フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介

更新日:

フル電動自転車という電動自転車をご存じでしょうか。

実店舗の自転車販売店ではなかなか販売されていない自転車ですが、モペットタイプとも呼ばれる原付バイクに近い自転車です。

私有地や工場など様々な場所で活躍するフル電動自転車について詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


フル電動自転車とはなにか

フル電動自転車とは見た目は電動自転車ですが、機能としてアクセルがついており、ペダルをこがなくても進むことができる電動自転車です。

以下のような電動自転車です。

フル電動自転車と呼ばれるほか現在ではモペットとも呼ばれ昭和の前半ではバタバタ、自転車バイクなどとも呼ばれていました。

日本の道路交通法では、公道を走ることができない規格になっており、そのまま公道を乗ると整備不良の原付バイクとして認定されてしまいます。

世界的に一部の国では公道で走ることができますが、日本では走ることができません。

フル充電電動自転車電動自転車
種類原動機付自転車電動自転車
動き出しペダルをこがなくても進むペダルをこがないと進まない
アシスト上限上限に制約がない24km/hがアシストの上限
ほかの呼び方モペッド・バタバタ電動アシスト自転車
備考原付としてはナンバープレート、ウインカーなどがなく整備不良で公道で走れない

特徴としては、原付バイクと同じようにペダルをこがなくても進むことができる点です。

一方で、アシストモードに切り替えを行うことで電動自転車と同じようにアシスト制御されながらペダルをこぐことができます。

電動自転車の機能を備わっていてもペダルをこがなくても進むことができる機能を搭載している時点で原付バイクと同じカテゴリに区切られるため道路交通法上公道で走ることができません。

フル電動自転車はどこで乗れるのか

悲しみ怒り

ではフル電動自転車は日本では乗れないのかというと乗ることができる場所があります。

具体的には公道以外です。

私有地であれば乗ることに全く問題はありません。

私有地であれば原付バイクの免許も必要なく乗ることができます。

そのため、用途としては、原付バイクでは危険で大げさだが、電動自転車では物足りないというような大規模な工場や建設現場などでよく利用されます。

また、私有地であれば問題ないため、大きな公園やゴルフ場などでも一部利用されているようです。

アイデア次第では様々な場所で利用できる用途がありそうです。

公道で走ることができるおすすめの自転車は「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

フル電動自転車を公道で乗るためには何が必要

自転車 組み立て前

一般的には公道では乗ることができませんが、どうしても公道で乗るためにはどうしたらよいでしょうか。

まず、カテゴリとしては電動自転車ではなく、原動機付自転車(俗にいう原付バイク)になります。

そのため、フル電動自転車には法律上原付バイクについていなければならない機能が必要になります。

具体的には、以下などが必要になります。

  • ウインカー
  • バックミラー
  • ホーン
  • ブレーキランプ
  • スピードメーター
  • ヘッドライト(夜間を走る場合は必要)

これは代表的な例であり、泥除けや反射板など細かいルールが定められています。

また、上記をフル電動自転車に正しく取り付けたうえで、ナンバープレートの取得、自賠責保険の加入をし、自転車とは異なりヘルメットをかぶったうえで初めて、運転免許を保有しており公道で乗れます。

フル電動自転車を改造(?)し、原付バイクに仕上げるのは現実的ではないので、公道で乗るのは避けなければなりません。

公道で乗れる公道走行OK!革新的な折りたたみEVスクーター【COSWHEEL EV SCOOTER】という商品もあるのでチェックしてみてください。

フル電動自転車を公道で乗った場合逮捕されるのか。バレないのか

フル電動自転車を公道で乗るのは、「バレる・バレない」、「捕まる・捕まらない」ではなく、違法であり危険なので乗らないようにしましょう。

読売新聞によると大阪府警では2年半で615件取り締まりを受けているようです。

中には逮捕され書類送検される例まで出ています。

書類送検されるということは、実際にフル電動自転車がばれて捕まっている例があるということです。

そのままでは自賠責保険に入ることもできないため、万が一事故を起こした場合、多額の賠償請求をそのまま受けることが避けられません。

また、自賠責保険に未加入のまま公道を走ると事故を起こしていなくても即座に1年以下の懲役または50万円以下の罰金、かつ免許停止処分になります。

いずれにしろフル電動自転車を公道で走ることは非常にリスクが高いため、「バレる・バレない」、「捕まる・捕まらない」「逮捕される・されない」ではなく、乗らないようにしましょう。

公道で走れる商品もある

フル電動自転車は公道では走れませんが、公道で走れるようにするために開発された商品もあります。

フル電動自転車を違法状態でバレないかとおびえながら乗るのは危ないですが、【COSWHEEL EV SCOOTER】という公道走行OK!です。

革新的な折りたたみEVスクーター です。

キックボード型ですが、販売されている状態でナンバープレートを設置でき公道で問題なく走行できる仕様になっています。

デザインがおしゃれなのにも関わらず、ウインカーやブレーキなど必要な機能が備わっており安心して乗ることができます。

【COSWHEEL EV SCOOTER】

フル電動自転車の選ぶポイント

ルールを守って私有地で乗る分にはフル電動自転車は非常に優れた使い勝手のよい乗り物だと思います。

インターネット通販を中心に販売がされていますが、機能の違いや品質の違いなどがイマイチわかりにくいです。

フル電動自転車を選ぶときには以下などを参考にして選ぶようにしましょう。

バッテリー容量はどのくらいか

フル電動自転車だけではなく、電動自転車を購入するときにまず選定するポイントとしてはバッテリー容量です。

電動自転車はバッテリーが非常に高価であり、大手電動自転車メーカーの16Ahでは4万円以上します。

そのため、バッテリー容量を確認し容量と価格帯があっているかを確認しましょう。

また、バッテリー容量により一度の充電で走行できる走行距離が異なってきます。

走行距離目安はあくまで目安であり充電を繰り返すことでリチウムイオンバッテリーは劣化していくので注意が必要です。

また、一部バッテリーでは鉛バッテリーを採用しているフル電動自転車もあるようです。

フル電動自転車は広い敷地で利用されることが多いと思うのでバッテリー容量が足りているかのチェックは必ず必要です。

最大のスピード(時速)はどのくらい出るか

フル電動自転車の魅力として原付バイクのようにペダルをこがなくても進むことができることだと思います。

最高時速がどの程度出るのかを確認しておきましょう。

特に注意が必要なのは、タイヤインチサイズが14インチや16インチと小さいサイズでスピードがでる場合、スピードを出した時コントロールが難しくなるなど危険性もあるので注意しましょう。

保証はどのようになっているか

フル電動自転車は日本国内では公道で走ることができないため、比較的保証が厚い国内メーカーではほとんど生産がされていません。

海外からの輸入品が多く、日本での保障制度がどのようになっているのかを購入前に確認しましょう。

特に価格勝負の格安フル電動自転車の場合、品質にあたりはずれがあるかもしれません。

買って走り出したらすぐ壊れ修理ができないなどと泣き寝入りとならないように注意が必要です。

おすすめのフル電動自転車

全体としてのおすすめとしてはスピードを出して乗るのであればタイヤインチサイズが大きいものがおすすめです。

タイヤサイズが小さいとスピードを出した時に安定性に欠けます。

人気なフル電動自転車の傾向としては、折りたたみ自転車型のフル電動自転車です。

私有地で走ることが前提なので、車に乗せて私有地で乗るのであれば小型のもの、工場など固定した場所であればタイヤが20インチ以上の大き目のものを選ぶなどしっかりと特徴を活かすことが重要です。

小型でパワーがあるフル電動自転車

小型なのにパワーがあるフル電動自転車です。

デザイン性も高いのですが、特徴としては、48Vと高い電圧で走ることができるアシスト機能です。

一般的な電動自転車は24Vのため、倍の電圧で高いパワーがでるということになります。

時速30km以上出る仕様になっています。

バッテリーは8Ahと小さくボルト数が高いので一度で走行できる目安距離が35kmと短めです。

14インチとタイヤが小さいのでスピードを出しすぎるとコントロールが難しそうですが、おすすめのフル電動自転車です。

マウンテンバイク型フル電動自転車

マウンテンバイク型の26インチのフル電動自転車です。

私有地の山などオフロードで力を発揮しそうです。

油圧式ディスクブレーキや21段変速ギアなど自転車としても楽しめる仕様になっています。

マウンテンバイク型にも関わらず折りたたみ機能がついているので、車に乗せて遠出で乗るという楽しみ方が出来るフル電動自転車でしょう。

フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介のまとめ

フル電動自転車とは自動走行ができるアクセルがついている電動自転車です。

モペットとも呼ばれ電動自転車ですが、法律としては原付バイクにカテゴライズされます。

しかしながら日本の公道では走ることができないため私有地で楽しむ電動自転車です。

公道で走るためには原付バイクに必要なウインカーやブレーキランプなどを付け加えることが必要で現実的ではありません。

そのままフル電動自転車で公道を走ると違反でバレて捕まっている例もあります。

「バレる・バレない」、「捕まる・捕まらない」などではなく公道で乗るのはやめましょう。

フル電動自転車を選ぶときにはバッテリー容量や保証、最大時速などを気にして購入しましょう。

これらを気を付けてフル電動自転車ライフを楽しんでみてください!

-自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, その他の自転車の車種, その他の自転車の知識
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.