おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説

更新日:

自転車を購入するときにおすすめの自転車を購入したいと考えますよね。

インターネット通販で自転車を購入するときには店員さんに相談もできず、どの自転車がおすすめなのか判断がつかないものです。

今回はおすすめの自転車の選び方や実際におすすめできる車種を紹介したいと思います。

この記事はかなり長いので以下の目次から抜粋して読んでもらえると要点つかめると思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


目次

おすすめの自転車の選び方

おすすめの自転車の選び方は車種によっても異なりますが、共通している事項もたくさんあります。

自転車を購入する前にまずは確認してみましょう。

自転車の選び方については「自転車の選び方をさまざまな角度から解説 車種、目的、身長、男女年齢、通勤通学などなど」により詳しい情報を掲載しています。

目的に合わせた自転車を購入する

おすすめの自転車は多数ありますが、まずは「なぜ自転車を購入するのか」という目的を考えていましょう。

通勤や通学、毎日の買い物、お子さんの送り迎えなど理由は購入者一人ひとり異なっていると思います。

その理由に応じた最適な車種や機能があり、一人ひとりにおすすめできる自転車は異なってきます。

以下で目的別や性別や年齢に応じたおすすめの自転車を紹介しているので参考にしてみてください。

通販で自転車を購入する場合、おすすめは完全組み立ての自転車

自転車組み立て

インターネット通販で自転車を購入する場合、親身に選んでくれる方はおらず、おすすめの自転車はわかりにくいと思います。

そのような場合、まずは自転車が完全組み立てで配送される自転車店舗から自転車を購入するようにしましょう。

ロードバイクに乗る方や自転車の組み立てを趣味としている方は問題ないと思いますが、ほとんどの方は自転車の組み立てを行ったことがないと思います。

インターネット通販の自転車販売店には自転車の組み立てを購入者自身にゆだねている店舗が多数あります。

90%組み立て、95%組み立てと記載がされている自転車は最後の組み立てを購入者が行います。

店舗により異なりますが、工場から出荷された状態でそのまま配送している可能性が高いです。

そのような自転車はハンドル組み立て、ブレーキ調整、変速ギアの調整などを必要とすることが多いです。

ブレーキ調整や変速ギアの調整は失敗すると事故の原因にもなりかねません。

ほとんどの自転車が工場から出荷される段階では、詳細な調整はされておらず最終調整は自転車小売店で行われるのが通常です。

調整を購入者にゆだねるのは調整人件費の削減や組み立てていないと小さくなるため、輸送費が安くなるためです。

事故の原因や調整不足による自転車の故障の原因にもなりかねないので、おすすめは100%組み立てや完全組み立てと記載された自転車を購入することです。

完全組み立ての自転車の重要性については「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」により詳しく解説しています。

車種別おすすめの自転車

おすすめの自転車は自転車車種ごとに異なります。

具体的なおすすめの理由も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのママチャリ

日本で最も流通している自転車はママチャリです。

おすすめのママチャリは品質がしっかりしていながらも価格が安く、完全組み立てという点です。

完全組み立てで価格が安く購入しやすいママチャリのみを紹介しています。

また、おすすめのママチャリについては「おすすめのママチャリ 通販で人気の王道の安いママチャリ特集」にも掲載しています。

dixhuit 26インチ6段変速ギアで最もおすすめできるママチャリ

dixhuitは26インチ6段変速ギア付きのママチャリです。

ママチャリの中でもdixhuitは品質が高く楽天市場などのインターネット通販で非常に人気でおすすめです。

おすすめのポイントはデザイン性の高さと機能性が高いにも関わらず価格が安い点です。

26インチ6段変速ギア付きのママチャリでも最も安いクラスの価格帯です。

また、100%組み立てで配送をしてくれるので購入後、組み立てや調整が必要なく乗ることが可能です。

dixhuitについては「安いギアつきママチャリならdixhuitがおすすめ 通販最安値の自転車です」にも詳しい車種の解説をしています。

クリーム サイクルベースあさひ限定のおすすめママチャリ

サイクルベースあさひは日本で最も大きい総合自転車販売店です。

サイクルベースあさひは楽天市場などのインターネット通販限定でクリームというブランド名でオリジナル自転車を販売しています。

その中でもクリームシティはサイクルベースあさひブランドと品質価格のバランスがよいママチャリでおすすめです。

具体的には価格が安いにも関わらず、やや肉厚のチューブやさびにくいパーツを利用している点です。

また、メリットにもデメリットにもなりますが、サイクルベースあさひの店頭受取限定です。

店舗で受け取り可能なので、組み立て済みなのはもちろんのこと、その場で初期不良などがあれば対応をしてくれます。

サイクルベースあさひなどブランドがある自転車を購入したいのであればクリームシティはおすすめです。

クリームシリーズについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」でもほかのおすすめ車種含めて解説しています。

SUNTRUST 楽天やamazonで最も安いママチャリ

価格が安くおすすめできる自転車はゴーゴーサイクリングが販売しているSUNTRUSTです。

SUNTRSUTはメーカー名でもあり、メーカーを代表する自転車です。

価格の安さはママチャリの中で最も安く、26インチ、変速ギアはなし、ブロックダイナモライトと最低限の機能性です。

しかしながら、一つ一つのパーツはしっかりしているので問題なく乗ることができます。

また、100%組み立て済みでブレーキなどの調整もされているのですぐ乗ることもでき安心で安いママチャリを探している方にはおすすめのママチャリだといえます。

なお、安い自転車をがしている場合「安い自転車を探す方法 いつどこで何の車種を買うのがコスパが高いか、おすすめの自転車を含めて解説」の内容がわかりやすいのであわせて読んでみてください。

おすすめのクロスバイク

おすすめのクロスバイクは品質と価格のバランスです。

クロスバイクやロードバイクなどは価格差が大きく、安い自転車は数万円から数十万円まで様々です。

ママチャリコレでは初心者でも安心して乗れる最初の一台としておすすめできるクロスバイクを紹介しています。

初めてクロスバイクを購入される方は「初心者にもおすすめのクロスバイクを紹介 安くてコスパのよい通勤通学に使える自転車」にも詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

GIOSミストラル 初心者におすすめのクロスバイク

GIOSはイタリアの自転車メーカーです。

GIOSは初心者向けからプロ仕様まで幅広く製造販売しているのが特徴です。

ミストラルは品質はしっかりしており、10.8kg、24段変速ギアとなっており、身長が150cm~185cmまで乗れる誰にもおすすめできるクロスバイクです。

また、GIOSブランドの中では価格が抑えられており初めてのクロスバイクにもピッタリでおすすめです。

ブリヂストン TB1 街乗りにおすすめのクロスバイク

ブリヂストンは日本の誇る自転車メーカーです。

最近では電動自転車のイメージが強いですが、自転車メーカーとしても非常に優れており多種多様な自転車を製造しいています。

TB1はクロスバイクの中では街乗りで気軽に乗れるクロスバイクに分類されます。

クロスバイクでありながら、泥除けや鍵が標準搭載されており、シティサイクルにも近い作りです。

しかしながら、ブリヂストンならではの品質の高さやブランドで長く人気のロングセラークロスバイクです。

通勤通学などにおすすめできる自転車です。

TB1については「カゴ付きクロスバイクを選び方を解説 TB1やおしゃれなあさひや軽量で安い人気クロスバイクなど紹介」にもより詳しい情報やおすすめの理由を掲載しています。

ゴーゴーサイクリング シンプルで価格が安いクロスバイク

ゴーゴーサイクリングのシンプルなクロスバイクです。

価格も安く2万円を切る価格で販売をされており、安い価格でクロスバイクを探している方におすすめです。

700C、Vブレーキを採用とクロスバイクに必要なスペックを保有しています。

価格の安いクロスバイクにはママチャリをクロスバイク風にしているルック車も多いのですが、機能面では安心です。

また、初めてのクロスバイクに向いており、組み立て済みの状態で届くのでクロスバイク初心者におすすめの自転車です。

販売店のゴーゴーサイクリングについては「ゴーゴーサイクリングって最近よく自転車通販でみかけるけど評判ってどうなの?調べてみるとママチャリの価格は安く、品質はよさそう!」にも店舗のメリットやおすすめの理由を掲載しています。

おすすめのミニベロ

おすすめのミニベロは価格とデザイン、機能性のバランスです。

ミニベロはデザイン性が高い車種が多く、独自のフォルムや機能性も用意されています。

また、ミニベロ―ドなどロードバイクに近い仕様のミニベロもありデザイン性と機能面両方を考慮して選ぶのがおすすめの自転車です。

おすすめのミニベロや選び方については「ミニベロの選び方 おすすめのミニベロ電動自転車やミニベロロードも 軽量化やカゴなどパーツも解説」により詳しい情報を掲載ています。

クリームミニ サイクルベースあさひオリジナルのおすすめミニベロ

サイクルベースオリジナルのミニベロです。

クリームミニはシンプルで購入しやすいミニベロです。

変速ギアあり版と変速ギアなし版のミニベロがありますが、おすすめは変速ギアありのミニベロです。

価格も安くサイクルベースあさひで受け取りができるため、初期不良などの心配もなく、完全組みたての状態で受取が可能です。

ミニベロはちょい乗りに向いている自転車でシンプルなクリームミニはその代表格だとも言えます。

クリームシリーズについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」にも情報を掲載しています。

21テクノロジー 独自のデザインがおしゃれでおすすめのミニベロ

21テクノロジーのミニベロはオリジナルデザインでおしゃれなミニベロです。

後輪のリム部分のカラーがカラフルで一味違ったミニベロを探している方におすすめです。

6段変速ギア付きで街乗りなど近場に乗るのであればおすすめできます。

ただし、95%組み立ての自転車のため、ハンドル、サドル、ペダル、前輪の組み立てが必要になるほか、変速ギアやブレーキの調整も行ってから乗るようにしましょう。

21テクノロジーについては「21テクノロジー 激安自転車だけど品質と保証は!?21テクノロジーの自転車とサービスに迫る!」に詳しい店舗の情報などを掲載しています。

GIOS フェルーカ 初心者にもおすすめのミニベロロード

GIOSのミニベロロードです。

ミニベロロードとはドロップハンドルがついているミニベロで各種パーツもロードバイク仕様になっているミニベロです。

車体がロードバイクより小さく、輪行も楽で旅行先などのツーリングに向いています。

GIOSのミニベロ―ドは乗りやすく初心者の方のミニベロロードデビューにはおすすめの自転車です。

おすすめの折りたたみ自転車

おすすめの折りたたみ自転車は価格で大きく2分します。

低価格でデザイン性と必要な機能がそろっているおすすめできる折りたたみ自転車と高価格帯で機能性や軽量さが非常に優れている折りたたみ自転車です。

どちらの折りたたみ自転車も価格に応じておすすめの車種を紹介しています。

また、目的が街乗りであればカゴや泥除け、鍵など必要なパーツがついている折りたたみ自転車がおすすめです。

おすすめの折りたたみ自転車については「おすすめの折りたたみ自転車 通販で人気の軽量で安い折りたたみ自転車を紹介」に詳しい情報を掲載しています。

スマートファクトリー グラフィス デザインと機能性をそろえたおすすめの低価格折りたたみ自転車

スマートファクトリーのグラフィスは低価格でおしゃれなのが評判の自転車リシーズです。

折りたたみ自転車もおすすめで全15カラーから選ぶことができます。

1万円前半代で購入ができ、鍵、泥除け、カゴ、ライトなどはついています。

おしゃれなデザインの折りたたみ自転車を低価格でほしいのであればスマートファクトリーのグラフィスは非常におすすめできる折りたたみ自転車です。

グラフィスをおすすめする理由については「グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介」にも詳しい情報を掲載しています。

ハマー 自動車ブランドのおすすめの折りたたみ自転車

ハマーブランドの折りたたみ自転車です。

ハマー自体が製造しているわけではなく、ジック株式会社がパテントをとり製造販売しています。

ハマーの折りたたみ自転車の特徴は塗装でウェザリング塗装という汚れが目立ちにくくビンテージ感がある塗装をしています。

また、制動力Vブレーキを採用するなどスピードを出しても耐ええるブレーキを採用しています。

前かごはついていませんが、前キャリアがついているため後付けでカゴは簡単に設置できます。

たたし、カゴがついていない状態で折りたたみすることが前提となっているため、カゴを付けることが折りたたんだ時のコンパクトさには欠ける可能性があります。   

かっこいい折りたたみ自転車を探している方にはおすすめできる自転車です。

ハマーの自転車については「ハマーの自転車を全車種を詳しく解説 折りたたみ自転車や子供の自転車まで」により詳しいおすすめの情報を掲載しています。

ルノー プラチナマッハ9 機能性も本格的なおすすめの折りたたみ自転車

ルノーのプラチナマッハ9は自動車メーカーのルノーのロゴが入った自転車です。

ルノーブランドですが、ハマーと同じくジック株式会社が製造販売しています。

ルノーの折りたたみ自転車は近年、高付加価値自転車を多数発売しており、このプラチナマッハも機能性が優れている折りたたみ自転車でおすすめできます。

具体的には、アルミフレームで10kgを切る9.4kgと軽量化された折りたたみ自転車という点です。

また、コンポーネントはSORAを使うなど品質の高いパーツで構成されています。

前かごや泥除けはついておらず、本格的に折りたたみ自転車を楽しみたい方には非常におすすめの自転車です。

ルノーの自転車については「ルノーの折りたたみ自転車はすごい!価格以上に軽量化された折りたたみ自転車も!」により詳しいおすすめの理由を掲載しています。

おすすすめの子供乗せ付き電動自転車

おすすめの子供乗せ付き電動自転車は、各社機能性が異なっているため、目的に近い機能性がある自転車を選ぶのがポイントです。

大手電動自転車メーカーのヤマハ、パナソニック、ブリヂストンは各社子供乗せ付き電動自転車を発売しています。

機能性の違いを理解したうえで購入すると失敗しないと思います。

子供乗せ電動自転車については「子供乗せ電動自転車 メーカーや機能別の違い」に詳しい車種や―カーごとの情報を掲載しています。

ヤマハ バビーアンSP 都心でストップアンドゴーが多い方におすすめの子供乗せ付き電動自転車

パスバビーアンSPはヤマハの中でもおすすめの電動自転車です。

ヤマハの電動自転車のメリットはこぎだしのレスポンスの良さと力強さです。

そのため、信号が多く止まったり、走り出したりが多い地域に住んでいる方にはおすすめの電動自転車です。

バッテリー容量も大きく、一度の充電で走行できる距離目安が75kmと比較的長いです。

前かごも大きく毎日のお子さんの送り迎えと買い物を両立できる子供乗せ付き電動自転車だといえます。

電動アシストの恩恵を存分に受けたい方はヤマハのバビーアンンSPがおすすめです。

パスバビーアンの魅力は「ヤマハパスバビーアンの魅力 チャイルドシート付電動自転車としてのメリットデメリット」に詳しく解説しているのであわせて読んでみてください。

パナソニック ギュットクルームRDX お子さんに快適に乗ってもらいたい方におすすめの子供乗せ付き電動自転車

パナソニックのギュットクルームRDXはパナソニックの中でもおすすめの電動自転車です。

特徴としては、チャイルドシートが赤ちゃん用品などで有名なコンビとの共同開発のチャイルドシートになっています。

2020年モデルからチャイルドシートにサンシェードがつき、暑さからお子さんを守る仕組みになっています。

クルームシートと呼ばれるコンビとの共同開発のチャイルドシートは以前は前のみしかなかったのですが、現在では後ろのチャイルドシートができ非常に乗り心地がよいと評判です。

お子さんの乗り降りも楽なのでチャイルドシートにこだわりたい方にはパナソニックのギュットクルームRDXがおすすめです。

ギュットクルームについては「ギュットクルームを詳しく解説 EX、DX、RDX、REXの違いや後付け前後チャイルドシートの紹介など」や「ギュットアニーズとギュットクルームの魅力と違い パナソニックのギュットシリーズ電動自転車はすごい」に詳しい情報を掲載しており、同じような電動自転車であるギュットアニーズとの違いも解説しています。

ブリヂストン ビッケモブdd 男性も女性も乗りやすいおすすめの電動自転車

ブリヂストンのビッケモブddは男性も女性も乗りやすいおすすめの電動自転車です。

男性も女性も乗りやすい理由は、前輪タイヤが24インチで後輪タイヤが20インチと前輪と後輪でタイヤの大きさが異なる点です。

子供乗せ付き電動自転車の多くは20インチのタイヤを利用していることが多いですが、前輪が24インチあることで男性でも小さくなく、快適にこぎだすことができます。

また、後輪は20インチなのでほかの子供乗せ付き電動自転車と変わらずお子さんの乗り降りがしやすいのでおすすめです。

ブリヂストンはヤマハやパナソニックと異なり、電動がついていない自転車にも力を入れているため、独自のノウハウが多数あります。

チェーン部分がベルト状になっているカーボンベルトドライブなどはノウハウから蓄積された独自機能だといえます。

そのほか、両輪駆動、走りながら自動充電、モーターブレーキなどさまざまな機能があり自転車本来の機能をもとめ男性も女性も利用するのであればブリヂストンのビッケモブddがおすすめです。

ビッケシリーズについては「ブリヂストンのビッケシリーズを詳しく解説 電動自転車のビッケモブやビッケグリ、ビッケポーラーeなどについて」にほかの車種含めておすすめできる情報を掲載しています。

おすすめのママチャリ型電動自転車

ママチャリ型電動自転車でおすすめなのは機能性ですが、特に価格と走行距離目安の比較が重要です。

ママチャリ型電動自転車では格安電動自転車も多数発売されており、機能面として一般的な電動自転車の違いはバッテリー容量です。

また、保証体制なども異なってきます。

一度の充電での走行距離や保証体制を加味してママチャリ型電動自転車を選ぶのがおすすめです。

ママチャリ型電動自転車は車種が多いため、ほかの車種含めてより詳細なおすすすめ車種については「ママチャリ型電動自転車でおすすめはこれ!機能別やメーカー別でおすすめ車種や特徴を紹介」に詳しく解説をしています。

パナソニック ビビSX パナソニックの10万円を切るおすすめのママチャリ型電動自転車

パナソニックのビビSXはパナソニックのママチャリ型電動自転車の中でも機能を絞り込み購入しやすい価格帯でおすすめです。

バッテリー容量は8.0Ahで一度の充電で走行できる走行距離目安はエコモードで50kmです。

10万円を切る価格でパナソニックの電動自転車が購入できるのはお買い得でおすすめです。

機能面としては、内装3段変速ギアやBAAマーク取得済みなので品質としてはしっかりしていると思います。

低価格で品質の高いパナソニック製のママチャリ型電動自転車が欲しいというかたには非常におすすめの自転車です。

なお、パナソニックのビビについては「パナソニックビビを全車種紹介 他メーカーの電動自転車との比較や違い、専門店でしか買えないビビも解説」により詳しい情報を掲載しています。

Airbike 5万円程度で購入できるおすすめの格安電動自転車

AIRBIKEは楽天市場などインターネット通販で販売されている格安電動自転車です。

価格の安さが何よりのおすすめポイントです。

機能性としては、外装6段変速ギアがついており、ママチャリタイプの電動自転車で内装ギアではないのは珍しいといえます。
(内装ギアより外装ギアのほうがコストが安いためだと思います。)

また、バッテリーがほとんどの電動自転車ではリチウムイオンバッテリーですが、このAIRBIKEでは鉛バッテリーを利用しています。

特殊ではあるのですが、全体として電動自転車としては機能しているため、とにかく安い電動自転車が欲しいという方におすすめの自転車です。

Airbikeについては「エアーバイク(Airbike)という格安電動自転車を解説 バッテリーや品質、7部組についても解説」でより安さとおすすめの理由を解説しています。

ヤマハ PASウィズ 定番のおすすめママチャリ型電動自転車

ヤマハのパスウィズはヤマハらしい定番のママチャリ電動自転車です。

一般的な普通のママチャリ型電動自転車がほしいという方にはおすすめです。

毎日の買い物や近場の通勤に向いており女性も運転しやすいです。

ヤマハのパスウィズについては「ヤマハPAS Withシリーズを全車種解説 SP、DXの他社電動自転車との違いも解説」に詳しい解説をしています。

ヤマハパスシリーズの電動自転車は比較的パワーがあり乗りやすいのが特徴です。

また、オートエコモードプラスでは1度の充電で走行できる走行距離目安が78kmと長くおすすめポイントです。

ママチャリ型電動自転車が多数あり違いがわかりいくいという方にはヤマハパスウィズが無難で価格も同車種の中では高くはないのでおすすめです。

利用用途別おすすめの自転車

自転車は利用用途に応じてもおすすめできる自転車が異なってきます。

近距離をちょっと買い物に行くのと、毎日アクティブに通勤通学に利用するのではおすすめできる車種は異なってきます。

ここでは、自転車に乗る用途に応じたおすすめの自転車を紹介します。

通勤におすすめの自転車

通勤におすすめの自転車は長距離乗っても疲れず、快適に乗れる点と通勤バッグなど荷物が入る点がポイントです。

以下でおすすめの自転車の中でも電動付き自転車とシティサイクルを紹介します。

通勤用自転車を購入する時に気を付けるポイントについては「通勤用自転車を購入する時に気をつけるポイント」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

trois 価格の安さとバランスがよいおすすめの自転車

troisはシティサイクルの中でも通販で人気がある自転車です。

おすすめポイントは27インチ、6段変速ギアで快適に走ることができる仕様です。

また、価格も安く同等スペックの中では最安値だといえます。

楽天市場などの通販で購入した場合、完全組み立て済みで配送してくれるのですぐ通勤に利用することができ便利です。

安い価格でおすすめの通勤用自転車を探しているであれば一番おすすめです。

troisをおすすめする理由については「trois(トロワ)という自転車の評判は?低価格で高評価のシティサイクル」により詳しいメリットなどを掲載しています。

オフィスプレスe 通勤に特化したおすすめの電動自転車

オフィスプレスeはサイクルベースあさひのオリジナルの電動自転車です。

通勤に特化した仕様になっており、スーツでも似合うフレーム形状やビジネスバッグが楽々入る前かごなどが特徴的です。

また、スピードを出して走った場合でも制動力があるディスクブレーキなど男性が都心の通勤に利用するのに便利な機能がたくさんあります。

電動自転車で通勤向け自転車を探しているのであればオフィスプレスeが一番おすすめです。

通学におすすめの自転車

通学用自転車の選び方は安全性やタイヤのインチサイズ、荷物の容量の問題などさまざま選ぶ要素はあります。

今回は通学用自転車のうち、人気のあるおすすめの自転車と電動自転車を溶解します。

ルシール 価格はお手頃で変速ギアとオートライト前後かご設置可能なおすすめの自転車

ルシールは価格はお手頃ですが、機能性が優れているおすすめの自転車です。

ママチャリですが、6段変速ギア、オートライトの機能が付いており、荷物の多い学生用に後から後ろかごを設置できる仕組みになっています。

通販を中心に販売されており、入荷するとすぐに売れ切れになってしまう人気車種で通学に非常におすすめです。

ティモS 通学に特化したおすすめの電動自転車

ティモSは通学に特化してつくられたおすすめの電動自転車です。

フレームが長く、女子学生だけではなく、男子学生にもおすすめできる車種です。

大型なカゴやスポークがしっかりしているので学生ならではの荒い運転にも耐えうるつくりになっています。

BAA適合車で安心して乗ることができおすすめの電動自転車です。

ティモについては「パナソニックのティモを全車種解説 A,L,S,DXの車種ごとの違いや他メーカーの類似商品比較」により詳しい解説をしています。

毎日の買い物におすすめの自転車

毎日の買い物に優れた自転車はかごの大きさや快適に乗るための仕組みがポイントです。

ママチャリタイプが基本となってくるため今回はおすすめのママチャリと電動自転車を紹介します。

dixhuit 毎日の買い物に安くておすすめの自転車

dixhuitはママチャリの中では通販を中心に販売されており、最もおすすめできるといえる買い物用の自転車だといえます。

26インチ、6段変速ギアで価格も安く、お手軽に買い物用自転車がほしいというかたにおすすめです。

通販では自宅まで自転車を届けてくれ、オプションで梱包の持ち帰りや後ろかごを設置でき買い物の荷物の容量を増やすことができます。

デザインもかわいく、買い物を主要素としてママチャリを探しているのであればdixhuitがおすすめです。

dixhuitについては「安いギアつきママチャリならdixhuitがおすすめ 通販最安値の自転車です」や「dixhuit 26インチ6段変速ギアで最もおすすめできるママチャリ」でも上記のにも詳しい車種の解説をしています。

パナソニック ビビEX 大容量のカゴは非常に助かるおすすめの電動自転車

ビビEXはパナソニックのカゴが大きく毎日の買い物向けの電動自転車です。

通常の自転車のかごはワイヤーやメッシュカゴなどが多いですが、このビビEXは樹脂製のカゴで柔らかいのが特徴です。

また通常の自転車かごよりも大きいのでスーパーなどの買い物の荷物が簡単に入りおすすめです。

特徴としてはエコモードで100km走る走行距離目安など手間がかかる充電の回数を減らしてくれるのもうれしいポイントです。

電動自転車で近所のスーパーなど買い物に利用するのが目的であればパナソニックのビビEXがおすすめです。

お子さんの送り迎えにおすすめの自転車

お子さんの送り迎えにおすすめの自転車は電動自転車が基本となります。

上記で「おすすすめの子供乗せ付き電動自転車」を紹介していますが、それ以外のおすすめできる個性的なお子さんの送り迎えに最適な自転車を紹介します。

ハイディツー ブリヂストンとVERYのコラボのおしゃれでおすすめな電動自転車

ハイディツーはブリヂストンとファッション雑誌のVERYのコラボしたおしゃれでおすすめな電動自転車です。

チャイルドシート付電動自転車の多くが20インチのなか、このハイディツーはタイヤが26インチと大きめです。

デザイン性が高くおしゃれな見た目に仕上がっています。

機能性も高く、ブリヂストンならではの両輪駆動や走りながら自動充電、モーターブレーキ、カーボンベルトドライブなどフルスペックに近い仕様です。

また、エコモードで120kmも走り、忙しい主婦の方などお子さんの送り迎えでバッテリーの心配をする機会が少なくてすみます。

お子さんの送り迎え用電動自転車でおしゃれでおすすめな商品といえばハイディツーが最もおすすめできます。

ハイディツーについては「ハイディー2はブリヂストンのデザイン性高い電動自転車 機能やカスタムパーツの紹介」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

ルシール おしゃれで安いお子さんの送り迎えにおすすめの自転車

お子さんの送り迎えは電動自転車が理想的ですが、費用が高く電動がない自転車で十分という方も多いかもしれません。

そのような方にはルシールがおすすめです。

26インチ、6段変速ギア、オートライトのフルスペックママチャリにチャイルドシートを設置した自転車です。

おすすめポイントは機能性も高いことならが、価格も2万円台と安い点です。

電動自転車であれば10万円以上は必要ですが、機能がそろったうえで2万円台はおすすめできるポイントです。

また、チャイルドシートも最も安心なOGK製チャイルドシートを採用しており、お子さんの送り迎えに理想的な自転車だといえます。

乗る方別おすすめの自転車

自転車の乗る目的や種類別でおすすめ車種を紹介してきましたが、自転車に乗られる方の属性に応じた機能や選ぶおすすめポイントがあります。

これらポイントを抑えて自転車選びをすると失敗する確率が下がると思います。

男性におすすめの自転車

男性におすすめの自転車の選ぶポイントは男性向けデザインを考慮した自転車か、また、男性は力があるため、変速ギア付きで乗りこなせるかという点です。

デザイン面は男性をターゲットした自転車の代表格ではサイクルベースあさひのオフィスプレスなどがあります。

変速ギアはついているほうがスピードを出したいときに重いギアでこぐことができ力が自転車に伝わりやすくおすすめです。

そのほか、ママチャリなどの場合、ハンドルはまっすぐなオールラウンダーハンドルのほうが男性は運転しやすいかもしれません。

セミアップハンドルというハンドルが手前に曲がっているハンドルの場合、背中が上に伸び安定性はあがりますが、こぐ力がペダルに伝えにくいかもしれません。

女性におすすめの自転車

女性の場合、ドレスガード付き自転車やフレームのまたぐ部分が比較的したに下がっている自転車がおすすめです。

クロスバイクなどのスポーツ自転車の場合、フレームのまたぐ部分が高く、女性はまたぎにくいということがあります。

そのため、ママチャリなどの場合、またぐ部分が下に下がっている低床フレームと呼ばれるまたぎやすいフレームがおすすめです。

また、後輪の周りにはドレスガードがついているとスカートで自転車に乗る場合、スカートの巻き込みや汚れの付着を防ぐことができます。

また、デザイン面では、サドルに鋲が打たれているテリーサドルやカゴは藤風カゴと呼ばれる側面の一部が藤風のデザインのカゴが女性らしいデザインにみえおすすめです。

女性向けのかわいい自転車については「女性向け自転車の選び方を解説 乗りやすい車種や通勤通学向け自転車まで詳しく紹介」や「かわいい自転車はわけがある!女性に人気のかわいい自転車特集」にも詳しい情報を掲載しています。

子供におすすめの自転車

おすすめの子供むけに自転車は身長とタイヤインチサイズ、また購入後の次の自転車の大きさなどが選ぶポイントです。

補助輪付き自転車を購入した後に補助輪なしの自転車を購入し、その後大人と同じサイズの自転車を購入するという流れが一般的ですが、購入のタイミングは人それぞれだと思うので、タイミングを考えることがポイントです。

おすすめの買い替えタイミングについては「年齢別の子供用自転車インチサイズ比較。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車まで比較」に詳しく掲載しているので読んでみてください。

シニアの方におすすめの自転車

シニア向け自転車でおすすめの選び方は低床フレームの採用です。

またぐ部分が地面に近いことで筋力が弱いシニアの方でもまたぎやすく乗りやすくなります。

また、電動なし自転車の場合、アルミフレームの自転車や三輪自転車などもあります。

そのほか、シニア向けの自転車の特徴としては、タイヤインチサイズをひとつサイズを下げ24インチの自転車もおすすめです。

タイヤが小さい分重心が下がり、安定性が増します。

電動自転車でもシニア向け電動自転車は多数発売されているので検討してみるのがおすすめです。

シニア向け自転車については「高齢者向け自転車の選び方とおすすめ車種 シニア向け軽い電動自転車や三輪自転車も紹介」に詳しい選び方などを掲載しています。

自転車を購入するおすすめの店舗

自転車購入する場合、どの店舗で購入するのかというもの選び方のポイントだと思います。

おすすめの選び方は普段のライフワークや購入する車種によりけり異なってきます。

安さと独自性ならインターネット通販がおすすめ

インターネット通販で自転車を購入する場合、おすすめのポイントは安さと多数の自転車から選べるという点です。

多数の車種から選べるというのはインターネット通販ならではです。

楽天市場やamazonで自転車を閲覧してから実店舗に行くと、店舗によっては値段の割高感や車種の種類の少なさに納得ができない場合もあります。

特にサイマなどの自転車専門通販サイトより楽天市場やamazonなどもモール型通販のほうが車種は圧倒的に多いです。

そのほかメリットとしては、通販ならではのいつでも購入ができる点や自宅まで配送してくれるという点が実店舗型とは異なる点でおすすめです。

見て触って購入ならサイクルベースあさひやイオンバイクなどの総合自転車店がおすすめ

サイクルベースあさひやイオンバイクのような総合自転車店で自転車を購入するのもおすすめです。

総合自転車店であれば幅広い知識も持ったスタッフの方が親身に対応してくれます。

「何となく自転車が欲しいがどのような車種にしたらよいのか想像がつかない」というような方におすすめです。

また、店舗ごとのオリジナル加入サービスがあり、修理代金が安くなったり、点検費用が無料になるなど店舗ごとさまざま差別化がされています。

総合的に自転車を取り扱っているため、修理を含め家族それぞれの自転車のお世話になれるのがメリットでおすすめです。

サイクルベースあさひについては「サイクルベースあさひについて あさひオリジナル自転車や店舗や修理、各種サービスを解説」、イオンバイクについては「イオンの自転車屋さん イオンバイクの通販がサービスが充実している!」により詳しい解説をしています。

安さとすぐほしいならホームセンターやドン・キホーテなどのディスカウント店がおすすめ

ドン・キホーテロゴ

ホームセンターやドン・キホーテなどのディスカウント店でも自転車の販売を行っておりおすすめです。

特徴としては価格の安さです。

インターネット通販並みに安い自転車を現物を見てすぐ購入ができるという点が最大もおすすめポイントです。

また、最近では売りっぱなしではなく修理なども行っているホームセンターやドン・キホーテなども多数あります。

ただし、自転車に詳しい自転車技士が常駐していない店舗もあり、おすすめはホームセンターやドン・キホーテの中でも自転車売り場が広く、自転車技士が常駐しているような店舗で購入することがおすすめです。

ドン・キホーテで自転車購入を考えるのであれば「ドン・キホーテで自転車購入するときのポイント。修理や保証、引き取りについて」、ホームセンターで自転車購入を考えるのであれば「ホームセンター別の自転車の特徴やホームセンターで安い自転車や自転車用品を購入する方法」を読んでみてください。

専門的な自転車ならワイズロードなどの専門自転車店がおすすめ

本格的なロードバイクなどのスポーツ自転車を購入するのであればワイズロードなどのスポーツ自転車専門店がおすすめです。

専門店ならではの深い知識やノウハウは他の店舗よりも群を抜いて優れておりスペシャリストが多いです。

ロードバイクなどは購入したら終わりではなく、そこからカスタムやチューニングが始まります。

自分自身にあうフィッティングを求め有料のサービスもあり自転車に専門性を求めるのであればワイズロードなどの専門店がおすすめです。

ワイズロードについては「ワイズロードはロードバイクやクロスバイクのスポーツバイク専門自転車店 店舗だけではなく通販やWebも充実」により詳しい解説をしています。

おすすめの自転車と一緒に購入したほうがよいもの

自転車を購入するときに一緒に購入をおすすめする商品がいくつかあります。

特に保険に関しては義務化されている地域も多く、事故の危険もあるので必ず加入することをおすすめします。

自転車保険への加入がおすすめ

自転車保険は自転車事故を起こした場合、賠償責任が発生することが考えられます。

自転車事故の場合、賠償金額が1億円近い金額が過去の例では発生しています。

そのため、自転車を購入するタイミングで自転車保険の見直しを改めて行うことをおすすめします。

TSマークで賠償責任保険に加入している場合、1年間で保障は終わってしまうため再加入が必要だったり、自転車保険の種類によっては、最大の補償金額が不足している場合も考えられます。

そのため、保険に関しては保険のプロフェッショナルに相談するのがおすすめです。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】であれば、何回保険に関しては相談しても無料なうえに、アンケートに答えることでプレゼントまでもらうことができるサービスです。

また、自転車保険は他の保険やクレジットカードの付帯として知らぬ間に加入されている可能性もあります。

重複してかけることで費用を無駄にしている可能性もあるので、自転車保険だけではなくこのタイミングで保険全体を見直してみることがポイントです。

なお、自転車保険全体について学びたい場合「自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ」を読んでみてください。

ライトや鍵などの自転車に必要なアクセサリ

おすすめの自転車を購入した場合、その自転車に必要なパーツがついているか確認してみましょう。

折りたたみ自転車やクロスバイク、ロードバイクなどのスポーツ自転車の場合、ライトや鍵が別売りになっていることが多いです。

また、ママチャリの場合でもドレスガードやついていかったことでスカートの巻き込み事故の危険性もあります。

クロスバイクで街乗りの場合、泥除けがないため、泥はねがひどく衣服を汚してしまうこともあります。

どのパーツが必要かは購入前や乗る前にしっかりと確認して必要に応じて追加購入するようにしましょう。

ヘルメットはお子さんには必須

ヘルメットは自転車の転倒時などに自分自身や同乗しているお子さんの身を守る大切な自転車アイテムです。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車に乗るのであれば必ずかぶりますが、お子さんをチャイルドシートに乗せる場合、ヘルメットをかぶせないことが多々あります。

これは万が一の事故が発生した場合、危険なので、お子さんへのヘルメットは強くおすすめします。

レインコートは1枚必要

通勤通学で自転車を利用する場合、レインコートを1枚購入しておくことをおすすめします。

通勤通学で自転車を利用することでよくあるパターンは行きは雨が降っていないものの帰りに雨が降っており、帰ることができなくなってしまうというパターンです。

おすすめは薄くて軽い自転車用レインコートです。

会社や学校に置いておくだけでも安心感は増すと思うのでおすすめです。

自転車のレインコートについては「雨の日の自転車 顔や靴が濡れない対策やレインコート、レインウェアを紹介」におすすめの商品をまとめているので確認してみてください。

おすすめの自転車を車種や目的シーン別で紹介 自転車の選び方も詳しく解説のまとめ

自転車をインターネットなどで購入する時にアドバイスをもらうことができずおすすめの自転車はどのような自転車なのか迷いますよね。

まず、自転車を購入する時には自転車を購入する目的を確認しましょう。

次にインターネット通販の場合、おすすめは完全組み立てで配送してくれる店舗から自転車を購入することです。

おすすめの自転車は車種ごとに異なっており、ママチャリ、クロスバイク、ミニベロ、折りたたみ自転車、子供乗せ付き電動自転車、ママチャリ型電動自転車のおすすめを紹介しています。

また、用途としては、通勤、通学、毎日の買い物、お子さんんの送り迎えにおすすめな自転車を紹介しています。

そのほかにも男性、女性、子供用、シニア用でおすすめの自転車も異なっているためポイントを解説しました。

インターネット通販以外にもあさひなどの総合自転車店やホームセンター、ドン・キホーテのようなディスカウント点、一方ワイズロードのような専門自転車店もありそれぞれのメリットがあります。

自転車と一緒に購入したほうがよいものにライトや鍵、ヘルメット、レインコートなどがあり、特に自転車保険は何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】などで一度見直しや新たな加入をすることをおすすめしています。

ぜひ、これらおすすめの自転車から購入を検討してみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, 折りたたみ自転車ミニベロ, クロスバイク
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.