あさひの電動自転車はコスパが高い! エナシスや修理下取り等あさひの電動自転車関連サービスも解説

更新日:

サイクルベースあさひは日本で一番大きな総合自転車店です。

その中でも最も売上を上げている自転車カテゴリは電動自転車です。

サイクルベースあさひではパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンなどの電動自転車以外にも最近話題のebikeやサイクルベースあさひオリジナルの電動自転車など多数取り扱いがあります。

今回はサイクルベースあさひの電動自転車について詳しく解説していきます。

サイクルベースあさひの全体像について詳しく知りたい方は「サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説」を参照ください。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


サイクルベースあさひは電動自転車が最も売れている

サイクルベースあさひでは経営上自転車をいくつかのカテゴリにわけています。

具体的には、ママチャリやシティサイクルの一般車、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ車、子供用自転車、そして電動アシスト自転車です。

この中で最も売れているカテゴリが電動アシスト自転車です。

サイクルベースあさひでは電動自転車は全体の売上の20%程度を占めており非常に売れていることがわかります。

サイクルベースあさひではヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの主要電動自転車メーカー以外にも各種自転車メーカーが発売している独自性のある電動自転車も多数取り扱いあります。

また、最近では、サイクルベースあさひオリジナルの電動自転車も発売しており、品質のよい電動自転車が低価格でかつ、サイクルベースあさひでしか買えないという商品もあります。

サイクルベースあさひではオリジナル電動自転車 エナシスシリーズ

サイクルベースあさひではあさひオリジナルブランドの電動自転車があります。

オリジナル自転車に関しては、電動自転車以外も発売されていますが、電動自転車のあさひオリジナル自転車はコストパフォーマンスが高くお買い得感が強い商品だと思います。

サイクルベースあさひのオリジナル電動自転車シリーズをエナシスといいます。

電動自転車のエナシスシリーズは4種類に分かれており、ベーシックモデルのエナシスフィール、子供乗せ付き電動自転車のエナシスベビー、通勤通学に向いているシティサイクルタイプのエナシスミー、コンパクトなミニベロタイプのエナシスコンパクトの4種類です。

どのエナシスもサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車でコストパフォーマンスが高くおすすめできます。

エナシスフィール あさひのママチャリ型電動自転車

エナシスフィールはサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車の中で最も基本的なママチャリタイプの電動自転車です。

エナシスシリーズの魅力としては、電動自転車でありながら価格が抑えられており、このエナシスフィールは販売価格が10万円を切る価格に設定されている点です。

安い電動自転車でありながら機能性は優れており、バッテリーは相当数ながら14.7Ah相当の容量で1回の充電で走行できる走行距離目安はエコモードで100kmになります。

100kmを超える電動自転車はヤマハ、パナソニック、ブリヂストンなどの電動自転車の中でも大規模バッテリーを搭載していないと達成できない数値で10万円を切る価格で100kmを達成している電動自転車であれば非常に優れています。

ドライブユニットはチェーンをアシストするのではなく、クランクと呼ばれるペダルをこぐ部分をアシストする方式でダイレクトドライブ方式という方式をとっています。

ダイレクトドライブ方式の電動自転車はメンテナンス性に優れており長いめで利用しやすい電動自転車だといえます。

その他基本スペックとしては、26インチ、内装3段変速ギア、ローラーブレーキを採用しており、使い勝手はよいと思います。

適応身長は152cm以上なので、多くの女性で乗ることができます。

なお、背の小さな女性やシニアの方でエナシスフィールが大きいというかたは下記で紹介するエナシスコンパクトがあるのでご安心ください。

また、後付けでチャイルドシートの設置もでき、子供乗せ付き電動自転車としても活躍できます。

オーソドックスなママチャリ型の電動自転車としては標準的な機能性と優れた走行距離目安と低価格というバランスがとれ、コストパフォーマンスが優れている電動自転車だと思います。

また、エナシスフィールを含め安い電動自転車を探しているのであれば「安い電動自転車を紹介 大手電動自転車メーカー品を安く買う方法や安い自転車販売店オリジナル電動自転車も紹介」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

インチ26インチ
変速ギア内装3段変速ギア
ライトバッテリー連動広角LEDライト
適応身長152cm~

エナシスベビー あさひの子供乗せ付き電動自転車

エナシスベビーはサイクルベースあさひのオリジナル子供乗せ付き電動自転車です。

エナシスベビーは2種類発売しており、ベーシックモデルのエナシスベビーとチャイルドシートをOGK製のGRANDIAというチャイルドシートを設置している上位モデルのエナシスベビーリミテッドの2種類があります。

両車種とも後ろにチャイルドシートを設置するタイプの電動自転車ですが、追加で前にもチャイルドシートの設置が可能で3人乗り電動自転車になります。

全体の特徴としては、安定性が高い20インチのモデルで自転車にまたぐ部分が地面に近い低床フレームを採用しています。

乗り降りが楽でタイヤのインチサイズが小さいため安定性が高く運転することができます。

バッテリーは14.7Ah相当のバッテリーを採用しておりエコモードで一回の充電で約70km走ることができます。

エナシスフィールと同じくダイレクトドライブ式のドライブユニットを採用しており、乗り心地よりメンテナンスが楽という特徴があります。

ツーロックシステムやハンドルロックもついており電動自転車に慣れていない場合でもお子さんを安全に乗り降りさせることが可能です。

ライトはLEDオートライトを採用しており、後ろのテールライトもLEDライトで自動点滅する安全性の高さにこだわりが見受けられます。

また、スイッチパネルにUSBポートがついており、スマホの充電などができる優れものです。

適応身長は142cm以上と多くの女性が乗ることができると思います。

総合的な評価としては、安全性の高さはロックシステムやテールライトなどで見受けられながらも非常にベーシックなモデルで低価格を実現していることがわかります。

価格はエナシスベビーが139,980円、エナシスベビーリミテッドが146,980円です。

ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの電動自転車はやや高く安全性を除く余計な機能は必要ないという方に最適なサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車だと思います。

エナシスベビーなどコストパフォーマンスが高いチャイルドシート付電動自転車を探している場合「安い子供乗せ電動自転車のおすすめを紹介 ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの子供乗せ電動自転車を安く購入する方法も」により詳しい情報を掲載しています。

インチ20インチ
変速ギア内装3段変速ギア
ライト広角LEDオートライト
適応身長142cm~

インチ20インチ
変速ギア内装3段変速ギア
ライト広角LEDオートライト
適応身長142cm~

エナシスミー あさひのシティサイクル型電動自転車

エナシスミーはシティサイクル型電動自転車でサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車です。

シティサイクル型はハンドルが比較的まっすぐなハンドルを採用しておりママチャリ型のエナシスフィールと比較するとやや前傾姿勢になりスピードを出しやすいのが特徴です。

エナシスミーは通勤通学をコンセプトに考えられた電動自転車で、機能性が優れています。

具体的には、耐摩耗タイヤで長く利用できるタイヤを採用しているほか、スイッチパネルにUSBポートがありスマホの充電などができる仕様になっています。

そのほか、おしゃれな樹脂かごやLEDライトなども設置しているほか、荷物の多い学生向けにシティサイクル型ではついていないことも多い、リアキャリア(荷台)も設置されています。

そのほか基本スペックとしては、26インチ、内装3段変速ギアで一回の充電で85kmまで走ることができます。

はしごフレームというフレーム形状で、サイクルベースあさひのオリジナルフレームです。

はしごフレームは耐久性も高く長く利用できます。

価格は109,800円とシティサイクル型電動自転車の中では安い部類だと思います。

通勤通学で電動自転車を利用し、ママチャリタイプの電動自転車ではなくもう少しスタイリッシュでおしゃれな電動自転車を探しているという方に最適なサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車エナシスミーだと思います。

インチ26インチ
変速ギア内装3段変速ギア
ライト0.5Wx2灯LED広角オートライト
適応身長150cm~

エナシスコンパクト あさひのミニベロ型電動自転車

エナシスコンパクトは小さいミニベロ型に近いタイプのサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車です。

エナシスコンパクトの特徴は名前の通り、コンパクトで持ち運びは保管が簡単という点です。

20インチの小さめのタイヤでかつ重量が22.8kgと電動自転車の中では非常に軽い部類になります。

電動なしのママチャリの平均が約18.5kg程度なので、それに近い軽さです。

なお、ママチャリタイプのエナシスフィールの重量が26kgなのでその軽さがわかると思います。

機能面としては、ほかのエナシスシリーズと同じドライブユニットを採用しており、エコモードで焼く80km走る仕様です。

普段使いできるミニベロタイプの電動自転車で大き目のかごやUSBポートがありスマホの充電ができる仕様になっていたりと便利な面が多いです。

見た目もシックなカラーで落ち着いており鋲付きのテリーサドルがクラシック感を演出しています。

エナシスコンパクトは20インチで適応身長145cm以上なので背の小さい女性やシニアの方でも乗りやすい電動自転車だと思います。

ママチャリ型のエナシスフィールではなく、よりおしゃれにスタイリッシュな電動自転車が欲しいという方はサイクルベースあさひのエナシスコンパクトがおすすめです。

ミニベロ型電動自転車については「電動ミニベロの選び方 メーカーごと車種の紹介やおしゃれで安いebikeも紹介」に詳しい情報を掲載しています。

インチ20インチ
変速ギア内装3段変速ギア
ライトコンパクトLEDオートライト
適応身長145cm~

サイクルベースあさひオリジナルでエナシス以外の電動自転車

サイクルベースあさひで人気と知名度がある電動自転車は上記で紹介したエナシスシリーズですが、サイクルベースあさひオリジナル電動自転車はほかにもあります。

現在は1車種のみですが、今後増える可能性もありサイクルベースあさひならではのしっかりしたコンセプトとコストパフォーマンスが高い電動自転車が発売されること期待しています。

オフィスプレスe あさひの男性向け電動自転車

オフィスプレスeは男性ビジネスマン向けの開発されたサイクルベースあさひオリジナルの電動自転車です。

サイクルベースあさひでは15年以上オフィスプレスという自転車シリーズを発売しておりその電動自転車版です。

オフィスプレスはクロスバイクとシティサイクルの中間のような自転車で見た目はクロスバイクのようですが、前かごや泥除け、鍵付きなどシティサイクルの良いところも踏襲しているいいとこどりの自転車です。

オフィスプレスeの特徴はエナシスシリーズと同じくドライブユニットがダイレクトドライブ式のドライブユニットを採用しており、快適性やメンテナンス性が向上しています。

ダイレクトドライブ式のドライブユニットはスポーツバイク型のebikeなどで利用されることがおおいため、オフィスプレスeには最適だと思います。

基本スペックとしては、700Cのスポーツ用自転車のタイヤ、外装8段変速ギア、ディスクブレーキなどスポーツ自転車を彷彿させる仕様となっています。

また、バッテリーは14.7Ah相当のバッテリーを採用しており、1回の充電でエコモードで100km程度走ることができます。

また、USBポートもついておりスマホの充電もできます。

デザイン性もオフィスプレスシリーズらしいエッジ感のあるかっこいいフレームとなっています。

通勤だけではなく、通学にも利用でき、男性の新しいライフスタイルに向いているサイクルベースあさひのオリジナル電動自転車だといえます。

オフィスプレス以外のカゴ付きクロスバイクについては「カゴ付きクロスバイクを選び方を解説 TB1やおしゃれなあさひや軽量で安い人気クロスバイクなど紹介」にも掲載しているのであわせて読んでみてください。

インチ700C
変速ギア外装8段変速ギア
ライトコンパクトLEDオートライト
適応身長160cm~

サイクルベースあさひで電動自転車専門もアシスト館もある

サイクルベースあさひでは一般の店舗でも電動自転車を取り扱っていますが、電動自転車専門のサイクルベースあさひアシスト館という店舗があります。

2021年1月時点で4店舗あり厚木電動アシスト館、砧公園電動アシスト館、港北電動アシスト館、緑地電動アシスト館です。

特徴としては、電動自転車の種類が豊富なだけではなく、電動自転車に必要なパーツの販売や試乗もできます。

専門店ならではの電動自転車の品ぞろえがあるため、実際に試乗しながらあった電動自転車を選ぶことができると思います。

サイクルベースあさひでは電動自転車の買取りもしてくれる

サイクルベースあさひでは電動自転車の買取りサービスも実施しています。

ベースとなっているのはロハスサイクルあさひという店舗ですが、全国で200店舗近いサイクルベースあさひの店舗で電動自転車の買取りを実施しています。

買い取りを実施している店舗はこちらから検索ができます。

サイクルベースあさひでは電動自転車以外にも価格の高いクロスバイクやロードバイク、買い替えサイクルが早い子供用自転車などの買取りもしており必要がなくなった自転車を処分するのではなく下取りに出せるといううれしいサービスを実施しています。

サイクルベースあさひでは電動自転車の修理もしてくれる

サイクルベースあさひでは電動自転車の修理も実施しています。

電動自転車特有の修理事項としては、スピードセンサーやバッテリー関連、モーター部分の修理などがあります。

サイクルベースあさひでは電動自転車の修理内容と目安工賃をホームページ上に掲載しています。

注意点としてはこちらに掲載されている料金は工賃であり、別途パーツ代金が発生する点には注意が必要です。

また、自転車の修理内容はわかりにくい点が多いのでサイクルベースあさひの掲載されている修理内容をより事例にあわせてわかりやすく解説したページがあります。

以下ページを読んでいただければ電動自転車の何を修理しなければならないのかなどもわかると思います。

サイクルベースあさひで安く電動自転車を購入するには

サイクルベースあさひで電動自転車を購入するのであればできる限り安く電動自転車を購入したいですよね。

特にヤマハ、パナソニック、ブリヂストンなどの電動自転車は型番商品と呼ばれるどこで購入してもある程度の品質は同じ商品です。

そのため、少しでも安くサイクルベースあさひで電動自転車を購入する方法を解説します。

ネット通販で電動自転車を購入しサイクルベースあさひの店舗で受け取り

サイクルベースあさひ

最も安く、そして簡単にサイクルベースあさひで電動自転車を購入する方法はネット通販で電動自転車を購入し店舗で受け取りを行うという方法です。

サイクルベースあさひでは、公式通販サイトの他、楽天市場店、Yahoo!ショッピング店を運営しています。

サイクルベースあさひでは定期的に数千円引きのクーポンを発行しているほか、モール特有のポイント倍増セールが多々あります。

例えば楽天市場の場合、5日10日15日20日25日30日では楽天カードを利用すると獲得できるポイントが5倍になる企画などがあります。

また、サイクルベースあさひでは楽天スーパーセールなどで独自でポイントアップキャンペーンなども実施しています。

それらタイミングとクーポンを併用することで電動自転車を安く購入することができると思います。

あさひの電動自転車はコスパが高い! エナシスや修理下取り等あさひの電動自転車関連サービスも解説のまとめ

サイクルベースあさひはでは総合自転車店ならではの電動自転車も販売しています。

電動自転車の売上はサイクルベースあさひでは最も比重が大きく焼く20%程度になります。

サイクルベースあさひではオリジナルの電動自転車も開発販売しておりエナシスシリーズです。

4種類ありエナシスフィール、エナシスベビー、エナシスミー、エナシスコンパクトです。

また、エナシス以外にもオフィスプレスeという男性向け電動自転車も発売しました。

ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンなどの電動自転車も販売しており、特にサイクルベースあさひアシスト館では200台以上の在庫があり充実した商品のなかから電動自転車を選ぶことができます。

また、サイクルベースあさひでは自転車の買取りも行っており、自転車の修理やメンテナンスも実施してもらえます。

ぜひ電動自転車の購入を検討しているのであればサイクルベースあさひで購入を検討してみてくださいね。

-自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車販売の実店舗, 自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, 自転車ブランド
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.