初心者にもおすすめのクロスバイクを紹介 安くてコスパのよい通勤通学に使える自転車

更新日:

ママチャリを卒業し、初めてクロスバイクに乗る場合、どのクロスバイクに乗ったらよいのか迷いますよね。

初心者の場合、どのメーカーかどのような基準でクロスバイクを選んだらよいのかがわかりにくいものです。

今回はクロスバイク初心者の方が通販でクロスバイクを購入するときに気を付けるポイントやおすすめのクロスバイクを紹介したいと思います。

通勤通学に利用できるカゴ付きクロスバイクについては「カゴ付きクロスバイクを選び方を解説 TB1やおしゃれなあさひや軽量で安い人気クロスバイクなど紹介」に詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


初めて通販でクロスバイクを購入するときのおすすめポイントと気を付けること

クロスバイク初心者で通販で購入を検討する場合、何を基準に選んだらよいのかわかりにくいですよね。

できればコスパのよいクロスバイクを選びたいものの、単に安いだけで選んでよいのかも不安です。

安いクロスバイクの中にはルック車と呼ばれる「クロスバイク風の自転車」も含まれるので場合によっては注意が必要です。

初めてクロスバイクを購入し、安いクロスバイクを探している方は「初心者向けの安いクロスバイク入門 初めて買うならこの車種がおすすめ」を参照してくみてください。

クロスバイクの購入目的を考える

クロスバイクを購入する場合、まず、購入したい目的を考えるのが大切です。

毎日の通勤や通学に使いたいという方もいれば、週末にツーリングに出かけたいという方もいると思います。

例えば、短い距離をそこまで早いスピードを出さず毎日通勤通学に乗りたいという方と、週末長距離をスピードを出して乗りたいという方では必要なスペックが異なってきます。

目的に応じてクロスバイクを選ぶようにしましょう。

短い距離をゆっくり乗るのであれば安くてコスパのよいルック車がおすすめ

通勤通学でスピードにこだわらずクロスバイクを利用するのであればルック車と呼ばれる価格の安いクロスバイクでも問題ないと思います。

インターネットの記事で「安いクロスバイクはルック車と呼ばれ品質が悪い」という記事を見かけますがそのようなことはないと思います。

数十万円もするクロスバイクと比較するとコスパのよい安いクロスバイクは機能面、品質面は劣ると思います。

しかしながら、ロードバイク並みに長距離を走る、週末にスピードを出して長時間サイクリングをするという方ではなく、短い距離をゆっくりと通勤通学に利用したいということであればコスパを優先したほうがおすすめで、後悔しないと思います。

予算に余裕があり価格の高いクロスバイクで通勤通学したいということであれば全く問題ないですが、安いコスパのよいクロスバイクでもママチャリの延長線上で乗るのであれば及第点の車種は多いものです。

ルック車については「ルック車について解説 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの見分け方など」に詳しい情報を掲載しています。

安いクロスバイクと高いクロスバイクの違い

そうなると安いクロスバイクと高いクロスバイクは何が違うのかという点ですが、わかりやすいのは自動車です。

100万円で購入できる自動車もあれば、数千万円する自動車もあります。

両方とも同じ自動車なのに何が違うでしょう。

安全性や快適さ、エンジンの性能など様々な点で差があると思います。

クロスバイクの場合でも同じです。

予算を考えなければ高い自動車をおすすめしますが、予算を考えると購入される方一人ひとりの事情があると思います。

クロスバイクも同じように高いクロスバイクのほうが変速ギアの品質や軽量化など様々な点に考慮がされていると思います。

しかし、安いコスパのよいクロスバイクでも安い自動車でも移動を目的とした安倍は同じように移動はできます。

安いクロスバイクと高いクロスバイクで比較すると以下の点が価格差に大きな違いをうんでいます。

クロスバイクのフレーム素材

フレーム素材は価格差の大きな要因です。

安いクロスバイクの場合、ママチャリと同じようなスチール製のクロスバイクが多いです。

価格が上がるとカーボンやアルミなど軽量化され剛性も高いフレーム素材を利用します。 価格の高い素材のほうが一般的にはおすすめですが、予算に応じて選ぶようにしましょう

クロスバイクのパーツ

クロスバイクのパーツは様々なものがあります。

変速ギア、ブレーキ、サドル、ペダル・・・などなどクロスバイクは細かくわけると200程度の自転車パーツに分けることができます。

一つ一つの品質を上げることで価格差がうまれます。

クロスバイクメーカーのブランド

ブランドも価格差をうむ要因です。

有名ブランドの場合、プロモーションやブランドづくりに費用をかけておりその分、販売価格に上乗せされることが多いです。

クロスバイク自体の製造原価は同じでもブランド価値で価格が変わることがあります。

そのため、安いコスパのよいクロスバイクでもおすすめできる車種は多数あります。

おすすめは初心者は組み立て済みクロスバイクか最寄りの自転車店で組み立てをしてもらう

初心者がクロスバイクを通販で選ぶ時の最も重要なポイントは、クロスバイクが自宅に届いてすぐに乗ることができるか否かです。

安くておすすめできるクロスバイクは多数ありますが、自宅に届いてから購入者自身で組み立てを行い点検整備後に乗れるようになるというはできれば避けたいものです。

ママチャリならばともかく、比較的スピードが出やすいクロスバイクの場合は特に注意が必要です。

初心者で自転車の組み立てが慣れていないと細かいチューニングができず、いざ走った時にブレーキがきかない、変速ギアがうまく入らないなどの問題が発生するかもしれません。

それだけですめばよいのですが、交通事故の原因になる可能性も秘めています。

クロスバイク初心者で組み立てに自信ないが、安いクロスバイクが欲しいという倍、簡易点検でもいいので最寄りの自転車店に持ち込み点検または最初から組み立てをしてもらいましょう。

通販で買えるおすすめのクロスバイク

近年、通販でクロスバイクを購入される方はかなり増えてきています。

各社安くコスパのよいクロスバイクを販売しています。

楽天市場のクロスバイクのランキングを確認すると上位にランクインしているクロスバイクはほとんど3万円以下のクロスバイクです。

今回は3万円以下で購入できる安いクロスバイクのうち、品質に優れおすすめできるクロスバイクのみを紹介したいと思います。

なお、クロスバイクを含めておすすめの自転車は「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」で紹介しているので参考にしてみてください。

おすすめのクロスバイク 組み立ては必要だがコスパがよいクロスバイク

2万円以下で購入できる安いクロスバイクの中でも安定性高くコスパがよいクロスバイクです。

700×28Cと一般的なクロスバイクのタイヤを利用しており、6段ギアと初心者が乗る分には十分なおすすめのクロスバイクです。

80%組み立てのため、ブレーキ、変速ギアなどはしっかりと調整してから乗るようにしましょう。

おすすめのクロスバイク 21段変速と本格的なクロスバイク

こちらも2万円台と低価格で購入できるクロスバイクです。

シマノ製のターニーという初心者には安心できるディレーラーを利用しているのがおすすめポイントです。

アルミフレームでターニー採用で2万円台なので、安くコスパが高いおすすめできるクロスバイクです。

おすすめのクロスバイク 女性でも乗れる24インチのクロスバイク

グラフィスはデザインがおしゃれな自転車ブランドです。

24インチのクロスバイクは背の低い女性でも乗りこなせる女性向けのクロスバイクです。

6段変速ギアで乗りやすい設計になっているので、初めてクロスバイクに乗る女性におすすめです。

グラフィスについては「グラフィスの自転車パーツやウェアは充実 自転車類似商品もおしゃれ」に詳しい情報を掲載しているので確認してみてください。

初心者にもおすすめのクロスバイクを紹介 安くてコスパのよい通勤通学に使える自転車のまとめ

クロスバイクを初めて通販で買う場合、注意するポイントが多数あります。

おすすめできるクロスバイクとしては、目的がスピードはあまり出さず通勤通学の短距離で利用するのであればルック車と呼ばれる安くコスパがよいクロスバイクです。

また、安いクロスバイクは組み立てが80%~95%組み立てなどの購入者自身が組み立てを行わなければならないクロスバイクもあります。

そのようなクロスバイクは最寄りの自転車店で組み立ててもらうことをおすすめします。

通販で買える安いクロスバイクでもコスパ高く乗りごたえがある車種は多数あるので、ぜひ探してみてください。

-自転車の種類, クロスバイク
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.