グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介

更新日:

グラフィスという自転車をご存じでしょうか?

GRAPHISと書いて「グラフィス」と読みます。

グラフィスはGRAPHISを記載し、大きなロゴとカラータイヤが特徴的な自転車です。

スマートファクトリーという店舗が通販を中心に販売しており、今回はグラフィスについて詳しく解説したいと思います。

スマートファクトリーに関しては「スマートファクトリーのグラフィスはスタイリッシュ!通販でおしゃれ自転車を探すならおすすめ!」に詳しい情報を掲載しています。

あわせて読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


グラフィスは様々な自転車のブランド

グラフィスはスマートファクトリーが発売している自転車総合ブランドです。

自転車本体と自転車パーツやウェア、自転車関連商品に分かれており、グラフィスブランドがついている商品は全部で30商品あります。

自転車本体に関しては、ママチャリ、クロスバイク、子供用自転車、折りたたみ自転車、ロードバイクと電動自転車以外はほとんどの自転車カテゴリを発売しています。

自転車パーツアクセサリも徐々に充実してきており、特にサイクリングウェアはグラフィスのロゴが大きくあしらわれています。

また、グラフィスの三輪車やバランスバイク、キックボードなど自転車に似ている関連商品も多数発売されています。

これらグラフィスの自転車は品質はそれなりによく、価格が低価格でデザイン性が高いため長年通販で人気となっており、それぞれ特徴的な機能も付随されています。

通販の販売店であるスマートファクトリーについては、「スマートファクトリーのグラフィスはスタイリッシュ!通販でおしゃれ自転車を探すならおすすめ!」を参照してください。

グラフィスの自転車紹介

グラフィスの自転車は電動自転車以外はほとんどの自転車カテゴリが発売されています。

グラフィスはすべてのカテゴリでデザイン性が高くカラーバリエーションが豊富です。

特徴しては、タイヤがブラックではない、カラータイヤや白いフレームなどが特徴的です。

それぞれのカテゴリの中でも特徴があるので、通販で購入するときに判断できるようにまとめています。

グラフィスのママチャリ 通販ならではの折りたたみ機能付きママチャリ

グラフィスのママチャリは2種類です。

どちらも基本スペックは26インチ、6段変速ギア、ブロックダイナモライトです。

違いとしては、フレームデザインが異なっています。

シンプルな男性でも乗りやすいVフレームというフレームか女性やシニアの方が乗りやすいまたぐ部分が地面に近い低床フレームというフレームを利用しているかの違いです。

価格としては、低床フレームのほうが1000円高いですが、基本スペックは同じなのでフレームの好き好きと1000円の予算を加味して選ぶとよいでしょう。

また、グラフィスのママチャリの特徴は折りたたみ機能がついていることです。

2017年頃までは折りたたみ機能がついていませんでしたが、2018年頃から折りたたみ機能が追加されました。

これは予測としては2018年頃から自転車などの大型便の物流費が非常に上がったためコンパクトな状態で配送できる折りたたみ機能をママチャリにもつけるトリッキーな方法で通販を生き抜いている企業努力だと思います。

実店舗ではなかなかみかけることのない折りたたみママチャリというカテゴリなので、「ママチャリに乗りたいけど駐輪スペースがない」という方にはよいのではないでしょうか。

型番タイヤサイズライトギア特徴
GR-CITY OT-2626インチダイナモライト6段ギア低床フレーム
GR-CITY26インチダイナモライト6段ギアVフレーム

グラフィスのクロスバイク 26インチか24インチか アルミかスチールか

グラフィスのクロスバイクは3種類です。

グラフィスを象徴する自転車としてクロスバイクがあげられます。

グラフィスのクロスバイクは長年通販で人気があり価格に対して安定しています。

価格は1万円台と安いため、ルック車に近いですが、長くない距離を乗る分には問題ないと思います。

3種類のグラフィスのクロスバイクの基本スペックで同じ部分は、6段変速ギア付き、ライトがなしです。

異なる点としては、タイヤインチサイズが26インチか24インチか、26インチの場合はフレームがママチャリなどと同じスチールか軽量なアルミかという点です。

24インチの場合はアルミフレームはなく、スチールフレームのみです。

24インチのクロスバイクは女性またはジュニア向けのクロスバイクといえます。

選び方としては、26インチのスチールフレームを確認し、大きさが大きいようであれば24インチのフレームを選びます。

また、26インチでも軽量なフレームがよければ26インチのアルミフレームを選ぶのがよいでしょう。

26インチのスチールのフレームとアルミフレームだと重さが約2kgほど異なります。

1万円台でルック車とはいえおしゃれなクロスバイクが手に入るので人気なのは非常によくわかる自転車です。

ルック車については「ルック車について解説 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの見分け方など」に詳しい情報を掲載しています。

型番タイヤサイズライトギア特徴
GR-00126インチなし6段ギア
GR-001J24インチなし6段ギア
GR-001G26インチなし6段ギアアルミフレーム

グラフィスの子供用自転車 男の子女の子各年齢で乗れる自転車

グラフィスの子供用自転車は7種類とグラフィス全体の中で最も多いカテゴリです。

子ども用自転車はお子さんの成長に伴い買い替えや男の子、女の子によっても車種の好みが明確な時期の自転車です。

そのため、ほかのカテゴリの自転車と比較しグラフィスブランドの自転車が多いのだと思います。

子供用自転車は14インチの初めて乗る補助輪付きキッズ自転車から24インチのジュニア自転車まで幅広くあります。

男の子用、女の子用、男女両方で利用できるようなデザインがそろっているユニセックスがあります。

ユニセックスの車種デザインは種類が多いですが、どちらかというと男の子用自転車が多いです。

型番タイヤサイズライトギア男の子or女の子フレームタイプ
GR-001K22,24なし6段ギアユニセックスクロスバイク
GR-001K2020なし6段ギアユニセックスクロスバイク
GR-B2020なしなし男の子BMX
GR-70122,24ブロックダイナモ6段ギア男の子マウンテンバイク
GR-1614,16,18なしなしユニセックス補助輪付き
GR-1616なしなし女の子補助輪付き
GR-RIBBON20,22,24オートライト6段ギア女の子ママチャリ

以下「年齢別の子供用自転車インチサイズ比較。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車まで比較」に年齢とタイヤインチサイズの参考表があるのでぜひ参考にしてみてください。

グラフィスの折りたたみ自転車 2種類の価格から選べる

グラフィスの折りたたみ自転車は2種類発売されています。

価格が異なる2種類でグレードが高いのと低い2種類と考えて頂いて問題ないです。

価格が高いグラフィスの折りたたみ自転車も1万円台で購入できるため価格帯でいうと安い価格の折りたたみ自転車に分類されます。

基本スペックは同じで20インチ、6段変速ギア、かご、ライト、鍵ありの折りたたみ自転車です。

価格の高い折りたたみ自転車の特徴としては、リアサスペンションがついておりサドルに座っているときの衝撃を吸収します。

また、折りたたむときにハンドルも折ることができます。

ハンドルを折ることができる分全体が小さくまとまります。

フレームデザインも異なっているので、フレームデザイン、折りたたみ機能、サスペンションの有無、価格を総合的に判断して選ぶのがよいでしょう。

型番タイヤサイズライトギア特徴
GR-FD20インチあり6段変速ギア
gr-77720インチあり6段変速ギアハンドル折れる、リアサスペンション

グラフィスのロードバイク 初心者向けロードバイク

グラフィスのロードバイクは3種類あります。

価格は5万円以下なのでルック車に近いお買い得価格です。

3種類は基本的なロードバイク、空気抵抗を抑えたエアロロードバイク、女性に乗りやすい24インチのロードバイクです。

変速ギアは14段変速か16段変速となっており、初心者向けだと思います。

エアロロードバイクもタイヤ企画が700×26Cという規格で普通のロードバイクと同じような規格なので、フレームがエアロロードバイク風に見える自転車だと思います。

形から入りたいロードバイク初心者の方にはよいのではないでしょうか。

型番タイヤサイズギアフレームサイズ重量
GR-TIAMO700c 14段変速540mm12.8kg
gr-amore-700700c 16段変速530mm12.5kg
gr-amore-j24インチ16段変速 345mm11.0kg

グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介のまとめ

グラフィスはスマートファクトリーの自転車ブランドです。

グラフィスの自転車は、ママチャリ、折りたたみ自転車、クロスバイク、ロードバイク、子供用自転車とほとんどの車種が発売されています。

また、自転車アクセサリやウェア、三輪車、キックバイクなども発売しています。

特徴としては、各車種とも購入しやすい安い価格帯とカラータイヤなどのおしゃれなデザインです。

注意点は組み立てが必要なため、しっかりと自転車に慣れている方が組み立てを行うか最寄りの自転車店で組み立てを依頼するようにしましょう。

-自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車の知識, 自転車ブランド
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.