自転車反射板について。法律義務から100均の反射板まで広く解説

更新日:

自転車を購入したてだと反射板(リフレクター)がついていなかったり、気がついたら反射板がなくなっていた、より優れた反射板に買い替えたいと思われる方も多いですよね。

今回は自転車の反射板について、法律上どのようにつけなければならないのか、おすすめの反射板についてまとめたいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


自転車の反射板は法律上設置義務はある?ライトとの違いは?

自転車の反射板はライトの補完的な意味で設置されていることが多いです。

反射板はリフレクターともいいます。

夜道で遠くからでも自転車が走っていることがわかるように反射板が設置されているのが本来の意味合いです。

法律上の観点からでは、前方と後方にライトがついていれば反射板は必要ありません。

夜道では、前方ライトは必須ですが、後方をかざすのはライトでなくても、代替として反射板でも問題ないです。

そのため、夜道を走る組み合わせとしては、「前方ライト、後方反射板」か「前方ライト、後方ライト」の組み合わせのどちらかになります。

前方も後方も反射板、前方は反射板で後方はライトという組み合わせは法律上アウトです。

クロスバイクやロードバイクについている前方の反射板は法律上義務?

クロスバイクやロードバイクを購入するとハンドルに反射板が取り付けられている自転車があります。

後方に反射板がついており、(ほとんどの車種では追加で)ライトを設置すればクロスバイクやロードバイクの反射板は必要ないです。

昼間しか自転車走らない場合、自転車に反射板は法律上義務?

明るい昼間しか走らない場合は、反射板は自転車に設置の義務はありません。

しかしながら、昼間でもトンネルの中や霧の中などはライトがなければ反射板が必要になるので、念のため、安全面から設置し続けることをおすすめします。

なお、ライトも同じ条件のため、日中明るい時しか走らない場合は自転車に設置義務はありません。

100均の自転車反射板は大丈夫?

自転車の反射板は特にこだわりがないから安く100均で購入したいというかたも多いでしょう。

そこででてくる心配事としては「ダイソーなど100均の自転車反射板は問題ないか」という点です。

基本的には、ダイソーなど大手が発売している反射板は法律の条件をクリアしていると思われますが、以下の内容を確認したほうがよいです。

  • 反射板を自転車の後ろにつけ、100m離れたところからハイビームを光らせたときに反射が確認できる
  • 色は、オレンジ色か赤色

注意すべきポイントとしては、色がオレンジ色か赤色のため、白や透明の反射板は後方には利用できないという点です。

その条件が満たされていれば100均の自転車反射板でも問題ないのでダイソーなどで購入してみましょう。

自転車の反射板の代わりにライトをつける方法もある

反射板よりもさらに安全に自転車を運転したいということであればライトを設置するという方法もあります。

自転車の前方はライトが必須ですが、後方は反射板でもよいのが現状の法律です。

しかし、後方も反射板からライトに変更することでより安全に自転車の運転ができるわけです。

後方のライトは反射板を兼ねている自転車パーツも多く、以下のものなどがおすすめです。

コンパクトで軽い自転車用電池式ライト

ロードバイクなどに乗っている方は自転車のライトはできる限りコンパクトで軽いほうが走りに影響しないと思います。

そのような軽く小さく抵抗が少ないライトとしておすすめです。

価格も安く、重量は28グラムと軽くヘルメットなどに取り付けても違和感がないと思います。

なお。ヘルメットの後ろにとりつけ、後方からライトが確認できる場合、車体自体の後方には反射板やライトを設置する義務は法律上ないので、ヘルメットのリア取り付けでもよいかもしれません。

ハート型がかわいい自転車用リアライト

ハート型がかわいいリアライトです。

女性のロードバイク乗りも増えてきている今日この頃なので、女性へのプレゼントとしてもおすすめです。

普通のライトよりもハート型のほうが視認性は高いと思うので、安全性もより増すと思われます。

USB充電式なので、充電すれば電池切れの心配もなく、いつでも利用できる自転車ライトです。

シートポスト自体がライトの自転車用リアライト

シートポスト自体にライトが組み込まれているシートポストです。

ライトは組み込まれているので非常にスタイリッシュです。

購入時にはシートポストの径や長さが自分の自転車にあうのかをしっかり確認してから購入しましょう。

なお、直径25.4mm、長さ300mmです。

少しでも自転車の抵抗を減らしたいという方や珍しいリアライトを探している方におすすめです。

おすすめの自転車反射板

反射板をリアにつけるのであれば、オーソドックスなものをおすすめします。

オーソドックスな自転車の後ろの反射板は視認性が高く安全面からも推奨できます。

以下などがオーソドックスでおすすめできる自転車の反射板です。

ザ・反射板という感じの自転車反射板

自転車の反射板を思い浮かべればほとんどの方がこの形状を思い浮かべると思います。

オーソドックスで特に説明も必要ありませんが自転車の後輪横のフレーム部分「シートステー」という箇所に設置する反射板です。

オーソドックスな反射板でライトがついているタイプ

オーソドックスな形状の反射板ですが、自動点灯ライトがついている反射板です。

ママチャリでより安全に夜道を運転したいという方におすすめだと思います。

電池式で自動点灯なので、付け忘れや消し忘れを防止できるほか、そもそもが反射板なので、万が一電池切れを起こしても反射板として活躍してくれます。

法律上電池が切れても全く問題がありません。

自転車通学のお子さんに安心して乗ってもらいたい方などにもよいでしょう。

変わり種自転車の反射板

自転車の反射板の中には一風変わった反射板も多数あります。

自転車用に限らずランニング用など反射板ニーズは高まってきている中で自転車用としても利用でき、おもしろい反射板を紹介します。

自転車のホイールに反射板を設置

自転車のホイールに反射板を設置するシールです。

反射板に関しては、法律上では後ろに設置が義務化されていますが、横などに反射板を多くつける分には全く問題がありません。

ホイールに色違いの反射板をつけることで回転している反射板が目立ち事故防止につながりそうですね。

自転車のスポークに設置できる反射板

自転車のスポークに設置できる反射板です。

上記のホイールまわりに設置できる反射板とセットで利用すると、タイヤが非常にキラキラしますね。

交差点などの横からの事故を防ぐのに効果がありそうです。

反射板を強みにしている自転車本体

反射板は安全性を高めるために自転車には必須です。

この安全性をより高めるために反射板を強みにしている自転車本体もあります。

機能性で夜間の安全性を優先度高く自転車本体を選ばれる場合下記などがおすすめです。

カインズのキラクルは自ら光る自転車

カインズのキラクルは、ホームセンターのカインズで購入できる自転車です。

特徴としては、反射板ではなく、走るとフレーム自体が発光する仕組みになっています。

有機ELがライトとなりフレームが明るくなり夜間離れていても自転車がいることが伝わります。

反射板ではなく自ら光る自転車というのはほかには見当たらずホームセンターでありながらカインズ独自のオリジナル自転車となっており、おすすめです。

キラクルについては「カインズの自転車キラクス・キラリが安心 パンクしにくく夜道はフレーム点灯する自転車」に詳しい情報を掲載しています。

マルキンのレアルタシティは360度反射板がついている自転車

マルキンのレアルタシティは360度反射板がついていおり、どこからでも視認性高く確認できる自転車です。

反射板が様々なところについており、夜間の車からでもわかりやすく反射します。

自転車自体の機能性も高くBAA付きの27インチ、   外装6段変速ギアのシティサイクルです。

レアルタシティについては「マルキン自転車について車種別で詳しく解説」に詳しい情報を掲載しています。

自転車反射板について。法律義務から100均の反射板まで広く解説のまとめ

自転車の反射板は法律上設置が必要です。

具体的には、自転車で夜道を走る組み合わせとしては、「前方ライト、後方反射板」か「前方ライト、後方ライト」の組み合わせのどちらかが必要です。

昼間しか走らない場合は反射板、ライトともに必要ないです。

100均の反射板でも問題ないですが、後ろにつける場合色はオレンジ色か赤色と法律で決められているので注意です。

反射板の代わりにライトを設置するのでもよく、自転車によっては360度反射板がついている自転車などもあります。

他にもおすすめの反射板や反射板付きライトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

-自転車おすすめ店舗
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.