ジープの自転車 全車種解説 大人用子供用も品質高い自転車がそろっています

更新日:

街中でよく見かけるジープの自転車はかっこいいですよね。

子供用のジープの自転車もあり人気があります。

せっかくのジープの自転車の購入を検討するのであれば安い店舗や機能が優れた自転車がほしいですよね。

今回はジープの自転車について大人用子供用おすすめの車種やジープの自転車の特徴について解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


ジープの自転車はジープが製造していない 自転車メーカーGSジャパンについて

ジープは4DWブランド、SUVのかっこいい自動車ブランドとして日本でも大人気のブランドです。

ジープのロゴは自転車でも販売されており、通販や自転車屋でよくみかけます。

しかし、ジープブランドの自転車はジープが製造販売しているわけではありません。

日本のジープの自転車の場合、GSジャパン株式会社という企業がパテントでロゴを利用して発売しています。

GSジャパンは自転車メーカーという立ち位置で自転車の製造を行っていますが、そのほかにも鉄鋼、セメントなどの貿易業も行っている企業です。

自転車に関してはGSジャパンはジープの自転車の他にもフォルクスワーゲンの自転車やSTRiDAというトライアングルフレームという特殊な形状の自転車、AVIREXというアメリカ空軍のジャケットを製造しているメーカーブランドの自転車などを発売しています。

その中でもジープの自転車は安定した人気があり大人用の自転車から子供用自転車まで様々な自転車を発売しています。

ジープの自転車は大人用から子供用まで

ジープの自転車は現在8車種が発売されています。

メインで人気のある自転車は子供用自転車です。

また、大人用自転車は折りたたみ自転車、タイヤが太いBMX、かご付きクロスバイク、セミファットバイク、ファットバイク、マウンテンバイク型eバイク(電動自転車)があります。

どの車種もジープのブランドイメージに沿うようにタイヤが太いファットバイクが多く、4WDのSUVを想像させるようなゴツゴツしたかっこよさがあります。

ジープ以外にも自動車ブランドの自転車はある

ジープは自動車のブランドですが、自動車ブランドの自転車はほかにもあります。

ジープと同じメーカーのGSジャパンからはフォルクスワーゲンの自転車が発売されています。

他に自動車メーカーの自転車を発売している企業はジックが有名です。

ジックでは、ルノーハマーシボレーマセラティローバー、シトロエンなどのブランドの自転車を発売しています。

他にも過去にはフェラーリの自転車を発売するなど自動車ブランドの自転車には定評があります。

ジープと同じようなコンセプト自転車だとハマーがあげられます。

ハマーの自転車もジープと同じように人気があり子供用自転車から大人用自転車まで発売されています。

自動車ブランドでジープのような車種が欲しいということであればハマーの自転車も候補の一つにいかがでしょうか。

ジックのハマーの自転車については「ハマーの自転車を全車種を詳しく解説 折りたたみ自転車や子供の自転車まで」にも詳しい情報を掲載しています。

ジープの自転車を購入するなら通販が安い

ジープの自転車は大手自転車店を中心に多数販売されています。

実店舗だと、サイクルベースあさひ、イオンバイク、サイクルスポット、ダイワサイクルなどが有名です。

これら店舗のほかにもジープの自転車はネット通販でも購入することができます。

ネット通販は楽天市場やamazonなどのサイトです。

これら通販サイトであれば安く子供用自転車から大人用自転車まで購入できるので検討してみるのがおすすめです。

通販で自転車を購入するときのポイントは「通販で自転車を購入のポイントまとめ。確認すべきポイント多数」を読んでみてくださいね。

子供用ジープの自転車の紹介

女の子が自転車に乗る

ジープの自転車で人気なのは子供用自転車です。

お子さんにかっこいい自転車に乗せたいということでジープの自転車を選ばれる親御さんが多いようです。

ここではジープの子供用自転車については全車種詳しく解説します。

子供用自転車を選ぶ時のポイントは「年齢別の子供用自転車インチサイズ比較。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車まで比較」に詳しく記載しています。

ジープの16インチ 18インチの子供用自転車 JE-16G / JE-18G

ジープの補助輪付きのキッズ子供用自転車です。

同じ車種ですが、タイヤサイズがキッズ用の16インチとキッズ用の18インチがあります。

16インチの場合目安の身長が95cm~120cm程度、18インチの場合、105cm~125cm程度になります。

年齢でいうと、16インチは3~6歳程度、18インチは4~8歳程度がおすすめです。

16インチ、18インチの自転車については「16インチの子供用自転車を解説 適正年齢や身長、男の子女の子別のおすすめ自転車を紹介」や「18インチの子供用自転車は身長100cm~125cm。男の子、女の子別5歳、6歳、7歳の自転車特集」により詳しい情報を掲載しています。

補助輪付きなので初めての自転車に最適です。

18インチであれば小学校に入っても低学年程度であれば乗ることができます。

年齢で注意したいポイントとしては、補助輪をとった場合、スタンドがついていないため別途、自転車パーツとしてはスタンドを購入設置する必要があります。

また、鍵、ライトもついていないため、小学生に入って本格的に18インチのジープの自転車に乗るのであれば鍵とライトを後から追加購入するようにしましょう。

自転車のスペックとして特徴的なのがタイヤの太さです。

1.95インチと大人用自転車の太めのタイヤ程度の太さのタイヤがついています。

子供用自転車でタイヤが太いのは安定性が増すため、補助輪を早めに外したいお子さんにもおすすめだと思います。

太めのタイヤをファットタイヤといい子供用自転車で1.95インチのファットタイヤはインパクトがあると思います。

ファットタイヤのデメリットとしては、安定性が増す分地面との接地面が増えるためこぐのに若干力が必要になります。

あまりスピードを出さないということであれば気にすることないと思いますが、小学校に入り親子で自転車で遠出をするということであるとこぐのが大変でお子さんは疲れやすいかもしれません。

見た目は1本フレームと呼ばれるフレームでカゴ付きで各所にJEEPとロゴが入っておりかっこいいデザインに仕上がっています。

ジープの20インチ 22インチ 24インチの子供用自転車 JE-20S / JE-22S / JE-24S

ジープの20インチ、22インチ、24インチの子供用自転車です。

ジュニア用自転車で外装6段変速ギア、タイヤと発電部分がこすれて光るブロックダイナモライト付きです。

それぞれの自転車の適正身長は20インチが120cm~135cm程度、22インチが125cm~145cm程度、24インチが135cm~155cm程度が適正身長になります。

適正年齢だと20インチが5~9歳、22インチが6~11歳、24インチが7歳~となります。

子供向き自転車ですが、どちらかというと男の子用のデザインとなっておりかわいいというよりはかっこいいジープの自転車です。

特徴としては、マウンテンバイク風ですが、かご付き泥除け付きなので、乗りやすいです。

鍵とライトがついているのですぐ公道で走ることもでき自転車をとめられます。

また、このジープの自転車はBAA適合自転車なので、品質は担保されており安心です。

タイヤ幅は全インチサイズ1.95インチと太めのタイヤなのはジープらしい特徴です。

小学生くらいになると「ジープが好き!」というお子さんも多いと思いますので、そのようなお子さんには最適な自転車だと思います。

なお、2019年モデルでは22インチと24インチしかありませんでしたが、2020年モデルから20インチが加わり、20インチ、22インチ、24インチの3タイプになりました。

20インチの自転車が加わったことで2020年からジープは16インチから24インチまですべてのインチサイズの子供用自転車が発売されました。

大人用ジープの自転車の紹介

大人用のジープの自転車はジープブランドを活かしたファットバイクが中心です。

全体の特徴としては、26インチでありながらサドルの地上高が高く適正身長が高いのが特徴です。

自動車のジープのメインであるSUVのような車高を表現されており、デザインも強靭なデザインが再現されています。

ジープの折りたたみ自転車 長年人気のジープ自転車 JE-206G

ジープ唯一の折りたたみ自転車です。

長年人気で度々マイナーチェンジを繰り返しながら折りたたみ自転車は発売されています。

今回のジープの折りたたみ自転車の特徴としては、比較的スタイリッシュでありながらカラーバリエーションでジープ感を残すかっこいいデザインになっています。

20インチ、6段変速ギア、鍵、ライト、かご付きの折りたたみ自転車です。

ライトは電池式ライトですが、電池式のライトが標準搭載されている折りたたみ自転車は少なく、ジープのロゴが入ったかっこいいライトになっています。

また、BAA適合の折りたたみ自転車なので、品質も担保されています。

色はオリーブ、ブラック、ブルー、レッドがあり、あえてムラのある塗装を残すことでジープらしさを演出しています。

カゴ付きで街乗りに最適な折りたたみ自転車だといえます。

重量は17.1kgと折りたたみ自転車としては重めですが、それもジープらしくよいのではないでしょうか。

ジープのBMX 自転車 JE-206MX

ジープでありそうでなかったBMXモデルの自転車です。

オリジナルのダブルフレームの中心部にジープのロゴが大きくペイントされておりジープと一目で伝わるデザインです。

20インチで幅が2.125インチと太目のタイヤを採用しています。

ブレーキは普通の自転車のブレーキを採用しており、本格的なBMXでよくみられるジャイロブレーキなどは採用されていません。

また、前キャリアも設置されているためルック車に近く、街乗りでかっこよく見せたい方に最適な自転車だと思います。

表記上はBMXですが、極太タイヤのミニベロという表現のほうがあっているかもしれません。

6段変速ギア付き、後ろキャリア付き、後付けでカゴを設置できます。

カラー展開はオリーブ、シルバー、ブルーの3色です。

重量は17.8kgとやや重めだと思います。

ジープのシティクロス シティサイクルとクロスバイクのいいとこ取りの自転車 JE-268TE

ジープのシティクロスという種類の自転車です。

シティサイクルとクロスバイクの中間の自転車というイメージです。

街乗りを専用に作られており、かご付き、泥除けのクロスバイクとも言えます。

26インチとジープとしては小さめのタイヤを採用していますが、適正身長が165cm以上と男性を前提に作られています。

サドル地上高が1,000mmまで伸びるので高めにあげて走るのが見栄え上かっこいいシティクロスだと思います。

タイヤ幅は1.95と太目のタイヤを採用しています。

カゴも広めで浅めのワイヤーカゴを採用しており、ビジネスバッグや通学バッグが入る大きさです。

通勤通学用で利用しやすい自転車だと思います。

このようなシティサイクルのよいところも残しつつ、外装18段変速ギアとクロスバイクの良さも取り入れています。

カラー展開はブラックとシルバーの2色展開です。

重量は、17.5kgとクロスバイクとしては重めですが、シティサイクルとしては軽めというくらいの重さです。

シティクロスとしては平均的な重量ではないでしょうか。

ジープのファットバイク マウンテンバイクのような男らしい自転車 JE-266FT

ジープのマウンテンバイクのようなファットバイクです。

ファットバイクといってもタイヤの太さは3インチなので、ややタイヤが太いセミファットバイクとくくられることもある太さです。

フレームにジープのロゴが大きく記載されておりジープというのがロゴからも伝わる自転車です。

特徴はマウンテンバイク型でありながら、泥除けが標準搭載されている点です。

街乗りを前提に考えられている自転車だと思いますが、ジープらしく武骨で強靭でありながら、使い勝手にも優れている機能美も兼ねそろえています。

フレームはシンプルな形ですが、塗装がリンクル塗装というハーレーのエンジンなどに利用されている塗装方法で塗装されています。

塗装にこだわりデザイン性が高いのもジープのかっこいいところですね。

カラーはオリーブ、ブルー、レッドの3色です。

JE-268TEのクロスバイクと同じように26インチですが、適正身長は165cm以上でサドルの地上高は1,010mmまで上がります。

ジープのファットバイク 極太タイヤがいかつい自転車 JE-267FT

ジープのファットバイクです。

4.0インチ幅のタイヤを採用しており非常にインパクトがあるファットバイクになっています。

太いタイヤを活かすためにフレーム自体は細目にできており、より一層タイヤを引き立たせます。

フロントフォームには迷彩柄を取り入れジープの強靭さが伝わってきます。

カラー展開はブラックとサンドです。

サンドは濃いクリーム色といったところでしょうか。

チェーンステープロテクターがついており、激しく乗ってチェーンが外れるといったときでもチェーンからフレームを守ります。

ファットバイクでありながら後付けでカゴやリアキャリアの設置も可能です。

26インチでほかの車種と同じように適正身長は165cm以上の自転車です。

街乗りで乗ると非常に目立ちかっこいいと思います。

注意点はファットバイクは自転車スタンドがついている駐輪場にはタイヤが入らなくとめられないので、街乗りするときには注意しましょう。

ジープのeバイク マウンテンバイク型電動自転車 JE-279E

ジープ唯一で初のeバイクです。

eバイクとはスポーツ自転車の電動自転車版です。

この自転車はマウンテンバイク型の電動自転車です。

特徴としては、バッテリーが36Vとボルト数が高く11.6Ahです。

ボルト数が高いため、走行目安距離がエコモードで112kmまで走ることができ、長距離運転が可能なジープの電動自転車です。

なお、バッテリーの充電に必要な時間は7時間と長めです。

ジープのマウンテンバイク型電動自転車の仕様としては、27.5インチの大き目のタイヤにタイヤ幅2.2インチと比較的太めのタイヤ幅になっています。

油圧式ディスクブレーキや外装9段ギアなど走るために必要なスペックがそろっています。

サイクルコンピューターもついておりロードバイクのように長距離を速く    走るのにも適正があるように思います。

ジープですが、フロント部分のロゴは大きいものの目立ちにくい色合いになっており、eバイクとしてルック車に見せない仕上がりになっています。

機能面を見てもかなり充実しているので、予算があえばおすすめのジープのマウンテンバイク型電動自転車だと思います。

ジープの自転車 全車種解説 大人用子供用も品質高い自転車がそろっています のまとめ

ジープの自転車はGSジャパンという会社がパテントで製造している自転車です。

ジープの自転車は大人用子供用自転車とあり、折りたたみ自転車、タイヤが太いBMX、かご付きクロスバイク、セミファットバイク、ファットバイク、マウンテンバイク型電動自転車があります。

子供用自転車は16インチから24インチまで取り扱いがあります。

また、ジープに似た自動車メーカーブランドの自転車としてはハマーがありコンセプトが似ています。

ジープの自転車を購入するのであれば大手自転車店かネット通販で購入が可能です。

ぜひジープの自転車を購入の検討材料にしてもらえればうれしいです!

-自転車の知識, 自転車ブランド
-, , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.