電動三輪車のメーカー別機能の紹介 シニアも安心な電動三輪自転車とは

投稿日:

シニアの方向けに今注目されているのが電動自転車の三輪車版である電動三輪車です。

電動三輪車のほか、電動三輪自転車、大人用三輪車ともよばれています。

安全性高く自立する三輪車でかつ高齢者でも乗れるよう電動アシスト機能が搭載されています。

今回は電動版の電動三輪車について各メーカーごとの商品を詳しく解説したいと思います。

電動ではない大人用三輪車については「通販でも買える三輪自転車 高齢者用おしゃれな中古レンタルから大人用電動三輪自転車までさまざま紹介」にも機能面を含めて詳しく解説しているので読んでみてください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


電動三輪車の魅力はやはり自立安定性と電動アシスト

電動三輪車の魅力は自転車とは異なりやはり自立した乗り物ということと、電動アシスト機能により足腰が弱いシニアの方でも乗ることができるというのが魅力です。

特に電動アシスト機能が搭載されている大人用三輪車は近年普及してきており大手電動自転車メーカーだけではなく、介護用品のフランスベッドやそのほか自転車メーカーの多数製造をしています。

基本的にはシニアの方が自転車に乗ることに不安を覚え、電動三輪車に移行するパターンや近年多いのは自動車免許証の更新をしないで次の乗り物・移動手段として電動三輪車を購入するというパターンです。

特に高齢者の自動車運転は社会問題となりつつある昨今、電動三輪車を自ら進めるのではなく、お子さんなど親族に進められて乗るという方も増えています。

電動三輪車も種類によっては自転車と同じように快適に乗れる車種もあれば、シニア向けに安全性を高く作られている車種もあります。

同じ自立型の大人用三輪車ですが、違いをしっかり学び最適な電動三輪車を探してみてください。

メーカー別電動三輪車の解説

電動三輪車は電動自転車の派生という認識が強く、電動大手電動自転車メーカーは各社製造しています。

以下にメーカー別の強みやポイントを掲載していますので、乗られる高齢者がどの車種が最適なのか検討してみてください。

パナソニックの電動三輪車 ビビライフ

パナソニックの電動三輪車はビビライフの1車種のみです。

ビビライフの魅力はバッテリーの強さです。

バッテリーは16Ahと業界でも最も大きいクラスのバッテリーを搭載しています。

そのため、一度の充電で走行できる距離は93kmと非常に長く、すべての電動三輪車の中で最も長く走れる車種になっています。

バッテリーの充電回数が減るため、重いバッテリーを何度も取り外しして充電器までもっていくという作業が軽減され筋力が弱いシニアの方にはうれしい機能だと思います。

なお、電動三輪車のバッテリーは容量により一般的には2kg~3kgほどの重さがあります。

3kg程度の重さのものを何度も持ち運ぶのはシニアの方には負担になるので、パナソニックのビビライフならではのメリットだと思います。

また、大人用三輪車特有のスイング式、固定式両方切り替え対応できるタイプの電動三輪車になっています。

ヤマハの電動三輪車 PASワゴン

ヤマハの電動三輪車はパスワゴン1車種のみです。

パスワゴンの魅力はドライブユニットにあります。

ドライブユニットとは電動三輪車のモーター部分で、アシストをしてくれる部分です。

このドライブユニットの質が高く、こぎ始めのレスポンスから反応よくアシストしてくれます。

また、トリプルセンサーシステムというシステムが反応の良さだけではなく、こぎ始めから滑らかにアシストしてくれるのもヤマハの電動三輪車の魅力です。

バッテリーも15.4Ahと大容量で一度の充電で走行距離目安77kmと長く乗ることができます。

ヤマハパスワゴンのスイング式と固定式で選ぶことができます。

ブリヂストンの電動三輪車 フロンティアラクットワゴン アシスタワゴン

ブリヂストンの電動三輪車は大手電動自転車メーカーでは唯一2車種発売しています。

電動三輪車のシャスはフロンティアラクットワゴンとアシスタワゴンの2車種です。

フロンティアラクットワゴン

フロンティアラクットワゴンはまたぎやすく、乗り降りしやすい電動三輪車です。

特に優れている点は足を小さくまわすだけでペダルが回転できる小回りの良さです。

機能面もブリヂストンの強みを活かした、両輪駆動、走りながら自動充電、モーターブレーキなどの機能を搭載しています。

身長128cm以上の方が乗ることができ、電動三輪車の中でも最も低身長でも乗れる電動三輪車となっています。

アシスタワゴン

アシスタワゴンも同じくブリヂストンの電動三輪車です。

大きめのカゴがついており、乗り心地により安定感を求めたタイプの電動三輪車です。

価格はフロンティアラクットワゴンと同じなので、ある程度自転車に近いタイプが欲しい方はアシスタワゴンより筋力も落ち、ゆっくり安全に乗りたい方はフロンティアラクットワゴンと購入分けができると思います。

両車種とも大人用三輪車特有のスイング式、固定式両方切り替え対応できるタイプの電動三輪車になっています。

電動三輪車はほかのメーカーからも発売されている

電動三輪車は大手電動自転車メーカー以外からも発売がされています。

特に特徴的なのは介護用品フランスベッドが電動三輪車を発売している点です。

フランスベッドの電動三輪車

フランスベッドはベッドメーカーというイメージが強いですが、介護用品も多数発売しておりその中に電動三輪車も含まれています。

エコモードで走行距離30km程度と短いですが、スイング機能で走らせても最初は2秒は固定されて走れるモードなど筋力が弱い高齢者・シニアの方を考えられた設計をしています。

格安電動三輪車 ミムゴ アシらくチャーリー

ミムゴは自転車メーカーですが、電動三輪車も発売しています。

ミムゴのアシらくチャーリーのメリットは価格の安さです。

他の大手電動自転車メーカーの電動三輪車と比較すると5万円前後は価格が安いと思います。

急発進防止機能などの機能もついており安全性を考慮しています。

バッテリーは5.8Ahと小さく走行距離目安は25kmと短いですが価格が安い電動三輪車を探されている方はおすすめです。

電動三輪車の価格を安く購入する方法

せっかく電動三輪車を購入するならば、少しでも安く購入したいと思うものです。

上記のミムゴのアシらくチャーリーも価格の安さが強みですが、ほかにも価格を抑えて電動三輪車を手に入れる方法を紹介します。

レンタルで電動三輪車を試してみる

電動三輪車を購入するのではなく、レンタルするというのも方法の一つです。

高い電動三輪車をいつまで利用されるかわからないという方も多いと思うので、レンタルで様子をみたうえで必要であれば追加購入するのもよいでしょう。

中古で電動三輪車を購入する

中古で電動三輪車を購入する方法です。

中古の電動三輪車は人気なので、市場に出回るとすぐ売れてしまうのが現状です。

楽天市場などの通販サイトでも中古品販売はされており、また最近ではメルカリなどでも中古電動三輪車が販売されています。

注意点としては、店舗からではなく個人から直接購入される場合、メンテナンス状況がどのようになっているのかをしっかりと確認したうえで購入するようにしましょう。

楽天市場など通販で電動三輪車を購入する

新品でかつレンタルではなく購入をしたいという方は通販で購入するとやや安く電動三輪車を購入することができると思います。

自転車店などではほとんど電動三輪車は発売されておらず、取り扱い自体はできるため取り寄せとなることが多いです。

その場合、価格は定価に近い価格での販売が多く高くなってしまいます。

しかし少しでも価格を安く抑えたいのであれば通販サイトから直接購入されるのがおすすめです。

特に店頭受取ができる自転車店での購入がおすすめで店舗で受取を行いその場で乗られるシニアの方にあわせて最適化してもらうことができます。

電動三輪車は自転車とは全く違う乗り物のため、公道に出る前にしっかりと練習ができるような環境のもと購入するようにしましょう。

「電動三輪車のメーカー別機能の紹介 シニアも安心な電動三輪自転車とは」のまとめ

電動三輪車は電動三輪自転車、大人用三輪車ともよばれ電動自転車メーカー各社が発売しています。

固定式とスイング式がありパナソニックはビビライフ、ヤマハはパスワゴン、ブリヂストンはフロンティアラクットワゴンとアシスタワゴンを発売しています。

他にもフランスベッドやミムゴなど各メーカーから発売されています。

安く購入するには中古の電動三輪車や通販サイトでも購入ができるため、ぜひ検討してみてください。

-自転車おすすめ店舗, 自転車の種類, その他の自転車の車種
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.