折りたたみ自転車を徹底比較!通販で購入できる激安折りたたみ自転車からブロンプトン、ダホン、ルノーなどの高級折りたたみ自転車まで

更新日:

折りたたみ自転車を購入しようとしたときに、実店舗で購入しようか通販で購入しようか迷いますよね。

特に最近では通販サイトでも気軽に品質の高い折りたたみ自転車が購入できるようになっています。

通販で購入できる激安折りたたみ自転車とブロンプトン、ダホン、ルノーなどの高級折りたたみ自転車とは何か違うのか、また、それぞれをどのように比較するのが失敗しない購入方法かなどを解説したいと思います。

おすすめの折りたたみ自転車については「おすすめの折りたたみ自転車 通販で人気の軽量で安い折りたたみ自転車を紹介」にも記載しているのであわせて読んでみてくださいね。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


折りたたみ自転車を比較するときにはまずは重さ

折りたたみ自転車を購入される方は様々な目的があり折りたたみ自転車を探していると思います。

「価格がママチャリなどと比較すると安い車種が多い」「駐輪場がないため、コンパクトに収納したい」「持ち運びをしたいので折りたたみ自転車」など理由は様々です。

その中でも最も多いのは「軽量な自転車が欲しく、結果として折りたたみ自転車」という方が多いのではないでしょうか。

折りたたみ自転車を購入するのであればコンパクトで軽量なもののほうがベターですよね。

通販で折りたたみ自転車を複数台購入したい候補が上がっているのであれば、重量を比較してみましょう。

軽いほうが持ち運びも便利で、進みもスムーズな車種が多いです。

なお、楽天市場で上位に入っている折りたたみ自転車の平均重量は15.4kgでした。

折りたたみ自転車の平均重量15.4kg

この15.4kgというのを一つの目安として比較してみるのもよいでしょう。

 

また、電動の折りたたみ自転車の平均重量は 20.5kg です。

電動折りたたみ自転車の軽さランキングは「100車種の軽さ検証!軽い電動自転車ランキング 平均重量や最軽量電動自転車の発表」に掲載しているのであわせて読んでみてください。

激安折りたたみ自転車と高級折りたたみ自転車の違いは

通販などで販売されている折りたたみ自転車で激安の車種は1万円を切るような車種も多数発売されています。

一方、ブロンプトン、ダホン、ルノーなどの折りたたみ自転車は購入な車種になると10万円を超え同じ折りたたみ自転車でもかなりの価格差があります。

通販で1万円前後で購入できる折りたたみ自転車とブロンプトン、ダホン、ルノーなどの購入折りたたみ自転車を比較するといくつか異なるポイントがあります。

なお、安い自転車を探している場合「安い自転車を探す方法 いつどこで何の車種を買うのがコスパが高いか、おすすめの自転車を含めて解説」が参考になります。

メルカリなどでは激安折りたたみ自転車は5,000円以下でも購入可能です。

5,000円以下の激安折りたたみ自転車については「5,000円以下で折りたたみ自転車を購入する方法 中古や激安の折りたたみ自転車を紹介」にて詳しい解説をしています。

激安折りたたみ自転車と高級折りたたみ自転車を比較すると重量が違う

上記でも記載していますが、激安折りたたみ自転車は原価の関係上軽量化ができない車種がほとんどです。

楽天市場の売り筋折りたたみ自転車はほとんどが激安の折りたたみ自転車で上記している15.4kgという平均的な重さは1万円前後で購入できる折りたたみ自転車の平均値といっても過言ではありません。

一方、ブロンプトン、ダホン、ルノーなどの折りたたみ自転車は10kgを切るような車種もあり軽量化に力を入れています。

軽いほうが当然ながら進むスピードやこぎだしが楽になり実際乗ってみて比較するとよくわかります。

激安折りたたみ自転車と高級折りたたみ自転車を比較すると素材が違う

激安折りたたみ自転車とブロンプトン、ダホン、ルノーなど折りたたみ自転車を比較すると利用しているフレーム素材が違ってきます。

通販で購入できる激安折りたたみ自転車はママチャリなどと同じようなハイテンスチールなどの素材を利用していることが多いです。

一方ブロンプトン、ダホン、ルノーなどの折りたたみ自転車は素材は様々なです。

クロスバイクやロードバイクで利用されているようなアルミやカーボンなどの折りたたみ自転車もあり耐久性、軽量性を高めています。

また、ルノーなどではマグネシウムの折りたたみ自転車など新しい素材も登場しています。

折りたたみ自転車のフレーム素材を非常にざっくりですが比較すると以下のようになります。

素材 価格 耐久度 重さ
ハイテン すごく安い 普通 重い
アルミニウム 安い 普通 軽い
クロモリ 高い 高い 重い
カーボン 高い 高い 軽い
チタン すごく高い 高い 軽い

なお、高級ママチャリについては「高級ママチャリの機能を詳しく紹介 高級車ママチャリは何が違うのかミヤタやブリヂストンなど車種で解説」に詳しい情報を掲載しています。

激安折りたたみ自転車と高級折りたたみ自転車を比較するとパーツが違う

激安折りたたみ自転車とブロンプトン、ダホン、ルノーなど折りたたみ自転車を比較すると利用しているパーツが異なります。

通販で購入できる1万円前後の折りたたみ自転車の中には「変速ギアはシマノ製ギアを採用!」というような記載をよく見かけます。

しかし、シマノ製のギアの中でもグレードがあり比較をすると機能や価格が大きく異なります。

世界の変速ギアの90%程度はシマノ製ギアでありシマノ製変速ギアを利用しているのは一般的です。

そのた、変速ギアを強みに出している激安折りたたみ自転車は特に強みでもありません。

そのようにパーツのグレードや素材などを比較すると当然ながらブロンプトン、ダホン、ルノーなどの折りたたみ自転車のほうが高級なものを利用しています。

激安折りたたみ自転車と高級折りたたみ自転車を比較すると購入目的が違う

上記で通販で購入できる1万円前後の折りたたみ自転車とブロンプトン、ダホン、ルノーなどの高級折りたたみ自転車の比較ポイントを上げました。

価格が高い折りたたみ自転車のほうが重量、素材、パーツなどは優れていますが、高級な折りたたみ自転車を推奨しているわけではありません。

折りたたみ自転車を購入する目的に応じて最適な車種を選べばよいと考えます。

1年、2年チョイ乗りで折りたたみ自転車に乗れればよく、品質にはこだわらないということであれば1万円前後の安い折りたたみ自転車で十分だと思います。

高い折りたたみ自転車は一生涯乗るつもりで大きな買い物になりますが、数年のチョイ乗り感覚で購入するのであれば1万円台でも十分乗ることができます。

要は折りたたみ自転車を購入するための目的をしっかりと確認し、目的に対し最適な車種を比較検討することが折りたたみ自転車の購入を成功させる秘訣です。

通販で激安折りたたみ自転車を購入するときの比較ポイントは

購入目的や予算を加味すると1万円前後で購入できる折りたたみ自転車の中から最適な車種を比較検討する必要がある場合の比較方法です。

折りたたみ自転車の重量を比較

折りたたみ自転車で最も重要なようの一つが重量です。

1万円前後で購入できる折りたたみ自転車の場合、軽量化はあまりされていません。

そのため、少しでも軽量化されている車種であればだいぶ重量が軽くなります。

通販で販売されている人気の折りたたみ自転車の重量の平均は15.4kgです。

中には1万円前後にも関わらず12.5kgの折りたたみ自転車などもあります。

十分軽量化されているため、軽さを求めるのであれば比較要素の一つにすべきです。

折りたたみ自転車のタイヤインチサイズを比較

折りたたみ自転車のタイヤサイズは重要な比較要素です。

通販で販売されている1万円前後の折りたたみ自転車の場合、ほとんどが16インチか20インチの折りたたみ自転車です。

インチサイズが16インチと20インチだと軽さとしては1.5kg~2kg程度は全体で異なってきます。

小さいほうがタイヤだけではなく、フレーム全体も小さくなるため、軽量化されます。

16インチの折りたたみ自転車と20インチの折りたたみ自転車を比較すると16インチのほうが軽いのですが、こいで進むのは20インチです。

インチサイズが大きいほどペダル1回転で進む距離は長くなるため、20インチのほうがスピードは出しやすいです。

ゆっくり街乗りをしたいのであれば16インチ、スピードもある程度求めるのであれば20インチをおすすめします。

16インチの自転車については「大人用16インチの自転車特集 折りたたみ自転車でも軽い10kg以下の自転車が多数」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

折りたたみ自転車の変速、かご、泥除け、ライト、鍵の有無を比較

変速、かご、泥除け、ライト、鍵がついているか否かはしっかりと比較したい点です。

かごに関しては、折りたたみ自転車の場合、後付けすることで折りたたみ機能が使えなくなる可能性もあります。

そのため、購入段階でカゴの有無は検討したうえで必ず購入するようにしましょう。

また、変速ギアも後付けができません。

泥除けに関しては後付けや取り外しができる泥除けがあるので、必要に応じて後から購入するようにしましょう。

ライトに関しては、低価格の折りたたみ自転車の場合、電池式のライトを後から取り付けることがあります。

鍵に関しても標準ではついていないことが多く別途ワイヤーロックをおすすめします。

ライト、鍵に関しては、1万円前後の折りたたみ自転車の場合、おまけでついてくることもあるので、これらスペックを注意して比較してみましょう。

ブロンプトン、ダホン、ルノーなどのブランド折りたたみ自転車の比較

ブロンプトン、ダホン、ルノーなどの折りたたみ自転車は比較的価格も高く、しかしながらスペックも優れた折りたたみ自転車が多いです。

以下に詳しい情報を掲載しているので読んでみてくださいね。

折りたたみ自転車を徹底比較!通販で購入できる激安折りたたみ自転車からブロンプトン、ダホン、ルノーなどの高級折りたたみ自転車までのまとめ

折りたたみ自転車を比較するときにはまずは重さを比較するのがわかりやすいです。

高価な折りたたみ自転車は比較的重量が軽く、1万円前後の折りたたみ自転車は重量が重いことが多いです。

通販で人気の折りたたみ自転車の平均的な重量は15.4kgです。

16インチと20インチで比較すると1.5kg~2kg程度の差があります。

また、比較対象としては、素材も比較対象として重要です。

最近ではアルミやクロモリ、カーボン、チタンなどのクロスバイクやロードバイクで利用されるような素材もフレームに利用されています。

折りたたみ自転車を比較すると高い折りたたみ自転車のほうが当然優れていますが、目的がちょい乗りであれば1万円前後の折りたたみ自転車でも十分だと考えられます。

当たり外れがあるので、しっかりとスペックは口コミを比較したうえで購入することをおすすめします。

激安折りたたみ自転車を購入するときには重量やタイヤインチサイズのほかに変速、かご、泥除け、ライト、鍵の有無を比較してみましょう。

特にライトや鍵はおまけでついてくることがありますのでスペック表に載らないことも多々あります。

注意しましょう。

これらの点を比較対象として選ぶことで最適な折りたたみ自転車に出会えると思います!

ぜひ、よい折りたたみ自転車を選らんんでくださいね!

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の種類, 折りたたみ自転車ミニベロ, 自転車の比較
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.