男子中学生におすすめの人気自転車 サイズや通学用自転車の選び方を解説

更新日:

中学校入学のタイミングや学年があがるタイミングで通学用自転車を買い替えることはよくありますよね。

男子中学生が選ぶ自転車はどのような車種がいいのか判断基準がなく難しいですよね。

今回は男子中学生におすすめできる自転車の紹介や男子中学生の自転車の選び方について詳しく解説します。

なお、女子中学生の自転車選びについては「女子中学生に人気の自転車を紹介 通学や部活用など選び方のポイント」に詳しい情報を掲載しています。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


男子中学生の自転車の選び方

中学に入学すると男子は身長はかなり伸びます。

平均で男子中学生の場合平均12.5cmも身長が伸びます。

そのため、小学生の時に乗っていた自転車はすぐに小さくなり不格好になってしまいます。

また、中学校に入ると授業や部活などで荷物がたくさん持ち運びしたり、遊びでも行動範囲が広がります。

その中で自転車の選び方にはポイントがあり以下のポイントをおさえることで男子中学生の自転車選びに役立つと思います。

男子中学生の自転車サイズでまよったら27インチがおすすめ

27インチ 身長150cm以上

男子中学生の自転車の選び方で最も迷うポイントがタイヤのインチサイズを何インチを選べばいいのかという点です。

平均的な身長の男子中学生であれば27インチをおすすめします。

27インチの自転車は車種にもよりますが150cm程度の身長があれば乗りこなすことができると思います。

中学入学段階では少し大きいと思われるかもしれませんが、中学校を卒業し高校入学することにはちょうどよくなっているはずです。

26インチの自転車の場合、身長140cm以上であれば適正身長の車種が多いです。

最近の自転車ではほとんどが適正身長が記載されています。

26インチでも適正身長150cm以上の車種もあるので適正身長が記載されている場合、その自転車の適正身長に従ってください。

男子中学生の自転車はセミアップハンドルよりもオールラウンダーハンドルがおすすめ

男子中学生の自転車の場合、多くがママチャリタイプの自転車に乗ると思います。

通学や部活で自転車に乗る場合、カゴが必要で、また学校の決まりでママチャリタイプの自転車しか通学を認めないということもあるかもしれません。

その中で男子中学生であれば、ママチャリの自転車でも、シティサイクルタイプを選ぶことをおすすめします。

シティサイクルタイプの自転車は一般的にはハンドルがまっすぐなオールラウンダーハンドルといハンドルです。

ママチャリで多いのがハンドルが手前に曲がっているセミアップハンドルという種類のハンドルです。

ハンドルがまっすぐなオールラウンダーハンドルはセミアップハンドルと比較しやや前傾姿勢になるので男子中学生がこぎやすく足の力がペダルに伝わりやすいです。

セミアップハンドルは背中が起き上がり運転しやすくの安定性が増しますが、男子中学生であればオールラウンダーハンドルのほうがこぎやすく快適に自転車に乗れると思います。

ハンドルの種類については「ママチャリのハンドルの種類は2種類 自転車のハンドル違いを学ぶ」にも詳しい情報を掲載しています。

また、シティサイクルの魅力については「シティサイクルとは?特徴やおしゃれな種類、おすすめの人気自転車を紹介」でより詳しい情報を掲載しています。

部活で自転車に乗るなら27インチのカゴは大きめが人気

男子中学生の場合、運動部などで荷物が多くなることがあります。

通学用自転車として利用する場合、カゴが大きめのタイプがおすすめです。

また、カゴは後からでも交換することができます。

そのため、すでに保有している自転車で男子中学生が通学する場合、状況をみてかごだけ大きめのタイプに交換するとよいでしょう。

また、荷物が多くなることが想定される場合、最初に購入する自転車に後ろ荷台がついているタイプがおすすめです。

活発な男子中学生であれば二人乗りをするような危険な行為も考えられますが、荷物が多い場合、後から後ろにカゴを設置することができます。

状況を見て今後部活や授業で荷物が増えそうであれば後ろキャリア(荷台)があるタイプにしましょう。

自転車に耐パンクがあると耐久性が上がり男子中学生向けになる

男子中学生の場合、自転車の運転が大人と比較すると荒いのが特徴的です。

ちょっとした段差などを積極的にスピードを出してこいで進んでしまう印象です。

そのため、男子中学生の場合、耐久性の高い自転車がおすすめです。

具体的にはタイヤやタイヤの中に入っているチューブが耐パンク仕様という仕様になっている自転車がおすすめです。

チューブの厚さが厚いことでパンクがしにくくなり、男子中学生の元気な運転でも耐えることができると思います。

自転車の故障の原因の多くはパンクです。

タイヤ、チューブだけいいものを使うと耐久性が伸び、通学中のパンクを防ぐことができます。

中学生特有の自転車選びの注意事項

男子中学生に限らず、中学生が自転車に乗るときに気を付けたほうがよい事項もあります。

男子女子関係なく自転車に乗る中学生であればこれら点には注意しましょう。

なお、より詳しい情報については「中学生におすすめの自転車 男子女子別の通学に最適な自転車を紹介」に掲載しています。

中学校によってはTSマークやBAAマークがついている自転車が必須なことも

中学生の乗る自転車でおすすめなのがTSマークやBAAマーク付き自転車です。

TSマークとは自転車安全整備士が点検したことを証明したマークで傷害保険と賠償責任保険がついています。

BAAマークは一般社団法人自転車協会が定めた品質に合格した自転車に付与されるマークです。

一部中学校によってはどちらかのマークがついていることが必須になっている中学校もあるようです。

TSマークはしっかりと整備されている証明、BAAマークは独自の品質テストに合格している証明になります。

ただし、TSマークがついていないからしっかりと整備されていない、BAAマークがついていないから品質テストをしていないということではありません。

TSマークやBAAマークがついていなくてもほとんどの自転車は整備され、品質テストを行っています。

この点は誤解しないように注意が必要です。

中学生に限らず自転車保険は必須

自転車保険は中学生が通学で自転車を利用するのであれば必ず加入したほうがよい保険です。

通学で自転車を利用すると、事故で被害者だけではなく加害者になる可能性もあります。

その場合、自転車保険に加入しておくことで賠償責任を保険でまかなうことができます。

自転車保険は都道府県によっては公道で走る場合、必須となっています。

必須でない都道府県でも自転車に乗るのであれば中学生でなくても自転車保険に加入するようにしましょう。

また、中学生のお子さんを持つ親御さんであればこのタイミングで自転車保険に限らず保険全体を見直すタイミングだと思います。

保険は加入する前に何度でも相談することが重要必要です。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】であれば何度保険の相談をしても無料です。

また、面談後アンケートに答えるだけで牛タンなどのプレゼントを漏れなくもらうことができます。

気軽に相談ができる点がメリットです。

なお、自転車保険全体について学びたい場合「自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ」を読んでみてください。

男子中学生におすすめの自転車

男子中学生におすすめの自転車です。

インターネット通販でも人気になっている車種が多いのでこれら車種であれば安心して通学に利用できると思います。

男子中学生以外にもさまざまな方へおすすめできる自転車は「おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説」でも紹介しています。

27インチのオールラウンダーハンドルで一番人気の自転車 trois

troisは通学や通勤用自転車として男性に人気の自転車です。

ハンドルがオールラウンダーハンドルで27インチ6段変速ギアです。

特徴として、おしゃれなパラレルフレームと価格の安さです。

インターネット通販で販売しているゴーゴーサイクリングは価格が安くかつ送料無料、品質も完全組み立て自転車です。

色は、ホワイト、ブラック、ネイビーとレッドが新発売されています。

レッドでも男性が乗れるカラー調で、非常にスタイリッシュでおしゃれな感じがします。

コストパフォーマンスが高くデザイン性もおしゃれなため通学用自転車として非常におすすめです。

troisについては「trois(トロワ)という自転車の評判は?低価格で高評価のシティサイクル」により詳しい情報を掲載しています。

通学通勤用に開発された男性向け自転車 オフィスプレス

オフィスプレスはサイクルベースあさひのオリジナル自転車です。

サイクルベースあさひでしか購入することができず、デザイン性機能性が非常に高いです。

オフィスプレスには3種類ありおフィルプレスコミューター、オフィスプレストレッキング、オフィスプレススポーツの3種類です。

男性の通勤通学用に開発された自転車で、タイヤが700Cというスポーツ自転車用のタイヤを利用しています。

どの種類も乗りやすく、大きめなカバンもかごに入る仕様です。

大人っぽいデザインなので中学生の間だけではなく、高校生や社会人になっても利用できる自転車だと思います。

サイクルベースあさひはインターネットで購入し、店舗で受け取りであれば送料無料で受け取ることができます。

サイクルベースについては「サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説」により詳しい情報を掲載しています。

サイクルベースあさひのオリジナル通学向け26インチ自転車 トラッドラインWリミテッド-L

トラッドラインWリミテッド-はサイクルベースあさひの27インチの自転車です。

こちらも通学向けに開発された自転車で、スペックが高く27インチ、内装3段変速ギア、5mm耐厚パンクタイヤなど通学にむいている自転車です。

内装3段変速ギアは外装ギアよりメンテナンスが格段に少なくすみ、ギアを原因としたチェーン外れやギアの調整がずれるということがほとんどなくなります。

対象身長目安が160cm以上なので、乗られる男子中学生の身長にあわせて購入してみてください。

ブリヂストンの通学向け自転車 アルベルトロイヤル

アルベルトロイヤルはブリヂストンの通学用に開発された自転車です。

ブリヂストンが誇る通学用自転車で、機能性も抜群です。

アルミフレームやベルトドライブ、パンクに強いタイヤ、強化スポークなど壊れにくさが非常に考慮されています。

また、BAA適応車種で基本スペックとしては27インチ、内装5段変速ギア、身長150cm以上となっています。

アルベルトは昔からあるブリヂストンのブランドで男子中学生だけではなく、女子中学生も乗られているブランドです。

デザインとしては、男性向けデザインになっているので男子中学生にはちょうどよいと思います。

機能性はブリヂストンの自転車としても非常に高いので、おじいちゃんおばあちゃんからの中学入学のお祝いなどでもよく利用される自転車です。

なお、ブリヂストンの自転車については「ブリヂストンの一般自転車!!品質のブリヂストンのママチャリを購入するときのポイント」に詳しい情報を掲載しています。

26インチで大人気のママチャリ型自転車 dixhuit

dixhuitはママチャリタイプの26インチの自転車です。

26インチ、6段変速ギアで後ろキャリアがついているので荷物がたくさん入る仕様です。

男子中学生で部活などをしている方にはおすすめできます。

26インチなので、身長140cm以上であれば乗ることができます。

完全組み立てで自宅まで配送してくれ、すぐに乗れる状態で納品されます。

カラーバリエーションが豊富で、ホワイト、ブラック、ネイビー、ブラウン、ブルー、ダークグリーン。ライトブルーの7色展開です。

26インチであれば男子中学だけではなく、女性の方でも乗りやすいので家族全員で乗られる自転車としてもおすすめです。

なお、dixhuitについては「安いギアつきママチャリならdixhuitがおすすめ 通販最安値の自転車です」に詳しい情報を掲載しています。

男子中学生のあこがれ おしゃれなクロスバイク グラフィス

男子中学生でクロスバイクで通学したいという方向けの格安でおしゃれなクロスバイクです。

グラフィスのクロスバイクはカラータイヤが人気で通常の黒いタイヤではなく、おしゃれなカラフルなタイヤです。

荷物があまりなく、クロスバイクで通学したいという男子中学生にはコストパフォーマンス高くおすすめです。

基本スペックは26インチ、6段変速ギア、適正身長155cm以上です。

注意点はこのグラフィスは85%組み立てなのでハンドルやサドル、タイヤ、ペダルの取り付けが必要です。

また、ギアの調整やブレーキの調整をする必要があるため自転車店で調整をしてもらってから乗るようにしましょう。

なお、グラフィスについては「グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介」に詳しい情報を掲載しています。

男子中学生におすすめの人気自転車 サイズや通学用自転車の選び方を解説のまとめ

男子中学生におすすめの自転車はタイヤサイズは27インチ、ハンドルがオールラウンダーハンドルのカゴが大きめの自転車がおすすめです。

27インチは身長150cm以上の車種が多いですが、適応身長を確認してから購入するようにしましょう。

また、荷物が多い男子中学生は後ろにカゴを設置できるように後ろキャリア(荷台)がある自転車を選ぶと後々からでも後ろかごを設置できるようになります。

耐久性を考えると耐パンクタイヤというパンクしにくいタイヤだと長い間のれ男子中学生の通学中にパンクするという機会も少なくなると思います。

男子中学生の自転車に乗る場合、必要に応じてTSマークやBAAマークのある自転車に乗るようにしましょう。

また自転車保険は必ず加入をするようにしてください。

また、何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】などを利用し、保険の総合的な見直しも必要です。

これら点に注意して男子中学生の自転車をえらんでみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 性別世代別自転車の選び方
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.