電動自転車は運転免許不要で運転できる自転車

更新日:

電動自転車は自動車やバイクの免許がなくても運転できる自転車です。

「電動」とついているだけに初めて電動自転車を購入検討しようとしているかたは心配になるかもしれません。

一般的な電動自転車は免許が不要なので安心してください。

今回は、電動自転車が免許不要の仕組みや一部公道で走るために免許が必要な「フル電動自転車」というものを解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


電動自転車は免許不要で自動車免許返納後の高齢者にも人気

電動自転車

電動自転車は免許不要で乗ることができる自転車です。

電動自転車は電動アシスト自転車とも呼ばれ近年出荷台数が増えている数少ない自転車の種類です。

電動自転車は運転免許が必要ないため、免許を返納した高齢者にも人気です。

ペダルをこぐ力をアシストしてくれるので、筋力が落ちた高齢者にピッタリです。

自転車はシニアの方に危ないと考える方には電動三輪自転車というものもあります。

こちらも免許は不要で乗ることができ、自転車はタイヤが2つですが、タイヤが3つのタイプです。

子供の乗る三輪車とは異なり、安定性やスイング機能など様々な工夫がされておりシニアの方でも免許なしで安心して乗ることができる仕組みです。

自動車運転免許証を返納してしまうと外出しなくなってしまう高齢者は多いので免許証不要で乗れる電動自転車や電動三輪車は非常に重宝します。

三輪電動自転車については「電動三輪車のメーカー別機能の紹介 シニアも安心な電動三輪自転車とは」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

運転免許が必要なのは電動自転車ではなく、原付(原動機付自転車)

運転免許が必要な自転車は実は日本に存在しています。

それは、原動機付自転車です。

通称「原付」とも呼ばれ、原付機自動車免許以上の免許が必要になります。

原付機自動車免許(原付免許)は自動車教習所で比較的簡単にとることができるのが特徴です。

原付と電動自転車は別物で原付は免許が必要で、電動自転車は免許が不要と覚えておきましょう。

なお、原付は正式な呼び方は「原付機自動車」ですが、電動自転車の正式な呼び方は「駆動補助機付自転車」と呼びます。

電動自転車はなぜ免許不要で乗ることができるのか

電動自転車は免許が不要ですが、なぜ電動なのに免許が不要なのか疑問に思っている方も多いかもしれません。

結論としては、電動で行ってくれることはアシストなので、自動で走る自転車ではないためです。

電動自転車は自動で走ってくれる自転車ではなく、あくまでペダルをこぐ力をアシストしてくれる自転車という定義になっています。

そのため、電動自転車は電動アシスト自転車とも呼ばれています。

また、アシスト力にも限界があり道路交通法でも時速24km以上はアシストしてはいけないというルールがあり、24km以上スピードを出す場合は電動アシスト機能が働きません。

免許がなくても電動自転車に乗れるというのはしっかりとした機能制限があるためだともいえます。

なお、1993年に日本で初めてヤマハが免許が不要な電動自転車を製品化し発売しました。

免許が必要な電動自転車もある!?フル電動自転車について

上記で電動自転車は免許不要と記載していますが、実は免許が必要な電動自転車というものもあります。

それはフル電動自転車と呼ばれているものです。

フル電動自転車はほかにも「ペダル付電動自転車」「モペット」「アクセル付き電動自転車」などとも呼ばれています。

このようなフル電動自転車はインターネット通販を中心に発売がされています。

アクセル機能がついているものや24kmを超えてもアシストしてくれる機能など自転車の機能だけではなく、原付に近い機能を搭載しています。

このフル電動自転車はきちんと整備されていれば理論上は原付免許で運転することができます。

しかしながら、きちんと整備するのが難しい自転車とも言えます。

具体的には見た目は電動自転車でも原付バイクの分類になってしまいウインカーやミラーブレーキランプなど様々な条件がそろっている必要があります。

また、自賠責保険やナンバープレートの交付なども必要になり電動自転車とは別物ということがわかります。

インターネット通販で販売されているフル電動自転車を免許があれば乗れるように改造することは非常に難しく現実的ではありません。

そのため、免許有無の前にフル電動自転車は公道で乗ることができません。

電動自転車のように乗って、免許を持っていても整備不良になってしまいます。

詳しくは「フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介」に掲載しているのであわせて読んでみてください。

また、警視庁のホームページにも詳しく掲載しています。

一方、ナンバープレートを取得し公道を走ることができる【COSWHEEL EV SCOOTER】という商品もあるのでチェックしてみてください。

電動自転車は免許は不要でも自転車保険は加入したほうがよい

電動自転車は免許こそ必要ありませんが、運転する乗り物ということには変わりありません。

そのため、電動自転車に乗るときには自転車保険に必ず加入するようにしましょう。

被害者だけではなく加害者になる確率もあり自動車保険と同じように自転車保険も必要です。

コンビニインターネットで自転車保険は加入できるほか、すでにクレジットカードやすでに加入している保険に付帯として自転車保険がついている可能性もあります。

判断がつかないときには何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】などのサービスで保険について見直しや確認をおこなうことがおすすめです。

特に何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】であれあば面談後のアンケートに答えるとプレゼントがもらえるサービスまであります。

電動自転車は免許こそ必要ありませんが自転車保険はかならず加入しましょう。

なお、自転車保険全体について学びたい場合「自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ」を読んでみてください。

電動自転車は運転免許不要で運転できる自転車 のまとめ

電動自転車は運転免許書なしで運転できる自転車です。

そのため、シニアの方が自動車免許返納後に電動自転車を購入されるかたも多いです。

最近では安全性の高い電動三輪自転車も発売されています。

免許が必要な自転車は電動自転車ではなく原動機付自転車、通称原付バイクです。

原付は原付機自動車免許以上の免許が必要になってきます。

電動自転車は原付とは異なり、勝手に走り出したり、時速24km以上などでアシストされないなど原付とはルール・仕組みが異なるため免許が不要です。

一部フル電動自転車というタイプの電動自転車は分類上原付に分類されており、そのままではウインカーなど整備がされていないため公道で乗ることができず免許があっても公道で運転ができないので、注意しましょう。

-自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, その他の自転車の知識
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.