは大丈夫かのまとめ

1万円台で購入できるクロスバイクのほとんどがルック車と呼ばれるクロスバイク風の自転車です。

高級クロスバイクと比較するとどうしても機能面は劣りますが、目的が街乗りや通勤通学で一人で楽しむ移動手段であれば問題ないと思います。

通販でクロスバイクを購入するときに気を付けるポイントは組み立てに自信がなければ完全組み立てのクロスバイクを選ぶことです。

また、90%組み立てなどのクロスバイクを購入するのであれば街の自転車屋さんなどで組み立て調整の依頼をしましょう。

1万円台のクロスバイクは重量が重いものが多いですが一つの基準で15kg以上は重いと思います。

通販で人気のママチャリの平均は18.5kgなので、一つの基準でクロスバイクの重量を確認するとよいでしょう。

10万円を超えるクロスバイクでは10kgを下回る車種もあります。

1万円台のクロスバイクは決して悪いわけではなく、目的用途に応じては楽しめる自転車だと思います。

ぜひ検討してみてくださいね!

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の種類, クロスバイク
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.