自転車用倉庫の選び方 おしゃれなDIY倉庫や種類別のメリットを解説

更新日:

自転車を自宅で保管するときに屋根付きの倉庫があれば雨風から防ぐことができ便利だと考えたことありますでしょうか。

自転車用の倉庫はサイクルガレージとも呼ばれ、既製品や最近ではDIY、手作りで作られる方も多いです。

今回は自転車用の倉庫について購入を検討されている方向けに詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


自転車用倉庫とはどのようなものか

自転車用倉庫の設置することでどのようなメリットがあるのかイマイチわからないという方も多いと思います。

自転車を収納できる倉庫を設置することで自転車を様々な外敵から守ることができ自転車自体の安全性を高めることができると思います。

具体的なメリットとしては、以下などがあります。

雨風台風、紫外線などの天候から自転車を守る

自転車用の倉庫に収納することで雨風、台風などの猛烈な天候時から自転車を守ることができます。

野外に保管すると雨風にあたり錆の原因になり自転車の劣化を早めます。

そのため、屋根付きの倉庫に保管することで自転車を錆などから守ることができます。

また、天候が悪い時だけではなく、天気の日でも自転車倉庫で保管するメリットあります。

具体的には紫外線から自転車を守ることができます。

紫外線はゴムでできているパーツを化学反応を起こして劣化させやすくします。

そのため、日差しの強い野外で自転車を保管しておくとゴムに亀裂を発生させたり、粘着性が高くなったりします。

自転車の盗難防止につながる

自転車を倉庫で保管することのもう一つの大きなメリットは自転車盗難を予防できるということです。

自転車用倉庫はカギがかけられるタイプの倉庫が多いです。

倉庫で保管しておくことでそもそも自転車が保管されていることが窃盗者から確認ができないため、予防される他、盗難までのプロセスが増えるので予防につながります。

また、近年多い窃盗方法として野外で保管される自転車を窃盗者が事前に写真などで撮影し、メルカリなどのサイトを通じて売れたら初めて盗み出すという方法です。

自転車倉庫に保管しておけばこのような被害からも自転車を守ることができます。

どこで自転車用倉庫は購入できるか

ホームセンター

自転車用倉庫はホームセンターで購入できるほかインターネット通販でも購入可能です。

ホームセンターであれば、カインズコーナンDCMコメリなどほとんどのホームセンターで販売されています。

インターネット通販でも楽天、amazonなどECモールで数多く販売されているので購入方法に迷うことは少ないと思います。

ただし注意が必要なのは、インターネット通販の場合、自転車用倉庫は大きい商品のため送料が非常に高くなる場合があります。

そのため、購入前に送料がいくらになるかしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

自転車用倉庫の種類

自転車用倉庫は大きく分けると2種類に分類されます。

機能性の違いを知ることで購入前にどちらのタイプを購入すればよいのか判断がつくと思います。

物置タイプの自転車倉庫

一見物置のような見た目の自転車用倉庫です。

スチールやアルミでできているものが多く、床下があるものがほとんどです。

開閉ドアがついており鍵がかけられるため自転車盗難などの危険性から守ってくれます。

また、全体が重いため台風など雨風が強い時にも耐久性高く、仮に外から固いものが飛んできたとしても倉庫の壁が自転車を守ってくれるのが大きなメリットです。

しかし、デメリットとしては、組み立て式の自転車倉庫を購入した場合、組み立てに時間がかかること、アルミやスチールでできているため配送時、組み立て時などは重く苦労するかもしれません。

また、丈夫な分価格は相対的に高い商品が多いです。

テントタイプの自転車倉庫

テントタイプの自転車用倉庫も人気があります。

骨組みはアルミなどでできており、布状のカバーを骨組みに沿って設置する倉庫です。

テントと同じ用に組み立てられるタイプが多く組み立てが簡単なのがメリットだといえます。

また、組み立てが簡単な理由として、カバー部分は布のため、軽いので組み立て安いです。

価格も比較的安く使い勝手が良いです。

一方で、カバー部分は布のため、耐久性は高くなく、商品によっては耐久年数が半年とうたっている商品もあります。

選ぶ場合は耐久年数が高いテントタイプの自転車用倉庫を選ぶようにしましょう。

物置タイプとテントタイプどちらを選べばよいか

上記で自転車用倉庫には物置タイプとテントタイプの2種類あるとまとめましたがどちらを選べばよいか迷いますよね。 2種類を比較すると以下のようになります 。

テントタイプ物置タイプ
価格安価高価
倉庫の耐久性短い長い
軽さ軽い重い
外からの衝撃弱い強い
組立容易手間

ポイントとしては、価格と耐久年数から選ぶのがよいと思います。

物置タイプの自転車倉庫は組立に関しては最初が大変ですが、組み立ててしまえばあとは長く利用することができます。

その持ち家で今後も長く自転車を利用するということであれば物置タイプの自転車倉庫を利用するのがおすすめです。

一方、お子さんが学生などで自転車通学をしており、数年間自転車倉庫が欲しいということであればテント式の自転車倉庫がよいかもしれません。

家庭環境や自転車を保管する目的などに応じて柔軟に選ぶようにしましょう。

DIYで自転車用倉庫を手作りする

自転車用倉庫は既製品の物置タイプの倉庫やテントタイプの倉庫であっても多くが組み立てが必要でDIYの感じが強い商品です。

しかしながら、よりつわものでDIYを趣味としているような方であれば自転車用倉庫を一から手作りするというのも方法だと思います。

DIYで自転車用倉庫を作成する方法はYouTubeなどでいくつか動画がアップされているので参考にされるのがよいかと思います。

DIYの魅力はおしゃれで自分好みの自転車用倉庫を製作できるのが魅力的ですね。

自転車用倉庫の有名ブランドは

自転車用倉庫はノンブランドの商品が多いですが、一部ブランドでは高額でおしゃれな品質の高い自転車用倉庫もあります。

代表的な商品はガーデナップという企業が発売しているTM3やTM6と呼ばれている倉庫です。

TM3は1台用の自転車用倉庫で、TM6は2台を縦に収納できる自転車用倉庫です。

ロードバイクやクロスバイクなどスポーツ自転車を趣味にしているような方で倉庫で管理したいという方にはおすすめのブランドです。

がっちりと重厚感があり1台用のTM3でも77kg、TM6では159kgと非常に重量があり耐久性が高い本格的な自転車倉庫です。

自転車を保管するほかの方法は

自転車を保管する方法は倉庫以外にもあります。

以下などの方法も自転車を保管する方法なので、敷地の問題などで自転車倉庫が置けない場合、検討してみてはいかがでしょうか?

ほとんどの商品がインターネット通販で購入でき簡易的に利用できる商品ばかりです。

自転車を雨から守るサイクルポート

自転車用の倉庫が大げさだが、雨風から自転車を守りたいということであればサイクルポートと呼ばれる自転車に屋根を設置し保管するという方法があります。

倉庫ほど本格的な保管方法ではないものの、屋根があるだけでも雨から自転車を守ることができます。

テント式倉庫と比較すると屋根部分のみで簡易的なつくりとなっているので、持ち運びもでき小回りが利くのも特徴的です。

自転車の整理整頓と風から守る野外自転車スタンド

野外管理で、雨風に吹かれること自体は問題ないがきっちりと決められた場所に止めたいという方には自転車スタンドがおすすめです。

前輪タイヤを固定するとでしっかりと自転車を止めることができます。

シティサイクルなど1本足スタンドの場合、強い風が吹くと倒れやすく自転車が傷つく可能性があります。

自転車スタンドがあればご自宅でも自転車が倒れにくくなり決められた場所に自転車を保管するので整頓されます。

自転車を盗難から守る室内自転車ラック

外に自転車を保管しておく場所がないという方には室内用自転車ラックがおすすめです。

ディスプレイスタンドとも呼ばれ、高価な自転車や室内で保管したいという方に人気です。

ロードバイクなどであれば室内に保管しかざっておくだけでもおしゃれでインテリアとしても利用することができます。

横にひっかけるタイプのスタンドや自転車を縦に立てかけるタイプなど様々な方法があるので、部屋の状況や台数に応じて最適なものを選ぶとよいでしょう。

自転車をお手軽に守るサイクルカバー

アパートやマンションなどで独自で自転車用倉庫を設置することができないが雨風から自転車を守りたいという方にはサイクルカバーがおすすめです。

自転車にカバーを覆いかぶせることで雨風から守ることができます。

また、外見から自転車の種類を判断することもできなくなるので、電動自転車など高額な自転車の盗難確率を下げることもできます。

価格も安価なものが多いのでお手軽に保管したいという方にも人気です。

自転車カバーについては「人気の自転車カバーを紹介 選び方の特徴やポイントを詳しく解説」に詳しく解説しているので合わせて読んでみてください。

自転車用倉庫の選び方 おしゃれなDIY倉庫や種類別のメリットを解説のまとめ

自転車の保管用倉庫を選ぶのにどのような倉庫を選べばいいのか迷いますよね。

自転車用倉庫は大きく分けると2種類ありテントタイプの倉庫と物置タイプの倉庫があります。

ホームセンターで両方とも購入することができおしゃれなデザインのTM3などもおすすめです。

最近では手作りでDIYで自転車用倉庫を自作するかたも増えてきています。

自転車用倉庫でなくてもサイクルポートや自転車スタンド、自転車ラック、サイクルカバーを利用すれば自転車倉庫の代わりになるのでそれらも代替案としておすすめです。

-自転車の知識, 自転車のパーツ
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.