自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめ

更新日:

自転車保険は近年注目されており、都道府県の多くが加入義務が必要になってきています。

自転車保険はさまざまな種類があり選ぶのに慎重になったほうがよい買い物です。

今回は自転車保険の選び方や気を付けるべき点について総合的に解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


自転車保険とは

自転車保険とは自転車を利用している時に交通事故を起こした場合に補償をしてもらうための保険です。

自転車の運転は被害者だけではなく、加害者になりうる乗り物です。

そのため、自転車保険に加入することで賠償責任が発生した場合に保険会社がかわりに支払いを行ってくれる保険です。

自転車保険は都道府県単位で義務化されている地域も多いですが、万が一の事故にそなえて地域での義務化有無ではなく加入しておくことをおすすめします。

自転車保険は罰則はないが義務化されている地域が多い

自転車保険義務地域

自転車は都道府県単位で加入義務の状況が異なります。

最新の加入状況については「自転車保険は加入義務地域が増えている」のページを参考にしてみてください。

上記もしましたが、自転車は加害者になることもあり加入義務の有無ではなく賠償責任のことを考え加入するようにしましょう。

自転車事故の賠償責任は1億円近くになることも

自転車保険は賠償責任で多額の請求が発生する可能性があります。

車の場合は自賠責保険に強制加入されるため、被害者保護はある程度できますが、自転車の場合、自賠責保険にあたる保険がないため、乗る方一人ひとりが任意保険にあたる自転車保険に加入する必要があります。

自転車の賠償責任は年々上がっており、例えば平成25年7月4日判決の小学生が加害者の例でも判決認容額が9,521万円と1億円近い賠償責任を課せられる場合もあります。

加害者になり、重大な事故の場合、1億円程度の支払いを命じられることもあるので、自転車保険は必要不可欠なサービスだといえます。

自転車保険に加入する前に確認すること

自転車保険に加入する場合、事前にチェックをしておくポイントがあります。

これら点は自転車保険に加入する前に確認をしておきましょう。

自転車保険の対象となるのはだれか

自転車保険に加入する場合、加入対象となる方がどなたなのかという点を事前に考えておきましょう。

自転車保険は対象者がひとりの場合や夫婦で有効な場合、一緒に住んでいる家族全員が対象となる場合などプランによって補償の対象者(被保険者)が異なっています。

自転車保険の補償はどの程度必要か

自転車保険の補償がどの程度必要なのか事前に確認しておく必要があります。

具体的には充実したプランのほうが、掛け金は高くなるため、補償が必要な額と費用を考えましょう。

例えば、ご自身の入院や通院が必要になった場合も補償金額や賠償責任が発生した場合の最大補償額などです。

知らぬ間に自転車保険に加入していないか

自転車保険に加入検討されている場合、陥りがちなのはすでに自転車保険に相当する保険に加入していることがあります。

上記で解説したような、家族内の別の方がすでに自転車保険に加入しており補償の対象者(被保険者)に新たに加入しようとしていた方が含まれていたなどです。

他には以下のパターンも自転車保険と同等の補償が受けられるので事前チェックを行っておきましょう。

TSマーク

TSマークは公益財団法人日本交通管理技術協会で発行しているマークです。

自転車を新しく購入した時に自転車安全整備士が点検したという点検整備済証を発行してもらえる制度です。

大きな目的は自転車の整備をしっかりと行うというところにありますが、TSマークを発行して1年間は賠償責任補償がつきます。

青色と赤色のシールがあり赤色シールであれば最大1億円まで個人賠償責任の補償が付き、傷害補償も死亡若しくは重度後遺障害で最大100万円、入院(15日以上)10万円を補償してくれます。

最初に自転車を購入した時に整備を主たる目的で説明を受けていると補償について失念してしまう可能性があるので、自転車にシールが貼られているか確認をしてみましょう。

火災保険やクレジットカードの付帯

火災

自転車保険に気が付かないうちに加入しているというパターンで火災保険やクレジットカードの補償の付帯で自転車事故にも対応できるということがあります。

火災保険の中に「個人賠償責任危険補償特約」という特約が付帯されていることもあり、その場合、自転車事故も補償してくれることが多いです。

クレジットカードも同じく、付帯がついていることがあり、自転車事故の補償を主たる目的で加入していないため、すでに加入している火災保険やクレジットカードの付帯を確認してみましょう。

自転車保険にもさまざまなサービスがある

自転車保険は自転車事故にあったときの金銭的な補償を主たる目的としていますが、保険の内容によっては別にメリットもあります。

これらサービスの有無も加入前に確認しておきましょう。

示談代行サービス

自転車事故にあい加害者となってしまった場合、被害者の方と示談交渉が必要となります。

示談交渉をご自身でおこなうこともできますが、非常に大変で加害者としてのストレスは大きいと考えられます。

別途弁護士に依頼した場合、数十万円から賠償金額によっては数百万円かかる場合もあり、金銭的な負担はふえます。

そのため、示談交渉を代わりに行ってくれる示談交渉サービスがついているか確認しておきましょう。

現在では多くの自転車保険で示談交渉サービスがついていますが、ついていない保険もまだ多くあるため、事前チェックは必要です。

自転車以外の交通事故にも対応

自転車保険の中には自転車事故以外でも補償してくれる保険もあります。

例えば、自転車以外の怪我や日常での怪我にも自転車保険で補償してくれる保険もあるので確認してみましょう。

自転車ロードサービス

クロスバイクやロードバイクのようなスポーツ自転車で遠方へツーリングにでかけることもあります。

遠方で自転車に乗っている時に自転車が何かしら故障してしまい動かなくなることもあります。

修理キットや近くに自転車屋があればいいのですが、なければ自転車に乗ることができず途方にくれることもあります。

自転車ロードサービスとはそのような場合、自転車のロードサービスがあり故障した自転車を希望の場所まで搬送してくれます。

この自転車のロードサービスは近年人気が出てきており、クロスバイクやロードバイクでツーリングを行う方は加入されることが多いです。

このような自転車ロードサービスが自転車保険に付帯されることもありサービスの充実につながっています。

自転車保険の入り方と比較

自転車保険の入り方は様々なパターンがあります。

ここでは代表的なパターンを掲載しておくので参考にしてみてください。

インターネットで自転車保険に加入する

インターネットで自転車保険に簡単に加入することができます。

最近では、インターネット経由での自転車保険は非常に簡単で通販で買い物をする感覚で自転車保険に加入も可能です。

難しい手続きや慣れていないサイトから加入するのを避けたいということであれば楽天市場の超かんたん保険の自転車保険がおすすめです。

賠償保険金額も1億円あり充実した内容でありながら楽天で買い物をするのとおなじような感覚で自転車保険に加入することができます。

自転車保険の加入方法やプランの比較については「楽天の自転車保険がホントに超かんたんでした。楽天の超かんたん保険の加入方法を紹介」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみください。

コンビニで自転車保険に加入する

セブンイレブン

コンビニで自転車保険に加入することができます。

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートと大手コンビニであればすべて自転車保険の加入が店舗でできます。

補償プランは店舗により取り扱い内容が異なるので、詳しく比較を確認したい場合は「自転車保険はコンビニで簡単に加入できる!セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート 各コンビニの補償を比較」を読んでみてください。

保険代理店で自転車保険に加入する

保険代理店経由で自転車保険に加入することも可能です。

対面で加入手続きや自転車保険に限らず、保険全体の見直しができるため、無駄な保険や保険のかけすぎにアドバイスをもらいながら自転車保険選びもできます。

火災保険やクレジットカードの付帯など保険になれていない人では気が付きにくい部分をプロに確認してもらうこともでき便利です。

おすすめは何度でも相談は無料で保険全般の知識が深い方に相談できることがポイントです。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】であれば何度相談しても無料なうえ、面談後にアンケートを書くとプレゼントまでもらうことができ自転車保険を含めて保険全体の見直しにはおすすめです。

自転車を購入した時に店舗に依頼する

ホームセンター

自転車取扱店の多くで自転車保険の加入ができます。

代表的な自転車保険はTSマークの賠償責任保険です。

上記でも説明していますが、自転車整備とともに1年間賠償責任保険がついてきます。

そのほか、店舗ごとで自転車総合パッケージを取り扱っていることが多いです。

またカインズなどホームセンターでも自転車保険を取り扱いしているので自転車購入時に店員さんに相談してみることもおすすめです。

自転車保険の注意すること

自転車のPL保険は違うインターネット通販で自転車を購入する場合、自転車の商品ページに「PL保険加入済み」という文言を見ることがあります。

「PL保険に入っているから自転車保険に入らなくてよい」ということではないので注意が必要です。

PL保険とは製造物責任法における製造物賠償責任保険でありここでいう自転車保険とは全く別物です。

自転車にPL保険が掛けられているというのは、自転車に欠陥があり、欠陥が原因で乗っている方や他の方や物を壊した場合、自転車メーカーや販売者に課せられる賠償責任保険です。

そのため、自転車に欠陥がなく自転車事故を起こしてしまい加害者になった場合などは補償の対象になりません。

通販で自転車の商品ページに掲載されているPL保険と自転車保険は別物であることをしっかりと認識しておきましょう。

TSマークの場合有効期間がある

上記でも説明していますが、TSマークは公益財団法人日本交通管理技術協会の認定マークです。

このTSマーク付き自転車であれば最大1億円まで賠償責任を補償してくれます。

しかしながらTSマークはあくまでも自転車安全整備士により自転車を点検し安全なので、付帯で個人賠償責任も補償するという趣旨です。

そのため、自転車整備後にTSマークが発行され、補償有効期間は1年間となっています。

1年を過ぎるとTSマークの補償は対象外となってしまいTSマークの補償を受けるためには再度自転車安産整備士に整備してもらいTSマークを受ける必要があります。

整備して安全に自転車に乗ってもらうという目的に沿ったものなので、加入時に永続的に補償があると勘違いしてしまう可能性があります。

また、1年と認識していても1年後に失念している可能性が重々考えられるので、TSマークの賠償責任補償は有効期限があるということをカレンダーにメモをとるなり、忘れないようにしましょう。

自転車盗難保険もある

自転車保険の中には自転車盗難を補償してくる保険もあります。

賠償責任保険とセットで加入できる保険もあるので、金額が高い自転車に乗られている方にはおすすめです。

また、自転車保険ではありませんが、盗難に関する補償は大手電動自転車メーカーのヤマハ、パナソニック、ブリヂストンであれば3年補償がついています。

総合自転車店のサイクルベースあさひやサイクルオリンピック、サイクルスポット、スポーツ自転車専門店のワイズロード、ホームセンターやドン・キホーテなどでも独自の自転車総合パックがあり、それに加入することで自転車盗難補償がついてきます。

具体的に主な自転車店での自転車保険は以下などです。

自転車保険との違いは補償内容は再度同車種を購入する場合、金額が非常に安く購入できるという補償内容です。

しかしながら、もう一度購入することは前提とはいえ、各メーカーか店舗の補償パックは有効なので、検討してみる価値はあると思います。

また、これら補償は総合的なパッケージになっており、修理代金の値引きや防犯登録、自転車パーツ代値引きなどもあわせたパッケージが多いです。

そのため、加入内容に自転車盗難補償が含まれているか確認してみる必要があります。

被保険者加入年齢

自転車保険は加入できる年齢が決まっています。

そのため、同居している家族全員が補償対象の自転車保険に加入してもシニアの方は補償対象外ということがあります。

加入する時には必ず補償対象年齢を確認しましょう。

また、TSマークであれば年齢制限がないほか、シニア向け自転車保険も多数販売されているので別途検討してみるとよいでしょう。

申込から補償開始日までのタイムラグ

自転車保険は申込から補償開始日まで間に数営業日時間がかかることがあります。

そのため、自転車保険に申し込んだその日から補償対象となるわけではないです。

気を付けたいポイントとしては、通勤や通学で自転車を利用し、学校や勤務先に自転車保険の加入書類を提出しなければならない場合、申し込みがギリギリだと実際に通勤通学時に申し込みは完了しているが補償対象になっていないと指摘を受けてしまう可能性があります。

そのため、自転車保険に加入する時には事前に余裕をもって加入手続きを行うようにしましょう。

自転車保険に加入する時のポイント 自転車保険に入る前に読んでおくべき知識をまとめのまとめ

自転車保険は自転車事故にあったときに金銭的な補償をしてくれる保険です。

自転車事故は被害者だけではなく加害者になる可能性もあり、地域によっては加入が義務化されている地域もあります。

自転車保険に加入しないと万が一の事故で補償がなく、9,000万円を超える判決も多数あるなど加入は必要不可欠です。

自転車保険に加入する前に確認するべき点としては、以下などを確認しておく必要があります。

  • 自転車保険に加入すべき人はだれか
  • 家族がある場合、年齢など制限なく加入ができるのか
  • 補償はどの程度必要か

また、気を付ける点としてすでに火災保険やクレジットカードの付帯やTSマークなどで自転車事故に対する保険に加入している可能性があります。

保険に関してはたくさんある保険を一人で選ぶの?【保険見直しラボ】などでプロフェッショナルに相談することで必要な自転車保険の判断がつくと思います。

自転車保険はオプションや付帯サービスが多数あり、示談代行サービスや自転車事故以外の一般的な事故にも対応してくれる保険、自転車ロードサービスや、自転車盗難保険などがついている保険もあります。

自転車保険の加入方法としては、インターネットやコンビニの他、保険代理店や購入した自転車店で加入などができます。

自転車保険の注意点としては、インターネット通販でPL保険と記載されているのは全くの別物であること、TSマークには有効期限があり自動更新ではないこと、申込から補償開始まで時間差があることなどです。

これらに注意して最適な自転車保険を探してみてくださいね。

-自転車の知識, その他の自転車の知識
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.