自転車専用ウェアの選び方 自転車ウェアのポイント

更新日:

ロードバイクやクロスバイクなどに乗ってツーリングをするときに必要なのは自転車専用のウェアなど自分自身に着衣するアクセサリです。

チェーンやギアなどと異なり自転車ウェアは自転車本体にはついてこない分、自分自身のこだわりで選ぶことができます。

今回は自転車に乗るためのウェア、グローブ、シューズなど自転車に乗るときに身に着けるものの選び方をまとめました。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


自転車ウェアは何を注意して選べばいいのか

自転車に限らずスポーツをするときに専門用具があるものです。

自転車にも自転車に乗るために最適な専門用具があります。

自転車自体はかなりこだわりがあることはわかりますが、それと同じかそれ以上にこだわれるのはユニフォームです。

具体的にはシューズ、グローブ、ウェアなどです。

これら製品についてどのように選んでよいのかをまとめています。

自転車用シューズ&ぺダルの選び方

自転車用シューズの特徴としては、ペダルを踏む力が伝わりやすくする仕組みが設けられています。

具体的には自転車シューズの裏側(ソール)部分が固く曲がりにくいのが特徴的です。

靴の裏が曲がりにくいことでペダルに力を伝えやすくします。

また、自転車専用シューズの最大の特徴はペダルにシューズを固定できることです。

固定することでペダルを踏みこむときに力以外にもペダルを引き上げる力も動力になり自転車のスピードを上げやすくします。

ペダルとシューズを固定できない自転車と比較すると大きく異なる点です。

足を上に引き上げる力が自転車をこぐ力にかわるというのは自転車専門パーツだからこそできることです。

例えば、シマノのシューズにはSPDタイプとSPD-SLタイプという2種類のシューズとペダルのペアがあります。

SPDタイプは靴の裏側についているクリートと呼ばれるペダルとシューズを固定する部分が小さくなっており、自転車を降りても歩きやすいのが特徴的です。

SPD-SLタイプはクリートが大きくよりペダルに効率的に力を伝えられます。

そのため、SPD-SLは長距離のライドやツーリングにおすすめです。

 自転車用シューズを購入するときには自転車ペダルもセットで購入することが固定するためには必須です。

シマノの自転車用シューズを初めて購入するのであればSPDタイプのほうが初心者向けでありおすすめです。

自転車用ウェア(サイクルパンツ)の選び方

ロードバイクなどの自転車を爽快に乗りこなしている方はほとんど自転車専用のウェアを着ています。

各メーカーたくさんの自転車専用のウェアが発売されています。

自転車専用ウェアで重要なのはサイクリングパンツです。

サイクリングパンツは長距離のツーリングでお尻が痛くならないようにお尻部分にクッション性のパッドが入っています。

そのためお尻が痛くなりにくく、長距離の運転も快適に行えます。

また、サイクルパンツは肌にフィットしやすく風の抵抗も受けにくいのが特徴です。

ポイントとしては、サイクルパンツは非常に通気性がツーリングという運動をしていて汗をかきますが撥水性が高いです。

そのため、サイクリングパンツをはくときには下着は付けず直接サイクリングパンツをはくのが基本です。

また、パンツをはかないとまたずれを起こしにくいようです。

自転車用グローブの選び方

自転車を乗るときにはグリップを長時間握るためグローブをつけることをおすすめします。

シマノのグローブにはパッドがついており長時間ハンドルを握っていても疲れにくい構造になっています。

また、長時間ハンドルを握っていると手が痛くなってきますが、これもグローブがあることで軽減されます。

また、自転車用グローブは万が一転倒等の事故にあった場合、直接肌をみせていないため、けがの軽減にもつながります。

ロードバイクなどで長距離のツーリングを行うのであればグローブをつけることがおすすめです。

自転車用ヘルメットの選び方

自転車用ヘルメットはツーリングをするのであれば必須です。

万が一事故にあった場合最も守ってくれる自転車ウェア品の一つです。

自転車用ヘルメットを選ぶ基準は安全性を満たしているのであれば、軽さ、フィット感、通気性です。

小さいお子さんが自転車用ヘルメットを着けると頭がグラングランするのを見かけますがそれはヘルメットの重さが体幹に追いついていないため、頭が安定しないのです。

同じように大人であっても普段ヘルメットを着けていないので重さがある以上に負担があります。

そのため、安全性を確保できたうえであれば軽いほうがよいのです。

また、頭の形も人により異なってきます。

一人ひとり異なってもいますが、人種により頭の形にも傾向があります。

そのため、アジア人にあうように開発されたヘルメットであれば安心して被ることができると思います。

ロードバイクはヨーロッパで人気なスポーツです。

そのためヨーロッパの方にあうようなヘルメットがありますが、いざ被ってみると違和感があるということがあります。

その点は注意が必要です。

また、通気性に関しては、蒸れは自転車をこいでいて疲れやストレスの原因になるので蒸れやすい方は特に通気性の高いヘルメットを選ぶことがおすすめです。

自転車用ゴーグル(サングラス、アイウェア)の選び方

ツーリングは長時間太陽の下にいます。

そのため、直射日光をそのまま浴びると紫外線で体に悪影響があります。

特に気を付ける部分は目です。

自転車用ゴーグルは紫外線から目を守るとともにツーリングの防風性を高め風から目を守ってくれます。

自転車用ゴーグルの選び方としては、かけてみたときのフィット感と視界の広さだと思います。

ある程度の価格であれば紫外線から目を守るという点ではどれも問題ないので、機能性とプラスしてデザイン性にもこだわってみてもよいと思います。

自転車用ウェア(サイクリングジャージ)の選び方

サイクリングパンツの重要性は上記した通りですが、上着のサイクリングジャージも大切です。

特に長距離のツーリングの場合、機能によりだいぶ差が生まれます。

具体期には長距離走るときのフォームにあったウェアというのがあるのです。

各自自転車に乗るときには癖がありフォームは人によりバラバラです。

また、ツーリングの目的や方法によってもフォームは異なってきます。

レースフォームのように前傾姿勢になる場合もあれば、ママチャリを乗るときのように背中を起こし気味で乗る方もいます。

どのようなフォームで自転車に乗るかによりその体制でいやすい自転車ウェアというのがあるのです。

自転車専用ウェアの選び方 自転車ウェアのポイントのまとめ

ロードバイクなどでツーリングをするのであれば自転車にとりつける自転車パーツも重要ですが同じように自転車ウェアにもこだわりを持つのが重要です。

好きなウェアを購入できるのが自転車ウェア選びの楽しみでもあります。

必要なサイクルウェアはサイクリングパンツ、サイクリングウェア、ゴーグル、ヘルメット、シューズ&ペダル、グローブなどです。自分にあった自転車ウェアを選びツーリングを楽しみましょう。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車のパーツ
-, , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.