ママチャリをおしゃれ改造!各パーツの簡単カスタム方法の紹介

更新日:

ママチャリをよりおしゃれにしたい場合、ママチャリ本体を買い替えるのではなく、カスタマイズ、改造するというのは方法の一つです。

自転車パーツを新たに一つ追加しただけでも気持ちがうれしくなり、気分があがりますよね。

今回はママチャリをおしゃれに改造する方法を紹介したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


ママチャリのおしゃれなカスタム改造は簡単にできる

ママチャリの改造は簡単にできます。

カスタマイズする自転車パーツによっては自分自身ではできず自転車屋に持っていくしかないパーツもありますが、おしゃれな見栄えにするだけであれば自分で改造できるのでぜひ試してみるのをおすすめします。

ママチャリの簡単におしゃれに改造する方法

ママチャリの簡単にできる改造方法としては、通販で自転車パーツを購入し、自分でカスタムすることです。

簡単に改造できる自転車パーツとしては、カゴ、サドル、ライトなどです。

この部分を改造するだけでも見栄えがかなりおしゃれなママチャリに変身します。

具体的におすすめのママチャリ改造方法としては以下などです。

ママチャリのかご 唐風かごに改造しておしゃれに

ママチャリの改造で最も簡単にできる改造でインパクトが大きいのはカゴです。

かごを取り換えることでママチャリはおしゃれになります。

特にママチャリの場合、かわいくデザインされたおしゃれなカゴが多数あります。

特徴的なおしゃれなカゴとしては「藤風カゴ」です。

藤風カゴはカゴの一部分が編み込みされていおり若い女性に人気のおしゃれデザインです。

イーストボーイなどティーンの女性の自転車に多数採用されているほか、レトロな雰囲気を出すために採用されていることもあります。

レトロな自転車を探している方は「レトロな自転車は2種類 おしゃれなレトロ風自転車かビンテージ自転車、両方紹介」に掲載しているのであわせて読んでみて下さい。

ママチャリのカゴはドライバー1本で簡単に取り外しできるものがおおいため、かごだけ購入し自分自身で交換設置の改造が可能です。

ママチャリのサドル テリーサドルに改造しておしゃれに

カゴと同じく簡単におしゃれにママチャリを改造できるパーツとしてサドルがあります。

ママチャリのサドルもカゴと同じく取り外しは可能で高さ調節と同様の方法でサドルは取り外しできます。

おしゃれなサドルとしてはテリーサドルがあります。

テリーサドルとは、サドルの側面にボタンステッチがついておりレトロな雰囲気を醸し出します。

レトロなママチャリに改造したい方にはテリーサドルがおすすめです。

また、女性や若い方をターゲットとしたママチャリにも多く搭載がされているおしゃれデザインのサドルです。

その他、女性向け自転車の特徴や選び方などは「女性向け自転車の選び方を解説 乗りやすい車種や通勤通学向け自転車まで詳しく紹介」に詳しい情報を掲載しています。

ママチャリのライト 電池式ライトに改造しておしゃれに

ママチャリの場合、ほとんど最初からライトは搭載されておりそれを替えることはありません。

ブロックダイナモライトかオートライトのどちらかがついていますが、おしゃれなライトは数少ないです。

砲弾型オートライトなど一部ライトは設置位置などを工夫しおしゃれに仕上げていますが、ライト自体の改造は難しいです。

そのため、おしゃれなライトを取り付けたい場合、すでについているライトを取り外してしまい、別途電池式のライトを購入し設置するのが手っ取り早い改造だといえます。

オートライトでもブロックダイナモライトでもドライバーがあれば取り外しが可能なので、簡単です。

また、通販で売っている電池式ライトはロードバイク用などスタイリッシュなライトも多いためお好みに合わせて選定するのがよいでしょう。

ママチャリのバッグ 後付けバッグを追加しておしゃれに

ママチャリの改造で簡単に実施できるパーツとしては、バッグがあります。

自転車に取り付けるバッグにこだわりを持つことでおしゃれにかっこよくみえます。

自転車用バッグがクロスバイク、ロードバイク用が多いですが、中閑はママチャリに設置できレトロな雰囲気に仕上げてくれるバッグなどもあります。

自転車屋に持ち込めば簡単にカスタムできるママチャリパーツ

上記で紹介した改造パーツはママチャリの改造にも慣れていない方にも簡単に取り付けができる自転車パーツです。

よりこだわりを持ちたいのであれば以下の自転車パーツも交換をおすすめします。

改造には自転車屋に持ち込んだほうが無難ですがよりおしゃれにパーツなので、ぜひ試してください。

ママチャリのハンドル ハンドル形状とグリップを改造する

ママチャリの改造しよりおしゃれにしたい場合、ハンドルを改造するというのも方法です。

軽快車と呼ばれるハンドルが手前に曲がっているセミアップハンドルをカマキリハンドルと呼ばれるより高い位置でハンドルをつかむハーレーのバイクのようなハンドルに改造するなどもあります。

一方、同じくハンドルは手前に曲がっているセミアップハンドルをシティサイクルタイプのハンドルがまっすぐ伸びているオールラウンダーハンドルに改造するパターンもあります。

いずれにしろブレーキ調整などで自転車に慣れている方に改造してもらったほうが安全なので、自転車店で改造してもらいましょう。

また、ママチャリのハンドルグリップだけ変更も可能です。

手ではハンドルグリップはとれませんが、専用工具があれば取り外しができ新しいものと交換ができます。

おしゃれな色のハンドルグリップにしてみるのもいいですね。

ママチャリのキャリア リアキャリア(荷台)をパイプキャリアにする

ママチャリの後ろの荷台をリアキャリアと呼びます。

リアキャリアはあまりおしゃれではないものが多く実用性を優先している感じがあります。

利用しなければ取り外してしまえばスタイリッシュに見えるかもしれません。

また、キャリアをフレームとおそろいのパイプキャリアという種類のキャリアに改造するのも方法です。

ママチャリ改造に適したパーツはほかにもある

ローチャリとよばれる自転車をご存じでしょうか。

ビーチクルーザーなどを改造し、ローライダー自転車として通販などで販売されている自転車です。

ローチャリでは数多くの自転車パーツが発売されており、かっこいいママチャリが欲しいのであれば改造しがいがあります。

ゴールドやシルバーの輝くパーツが多数あり、ロードバイクのように細かいパーツまで発売されています。 ローチャリを改造するようにママチャリにもこれら自転車パーツを設置することでよりかっこよくなるかもしれません。

新しくおしゃれなママチャリを購入するのも一つの方法

ママチャリの改造を目指してもイマイチ思い通りにいかない場合もあります。

また、改造には追加費用が必要だったり、そもそものフレームが気に入らなく改造したいという方も多いかもしれません。

その場合、ママチャリを改造するのではなく、最初から出来上がっている理想のママチャリを探してみるのも方法だと思います。

以下などが上記で紹介した自転車パーツを利用して作られているママチャリです。

おしゃれなママチャリについて「おしゃれに見えるママチャリのポイントはこれだ!パーツ別おしゃれなママチャリの解説」にも詳しい情報を掲載しています。

あわせて読んでみてください。

ママチャリをおしゃれ改造!各パーツの簡単カスタム方法の紹介のまとめ

ママチャリの改造は簡単にできる改造と自転車屋にもっていたほうがよい改造方法があります。

見栄えでドライバー一本で改造できるかごやライト、サドルなどはママチャリ改造に慣れていない方でも自分自身で行っていただいて問題ないと思います。

一方、ハンドルやキャリアなどは専門工具やブレーキ調整が必要になるため、自転車に持ち込んで頂いて法がよいかもしれません。

いずれにしろおしゃれな自転車パーツが多数発売されています。

また、ローチャリとよばれるビーチクルーザーを改造した自転車もあります。

ローチャリのパーツも多数通販で販売されているので一緒に購入してみるのもおすすめです。

また、ママチャリのフレーム自体は溶接が必要になり改造ができません。

そのため、フレームが気に入らないのであれば通販などで気に入ったママチャリを購入してしまうのが手っ取り早いです。

ぜひママチャリの改造の参考にしてみてくださいね!

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車のパーツ, 自転車の種類
-, , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.