自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法

更新日:

ママチャリなどの自転車をメルカリやラクマで売却した時に配送方法がわからず困ったり、配送料金が高くてびっくりした経験ありますでしょうか。

自転車が大きな荷物のため配送料が非常に高く安く配送するためにはテクニックが必要です。

今回は自転車を安く配送できる方法について詳しく解説しています。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


ママチャリなどの自転車をそのまま配送すると1万円以上かかる

自転車の配送料は非常に高く同じ都道府県内で配送とした場合でも工夫をしないと1万円以上かかります。

また、ママチャリなどの自転車は一般的な多くの配送会社では受け付けてくれません。

自転車の配送料の価格が高く一般的な多くの配送会社では受け付けてくれないのは、配送物としてのものが大きいためです。

ヤマト運輸で自転車を配送した場合の送料

ヤマト運輸の場合、自転車をそのまま配送する場合、「ヤマトホームコンビニエンス」という別会社の「らくらく家財宅急便」というサービスを利用します。

らくらく家財宅急便を利用し26インチのママチャリを東京都から発送し、同じ東京都内に配送する場合、16,555円かかります。

子供用の22インチママチャリの場合でも10,945円かかり自転車の配送は非常に高額なのがわかります。

佐川急便で自転車を配送した場合の送料

佐川急便で自転車を配送する場合、「関東発 大型家具・家電設置輸送」というサービスがあります。

関東から同じ関東へ配送した場合、13,750円かかります。

一般的なママチャリの場合、サイズは350というサイズが適用されます。

ヤマト運輸より佐川急便のほうがやや安いですが、1万円以上するにはわかりなく非常に高額です。

上記自転車の場合、高さが1050mm、幅が560mm、長さが1740mmあります。

そのため、合計3350mmとなり350サイズとなります。

西濃運輸で自転車を配送した場合の送料

西濃運輸では個人向けで「カンガルー自転車イベント便・自転車輸送便」というサービスがあります。

しかしながらこのカンガルー自転車イベント便・自転車輸送便はクロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを前提としており、ママチャリや電動自転車などはサービス対象外となっています。

また配送は輸送ボックスに自転車を入れ、前輪を取り外す程度の70%組み立て状態の大きさにしてから配送するのが条件になります。

そのため、実質メルカリやラクマといった個人間取引でママチャリを西濃運輸で配送するのは難しいです。

ただし、法人配送の場合、ほかの配送業者と同じく金額は高いですが配送は可能となっています。

また自転車を70%組み立ての状態で段ボールに梱包するなど小さくしているため配送料は関東から関東への配送で5,960円となっています。

自転車の配送料金を安くするには

上記で解説した通りヤマト運輸、佐川運輸、西濃運輸ともにママチャリのような自転車を配送する場合、どの業者でも1万円以上の費用が掛かることはご理解いただけたいとは思います。

その中で少しでも安く自転車を配送するという方法を模索している場合、以下方法だと安くなると思いますので、検討してみてください。

ピックゴーなどの配送マッチング会社を利用し自転車を配送すると送料が安い

自転車のような大きな荷物を1か所で集荷し、1か所に運ぶ場合、配送ドライバーと荷物を依頼したい方をマッチングするピックゴーなどのサイトを利用すると金額が安くなります。

マッチングサイトの代表格でもあるピックゴーでは軽自動車のバンなどを利用し配送業をしている個人や法人の方を簡単に見つけ依頼することができます。

公式ホームページ上では自転車の場合3台まで同時に配送が可能となっています。

しかしながら経験上ママチャリでも軽バンの車種によっては5~6台積み込むことも可能です。

チャーター便では3,000円から依頼することが可能で金額が高くなる場合、直接ドライバーと金額交渉ができるのも特徴となっています。

東京都内から東京都内へ1台だけ配送する場合、3,000円~5,000円程度で配送ができるのがメリットです。

追跡番号がないのがメルカリやラクマなどを利用して発送するときのデメリットと受取側が必ずいる必要があるという調整が必要ですが、価格は安くなります。

また、受取側に玄関などに自転車を置いておくという了承を事前に調整しておきオキハイ方式で配送してもらうことも可能なのでメルカリやラクマで自転車を売却した場合でも利用できます。

また、デメリットとしては、長距離の自転車の輸送に関しては、距離に応じて追加料金がかかるため、料金が高額になってしまうことがあります。

レンタカーを借りて自分で自転車を配送すると送料が安い

自転車の配送料金を安くする場合、自分で自転車を配送するという方法があります。

自家用車を保有していなくてもニコニコレンタカーなどのレンタカーでは格安で配送用の車をレンタルすることができます。

例えば軽自動車の商用バンの場合、6時間レンタルし4,070円、12時間レンタルでも4,840円です。

ピックゴーで長距離の依頼をする場合価格が上がってしまうためレンタカーを借りたほうが安くなる場合があります。

費用としてはプラスガソリン代がかかりますが、時間がある場合レンタカーを利用して自転車を配送するのも方法の一つだと思います。

自転車を分解して配送すると送料が安い

自転車組み立て

自転車を分解することで配送コストを抑えることができます。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクでは一般的ですが、組み立て済み自転車の前輪やハンドルを取り外し専用ボックスに梱包し配送する方法です。

上記もしていますが、西濃運輸の場合、5,960円で配送が可能です。

また、ほかの配送業者でも小さく分解し梱包することで縦横高さの3辺が小さくなり配送コストは下がります。

メルカリやラクマで販売した場合、配送先の購入者の方に組み立てをしてもらうという作業が発生しますが、それだけ乗り越えれば価格を安く配送できます。

そもそも自転車を配送しないと送料がかからない

メルカリやラクマで多い方法としては、自転車を配送せず取りに来てもらう方のみに販売する方法です。

これであれば配送料金は全くかからず配送可能です。

デメリットとしては、自宅などに自転車を取りに来てもらう手間を購入者が受け入れてくれるかという点です。

自転車を配送するにあたり必要なこと

自転車を配送する場合、事前に手続きや梱包などが必要になります。

以下点に注意してから自転車を配送しましょう。

梱包なしでそのままでは配送会社は自転車を受け取ってくれない

自転車は梱包がない状態では配送業者は受け取ってくれません。

ある程度分解すれば自転車を入れる大きさの段ボールもありますが、ママチャリなどをそのまま配送する場合、すっぽりと入る段ボールはオーダーメイドでない限り販売されていないです。

ただし自転車はある程度梱包されていれば段ボールに入っていなくても配送は問題なく行ってくれます。

梱包はどの程度必要かというとタイヤを除くほとんどの部分を段ボールやプチプチなどの緩衝材で覆いかぶせておく必要があります。

多少の梱包漏れはほとんどの業者で受け取ってくれますが、メイン所はしっかりと梱包しておくことが必要です。

配送業者は「傷がついてもよいので配送してほしい」という要望はトラブルの元なので受け取ってくれません。

また自転車が梱包されていないとその自転車が傷つくだけではなく、一緒に配送しているほかの商品の傷の原因になるためしっかりと梱包は行いましょう。

梱包の方法がわからない場合、以下のチャレンジ21では自転車の商品ページ内に配送段階の梱包状態の写真を公開しています。

参考にしてみてください。

自転車通販チャレンジ21

メルカリやラクマで売却する場合、自転車の防犯登録を抹消する

自転車の配送料金が高いと悩んでいる方の多くはメルカリやラクマなどのサイトで自転車を配送しようとした場合が多いと思います。

配送に必要な送料についてや送料を安くする方法は上記で解説しましたが、もう1点個人間取引で事前に気にしておく必要がある事項があります。

それは自転車の防犯登録を抹消しておくということです。

自転車の所有者が新しくなった場合、防犯登録をし直す必要がありますが、前所有者が防犯登録の抹消(削除)をしていないと新しく防犯登録ができません。

防犯登録の抹消は自転車屋であればどこでもできます。

自転車を配送する前にぜひ確認しておきましょう。

インターネット通販の自転車の配送について

自転車の配送料は安くても1万円以上かかり、より安くするためにはピックゴーなどで依頼をするという方法がおすすめと解説しました。

最近では自転車は楽天やamazonなどのインターネット通販でも発売しており企業でも自転車の配送を行っています。

しかしながら、サイクルベースあさひやイオンバイクなどでは配送料金は1万円以上しており実態に沿っています。

そのため、サイクルベースあさひやイオンバイクのような大手自転車店では自転車を店舗で受け取った場合送料無料という工夫で送料問題を乗り越えています。

インターネット通販の自転車の配送料については「ネット通販の自転車の送料について」にも詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法のまとめ

自転車の配送が必要な場合送料の高さにびっくりすると思います。

メルカリやラクマなどで個人で販売し配送が必要なこともあると思います。

その場合の送料を安くする方法は以下などです。

  • ピックゴーなどの配送マッチング会社を利用し自転車を配送する
  • レンタカーを借りて自分で自転車を配送する
  • 自転車を分解して配送する
  • そもそも自転車を配送しない

これら方法を利用しないとヤマト運輸や佐川急便、西濃運輸に依頼をすると組み立て済みママチャリの場合1万円以上の配送費用がかかります。

また、メルカリやラクマなどで自転車を配送する場合、梱包に注意し、また事前に防犯登録の抹消を起こっておくようにしましょう。

これら点に注意し、少しでも安く自転車の配送ができるようになればうれしいです!

-自転車の知識, その他の自転車の知識
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.