買い物におすすめの自転車 おしゃれなかごやリュックで大容量荷物でも大丈夫

投稿日:

買い物に自転車を利用される方も多いと思いますが、ママチャリの場合、大きなカゴが欲しいと思われる方が多いと思います。

また、ミニベロやクロスバイクで買い物にでかけると、そもそもカゴがついていなく困ることもあります。

今回は買い物用自転車に最適な車体や大容量カゴ、クロスバイクなどでも利用できるおしゃれな買い物用自転車アイテムを紹介します。

買い物に最適な自転車カゴ

自転車で毎日の買い物にスーパーなどに出かける方は多いと思います。

自転車を購入する時に主な目的な毎日の買い物であれば、カゴにはこだわりを持ったほうが良いです。

以下は買い物用自転車でママチャリを購入する時に選ぶポイントです。

自転車のカゴについては「おしゃれな自転車かご特集!自転車屋でみかけない前カゴやかっこいい後ろカゴ特集」にも詳しい解説をしています。

買い物は大容量の自転車カゴに越したことはない

買い物用自転車であればカゴは大容量に越したほうがよいです。

カゴ付きクロスバイクなどでは、ビジネスバッグを収納するために容量は大きくても横幅が広くても縦幅がなく、スーパーでの買い物の荷物を入れるカゴとしては適さないカゴもあります。

できる限り、縦幅、横幅、高さのバランスのよいカゴを選ぶことで買い物の荷物が入りやすくなります。

リアキャリアにカゴを設置すればカゴ容積は2倍に

ママチャリで買い物用自転車を探している場合、後ろキャリア(荷台)にカゴを設置することで荷物がより入れることができます。

ママチャリでもシティサイクルタイプのハンドルがまっすぐで一本足スタンドのタイプだと後ろキャリア(荷台)がついていないことが多いです。

後からキャリアは設置できますが工賃含めて、費用が数千円かかるため、買い物用自転車で荷台にカゴを設置したい場合、最初から後ろキャリア(荷台)がついているタイプを選びましょう。

また、インターネット通販で買い物用自転車を購入する場合、オプションでカゴを付けられる店舗もあります。

検索段階の写真では後ろカゴがついていないからといってあきらめずオプションがあるかを確認しましょう。

買い物用自転車カゴの素材は樹脂製がおすすめ

自転車カゴですが、買い物用でおすすめなのは樹脂製のカゴです。

カゴは大きく分けると樹脂製のカゴと金属製のカゴがあります。

車種としておおいのは金属製のカゴですが、長年利用しているとサビなどの劣化が顕著に出てきます。

また、ワイヤーが曲がり不格好になるということも金属製のカゴのデメリットです。

一方、樹脂製のカゴは劣化が少なく、やわらかいため、曲がるということもほとんどないです。

一方樹脂製カゴのデメリットは価格が金属のカゴよりも割高という点はデメリットです。

買い物用自転車を購入する時に金属製のカゴの自転車を購入し、後からわざわざ樹脂製カゴに交換する必要はありませんが、樹脂製カゴにはメリットが多いのでおすすめです。

特におすすめなのがOGK製の樹脂製のカゴです。

OGKについては「自転車用品のOGK ヘルメットやチャイルドシートの素晴らしさを解説」に詳しい情報を掲載しています。

金属製カゴの買い物用自転車でおすすめは底メッシュか目が粗くないもの

金属製カゴのほうが見た目がスタイリッシュなことが多いため、金属製カゴの自転車の中から選びたいという方も多いと思います。

その場合、毎日の買い物用であればメッシュカゴかワイヤーカゴでも目が粗くないものがおすすめです。

メッシュカゴとは金属性ですが、ワイヤーがメッシュ状になっており、ほとんど隙間がないカゴです。

ワイヤーカゴとはワイヤーでカゴが構成されており目が粗いカゴです。

ワイヤーカゴは通勤通学バッグなど荷物が飛び出ない場合、おしゃれでおすすめですが、スーパーの袋を入れる場合、荷崩れしやすく、安定さは欠けます。

致命的なデメリットではありませんが、おすすめは底だけメッシュ状になっているカゴか全体がメッシュ状になっているカゴが買い物用にはおすすめです。

買い物に最適な自転車の機能

新しい自転車の購入を検討しており、主たる目的がスーパーなどへの買い物の場合、以下の機能などが備わっているとより便利です。

スタピタ、ハンドルストッパー、くるピタなどハンドルロック

スタピタはパナソニック、ハンドルストッパーはヤマハ、くるピタはブリヂストンのハンドルロック機能の名称です。

スタピタ、ハンドルストッパー、くるピタとは、買い物を終えて前かごに荷物を入れるときにハンドルが固定されていることで安全に荷物を入れることができる機能です。

ハンドルにロックがかかっていないと重い荷物を入れるとハンドルが回転してしまい自転車が倒れてしまうことがあります。

しかしながらスタピタ、ハンドルストッパー、くるピタなどのハンドルロックがかかっていると重い買い物の荷物を入れてもハンドルが回らず転倒を防いでくれます。

女性やシニアの方など力がない方には特に有効です。

ハンドルロックは荷物の入れるとき以外にも前チャイルドシートを利用している時にお子さんの乗り降ろしにも有効な機能です。

チャイルドシートも買い物用カゴになる

チャイルドシートはお子さんを乗り降ろしするための自転車パーツですが、買い物用荷物を入れるためにも設計がされています。

そのため、お子さんがチャイルドシートを卒業した後でも買い物用の荷物を入れるための自転車パーツとして活躍します。

具体的には、後ろチャイルドシートの場合、またぐ部分は横が開いておりそのままだと荷物をしまうのには不向きですが、横から荷物が落ちることを防止するストッパーがついているチャイルドシートがほとんどです。

そのため、チャイルドシートを利用しなくなったからと言ってカゴを買い替えなくてもそのまま買い物用自転車として利用することができます。

後からでもリアキャリアにカゴは簡単に付けられる

後ろキャリア(後ろの荷台)がついており、買い物用自転車で後ろキャリアが活かせていない方は多いと思います。

落ちないようにヒモなどで固定して荷台を使いこなしている方は少なく、非効率的な自転車パーツとなりがちです。

その場合、後から買い物用荷物を入れるためのカゴを設置できます。

後ろかごはは簡単に設置ができ、自転車店でカゴだけの販売もされています。

また、インターネットでカゴだけ購入し、ドライバー1本で簡単に設置ができます。

ただし注意したい点としては、後ろキャリアがパイプキャリアというキャリアの棒状の部分が太めの荷台の場合、後ろにカゴがつけられないことがあるので事前に確認をしましょう。

クロスバイクやミニベロでカゴがない場合

クロスバイクやミニベロ、ロードバイクなどカゴがない車種で買い物に出かけた場合、荷物をしまう手段がなく不便に感じることが多いと思います。

そのような場合、以下などの方法で解決ができます。

取り外しができるカゴを買い物の度に設置する

自転車のカゴを都度取り付け、取り外しができる自転車カゴがあります。

クロスバイクやミニベロの場合ハンドルがまっすぐなオールラウンダーハンドルがおおいため、多くの車種で都度取り付けができるカゴの設置ができると思います。

カゴをハンドル部分にひっかけることでカゴになり折りたためるタイプがおすすめです。

カゴの安定性はママチャリなど前キャリアで固定された自転車には勝てませんが、臨時で利用する分は利用できる自転車アイテムです。

リュックなど代替アイテムで買い物を行う

リュックなどカバンに買い物の荷物を入れてクロスバイクやミニベロなどで帰るというのが一般的です。

トートバッグなど袋状のバッグをハンドルに引っ掛け自転車をこぐのはタイヤに引っかかる可能性がありあり危なく、リュックがおすすめです。

大容量リュックは多数発売されており、自転車に乗る方専用のリュックも多いです。

買い物でクロスバイクやミニベロを利用するのであればリュックはおすすめです。

買い物用自転車としておすすめの自転車

買い物におすすめの自転車です。

安い自転車から電動自転車、シニア向け三輪電動自転車でおすすめ車種を紹介します。

SUNTRUST 安くて後ろカゴも設置できる買い物用ママチャリ

SUNTRUTは楽天市場などを含めて最も安いママチャリです。

買い物用自転車としては優れており、26インチ、変速ギアなしです。

おすすめのポイントはやや小さめですが、カゴがメッシュカゴという点とオプションで後ろカゴが設置できるという点です。

後ろにカゴが設置できることで買い物の荷物が一度でたくさん運ぶことができます。

前のカゴよりも後ろのカゴに重い荷物を入れたほうが安定して運転ができるため後ろカゴをオプションで設置してもらい買い物に利用することがおすすめです。

いっしょに購入することで後ろかごが設置された状態で納品されます。

販売店のゴーゴーサイクリングについては「ゴーゴーサイクリングって最近よく自転車通販でみかけるけど評判ってどうなの?調べてみるとママチャリの価格は安く、品質はよさそう!」により詳しい情報を解説しているのであわせて読んでみてください。

キャプテンスタッグ 男性向け買い物にも利用できるカゴ付きクロスバイク

キャプテンスタッグはカゴ付きのクロスバイクです。

最初からカゴがついているため、買い物など荷物を入れるのに便利です。

キャプテンスタッグのクロスバイクは男性用に設計されており適正身長が170cm以上となっています。

大きめのクロスバイクでカゴがついているので買い物だけではなく、クロスバイクとしても活躍できる自転車です。

カゴ付きクロスバイクについては「カゴ付きクロスバイクを選び方を解説 TB1やおしゃれなあさひや軽量で安い人気クロスバイクなど紹介」でもほかのおすすめの車種を紹介しています。

ヤマハ パスチア 安くてパーキングストッパー付き、買い物用電動自転車

買い物用自転車を探しており電動自転車がよく、大手電動自転車メーカーの中から選びたいという方にはヤマハのパスチアがおすすめです。

10万円以下が購入でき、毎日の買い物に利用する分には機能性も十分です。

大手電動自転車メーカーの中でも最も安い部類の買い物用自転車ですが、安さのポイントはバッテリー容量を小さくすることでバッテリーの費用を抑えている点です。

とはいえ、オートエコモードプラスというモードでは一度の充電で走行できる走行距離目安が52kmと買い物には十分の走行距離があります。

また、買い物に向いているように約21リットル入る大きめのカゴや26インチで24.0kgと比較的軽い設計、ハンドルのふらつきを抑えるパーキングストッパーなどがついています。

買い物用電動自転車で安い車種を探している方には非常におすすめです。

パナソニック ビビDX 王道の買い物用電動自転車

ビビDXはパナソニックの買い物用電動自転車で最も王道的な電動自転車です。

ハンドルが固定されるスタピタ2がついており、スタンドを立てるだけでハンドルがロックされます。

また、カゴは樹脂製の大型カゴで多くの買い物の荷物が入ります。

リアバスケットも設置でき、適正身長も24インチであれば138cm以上の方であれば乗ることができます。

オーソドックスな買い物用の電動自転車が欲しいという方にはビビDXはおすすめです。

ビビDXについては「パナソニックビビを全車種紹介 他メーカーの電動自転車との比較や違い、専門店でしか買えないビビも解説」により詳しい情報を掲載しています。

アシスタワゴン シニアの方にも安心の買い物の荷物をたくさん運べる三輪電動自転車

シニアの方で買い物で電動自転車が欲しいが、ふらつきや転倒が心配という方も多いと思います。

そのような方には三輪電動自転車がおすすめです。

アシスタワゴンはタイヤが3本ある三輪電動自転車です。

買い物で利用されることも多く、買い物用の荷物がたくさん入る設計になっています。

標準で前と後ろにカゴがついており、自転車が心配になってきているシニアの方におすすめです。

三輪電動自転車は固定式とスイング式の2種類があります。

アシスタワゴンは両方切り替えができるため利用レベルに合わせて調整ができます。

三輪電動自転車の他のメーカーからも発売しています。

よりくわしい選び方は「電動三輪車のメーカー別機能の紹介 シニアも安心な電動三輪自転車とは」に情報を掲載しています。

買い物におすすめの自転車 おしゃれなかごやリュックで大容量荷物でも大丈夫

毎日の買い物で自転車を利用される方は多いと思います。

新しく買い物用自転車を購入する場合、選び方のポイントはカゴです。

大容量のカゴのほうが買い物の荷物は入りやすいですが、ポイントはカゴは樹脂製のカゴのほうがおすすめで金属製カゴの倍、ワイヤーカゴよりもメッシュカゴのほうが買い物にはおすすめです。

また、前かごは小さくても後ろかごを設置できるママチャリなどでは大容量の荷物が運べます。

また、買い物用自転車を選ぶ場合、カゴ以外ではスタピタ、ハンドルストッパー、くるピタなどハンドルロックがあるタイプはハンドルが固定されて買い物の荷物をカゴに入れるとき安全です。

また、チャイルドシートもカゴの代わりになるため、お子さんがチャイルドシートを卒業しても長く利用ができます。

既存のママチャリに後ろキャリアがついていれば後ろカゴを設置するのは比較的簡単でドライバー1本で設置ができます。

クロスバイクやミニベロのようなカゴがついていないタイプの自転車の場合、買い物の荷物はリュックなどのカバンにしまうか、固定されないカゴをハンドルに設置することで買い物の荷物を収納することができます。ママチャリや電動自転車の他、シニアの方には三輪電動自転車などの選択肢もあるので、ぜひ買い物用自転車を検討してみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.