東京都の自転車保険が2020年4月1日より義務化 簡単な自転車保険の紹介

更新日:

自転車保険は各都道府県で徐々に義務化の動きが出てきています。

多くの都道府県が義務化しているなか、東京都も2020年4月1日から自転車保険が義務化されました。

今回は自転車保険について改めて確認方法と東京都の方におすすめ簡単な自転車保険について解説していきたいと思います。

自転車保険全体について学びたい場合「自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ」を参照してください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


自転車保険は東京都に限らず義務化、努力義務の地域が多い

自転車保険は東京都に限らず加入が義務化、努力義務となっている都道府県や政令指定都市が多いです。

2020年4月時点で27の地域(都道府県・政令指定都市)で自転車保険の加入が義務化しています。

東京都は2020年4月1日から加入が義務化されています。

東京都の「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」という条例で自転車保険の加入が義務づけられています。

以下のリンクは東京都の自転車に関する条例の詳細が掲載されているページです。

2020年4月1日に東京都の自転車保険が義務化されると同時に奈良県や愛媛県でも自転車保険が義務化されています。

自転車保険は地域で義務化されているから入るというものではなく自動車の任意保険のように万が一の備えて義務化されていない地域でも自転車保険に加入しておくことをおすすめします。

自転車保険に入っていない場合、東京都に限らず事故を起こすと賠償責任を問われることも

東京都に限ったことではないですが、自転車事故を起こした場合、高額な賠償責任をおうことになります。

自転車事故を起こしたくて起こすかたはいないと思います。

自転車事故は自動車との被害者としての事故だけではなく、歩行者との事故で加害者になるケースが非常に多いです。

また、自転車事故のうち36%が10代による事故です。

お子さんの通学や日々の暮らしで自転車に乗ることがあれば必ず加入するようにしましょう。

万が一事故を起こしてしまった場合、実例だと2013年に神戸地裁で9,521万円、2008年に東京地裁9,266万円の賠償をもとめられたこともあります。

この事故の自転車の運転手は小学や高校生など未成年の方が起こした事故で責任を問われるのは保護者になります。

1億円近い補償を行うことを考えると東京都に限らず自転車保険に加入していない方は早めに加入することをおすすめします。

東京都の自転車事故は増え続けている

自転車事故

東京都の自転車事故関与率は2016年以降増え続けています。

警視庁の発表によると2016年では32.1%だった自転車事故関与率2019年は36.0%まで増えてきています。

東京都の自転車事故の約半数(51.3%)が交差点で発生しており、交差点は自転車を運転するには非常に注意すべき場所だといえます。

また、東京都の自転車事故で亡くなってしまう方は年間平均34.9人もいます。

10日に一人は東京都で自転車事故で亡くなってしまっています。

ご自身を守るためにも自転車保険は必要だといえますね。

自転車保険は本人が自覚していなくても加入している可能性もある

東京都の方が2020年4月1日から自転車保険が義務化されているため、加入しなくてはならないと感じるでしょう。

しかし、日々生活している中で自転車保険に加入している可能性もあるのでまずはご自身が自転車保険に加入されているのかをしっかりとチェックしてから必要に応じて自転車保険に加入するようにしましょう。

自転車保険に加入したつもりがなかったが個人賠償責任保険という自転車保険にはいっていたという多い例が自転車のTSマークです。

TSマークは本来は「自転車安全整備士がしっかりと自転車を整備しましたよ」という証明のマークですが、このシールが貼られているとシールの記載されている日から1年間は自転車の傷害保険がつきます。

現在の多くは赤いTSマークシールだと思いますが、赤いTSマークのシールの場合、賠償責任補償が1億円までついてきます。

また、自身の場合にも死亡の場合100万円、入院15日以上の場合10万円補償されます。

TSマークは自転車購入時に一緒に加入していることが多く本人が自転車保険に加入した認識がなくても補償されるためシールのチェックを事前にすることをおすすめします。

なお、補償期間は1年間のため、過ぎている場合は再度TSマークの更新を行うか別途自転車保険の加入が必要です。

また、思わぬケースで自転車保険に実は入っていたという場合もあります。

具体的にはほかの保険の特約です。

例えば自動車保険の特約として自転車事故にも適用される場合などもあります。

そのほか、火災保険、傷害保険、クレジットカードの付帯保険なども考えられます。

これら保険で特約がついているか確認し、特になければ自転車保険に加入するようにしましょう。

東京都の方が自転車保険に加入するなら簡単な楽天保険がおすすめ

東京都に住まわれている方は忙しいかたが多いと思います。

できることならスマホやパソコンで簡単に自転車保険に加入できるほうが楽でいいですよね。

楽天の超かんたん保険であれば、楽天市場で商品を購入するのと同じように自転車保険に加入することができます。

お子さん向け、本人のみ、夫婦で、家族全員など生活状況に応じて自転車保険を選ぶことができます。

楽天のアカウントを持っていれば加入することができるので、東京都の忙しい方には最適な自転車保険だと思います。

価格も本人型の節約コースであれ月々220円から加入ができます。

月220円のコースで賠償責任保険金額が1億円まで補償されます。

楽天自転車保険については 「楽天の自転車保険がホントに超かんたんでした。楽天の超かんたん保険の加入方法を紹介」にも詳しい情報を掲載してしています。

どの保険に加入するか迷ったら無料相談をしてみる

自転車保険を含めて保険の種類はたくさんあります。

どの保険に加入したらよいのか判断がつかない方も多いと思います。

その場合、保険について無料で相談してみるのが非常におすすめです。

無料相談範囲であれべ特に費用は掛からず、加入は慎重に判断できます。

自転車保険だけではなく、総合的に保険の相談を無料で行うのであれば何度でも無料で相談できるような保険代理店に相談してみましょう。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】ではなんどでも相談は無料で面談後にアンケートに答えるともれなくプレゼントももらえるのでお得感満載です。

-自転車の知識, その他の自転車の知識
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.