サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説

更新日:

サイクルベースあさひで自転車を購入しようと思っている方は多いと思います。

サイクルベースあさひは日本で最も大きい自転車小売店です。

今回はサイクルベースあさひについて詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


目次

サイクルベースあさひは日本一の自転車小売店

サイクルベースあさひは正式には株式会社あさひという企業名です。

大阪市都島区に本社があり、自転車の販売や修理などを中心に展開している企業になります。

規模は大きく従業員数は1500名以上おり、日本で一番大きな自転車屋さんです。

主力は路面店での店舗販売の自転車屋

サイクルベースあさひはさまざまな場所に自転車屋として店舗をかまえており日本で500店舗にせまる勢いで店舗数を増やしています。

これは日本の自転車屋では圧倒的で大手自転車店のイオン系列でもあるイオンバイクで200店舗程度なのでサイクルベースあさひの店舗数の多さがわかると思います。

サイクルベースあさひの店舗は沖縄県を除く全国に店舗出店をしており、特に関東圏に多く、一番店舗数が多いのが東京都、続いて大阪府と都市圏に出店が多いことがわかります。

ただし、ママチャリから電動自転車、クロスバイクなどのスポーツ車などを総合的に取り扱う総合自転車店のため、店舗面積が必要なため、郊外型のロードサイド店が多いのが特徴的です。

駅前にある街の自転車屋さんとはまた異なった出店形式をとっています。

サイクルベースあさひのオンライン通販も人気

サイクルベースあさひでは1997年からオンライン通販を実施しています。

2021年現在では、楽天市場、Yahoo!ショッピング、公式サイトの3サイトで自転車を販売しています。

サイクルベースあさひのオンライン通販の特徴としては、自転車をオンライン通販で購入し、自宅などに配送するのではなくサイクルベースあさひの店舗で受取を行う「店舗受取」という方法を積極採用している点です。

店舗受取は購入者もサイクルベースあさひにとってもうれしい点がいくつもあります。

購入者にとっては、自宅までの配送料がかからず、送料無料で自転車を購入することができます。

また、サイクルベースあさひの店舗で自転車を受け取ることができるため、その場で点検メンテナンスを行ってもらうことができ確実な自転車を受け取ることができます。

サイクルベースあさひの店舗にとっても、受取段階で購入者とコミュニケーションが取れるので追加で必要な自転車パーツやアクセサリをすすめることができ双方にとってのメリットがオンライン通販にはあります。

なお、サイクルベースあさひの通販については「サイクルベースあさひのネット通販は自転車買うなら検討すべき!おすすめです!」により詳しい情報を掲載しているので読んでみてください。

サイクルベースあさひは総合自転車販売店 取扱自転車について

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひは総合自転車販売店です。

ママチャリや電動自転車はもちろんのこと、クロスバイクやロードバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ車、折りたたみ自転車やミニベロなどの小径車、子供用自転車など広く取り扱いされています。

また、自転車パーツやアクセサリの販売も行っています。

それ以外にも自社オリジナル自転車やコラボレーション自転車など広くさまざまな自転車で売り上げを伸ばしています。

サイクルベースあさひの自転車車種カテゴリ別の売上について

サイクルベースあさひでは自転車パーツアクセサリを除くと最も売れている車種は電動自転車です。

続いて、ママチャリなどの一般車、クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ車、子供車と続きます。

電動自転車は10万円以上する自転車も多いので単価が高く売上構成比が高いことがわかります。

それを除くとやはり日本では最もメジャーなママチャリが最も件数としては売れていることがわかります。

ただし、自転車のカテゴリ売上金額としては差がないので総合的に自転車を販売していることがわかります。

詳しくはサイクルベースあさひのIR情報内に掲載されているので読んでみてください。

サイクルベースあさひのオリジナル自転車の開発販売も行っている

サイクルベースあさひでは一般的な自転車を仕入れて販売するだけではなく、自社で企画したオリジナル自転車が多数あります。

コンセプトが明確で自転車専門店が開発した自転車なのでどの車種もおすすめです。

代表的なサイクルベースあさひのオリジナル自転車ブランドについてまとめています。

クリーム オンライン通販限定の大人気自転車シリーズ

クリームはサイクルベースあさひのおしゃれでシンプルな自転車シリーズです。

オンライン通販でしか購入することができないWeb限定自転車です。

全体的なコンセプトとしては、シンプルでおしゃれな自転車というイメージです。

ミニマリストには最適な自転車だと思います。

機能はほどほどで価格を抑えることでオンライン通販で非常に人気の商品となっています。

現在では楽天ランキングの自転車部門で各カテゴリ上位にランキングされ、売れている自転車です。

クリームは車種は、現在6種類発売されています。

クロスバイクタイプがCS、Crossの2車種、ママチャリタイプがCargoとCityの2種類、ミニベロタイプのMiniが1種類、子供用自転車のKidsが1種類となっています。

この中でCSとCargoはそれぞれクロスバイク、ママチャリタイプと期していますが、CSはクロスバイクとシティサイクルの中間のいいところどり、Cargoはママチャリとミニベロのいいところどりといった自転車専門店ならではのコンセプト設計がされています。

クリームはオンライン通販でしか購入ができず、公式サイト、楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入し、店舗受取ができる自転車になっています。

サイクルベースあさひのクリームについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」で詳しく解説しているのでぜひ読んでみてください。

エナシスコンパクト ミニベロ型のコストパフォーマンスが高い電動自転車

エナシスコンパクトはミニベロ型でスペックは高いながらも価格を抑えた非常にコストパフォーマンスが高い電動自転車です。

サイクルベースあさひオリジナル電動自転車として非常に人気で、若い女性などちょっとした買い物にでかけるのに非常に向いています。

スペックとしては、20インチ、内装3段変速ギアのミニベロ型電動自転車で、バッテリー容量は10.3Ahあります。

特徴としては、10.3Ahですが、ボルト数が36Vと高く一般的なヤマハ、パナソニック、ブリヂストンなどの電動自転車メーカーの25.2Vと比較すると14.7Ah相当のバッテリーになります。

そのため、一度の充電で走行できる距離が長くエコモードだと80km走ることができます。

これだけの長距離を走れ、内装ギア、オートライトの電動自転車で価格は10万円以下で購入が可能です。

また、若い女性などにターゲットをあわせた電動自転車のため、スイッチパネルでスマホの充電ができるなどかゆいところに手が届いている電動自転車だと思います。

重量も22.8kgと電動自転車の中では非常に軽く、女性だけではなく、シニアの方にもおすすめできると思います。

似ている自転車ではヤマハのPASシティCやパナソニックのグリッター、ブリヂストンのイルミオなどが近いと思います。

エナシスコンパクトはお客様の声をよくきいているサイクルベースあさひだからこそできる電動自転車だと思います。

サイクルベースあさひのエナシスシリーズを含めてサイクルベースあさひの電動自転車については「あさひの電動自転車はコスパが高い! エナシスや修理下取り等あさひの電動自転車関連サービスも解説」に詳しい情報を掲載しています。

インチサイズ20インチ
適正身長145cm以上
ライトLEDオートライト
変速ギア内装3段変速ギア
走行距離目安80km(エコモード)

ドライド 男の子向け4種類それぞれ心をくすぐる自転車

ドライドは男の子向けのかっこいい自転車です。

サイクルベースあさひのオリジナル男の子自転車で、20インチから26インチまで車種により発売されています。

男の子のお子さんが初めて自転車に乗る場合から小学校高学年頃に買い替える自転車として幅広い年齢層に対応しています。

ドライドという名前はデザインとライドを掛け合わせた造語でシリーズ名になります。

実際には4車種ありドライドエススリー、ドライドアール、ドライドビート、ドライドダブルエックスがあります。

それぞれコンセプトが異なっており男の子の興味にあわせて選ぶことができるのがうれしいです。

ドライドエススリーは最も汎用的な男の子用自転車で、20インチ、22インチ、24インチ、26インチとライトのタイプが自動で点灯するオートライトかタイヤとこすれて発電するブロックダイナモライトか選ぶことができます。

ブリヂストンのクロスファイヤージュニアという車種に似ており、クロスファイヤージュニアをさらにサイクルベースあさひならではの視点で使いやすくしたイメージです。

ドライドアールはクロスバイクに近いような作りの男の子向けのサイクルベースあさひオリジナル自転車です。

「スピードを求める君に」というコンセプトのもとアルミフレームやスローピングタイプのフレームなど速く走るための工夫がされてます。

インチサイズも20インチ、22インチ、24インチ、26インチの広く取り扱いされています。

なお、自転車の鍵はついていないので、別売りです。

ドライドビートはBMX風の男の子向け自転車です。

BMX風なので、タイヤインチサイズは小さく20インチ、22インチ24インチまでの扱いです。

太めのタイヤやBMXらしいフレーム形状など非常にデザイン性高くできています。

子供車ならではで、BMX風といえど、変速ギア付き、泥除けつきなど普段使いができる子供用自転車に仕上がっています。

ドライドダブルエックスはマウンテンバイク風のサイクルベースあさひのオリジナル子供用自転車です。

24インチ、26インチの2車種で太めのタイヤやワイドペダルスポーティサドルや泥除けなどマウンテンバイクを彷彿させるかっこいいデザインです。

子供用自転車なので、荒れ地、不整地走行は推奨されておらず、安全な舗装路の走行を推奨しています。

オフィスプレス 通勤通学に特化した男性向けおしゃれな自転車と電動自転車

サイクルベースあさひのオリジナル自転車オフィスプレスは男性向けの通勤通学に最適な自転車です。

電動自転車と電動なし自転車の2種類があります。

「ママチャリだとかっこ悪いが、クロスバイクでは本格的すぎで通勤通学に使いにくい」という方に最適な自転車です。

クロスバイクのいいところとママチャリのいいところを両方混ぜた自転車だと思います。

具体的には電動なしのオフィスプレスは、通勤通学バッグが入る横幅が広いかごを採用しており、スーツのスラックスの裾を汚さなく、巻き込みも防止するチェーンケースの採用などです。

また、タイヤサイズはクロスバイクなどで採用されている700Cというサイズのタイヤを採用しています。

変速ギアは7段変速ギアの他より本格的な21段変速ギアも採用したオフィスプレススポーツもあります。

オフィスプレススポーツは変速ギアの他、フレームもアルミフレームを採用しており軽量化され16.6kgと軽いつくりになっています。

一方電動自転車版のオフィスプレスもありオフィスプレスeという名前です。

オフィスプレスeもサイクルベースあさひでは人気の自転車です。

オフィスプレスeも通勤通学に利用できる男性向け自転車ですが、電動アシスト機能が搭載されておりよりスムーズな通勤通学ができると思います。

機能性としては、電動アシスト機能の他、スピードを出して走ることも想定されているため、ディスクブレーキや外装8段変速ギア、アルミニウムフレームとクロスバイクのようなつくりになっています。

また、バッテリーは10.3Ahですが、最大エコモードで100kmほど走ることができ忙しいビジネスマンの充電回数を減らすようなつくりになっています。

デザイン性もホリゾンタルフレームがかっこよくGOOD DESIGN AWARD2020を受賞しているなどデザイン性にこだわりをもっていることがわかります。

カゴ付きでかっこいい男性向け電動自転車が欲しいという方はサイクルベースあさひのオフィスプレスがおすすめです。

オフィスプレス以外のカゴ付きクロスバイクについては「カゴ付きクロスバイクを選び方を解説 TB1やおしゃれなあさひや軽量で安い人気クロスバイクなど紹介」に詳しい情報を掲載しています。

タイヤサイズ700C
適正身長155cm~(430mm)
165cm~(480mm)
175cm~(530mm)
ライトLEDダイナモライト
変速ギア外装7段変速ギア

その他のサイクルベースあさひのオリジナル自転車ブランド

サイクルベースあさひではそのほかもオリジナルの自転車ブランドが多数あります。

ターゲットやコンセプトが明確になっている自転車ばかりなので、きっと自分にあうブランドが見つかると思います。

なお、その他のブランドとしては、以下などです。

  • ログ
  • イルミック
  • エナシスベビー
  • ガールズラボ
  • プレシジョンスポーツ
  • エナシスフィール
  • コーストライン
  • レユニオン
  • ウィークエンドバイク
  • ヒーローモーターズ
  • イノベーションファクトリー
  • ハチハチサイクル
  • キッカーアバンス
  • キッカーグランデ
  • プレシジョン

サイクルベースあさひでコラボレーションしている自転車

サイクルベースあさひではオリジナル自転車の販売の他、大手自転車メーカーとコラボレーションで自転車の製造販売も行っています。

現在はロードバイクなどスポーツバイクが中心ですが、サイクルベースあさひでしかかえない自転車ばかりなのでおすすめです。

なお、現在コラボしているロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車ブランドは以下です。

  • ジャイアント
  • メリダ
  • ビアンキ
  • マリン
  • フジ
  • ナルミヤインターナショナル

なお、ロードバイクやクロスバイクのほかにもサイクルベースあさひではコラボレーションを実施しており、具体的には2ブランドとコラボをしています。

1ブランド目がハローキティです。

キティちゃんで有名なサンリオとコラボ自転車です。

車種は2車種あり子供用自転車と大人用自転車です。

親子でハローキティの自転車に乗ってもらうことを意識している商品です。

子供用自転車は16インチと18インチがあります。

大人用自転車は20インチのママチャリです。

後付けでチャイルドシートも設置可能です。

子供用自転車には各所にハローキティカラーでリボン型のプレートやリボンがあしらわれたカゴなどがかわいいです。

一方大人用自転車はブラック、ホワイトのツートングラデーションカラーでおしゃれなデザインです。

ところどころハローキティのデザイン要素がくみこまれておしゃれなデザインに仕上がっています。

2ブランド目がマリオカートとのコラボ自転車です。

マリオカートとのコラボ自転車は2車種あります。

1車種は補助輪付きの16インチ、18インチの自転車です。

ハローキティ同様マリオ感があるかっこいいデザインです。

チェーンカバーにマリオのキャラクターがデザインされているほか、サドルやかごにもマリオらしいデザインが組み込まれています。

もう1車種は自転車ではないのですが、子供用キックバイクです。

キックバイクはペダルがない自転車で足で地面をけって進む2歳から5歳程度が乗る乗り物です。

サイクルベースあさひとマリオカートとのコラボキックバイクは、マリオのレッドカラー、ヨッシーのグリーンカラー、ピーチ姫のピンクカラーの3色展開です。

サイクルベースあさひとしてはあまりキックバイクには力を入れているイメージがありませんが、マリオカートとのコラボ商品として注目の商品だといえます。

自転車パーツやアクセサリの販売も行っている

サイクルベースあさひでは自転車本体の他、自転車パーツやアクセサリも力を入れて販売しています。

売上だけみると自転車本体で最も売り上げているのが電動自転車ですが、「パーツその他」というカテゴリを含めるとサイクルベースあさひで最も売れているカテゴリが自転車パーツやアクセサリになります。

サイクルベースあさひの自転車は非常に種類が多く売れており、公式サイトでは、自転車部品は7,000種類、自転車アクセサリは5,500種類程度もの販売しており合算すると12,500種類もの自転車パーツアクセサリを販売していることになります。

ロードバイクなどのスポーツ自転車用の本格的なパーツからママチャリに取り付けるチャイルドシートまで自転車パーツやアクセサリといっても商品部類は幅広いです。

それだけの広い商品群を取り扱いできるのは日本で一番大きい自転車屋さんでもあるサイクルベースあさひの仕入れの力といえるでしょう。

サイクルベースあさひのサービス

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひには自転車販売だけではなく、そのほか様々な付加価値をつけたサービスがあります。

自転車修理、点検メンテナンス

サイクルベースあさひでは自転車の修理や点検メンテナンスも実施しています。

ほかの自転車屋さんで購入した自転車でもサイクルベースあさひでは自転車修理を受けてくれます。

自転車修理に関しては料金が見えにくいところもありますが、サイクルベースあさひではホームページ上でも各修理項目ごとに工賃の掲載をしています。

修理メンテナンス内容が専門的なので、サイクルベースあさひの修理内容をよりかみ砕いた内容を「サイクルベースあさひの自転車修理工賃の詳細を分かりやすく解説」に掲載しています。

サイクルベースあさひにかかわらず自転車修理の内容がわかりにくい場合、上記ページを読んでいただくと理解につながると思います。

また、サイクルベースあさひの修理工賃に関しては、他店と比較すると同じ程度かやや高め程度の価格だと思います。

大手自転車店なので比較的相場の中心にあると思うので特に問題はないと思います。

自転車修理に関しては、店舗よりも以下に技術を持って細かいところまで修理をしてくれるかの担当者によるところもあります。

パンクなどでは差はつきにくいですが、クロスバイク、ロードバイクなど本格的なスポーツ自転車を保有している場合はサイクルベースあさひに一度持ち込んでいただき修理メンテナンスを実施し担当者の技術が相応か判断してみてください。

古い自転車の引き取り

サイクルベースあさひでは古い不要な自転車の引き取りサービスを行っています。

サイクルベースあさひでは古い自転車の引き取りは有料で実施しています。

1台あたり1,000円で引き取り処分をしてくれます。

また、その時に新しい自転車を購入した場合、引き取り処分価格は500円になります。

2台以上も同時処分もしてくれるので安心です。

ほかの自転車店も自転車処分はしてくれますが、有料無料とサービスはまちまちです。

サイクルベースあさひは有料なので安くはないですが、ほかの店舗との比較については「自転車の引き取り破棄方法について各店舗無料有料など諸条件のまとめ」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

スポーツ自転車は下取りも可能

サイクルベースあさひではロードバイクなど一部自転車や自転車パーツを買い取り、下取りしてくれるサービスがあります。

名前をロハスサイクルあさひといいます。

自転車の下取りは相場としては、販売価格の10%から20%程度が相場です。

買い取りができるような単価の高い自転車を保有している方はパーツなどを自身でカスタマイズする方がおおいため、パーツの価格なども考慮され買い取りを実施します。

サイクルベースあさひでの自転車下取りは、店舗に持ち込む店頭買い取りがお得です。

また、宅配買い取りも実施しており、北海道、沖縄県や離島意外であれば対応できます。

査定価格が30,001円以上であれば送料無料で宅配買い取りを行ってくれます。

買い取り実施店はサイクルベースあさひ全店で行っているわけではなく、2021年1月時点で179店舗で持ち込みでの買い取り実施を行っています。

サイクルベースあさひの中で全体の3割から4割程度の店舗で買い取りを実施ていることになります。

サイクルベースあさひの下取りを実施ている店舗はこちらから確認できます。

買い取りしてくれる自転車の車種については、ロードバイクやクロスバイクのほか、マウンテンバイクミニベロ等のスポーツバイクや電動自転車、キッズ自転車の買取りを実施しています。

宅配の場合、スポーツ自転車のみの実施です。

長年大切に乗ってきた自転車を下取りに出せるというのはうれしいサービスなのでサイクルベースあさひの下取りサービスは実施したいですね。

通販で購入した自転車の店舗受取

サイクルベースあさひの楽天市場、Yahoo!ショッピング、公式オンライン通販サイトで購入した自転車はサイクルベースあさひの実店舗で受取が可能です。

実店舗は全国で500店舗近くあるため購入者の最寄りのサイクルベースあさひの店舗で受取ができます。

自転車は配送してもらうよりも店舗受取のほうが手間はかかりますが、メリットも多いです。

具体的には店舗受取の場合、サイクルベースあさひのスタッフの方が梱包を開梱を行ってくれ、点検後の受け渡しになります。

配送してもらう場合、段ボールなど梱包は購入者自身ではがすことが基本となり手間がかかります。

また、100%組み立てのオンライン店舗で購入する分にはよいのですが、自宅配送だと購入者が組み立て点検を行分ければならないオンライン店舗もあります。

そのほかメリットとしては、サイクルベースあさひの店舗で追加で自転車パーツやアクセサリを購入できたり、店舗で防犯登録をお行うこともできます。

また、下記のサイクルメイトへの加入も可能で、修理メンテナンスなどを含め購入者はオンライン通販で購入したにも関わらず、長い付き合いでサイクルベースあさひとお付き合いができることになります。

サイクルメイト サイクルベースあさひのオリジナル補償パッケージ

サイクルメイトはサイクルベースあさひの自転車総合保証サービスになります。

自転車の盗難補償や傷害保証、無料点検など自転車に乗るにあたり発生しうるトラブルに格安で対応してくれるサービスになります。

サイクルメイトに加入する価格はサイクルベースあさひで購入した自転車の価格によりますが、2万円未満の自転車であれば3,000円でサービスを受けることができます。

そのほか、2万円以上、5万円未満は4,000円、5万円以上30万円未満は5,000円、30万円以上の自転車の場合10,000円で加入できます。

自転車購入金額加入金額
~2万円未満3,000円
2万円以上~5万円未満4,000円
5万円以上~30万円未満5,000円
30万円以上10,000円

サイクルメイトの補償内容としては、自転車盗難にあった場合、同じ自転車を負担少なく再購入ができます。

車種や値段により価格が異なりますが、

電動自転車以外の自転車は1年目は購入金額の20%で再購入ができ、2年目3年目は40%で再購入が可能です。

電動自転車は1年目から3年目まで20%の価格で購入ができます。

車種を問わず30万円以上の自転車は50%負担で再度購入が可能です。

また、サイクルメイトでは青色TSマーク付帯付き保険というものも料金内に含まれており損害補償、賠償責任補償が受けられます。

具体的には自転車事故が発生した場合、傷害補償は入院15日以上一律1万円、死亡。重度障害の場合一律30万円、死亡重度障害は限度額1000万円まで補償されます。

TSマークの補償は1年間のみなので2年目以降は更新手続きが必要で更新料金は500円です。

そのほか、防犯登録代金がサイクルメイトの中に含まれているほか、3年間無料点検や修理工賃10%OFF、出張修理引き取りお届けサービスが無料できます。

なお、点検は無料ですが、修理に関しては自転車パーツ代や工賃は発生するので注意が必要です。

なお、サイクルベースのサイクルメイトは本人の自転車に対して加入できるもので他人やほかの自転車に対しては利用できません。

全国のサイクルベースあさひで利用ができるので、盗難など心配な方はぜひ加入をおすすめします。

中古販売ほとんどがアウトレット自転車ならオンライン通販で買える

サイクルベースあさひでは上記で紹介した買い取り店舗のロハスサイクルあさひでは買い取りの他中古の自転車販売も行っていますが、基本的にはサイクルベースあさひでは中古自転車の販売は行っていません。

しかしながら、中古の自転車はないもののアウトレット自転車であればサイクルベースあさひで購入することができます。

具体的にはオンライン通販で型落ち自転車や傷がついたアウトレット自転車が買えます。

価格に関してはアウトレットの状態によりますが、10%から30%引き程度で購入ができます。

自転車は簡単に傷がはいってしまい傷が入ると見栄え上新車で売るのが難しくなってしまうので致し方がなくサイクルベースあさひもアウトレットで販売しているのだと思います。

そのため、アウトレット自転車はお買い得な自転車が多いと思います。

一期一会なのでサイクルベースあさひのサイトで自分にあうアウトレット自転車を見つけたら購入をおすすめします。

そのほかアウトレット自転車を取り扱っている代表的な店舗については「アウトレット自転車を販売している店舗紹介、在庫処分自転車のここに気をつけろ!」を参照してみてください。

自転車のレンタル(シェアサイクル)も始めている

サイクルベースあさひではシェアサイクル事業も一部行っています。

ハローサイクリングというサービスでスマホで簡単に登録しレンタルすることができます。

現在は電動自転車を中心として街乗りに利用する用途でレンタルを行っています。

店舗としては2021年1月時点で焼く50店舗がシェアサイクルを実施しており、自転車を借りることができます。

サイクルベースあさひで自転車を安く購入するために

サイクルベースあさひで自転車を購入しようとした場合、同じ自転車であればできるだけ安く購入したいものですよね。

安く自転車を購入するためにはいくつかポイントがあるのでぜひ参考にしてみてください。

サイクルベースあさひのオンライン店舗でクーポンとポイント倍増日を狙う

サイクルベースあさひでは自転車をオンライン通販で販売しています。

楽天市場、Yahoo!ショッピング、公式オンライン通販の3サイトです。

この中でモール型である楽天市場やYahoo!ショッピングではポイントが倍増する日が度々あります。

例えば楽天市場の場合、5日、10日、15日、20日、25日、30日は楽天カードで決済するとポイント5倍になります。

このような日にサイクルベースあさひの楽天市場店で購入するとポイント還元率があがり実質安く自転車を購入できることになります。

そのほか、サイクルベースあさひの公式サイトを含め、全オンライン通販サイトでクーポンを発行しています。

数千円引きクーポンはサイクルベースあさひではよく実施しているのでクーポン利用は必ず行うようにしましょう。

サイクルベースあさひのチラシ掲載自転車を狙う

サイクルベースあさひではチラシを定期的に発行している店舗があります。

その中にはチラシの目玉商品などが掲載されています。

現在サイクルベースあさひではWebチラシの仕組みなどはないため、だれでもチラシを閲覧できるわけはありません。

新聞の折り込みチラシなどでサイクルベースあさひのチラシが入っていたらチェックしてみましょう。

また、地域によってはチラシの情報をまとめているサイトがあります。

その中でもサイクルベースあさひのチラシも閲覧できるのでお住いの対象エリアのチラシがWeb上に掲載されているかチェックをしてみましょう。

クレジットカードなどポイントがたまる支払い方法で支払う

サイクルベースあさひでは2020年10月から電子マネー決済が可能になりました。

チャージはできませんが、店舗で電子マネー決済ができるのは支払い方法が増えてポイント還元ができるきっかけになると思います。

クイックペイ、ID、nanaco、WAON、楽天ペイ、アップルペイ、グーグルペイや各種鉄道系ICカードなどで決済できます。

また、VISAなどのクレジットカードでも決済ができポイントが付与されます。

サイクルベースあさの店舗について

サイクルベースあさひの実店舗に行くときには最寄りの店舗や営業時間をしっかりとチェックしてから行くようにしましょう。

サイクルベースあさひは現在500店舗に近い店舗数があり日々店舗数が増えています。

一方で残念ながら閉店する店舗もあるので、最寄りのサイクルベースあさひの店舗をしっかりと確認しておきましょう。

便利なのはサイクルベースあさひのサイト内に店舗検索機能がついており、GPSで現在地から近い店舗を探すことができます。

ぜひ活用してみてください。

営業時間に関しては、10時から開店で、19時または20時閉店の営業時間が多いです。

しかしながらご時世により営業時間が異なることも多々見受けられるので訪問前に公式サイトからチェックするのが安全だと思います。

サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説のまとめ

サイクルベースあさひは日本で最も大きい自転車屋さんです。

大阪に本社があり1500名以上、500店舗程度店舗数があります。

店舗は実店舗だけではなくオンライン通販も積極的に販売しています。

現在は公式オンライン通販サイトのほか、楽天市場、Yahoo!ショッピングで購入することができます。

サイクルベースあさひではママチャリ、電動自転車、子供用自転車などのファミリー自転車のほか、クロスバイク、ロードバイク、マウンテンバイクなどのスポーツ自転車やミニベロ、折りたたみ自転車などの小径車も販売している総合自転車販売店です。

販売自転車の特徴としてはオリジナル自転車の販売にも力を入れています。

具体的には通販限定のクリームや女性用電動自転車エナシスコンパクトなどです。

また、ジャイアントやビアンキ、メリダなどとコラボしクロスバイク、ロードバイクを販売しているほか、マリオカートやハローキティなどとのコラボ自転車もあります。

自転車本体のほか自転車アクセサリも販売しており、サービス面としては、修理点検も行っています。

そのほか、古い自転車の引き取りや自転車の買取り、サイクルメイトというサイクルベースあさひオリジナルの会員システムもあります。

中古自転車やアウトレット自転車も取り扱いがありレンタル自転車事業も行っている幅広い総合自転車店です。

クーポンやオンラインポイント還元もあるのでぜひサイクルベースあさひで自転車購入を検討してみてください。

-自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車販売の実店舗
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.