22インチの子供用自転車を詳しく解説 購入時の注意点や人気の男の子女の子別で自転車を紹介

更新日:

22インチの子供用自転車を検討している方でおすすめの自転車は何なのか、購入するときに注意すべきことは何なのかなど気になりますよね。

お子さんの安全性を守るためにもしっかりした22インチの子供用自転車がいいもののコストパフォーマンスが高い子供用自転車を探したいものです。

今回は22インチの子供用自転車を購入するときのポイントと男の子、女の子別におすすめの自転車を紹介したいと思います。

また、子供用自転車でほかのインチサイズに関して以下に詳しく記載しているので参考にしてみてください。

16インチ18インチ20インチ24インチ


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


22インチの子供用自転車は小学生の6歳〜11歳程度、身長115cm〜145cm程度

22インチの子供用自転車は幼稚園保育園の卒業前や小学校入学祝い、6歳の誕生日に購入してもらうことが多い自転車のインチサイズです。

年齢だと6歳~11歳程度、身長だと115cm~145cm程度が適正です。

同じ22インチの子供用自転車でもフレームの大きさなどにより適正身長が変わってくることもありますが、基本的には6歳~11歳程度のお子さんが乗るのに適したサイズ感です。

なお、22インチの子供用自転車で補助輪がついているキッズ向け自転車は見たことなく、22インチの子供用自転車はジュニア向けの男の子、女の子が乗る自転車となっています。

22インチの子供用自転車と20インチや24インチの子供用自転車との違いは

22インチの子供用自転車を購入しようとしている親御さんであれば考えるべきこととして「22インチではなく、20インチや24インチの自転車ではどうか」という点だと思います。

20インチの子供用自転車の場合、適正身長は110cm〜135cm程度、24インチの場合、120cm〜155cm程度が適正身長になります。

年齢だと20インチは5歳〜9歳程度、24インチの場合7歳以上のお子さんが対象となると思います。

24インチの自転車の場合、小さめの大人用自転車も発売されているサイズのため、購入されるお子さんで背が低い女の子であれば最初から大人用24インチの自転車を購入し長く乗るというのも方法かもしれません。

なお、20インチも24インチの自転車両方ともジュニアタイプの自転車が多いのですが、20インチの子供用自転車の場合、一部補助輪付き自転車のキッズタイプの自転車も発売されています。

20インチと24インチの子供用自転車については「子供用20インチの自転車は110cm~135cm程度が適正身長。5歳から9歳がベストな自転車特集」「24インチの子供用自転車は大人用自転車とかわらない!?適正身長と24インチ自転車のポイント」を参照してください。

22インチの子供用自転車はどこで買えばいい

22インチの子供用自転車を購入したいというお子さんに対しどこで自転車を購入したらよいかも考えるべきポイントです。

クリスマスプレゼントであれば通販で購入したほうが効率的であり、誕生日などであれば一緒に22インチの子供用自転車を購入しに行くという方法もあります。

ここではサイクルベースあさひやトイザらスのような店舗で購入した場合と楽天市場などのモール通販で購入した場合の違いをまとめています。

自転車のクリスマスプレゼントのおすすめ商品や購入時の注意点については「クリスマスプレゼントで自転車を選ぶときのポイント 渡し方や子供用安い子供車など」で詳しく解説しています。

サイクルベースあさひやトイザらスなどの店舗で22インチの子供用自転車を購入

サイクルベースあさひのような自転車専門店やトイザらスのようなおもちゃ屋さんで22インチの子供用自転車を購入することができます。

サイクルベースあさひのような自転車専門店の場合のメリットはスタッフが全員自転車に関して知識が深いため、気になる点をしっかりと応対してくれるという点です。

また、欲しい22インチの子供用自転車がみつからない場合でも取り寄せが比較的簡単に行え、目的の自転車を購入しやすいというメリットもあります。

サイクルベースあさひについては「サイクルベースあさひの自転車修理工賃の詳細を分かりやすく解説」に詳しい情報を掲載しています。

あわせて読んでみてください。

トイザらスのようなおもちゃ屋さんの場合、子供向け商品に特化しており、自転車に関してはトイザらスオリジナル自転車が多数発売されています。

例えば、女の子向けの22インチ子供用自転車で人気なのはハードキャンディというトイザらス限定の自転車です。

このような子供用商品を専門に扱っている店舗でも自転車を購入することができます。

なお、サイクルベースあさひでもオリジナルブランドで子供用自転車の発売はありますがキッズ向けの16インチの子供用自転車のみです。

トイザらスの自転車については「トイザらスの自転車の価格は?インチ別子供用自転車を紹介」に詳しい情報を掲載しています。

通販サイトで22インチの子供用自転車を購入

通販サイトで22インチの子供用自転車を購入するメリットは複数あります。

通販の場合、なんといっても自転車の車種数が多いです。

2020年4月時点で楽天市場で「子供用自転車 22インチ」と検索すると、357件もヒットします。

実店舗で22インチだけの車種で300台以上在庫を抱えておくは現実的ではないので、広い選択肢の中から22インチの子供用自転車を選べるのはメリットだと思います。

また、22インチの子供用自転車も安い価格で購入できるのもメリットです。

通販の場合、メーカーが直接販売している店舗や小売店であってもメーカーから直接で配送されている自転車などもあり、中間マージンを抑えることで価格が安くなっています。

また、22インチの子供用自転車を自宅に配送してくれるのも大きなメリットだと思います。

22インチの子供用自転車を購入するときの注意点

22インチの子供用自転車を購入するときに注意すべきポイントがあります。

大人用自転車では購入時に考えないポイントや通販で22インチの子供用自転車を購入するからこそ考えるポイントなどさまざまです。

22インチの子供用自転車の次の自転車の買い替えプランを考えよう

女の子が考える

22インチの自転車を購入するタイミングは非常に重要なポイントです。

親御さんの気持ちとしてはできる限り長く22インチの自転車に乗ってもらいたいと購入前から考えていると思います。

そのためお子さんが現在乗っている自転車のサイズ種類、お子さんの年齢によって買い替えるタイミングとインチサイズは考えたほうがよいです。

22インチの子供用自転車を購入する場合のパターンとして以下などがあります。

  1. 2歳から4歳ストライダーのようなキックバイク
  2. 4歳から6歳補助輪付き自転車&補助輪をとって練習
  3. 6歳から11歳22インチの子供用自転車
  4. 11歳から26インチの大人用ママチャリ

上記は1つのパターンなので、現在お子さんが乗っている自転車とお子さんの成長度合いにより柔軟に自転車の買い替えプランを考えるのが大切です。

22インチの子供用自転車と一緒に購入したほうが自転車パーツ、自転車アクセサリ

22インチの子供用自転車を購入するときに一緒にいくつか購入したほうがよい自転車パーツです。

鍵、かごはほとんどの自転車についていると思うのでそれ以外のおすすめ自転車パーツになります。

電池式ライト 夕方以降22インチの子供用自転車に乗るならば欲しい

ほとんどの22インチの子供用自転車にはライトがついています。

「ライトがついているのに何で追加でライトが必要?」と考える方も多いと思いますが、夕方以降にお子さんが自転車に乗るのであれば購入したほうがおすすめです。

理由としては、22インチの子供用自転車のライトはほとんどがタイヤと発電部分がこすれて発電するブロックダイナモライトだからです。

ブロックダイナモライトをつけるとペダルが重くなりこぎにくくなるためです。

体力がないお子さんがブロックダイナモライトをつけながら長距離走るのは結構大変で嫌がります。

また、親御さんが一緒であれば注意できますが、子供同士で自転車に乗っていると夕方でもライトをつけない可能性があります。

そのため、電池式のスイッチ一つでつくライトを別途22インチの子供用自転車に設置してあげましょう。 ライトをつけてもペダルは重くならず快適に夕方以降も自転車に乗れると思います。

ヘルメット 安全を考えるのであれば必須アイテム

ヘルメットは自転車に乗るのであれば必須です。

安全性を考えると嫌がるかもしれませんが、購入し都度被らせるようにしてください。

通販などで売っている一般的な子供用ヘルメットで全く問題ありません。

お子さんが好きなデザインを購入するようにしましょう。

ドレスガード 女の子がスカートで22インチの子供用自転車に乗るなら欲しい

見落としがちなのですが、女の子でスカートで自転車に乗る可能性があればドレスガードを別途購入するか、最初から22インチの子供用自転車を購入するときにドレスガード付き自転車を購入しましょう。

ドレスガードとは後輪の周りに設置されている網の自転車パーツです。

これは、スカートを後輪に巻き込まないためのアイテムでありドレスガードがないと後輪にスカートが巻き込まれる可能性があります。

また、ドレスガード自体の用途としては、後ろチャイルドシート付自転車でお子さんが足を後輪に巻き込まないためにも設置します。

あまり目立たない機能ですが、万が一のことを考えドレスガード付きの22インチ子供用自転車を購入するか別途ドレスガードを購入しましょう。

通販では22インチの子供用自転車の送料&防犯登録&完全組み立てを意識しよう

通販で22インチの子供用自転車を購入する場合、いくつか通販特融の確認すべき事項があります。

1点目は送料を含めた総合的な値段で22インチの子供用自転車を選ぶようにしましょう。

自転車は通常の宅急便とはことなり体積が大きく送料が高くなる場合があります。

そのため、送料を含めた金額で22インチの子供用自転車を選びましょう。

店舗受取を実施いている通販店舗であれば送料無料になることがおおいため、店舗受取を選ぶのもよいかもしれません。

2点目が防犯登録は別途行わなければならない通販店舗があります。

実店舗を保有していないメーカー直送店舗で22インチ子供用自転車を購入する場合、メーカーでは防犯登録ができません。

その場合、メーカーから送られてくる保証書や販売証明書などの書類を利用し最寄りの自転車店などで防犯登録を行います。

また、通販で防犯登録を行っている店舗でも通販サイトで別途購入する必要があるのでしっかり購入するようにしましょう。

3点目が完全組み立ての自転車を選ぶようにしましょう。

自転車 組み立て前

22インチの子供用自転車などは送料を抑えるため、90%組み立てなど購入者が組み立て作業を行わなければならない販売方法で販売している店舗もあります。

そのような子供用自転車はブレーキの調整やギア調整もされておらず、調整には専門的な知識が必要です。

100%組み立て、完全組み立てと書かれた22インチの子供用自転車を購入するか、完全組み立てではない自転車を購入した場合、最寄りの自転車屋で組み立てを依頼するかしっかりと自転車整備士の方に点検をしてもらいましょう。

22インチの子供用自転車で人気のブランド

22インチの子供用自転車を購入するにあたり人気のブランドがいくつかあります。

人気のブランドの中から選べば失敗は少ないと思うので検討してみてくださいね。

ハマーの22インチ子供用自転車

ハマーの22インチ子供用自転車です。

こちらはトイザらス限定の自転車です。

以前はハマーの22インチの子供用自転車はトイザらス限定以外の車種も発売されていましたが、現在は生産がされていません。

ハマーの自転車らしくイエローカラーがかっこよくハマーの大きなロゴがフレームに記載されているのがかっこいいですね。

トイザらスの22インチの自転車は身長123cm以上、適正年齢7歳~10歳となっています。

トイザらス限定自転車ですが、メーカーはジック株式会社です。

ジックはハマーの自転車を製造しているメーカーです。

ジックについて詳しくは「自転車のジック株式会社。海外ブランド自動車のブランドを活用。その魅力や評判にせまる」に記載しています。

ハマーの自転車については詳しくは「ハマーの自転車を全車種を詳しく解説 折りたたみ自転車や子供の自転車まで」に記載しています。

ブリヂストンの22インチの子供用自転車

ブリヂストンの22インチの子供用自転車は多数発売されています。

ブリヂストンの自転車というと電動自転車のイメージが強いですが、電動ではない一般的な自転車もブリヂストンは発売しています。

ブリヂストンの22インチの子供用自転車は現在5車種発売されています。

ビッケj ブリヂストンを代表する22インチの子供用自転車

ブリヂストンといえば子供乗せ電動自転車のビッケが有名ですが、そのビッケの名前を引き継いでいる22インチの子供用自転車です。

ビッケjは電動自転車ではなく、非電動の一般の子供用自転車です。

特徴としては、電動自転車のビッケとおそろいのデザインやカラーやデザインです。

大人っぽいデザインで大人でも乗れそうな子供用自転車です。

クロスファイヤージュニア ブリヂストンの男の子がほしがる22インチ子供用自転車

クロスファイヤージュニアは男の子用の22インチの子供用自転車です。

男心をくすぐるかっこいいデザインとフォルムです。

CIデッキというハンドル部分にギアの状態を表示されるメーターがついており男の子はきっと大好きでしょう。

クロスファイヤージュニアはマウンテンバイク型の22インチ子供用自転車で、タイヤもやや太めで荒っぽい運転をする男の子でも耐えられる耐久性を考えられています。

ライトはオートライトなので、夕方でも自動点灯され安心です。

リコリーナ ブリヂストンの女の子向けやさしいデザインの22インチ子供用自転車

リコリーナは女の子向けの22インチの子供用自転車です。

女の子が好きそうな要素がふんだんに取り込まれ、デザイン入りの泥除け、タイヤのスポークにはハート形アクセサリを設置できたりと女の子のかわいいと思うデザインを採用しています。

カラーバリエーションも女の子が好きそうなペールカラーを採用しています。

大きめなサドルといい22インチに乗る女の子がうれしい機能がたくさんそろっている子供用自転車です。

ワイルドベリー ブリヂストンの女の子向け大人っぽい22インチ子供用自転車

ワイルドベリーは22インチの女の子向け子供用自転車です。

どちらかというとワイルドベリーはスポーティに走る女の子用22インチの子供用自転車というイメージです。

軽量アルミフレームを採用しており、軽さにこだわっています。

同じ22インチの女の子が乗る子供用自転車のリコリーナは重量が約15.2kgに対しワイルドベリーは約13.3kgと1.9kgも軽いです。

デザイン面は明暗がはっきりしたデザインでスポーティなサドルにも小学生が喜びそうなプリントがされておりスポーティな子供用自転車でありながらかわいいデザインになっています。

エコパルモカ ブリヂストンの女の子向け低価格22インチの子供用自転車

エコパルモカは22インチの女の子向け子供用自転車です。

ブリヂストンの子供用自転車では比較的価格を安く抑えています。

機能面はしっかりしており、BAAも取得しているので安全性も高いです。

カラーは3種類ありフレームに模様があしらわれているかわいいデザインです。

かわいいワイヤーバスケットなど魅力的な22インチの子供用自転車だといえます。

男の子におすすめの22インチ子供用自転車

男の子に人気の22インチの子供用自転車の特徴は以下が人気です。

  • マウンテンバイク型の自転車
  • 外装6段変速ギア付きの自転車
  • CIデッキ付き自転車

このうちCIデッキに関しては小学校低学年のころはうれしく思うのですが、小学校高学年になるにつれ感覚が変わるので付いている必要はあまりないと思います。

また、マウンテンバイク型自転車を購入する場合、泥除けは必ずつけるようにしましょう。

おすすめの男の子用22インチの子供用自転車は以下です。

21テクノロジー 男の子向け22インチの子供用自転車

21テクノロジーの22インチの子供用自転車です。

ブリヂストンのクロスファイヤージュニアにも似ている形状のマウンテンバイク型自転車です。

特徴的な部分は特にないのですが、必要な機能がそろっている男の子が喜ぶ自転車です。

仕様としては22インチ、外装6段変速ギア付き、ブロックダイナモライトです。

22インチの他24インチも用意されていますが小学校入学前後に購入するのであれば22インチがおすすめです。

適正身長は120cm~145cm程度、重量は14.7kgと一般的だと思います。

注意点は到着段階では、95%組み立てのため、ハンドル、ブレーキ調整、ギア調整などは購入者が行う必要があります。

スマートファクトリー グラフィス 男の子向け22インチの子供用自転車

スマートファクトリーのグラフィスシリーズ22インチの子供用自転車です。

グラフィスはネット通販で人気の自転車シリーズです。

子供用自転車でもグラフィスは発売されており22インチの子供用自転車もおしゃれなデザインです。

マウンテンバイク風の自転車で特徴的なのがカラータイヤです。

また、最大の特徴としては、折りたたみ式の子供用自転車だということです。

折りたたみ自転車なので、自宅の駐輪場がせまい場合などにも子供用自転車の収納が比較的簡単にできます。

仕様としては、外装6段変速ギア付き泥除け付きとほかの人気の22インチ自転車と同じです。

22インチの他24インチもグラフィスも発売されています。

適正身長は公式サイト等に記載がないので、一般的な115cm〜145cm程度だと思います。

また、重量は15.0kgです。

グラフィスの自転車シリーズについては「グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介」にも詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

女の子におすすめの22インチ子供用自転車

エッセ 女の子向け22インチの子供用自転車

エッセは女の子向けのシンプルな22インチの子供用自転車です。

特徴としては、ライトは標準ではブロックダイナモライトですが、ハンドル部分にライトの点灯スイッチがついている点です。

スイッチを倒すとライトの発電部分がタイヤとこすれ始めます。

また、ほかの特徴としては、商品のグレードアップができる点です。

ライトをオートライトに変更したり、スタンドを1本スタンドから両立スタンドに変更などグレードアップが可能です。

22インチの他20インチと24インチの子供用自転車も発売されています。

22インチの場合、適正身長は120cm~145cm、重量は14.3gです。

仕様としては、シングルギア、鍵、かご付きです。

また、男の子に人気のCIデッキもついています。

適正身長は公式には記載がないので、一般的な115cm〜145cmだと思います。

重量は15.0kgです。

デザイン面はesseとおおきなロゴが描かれていますが、全体的にはシンプルなデザインとなっており、テリーサドルや白黒タイヤなどおしゃれな仕上がりになっていると思います。

22インチの子供用自転車を詳しく解説 購入時の注意点や人気の男の子女の子別で自転車を紹介のまとめ

22インチの子供用自転車は年齢6歳~11歳程度、適正身長としては115cm~145cm程度の身長が一般的な適正です。

サイクルベースあさひやトイザらスのような自転車販売店からネット通販まで様々なところで22インチの子供用自転車は販売されています。

22インチの自転車を購入するときにはお子さんの成長にあわせて次いつ買い替えるかなどのプランを立てて自転車を購入するようにしましょう。

また、ライトなど必要な自転車パーツも追加で購入するようにしましょう。

人気のある男の子の子供用自転車はハマーやブリヂストンです。

女の子でも人気が子供用自転車はブリヂストンは人気です。

そのほかネット通販でも男の子、女の子用の22インチの子供用自転車はたくさん売っているので、ぜひ検討してみてください!

-自転車の知識, 自転車の種類, 子供用自転車, 性別世代別自転車の選び方
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.