ミニベロの選び方 おすすめのミニベロ電動自転車やミニベロロードも 軽量化やカゴなどパーツも解説

更新日:

おしゃれで小回りのきくミニベロですが、ほかの自転車とは異なり選ぶのにポイントがいくつもあります。

今回は失敗しないミニベロ選びを自転車屋の視点から詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


目次

ミニベロとは

ミニベロとはタイヤが小さいながらも大人が乗れる自転車です。

タイヤサイズは様々ですが、多いのは20インチのタイヤが多くぱっと見は折りたたみ自転車と見分けがつきにくい自転車です。

ミニベロは聞きなれない呼び方ですが、語源はフランス語でベロ(vélo)が自転車を表しています。

小さな自転車という意味になります。

ミニベロは大きく分けると街乗りとスポーツ自転車に分けられる

ミニベロは様々な種類がありますが、大きく分けると毎日乗る街乗りに最適なミニベロとロードバイクと同じような機能を保有するミニベロ―ドに分けられます。

そのほかには電動自転車のミニベロ版やクロスバイク型、マウンテンバイク型ミニベロなどもありタイヤが小さく大人でも乗れる自転車のため、様々なタイプのミニベロが誕生しています。

ミニベロと折りたたみ自転車との違いは

ミニベロや折りたたみ自転車などタイヤが小さい自転車の総称を「小径車」と呼びます。

小径車はミニベロと折りたたみ自転車に分けられますが、この2車種の違いは折りたためるか折りたためないかです。

小径車のうち折りたたみ機能を保有している自転車を折りたたみ自転車、折りたたみ機能を保有していない自転車をミニベロといいます。

なお、最近では折りたたみ自転車でも26インチなどの小径車ではないママチャリ型自転車がインターネット通販で発売されています。

この自転車から折りたたみ機能と取り除くと普通のママチャリです。

小径車については「小径車の選び方 メリットデメリットや購入時の気を付けるポイントなどを紹介」に詳しい情報を掲載しています。

ミニベロの特徴

ミニベロにはほかの自転車にないような独自の機能がたくさん設けられています。

ミニベロの特徴を活かして自転車ライフを楽しんでみてください。

ミニベロは軽量で乗りやすい

ミニベロの最大の特徴は軽量化されており、ほかの自転車と比較すると軽く乗りやすいという点です。

ミニベロや折りたたみ自転車の平均的重量は15kg前後です。

電動自転車のミニベロの場合でも20.5kg前後と非常に軽いです。

この軽さは通常のママチャリの平均重量が18.5kg、子供乗せ付き電動自転車の平均重量が32.4kgなので、軽さが伝わると思います。

また、ミニベロ―ドと呼ばれるロードバイク型のミニベロの場合軽量化にこだわっており、10kgを切るミニベロも多数発売されています。

10kgを切るなど軽さにこだわっているミニベロはフレーム素材や細かい一つ一つのパーツに費用をかけており、価格が高くなります。

一方、格安の購入しやすい街乗りミニベロの場合、重量はあまり軽くありませんが、購入がしやすくコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

ミニベロは小回りがきいて乗りやすい

ミニベロの特徴として小回りがきいて乗りやすいというのが特徴です。

タイヤが小さく全長がママチャリなどと比較すると短いため細い道やアパートやマンションの駐輪場でも無理なくとめることができます。

ミニベロを押して移動させるときなども車体全体が小さいため押しやすく女性やシニアの方でもコントロールしやすいのが魅力の一つです。

ミニベロはデザインがおしゃれでかわいい、かっこいい

カラフル

ミニベロの特徴と魅力の一つでデザインがおしゃれでかわいい車種が多いということです。

比較的フレームの種類が多く、1台1台が個性的なのがミニベロの特徴です。

そのため、おしゃれでかわいいミニベロだけではなく、ロードバイク仕様のミニベロロードなどはかっこいいデザインも多く見た目でミニベロを選らばれるかたも多いです。

ミニベロに限らずかわいい自転車については「かわいい自転車はわけがある!女性に人気のかわいい自転車特集」により詳しい情報を掲載しているので参考にしてみてください。

ミニベロはタイヤサイズが14インチから20インチと小さい

ミニベロの特徴として見た目上で最も目立つのはタイヤの小ささです。

インターネット通販などで売られているミニベロの多くは20インチのタイヤサイズが多いですが、中には14インチ、16インチ、18インチと様々なタイプのミニベロがあります。

タイヤが大きいほうが安定性は高くなる傾向にあるため、特にタイヤサイズやブランドにこだわりがなければ20インチのミニベロを選ぶのが無難でしょう。

折りたたみ自転車を比較すると折りたためない分強度が高い

ミニベロは折りたたみ自転車と比較すると折りたたみ部分がないため強度が強くなります。

安い折りたたみ自転車などは折りたたみ部分からフレームの歪みなどが発生しやすいですが、ミニベロであれば折りたためる部分がないためその分強度は強くなります。

ただし、ミニベロにかかわらず自転車はフレームの素材やフレーム形状によるところもあります。

ミニベロの選び方

ミニベロは選び方にいくつかポイントがあります。

街乗りで乗るミニベロとロードバイクのようにのるミニベロロードでは選び方のポイントが全くことなりますが、ここでは街乗りのミニベロの選び方を中心に詳しく解説します。

街乗り用ミニベロなら使い勝手とカゴ、泥除け、鍵、などの自転車パーツの有無を確認

ミニベロは小さくママチャリと比較すると軽量なのが特徴です。

普段使いでミニベロを乗るのであれば、前カゴ、泥除け、鍵、ライト、ベルがついているか確認してから購入するようにしましょう。

折りたたみ自転車の場合はより軽さと折りたたんだ時の小ささを意識するためこれら自転車パーツがついていないことがあります。

しかしながら、ミニベロの場合ある程度の重さの重要性は下がり、折りたたむ必要はないため、普段使いするのであれば前カゴ、泥除け、鍵、ライト、ベルは必要です。

自転車パーツは購入段階でついてなければ後付けしカスタムするのも楽しみの一つですが、特にカスタムする希望がない方は標準で前カゴ、泥除け、鍵、ライト、ベルがついている車種を選ぶようにしましょう。

また、利用用途によりますが、リアキャリア(後ろキャリア)と変速ギアの有無も確認するようにしましょう。

変速ギアはついているほうがかなり楽に走行ができるので変速ギア付きがおすすめです。

リアキャリアは買い物用途で利用する時には前かごだけでは入りきらないというときに重宝します。

また、リアキャリアの最大積載量が25kg以上であればチャイルドシートの設置も可能です。

ただし、チャイルドシートがつけられるミニベロは非常に数が少ないです。

ミニベロの選び方の最も重要なポイントは各種自転車パーツの有無なので購入前に確認しておきましょう。

ミニベロロードはスポーツ自転車として乗るならブランドと機能性で選ぶ

街乗りでミニベロに乗るのではなく、よりおしゃれにかっこよく、速くミニベロに乗りたいという方はミニベロロードがおすすめです。

ミニベロロードとはフレームの形状やタイヤサイズはミニベロと同じですが、各種仕様がロードバイクと合わせてあり、ツーリングなどスピードを出して自転車に乗る方向けのミニベロです。

ミニベロロードの特徴としては、ハンドルがロードバイクと同じドロップハンドルを採用しており、変速ギアなどコーポネントと呼ばれる部分もロードバイクと同じものが使用されることが多いです。

荷物を運ぶということには向いていませんが、ツーリングや荷物が少なく通勤通学するということであればミニベロロードも選択肢にしれても面白いと思います。

アシスト機能を受けたければミニベロの電動自転車もおすすめ

ミニベロでアシスト機能の恩恵を受けたければミニベロ型の電動自転車もおすすめです。

ミニベロ型の電動自転車も多数発売されておりスタイリッシュでおしゃれなデザインの車種が多いです。

ミニベロ型の電動自転車の場合バッテリー容量を小さくして目立たせないことでデザインをおしゃれに仕上げている車種が多い印象です。

ミニベロ型電動自転車であればママチャリ型電動自転車よりもより手軽にかつおしゃれに毎日の買い物や通勤通学に利用できると思います。

電動自転車の選び方のポイントとしてはバッテリー容量と一度の充電で倉庫王距離目安をしっかりと確認してから購入するのがポイントです。

大手電動自転車メーカーからもミニベロ型の電動自転車は多数発売されており、ヤマハであればPAS CITY-XやPAS CITY-C、パナソニックはグリッター、Jコンセプト、SW、ブリヂストンはリアルストリームミニ、アシスタユニプレミアがミニベロの電動自転車になります。

電動ミニベロについては「電動ミニベロの選び方 メーカーごと車種の紹介やおしゃれで安いebikeも紹介のまとめ」により詳しい解説をしています。

中古のミニベロもレトロでおしゃれ

ミニベロの中でも高級路線のミニベロを新車で購入する場合、数十万円の予算がかかることがあります。

予算の関係で購入の仕切りが高いミニベロも多いのですが、中古でミニベロを購入も可能です。

中古の場合、状態と年式により価格に差がありますが、定価の半額程度で高級ミニベロを中古で購入できることもあります。

また、車種によってはインターネット通販では購入できず店舗でしか購入できない車種も多いですがブロンプトンなどは中古の自転車はインターネット通販でも購入できるなど販売方法も増えてきており、中古のミニベロを探しやすくなってきている現状です。

レトロな自転車については「レトロな自転車は2種類 おしゃれなレトロ風自転車かビンテージ自転車、両方紹介」に詳しい解説をしています。

ミニベロに乗る楽しさと利用方法

ミニベロは購入したら終わりという自転車ではありません。

ミニベロは自分仕様に育ててカスタマイズするのもミニベロの楽しみです。

特にロードバイク型のミニベロロードがあるためタイヤが小さい小径車用のカスタムパーツも多数そろっているのがミニベロの魅力です。

そのほか乗り方一つで楽しみ方がわかってくるミニベロの利用方法は様々です。

ミニベロはカスタムが楽しい

自転車組み立て

ミニベロの楽しさの一つに自分好みにカスタムする楽しさがあります。

ロードバイク型のミニベロロードの場合はカスタムすること前提で長い付き合いをすると思いますが、街乗り用のミニベロでもカスタムは非常に有効です。

特に購入段階で前カゴ、泥除け、鍵、ライト、ベルがついていないミニベロも多く、後から自分好みの自転車パーツを取り付けるというもの楽しいです。

また、自転車はサドルやペダルは簡単に交換ができるため、自分自身の好きなデザインや機能性をもとめてカスタムすることをおすすめします。

ミニベロはおしゃれに乗りこなすのが楽しい

ミニベロの魅力の一つにデザイン性が高く非常におしゃれな乗り物という点があります。

そのため、ツーリングでも通勤通学でも毎日の自転車ライフが充実するというのがミニベロの楽しいところです。

ただの移動手段ではなく、こだわりぬきやすい自転車だといえ愛着がわきやすいのがミニベロです。

街乗り用のミニベロを取り扱っているブランド・メーカー

街乗り用ミニベロのブランドやメーカーは多数あります。

特に格安ミニベロではインターネット通販を中心にさまざまメーカーやブランドがあります。

また、大手自転車メーカーか自動車ブランド、自転車専門店のオリジナルブランドなど特徴はさまざまあるので検討してみてください。

ブリヂストンのミニベロ

ブリヂストンは日本を代表する自転車メーカーです。

近年では電動自転車でよく見かけますが、電動なしの自転車でミニベロも多数車種を発売しています。

ブリヂストンの自転車の魅力はミニベロでも多く採用されているさびにくいステンガードチェーンや点灯虫というオートライト機能です。

そのほか、アルミパーツを多用しており、軽量で機能性高い自転車が多いのが特徴です。

代表的なブリヂストンのミニベロとしては、マークローザM7トートボックス LARGE、クエロF20、ベガスなどです。

ルノーのミニベロ

ルノーは自動車メーカーですが自転車のブランド展開も行っています。

ルノーの自転車はルノーが製造販売しているわけではなくパテントでジック株式会社が製造販売しています。

自動車メーカーブランドの自転車はルック車と呼ばれる自転車が多いイメージですが、ルノーの自転車は本格的な仕様が多いです。

ルノーのミニベロも本格的なスペックで代表車種はマグネシウム8ミニベロです。

ルノーのマグネシウム8ミニベロはフレームにマグネシウムを利用する珍しいフレーム素材で挑戦的なミニベロです。

重量が8.7kgと非常に軽くミニベロに軽さを求めているのであれば非常に優れたミニベロだといえます。

ルノーの自転車については「ルノーの折りたたみ自転車はすごい!価格以上に軽量化された折りたたみ自転車も!」に詳しい情報を掲載しています。

サイクルベースあさひのミニベロ

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひは日本で最も大きい自転車小売店でさまざまなミニベロを取り扱っていますが、あさひ限定のオリジナルブランドでもミニベロを販売しています。

サイクルベースあさひオリジナルブランドのミニベロはクリームが人気です。

クリームはサイクルベースあさひのオリジナルブランドシリーズでクリームシリーズと呼ばれています。

ミニベロのほか、ママチャリは子供用自転車、クロスバイクなどがありミニベロは手軽な価格でシンプルな自転車として人気です。

そのほか販売店としてもサイクルベースあさひはさまざまなミニベロを取り扱っているので大手から確実に購入されたい方にはおすすめです。

サイクルベースあさひのクリームについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」により詳しい情報を掲載しています。

電動ミニベロ(ebike)を取り扱っているブランド・メーカー

大手電動自転車メーカー

電動自転車のミニベロ版は最近は非常に人気です。

特に大手電動自転車メーカーであるパナソニック、ヤマハ、ブリヂストンの3社の電動ミニベロは品質が高くおすすめです。

ミニベロ型などの電動自転車ebikeとも呼び各社新しいebikeの開発に取り組んでいます。

パナソニックのミニベロ型電動自転車(ebike)

パナソニックのミニベロ型電動自転車はグリッター、Jコンセプト、SWの3車種です。

パナソニックの電動自転車はバッテリーが小さなバッテリーから大型バッテリーまでさまざまなコンセプトや用途にあわせて搭載できる点です。

ミニベロ型電動自転車は8Ahと12Ahの2種類のバッテリーを搭載しています。

グリッターは前かご付きのミニベロ型電動自転車で湾曲のフレームがおしゃれなデザインです。

パナソニックの電動自転車については「パナソニックの電動自転車の魅力は電子キーやバッテリー!通販で購入するときのポイントを解説」に詳しい情報を掲載しています。

グリッター

12Ahのバッテリーですが、一度の充電で走行できる走行距離目安が75kmと長いのが特徴です。

テリーサドルと湾曲フレームがクラシックでレトロなデザインに仕上がっておりデザイン性が高いミニベロ型電動自転車だといえます。

パナソニックは家電メーカーでありその強みを活かした総合ブランド自転車です。

Jコンセプト

Jコンセプトはミニベロ型電動自転車のみではなく、掃除機、エアコン、冷蔵庫、炊飯器などさまざまなパナソニックの商品名で利用されています。

ニッポンを楽しむ家電というコンセプトのもと、美しいデザインが特徴的です。

カラーバリエーションも漆黒、白磁、松葉、紅緋と日本を思い浮かばせるカラ構成とネーミングになっています。

カスタム性も楽しめ、標準ではついていない、フロントキャリヤバスケット、リアキャリアバスケットを設置できます。

かわいい藤風かごの設置もでき女性にも乗りやすいデザインに仕上げることができるミニベロ型電動自転車だといえます。

SW

SWは他の2車種とは異なり標準的に乗りやすく購入しやすいミニベロ型電動自転車です。

機能性は8Ahと小さめのバッテリーを搭載しており、一度の充電で走行できる走行距離目安が36kmとやや短めです。

伴い、価格は10万円を切る価格設定になっており、購入しやすくなっています。

機能面はミニベロ型電動自転車としては珍しく、またぎやすいU字フレームを採用しており、電源のONOFFも行いやすいスイッチになっています。

適応身長は147cm以上となっていることもありシニアの方でも簡単に乗りこなせるミニベロ型電動自転車だといえます。

後述もしていますが、チャイルドシートが設置できる貴重なミニベロです。

ヤマハのミニベロ型電動自転車(ebike)

ヤマハの電動自転車の魅力は力強くレスポンスがよいドライブユニットが魅力です。

こぐ力にすぐ反応しアシストしてくれ、坂道でも力強いパワーを発揮してくれます。

ヤマハのミニベロ型電動自転車は2種類発売されておりどちらも標準的なPASシリーズです。

ヤマハの電動自転車については「ヤマハの電動自転車はパワーがすごい ヤマハの電動自転車をおすすめする理由」に詳しく掲載しています。

PAS CITY-X

ヤマハのPAS CITY-Xは男性も女性も乗れるおしゃれなデザインのミニベロ型電動自転車です。

CITY-Xの特徴としては、湾曲をえがくフレームが多い中、直線的なフレームが特徴的でスタイリッシュでおしゃれなデザインのミニベロ型電動自転車という点です。

また、デザイン面では通常、ギアやブレーキのワイヤーは外側に出ていますが、フレーム内に入れることで非常にすっきりしたデザインになっています。

機能面としては、オートエコモードプラスモードで90km走るという走行距離が長いのが特徴です。

また、セミスリックタイヤというレーシングタイヤに近い、スピードが出やすいタイヤを採用しています。

そのため、ツーリングなど長距離をスピードを出して走るのにも耐えうる仕様となっています。

最も向いている使い道としては、通勤通学で直線的な長い距離を走るのにちょうどよいミニベロ型電動自転車です。

PAS CITY-C

PAS CITY-Cはやわらかいデザインが特徴的なヤマハのミニベロ型電動自転車です。

フレームがきれいな曲線のU字型フレームを採用しており、またぎやすく乗りやすいのが特徴的です。

ヤマハにはCITY-XとCITY-Cがあり、CITY-Xが比較的男性向け、CITY-Cが比較的女性向けのミニベロ型電動自転車だといえます。

適正身長が140cmと女性やシニアの方でも乗りやすくコントロールしやすい設計になっています。

フロントキャリアがついており簡単に前かごを設置できます。

女性が毎日ちょっとミニベロ型電動自転車に乗りたいという方には最適な自転車だと思います。

なお、女性向けの自転車については「女性向け自転車の選び方を解説 乗りやすい車種や通勤通学向け自転車まで詳しく紹介」にも詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

ブリヂストンのミニベロ型電動自転車(ebike)

ブリヂストンのミニベロ型電動自転車はリアルストリームミニがあります。

ブリヂストンの電動自転車の特徴はブリヂストンならではの独自の機能が特徴的です。

ただし、ブリヂストンのミニベロ型電動自転車場合、これら機能がそなわっていません。

余計な機能を取り除き購入しやすい価格帯に設定されたミニベロ型電動自転車だといえます。

ブリヂストンの電動自転車については「ブリヂストンの電動自転車は独自機能が優れている!ブリヂストンの電動自転車の総評・機能紹介」に詳しい情報を掲載しています。

リアルストリームミニ

リアルストリームミニはブリヂストンのスポーツタイプのミニベロ型電動自転車です。

ブリヂストンにはクロスバイク型電動自転車のリアルストリームがありそのミニベロ版がリアルストリームミニです。

シンプルでクラシカルなデザインが特徴的でテリーサドルや包含型ライトと呼ばれる自転車の正面センター部分にライトが設置されているなどデザイン性高く設計されています。

オートエコモードプラス83km 程度走り、アルミフレームで21.6kgと比較的軽量化されています。

前かごも標準搭載のため買い物や通勤通学で利用したい方には最適でしょう。

リアルストリームミニについては「リアルストリーム、リアルストリームミニを詳しく解説 比較されやすい電動自転車も紹介」により詳しい解説をしています。

アシスタユニプレミア

アシスタユニプレミアはブリヂストンの女性やシニアの方向けのミニベロ型電動自転車です。

またぎやすい低床フレームを採用しており足を高く上げなくても自転車にまたげます。

また、前かごと後ろのキャリアが標準搭載されており、後ろのカゴも簡単に追加設置ができます。

毎日の買い物に利用するのにちょうどいいミニベロ型電動自転車だといえます。

スポーツ用ミニベロ(ミニベロロード)を取り扱っているブランド・メーカー

ミニベロは街乗りに最適なミニベロが多い中で強いインパクトがあるのがミニベロロードと呼ばれるミニベロ型ロードバイクです。

ミニベロロードはドロップハンドルが特徴的で変速ギアやタイヤなどもロードバイク仕様になっていることが多いです。

カスタイマイズパーツも豊富で好みに応じて自分仕様にしやすいミニベロだといえます。

ロードバイクと比較すると長距離は走りにくいですが、十分走ることも可能なだけではなく、街乗りなどストップ&ゴーを繰り返す場面でも対応しやすいミニベロだと思います。

ミニベロロードやロードバイクを発売している代表的なメーカーは以下などなので参考にしてみてください。

  • ビアンキ
  • ターン
  • ジャイアント
  • ビアンキ
  • デイトナ
  • DAHON
  • ブルーノ
  • ジオス
  • ドッペルギャンガー
  • FUJI
  • MASI
  • キャノンデール
  • KHS

ミニベロロードではなくクロスバイク型やマウンテンバイク型ミニベロもある

ミニベロでスポーツ自転車型なのはミニベロロードだけではなく、クロスバイク型ミニベロやマウンテンバイク型ミニベロなども発売がされています。

これらマウンテンバイク型ミニベロやクロスバイク型ミニベロを購入する時の注意点としては、ルック車も多いため、機能性が備わっているかを注意する必要があります。

ルック車とは、見た目はスポーツ自転車のようですが、見た目だけで機能が伴っていないような自転車です。

ルック車は見た目重視の方には安い価格で購入できるので全く問題ないのですが、目的をクロスバイクやマウンテンバイクと同じように仕様する場合、機能性に不足がでる場合もあります。

ルック車にはルック車の良さがあるので安価で購入したい場合や街乗りだけで機能を高く求めていない場合などはおすすめです。

ルック車については「ルック車について解説 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの見分け方など」により詳しい解説をしています。

ミニベロはどこで買うのがよいか

ミニベロを購入する場合、どこで購入するのがよいのか迷いますよね。

現在ではミニベロに限らず自転車はさまざまな場所で購入ができます。

具体的なミニベロの購入する方法とそのメリットをまとめています。

インターネット通販でミニベロを買う場合のメリット

インターネット通販では多数のミニベロが現在発売されています。

楽天市場でミニベロの車体の販売台数は2021年3月時点で延べ780点出品されています。

これだけの車種の多さから選べるのがインターネット通販の魅力です。

また、インターネット通販の場合、ミニベロは比較的小さい車種なのでママチャリや電動自転車と比較すると送料が安く抑えられ低価格で買えるのも魅力です。

楽天市場などのインターネット通販の場合、低価格帯のミニベロが人気で安い車種では15,000円台から購入することができます。

一方、高いミニベロでは20万円を超えるミニベロも発売されており、価格差の広さがさまざまな用途で利用をされており、目的別でミニベロが幅広く普及している理由ともいえます。

インターネット通販でミニベロに限らず自転車を購入する場合「通販で自転車を購入のポイントまとめ。確認すべきポイント多数」を一読してから購入されることをおすすめします。

インターネット通販で自転車を購入する場合、気を付けるべきポイントが多数あるのでぜひ読んでみてください。

サイクルベースあさひなどの自転車専門店でミニベロを買う場合のメリット

サイクルベースあさひ

サイクルベースあさひなどの自転車専門店でミニベロを購入するのもおすすめの方法です。

サイクルベースあさひなど自転車専門店で購入する場合のメリットは、専門店ならではの高い知識を持ったスタッフに相談しながら購入できる点や店舗ならではの保障加入システムなどの恩恵を受けることができます。

最寄りに自転車専門店があればメンテナンスや修理などの長期的な付き合いも簡単にできおすすめの方法です。

また、サイクルベースあさひではクリームミニベロというサイクルベースあさひオリジナルミニベロも発売しており、コストパフォーマンスが高いと評判です。

これらメリットは自転車専門店ならではなので、ぜひ検討してみる価値があると思います。

サイクルベースあさひについては「サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説」に詳しい情報を掲載しています。

ホームセンターやドン・キホーテなどの量販店でミニベロを買う場合のメリット

ホームセンターやドン・キホーテなどの量販店でミニベロを購入するのも方法です。

メリットとしてはインターネット通販で販売されているような比較的安いミニベロを実際に現物をみて購入できる点です。

ドン・キホーテでは最近自転車に力を入れており、電動自転車などではドン・キホーテオリジナル電動自転車が発売され、多くの店舗で自転車整備士が常駐するなど体制も専門店に負けないほど整っています。

ホームセンターの自転車については「ホームセンター別の自転車の特徴やホームセンターで安い自転車や自転車用品を購入する方法」、ドン・キホーテの自転車については「ドン・キホーテの自転車の価格は!?驚安の殿堂 ドン・キホーテの自転車にせまる。」を読んでみてください。

ミニベロの選び方 おすすめのミニベロ電動自転車やミニベロロードも 軽量化やカゴなどパーツも解説のまとめ

ミニベロを購入する時にできるだけよいミニベロを購入したいと思いますよね。

ミニベロは自転車の中でもタイヤが小さい小径車と呼ばれる部類で20インチなど小さいタイヤでも大人が乗れる自転車です。

ミニベロは大きく分けると街乗り型ミニベロと、ロードバイク型のミニベロロードに分けられます。

街乗りミニベロの中には電動アシスト機能付きのミニベロもあります。

折りたたみ自転車と似ていますが、折りたたむことができず軽量ですが、車での持ち運びなどは想定されていません。

ミニベロの特徴として全体的に軽量化されており、小回りがきくのが特徴です。

デザイン性の高さも評価ポイントでおしゃれでかわいいミニベロやスタイリッシュでかっこいいミニベロなどがたくさんあります。

ミニベロの選び方としては、前カゴ、泥除け、鍵、ライト、ベルがついているかの確認をするほか、変速ギアやリアキャリアの有無などのチェックポイントです。

ミニベロ版電動自転車も多数発売されており、ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンと各社発売しています。ミニベロ型電動自転車のことをebikeなどと呼び近年人気があります。

ミニベロの魅力はおしゃれなライフスタイルを得れるだけではなく、高いカスタマイズ性もあり各自転車パーツも豊富にそろっています。

ミニベロを購入する方法は多数あり、豊富な商品から選ぶのであればインターネット通販、専門知識を得ながらメンテナンスを含めて長い付き合いで購入するならサイクルベースあさひなど自転車専門店、実物確認をして価格を重視するのであればホームセンターやドン・キホーテなどの量販店がおすすめです。

これらポイントをおさえてぜひ自分にあったミニベロを探してみてくださいね。

 

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の種類, 折りたたみ自転車ミニベロ
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.