ガクチャリがの機能や特徴を詳しく解説 ワイドタイヤやジテンシャホンポの特徴も

更新日:

ガクチャリという自転車をご存じでしょうか。

シティサイクルとしてインターネット通販などで販売されていますが、特徴がありおもしろい自転車のシリーズです。

今回はガクチャリについて詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


ガクチャリはエンドウ商事が発売している自転車

エンドウ商事

ガクチャリは自転車のシリーズ名の名前です。

ママチャリ、シティサイクルが中心ですが、男性が好むようなデザインが多く、クロスバイクとシティサイクルの中間の自転車やマウンテンバイクとシティサイクルの中間のような自転車などがあります。

また、格安電動自転車にあたる電動自転車も発売しています。

自転車メーカーにあたるのがエンドウ商事という企業です。

エンドウ商事は鳥取県米子市にあり自転車以外にもサイクルパーツや子供用乗り物、アウトドア商品、介護用品なども販売しています。

自転車に関してはガクチャリが中心ですが、ガクチャリ以外にもクロスバイクも発売しています。

特徴がありやや癖のあるデザインや機能性が好まれているかたが多いのだと思います。

ガクチャリはエンドウ商事が運営しているジテンシャホンポで買える

ガクチャリはエンドウ商事が販売していますが、現在楽天市場で購入することができます。

Yahoo!ショッピングやamazonでは販売されておらず、楽天市場のみガクチャリは購入可能です。

エンドウ商事がジテンシャホンポという店舗を楽天市場上に出店しており、ジテンシャホンポでガクチャリは購入できます。

メーカー直販のため、ガクチャリが購入したいという場合ハジテンシャホンポから購入すると覚えておくとよいでしょう。

ジテンシャホンポの特徴

ジテンシャホンポはガクチャリを販売している自転車店舗ですが、特徴がありガクチャリに限らずおすすめができます。

具体的におすすめできる理由としては以下などです。

100%組み立て済み自転車を配送している

自転車組み立て

ジテンシャホンポでは自転車を100%組み立てた状態で配送してくれます。

ジテンシャホンポ以外の店舗で一部インターネット通販の店舗では自転車を90%組み立て、95%組み立てなどの状態で配送している店舗があります。

これは「最終的な組み立てや点検は購入者が行ってください」という意味です。

自転車自体は専門品のため、しっかりと技術がある自転車整備士などが組み立てを行う必要があり、自転車の組み立ての慣れていない方が組み立てを行うと気づかない不備があり、事故や怪我の原因になりかねずおすすめできません。

自転車の交通事故は被害者だけではなく、加害者にもなりえます。

そのため、ガクチャリは100%組み立て、(完全組み立て)で自宅や倉庫で受け取りが可能なためおすすめです。

自転車の組み立ての重要さについては「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。

自転車が簡易梱包なので片付けが楽

ジテンシャホンポでは自転車を段ボールの箱にしまい配送するわけではなく、簡易包装で配送しています。

そのためガクチャリが自宅に届いた段階で大きな段ボールから自転車を出す必要のなくゴミの量も少なくすみます。

自転車を配送できる地域が限られている

ジテンシャホンポでは、全国対応しているわけではなく、倉庫がある周辺のみの配送に限られています。

具体的な配送地域は商品ページごとわけてあり、配送地域を5エリアに分けておりそのほか倉庫受取2パターンの合計7パターンがあります。

ガクチャリを配送で自宅に届けてもらう他、埼玉県越谷市と大阪府門真市に倉庫があり、そこにガクチャリを取りに行くことができます。

それ以外の配送できるパターン5エリアは以下の通りです。

  • 大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀限定
  • 東京23区+26市限定
  • 千葉・埼玉・茨城限定
  • 愛知・岐阜・三重・静岡限定
  • 広島・岡山・四国・鳥取・島根限定

ガクチャリの特徴

ガクチャリは通常のママチャリやシティサイクルと異なり多くの車種で特徴があります。

具体的な特徴では以下などがあります。

タイヤインチサイズが大きい

ガクチャリの最大の特徴はタイヤサイズが大きい自転車が発売されている点です。

通常の自転車の場合、27インチが大きめの自転車として販売されていますが、ガクチャリの場合、27.5インチや29インチの自転車が発売されています。

日本の自転車で29インチサイズのママチャリはほかにはなく唯一無二のタイヤサイズだと思います。

ただしタイヤインチサイズは29インチとかなり大きなサイズですが、適正身長目安は165cm以上と一般的な男性であれば乗ることができるサイズ感です。

一般的なタイヤインチサイズと適正身長については「自転車のタイヤインチサイズと適正身長は?ママチャリを選ぶ時の基準」を読んでみてください。

超低床フレーム

低床フレームとはまたぐ部分のフレームが下に下がっておりまたぎやすいフレームです。

ガクチャリの場合、ワイドクロスと呼ばれる、クロスバイクとシティサイクルの中間のような自転車で超低床フレームとうたっているフレームがあります。

太めのワイドタイヤ

ママチャリの自転車では珍しい、太いタイヤの自転車がガクチャリにはあります。

1.95インチの太さのため、やや太めのタイヤというような部類になります。

ファットバイクなどでは2~5インチなどかなり太いタイヤがおおいため、ママチャリとしては太めのタイヤのため、スピードよりも乗り心地がいいですよという感覚だと思います。

パンクしないタイヤ

ガクチャリの一部の車種ではレボタイヤと呼ばれるパンクしないタイヤの自転車が発売されています。

パンクしないのはチューブに空気が入っているのではなく、空気の代わりにすべてがゴムそのものなのでパンクする必要がないタイヤというわけです。

メンテナンスが必要なく、耐久性や摩耗に強く滑りにくいという特徴があります。

ただし、ゴムだけのレボタイヤは一般的な空気が入っているタイヤと比較すると感覚がことなるため、はじめは違和感があるかもしれません。

現在発売されているガクチャリ

ガクチャリ太めのタイヤ27.5インチ

27.5インチのガクチャリを象徴したようなワイドタイヤのカゴ付きクロスバイクです。

タイヤが大きく1.95インチのやや太いタイヤのため安定性がある自転車です。

タイヤインチサイズが27.5インチと大きいサイズですが、適応身長は150cm~と多くの方が乗れるのがうれしいポイントです。

基本スペックとしては、外装6段変速ギア、LEDオートライトです。

クロスバイクとして販売していますが、泥除け付き、鍵付き、カゴ付きとシティサイクルとして乗ることを前提とした設計になっています。

普段使いで大き目のタイヤが自転車が欲しいというかたにおすすめです。

ガクチャリ パンクしない自転車27インチ(シティサイクルタイプ)

ガクチャリ パンクしない自転車27インチ(ママチャリタイプ)

パンクしない27インチのガクチャリです。

ママチャリタイプでハンドルが手前に曲がっているセミアップハンドルです。

普段の買い物などで利用するのに最適です。

特徴としては、パンクしないタイヤを採用している点です。

レボタイヤというタイヤを採用しており、タイヤの中がチューブではなく特殊なゴムになっているためそもそもパンクがない構造です。

空気の補充やメンテナンスが極端に減るのがうれしいポイントです。

基本仕様としては27インチ、外装6段変速ギア、LEDオートライトです。

27インチのママチャリはハンドルがまっすぐなシティサイクルタイプが多いため、27インチでハンドルが手前に曲がっている軽快車タイプのママチャリを探している方におすすめです。

ガクチャリ パンクしない自転車26インチ

26インチのパンクしないガクチャリです。

上記で紹介している27インチのパンクしないガクチャリの26インチ版です。

基本仕様としては26インチ、外装6段変速ギア、LEDオートライトです。

パンクしないノーパンクタイヤのママチャリを探しているかたにはよいのではないでしょうか。

ガクチャリビッグ 29インチ

ガクチャリの特徴ともいえる大きな29インチタイヤの自転車です。

29インチのタイヤの自転車はほかにほとんどなく、特に街乗りに設計されているタイプではほかに類がない自転車だといえます。

ガクチャリの最も特徴的な大きなタイヤを象徴しているといえます。

29インチで横幅も2.10インチの太いタイヤになっています。

29インチのタイヤでありながら適正身長は165cm以上と一般の方であれば乗れるサイズです。

高身長の方向けの自転車であるともいえるので大柄の男性で26インチや27インチ、700cのママチャリやクロスバイクでは小さいという方は試しがいがある自転車だといえます。

基本仕様としては、29インチ、外装6段変速ギア、LEDオートライトと普段使いで利用が可能な仕様となっています。

29インチの自転車で街乗りに設計されている自転車は他にはない唯一無二の自転車だといえます。

ガクチャリ 格安電動自転車26インチ

ガクチャリの電動自転車です。

格安電動自転車に分類されます。

バッテリー容量は5.8Ahで一度の充電で走行できる走行距離目安はエコモードで31kmとなっています。

格安電動自転車としては一般的な走行距離だといえます。

格安電動自転車はバッテリー容量を小さくすることで価格を抑えている車種が多く、このガクチャリの電動自転車もバッテリーが5.8Ahと小さいです。

基本スペックとしては、26インチ、外装6段変速ギア、LEDオートライトとなっています。

ガクチャリの特徴となっている大きなタイヤや太いタイヤではないため、ガクチャリブランドですがガクチャリとしての魅力はあまりない自転車です。

配送面などのメリットを活用し、ガクチャリブランドの電動自転車が欲しいという方はよいのではないでしょうか。

なお、格安電動自転車については「格安電動自転車は大丈夫か!?なぜ新品で安いのかの理由にせまる」により詳しいメリットデメリットなどを掲載しています。

ガクチャリ ワイドクロスバイク超低床26インチ

ガクチャリのクロスバイクとシティサイクルの中間のような街乗り自転車です。

超低床フレームとうたっていますが、そこまで低床フレームではありません。

特徴としては、クロスバイク風でありながら泥除けやカゴ付きで26インチでタイヤが太めのため、子供用自転車を大きくしたような作りになっています。

26インチのため小学校高学年から中学生であれば乗りこなすことができデザイン面で気に入って購入されるのはよいかもしれません。

なおこのガクチャリの適正身長は140cm以上が目安となっています。

年齢別でどのインチサイズの自転車が適正なのかは「年齢別の子供用自転車インチサイズ比較。初めての自転車から小学生の大人顔負けの自転車まで比較」を参考にしてみてください。

ガクチャリ ワイドクロスバイク超低床26インチ キャリアあり

26インチのキャリア(荷台)付きのガクチャリです。

この自転車もクロスバイクとシティサイクルの中間のような作りになっています。

カゴ付き、泥除け付きのほか、このガクチャリはキャリアもついており、よりママチャリに近いつくりとも言えます。

特徴はキャリアのクラスが27となおり、チャイルドシート(子供乗せ)が設置できる自転車となっている点です。

ガクチャリでクロスバイク風自転車でチャイルドシート(子供乗せ)を取り付けて乗れるというのは他にないです。

クロスバイク風自転車自体でもチャイルドシート(子供乗せ)が設置できる車種は非常に限られているため、デザイン面で欲している方はおすすめできます。

なお、同じく超低床フレームとうたっていますが、あまり低床フレームではありません。

デザインやコンセプト自体は上記のもう一車種のクロスバイクとシティサイクルの中間のガクチャリに似ているためチャイルドシート設置必要性有無でどちらかを選ぶのがよいでしょう。

ガクチャリ ワイドタイヤシティ27.5インチ スタッガード

タイヤサイズが27.5インチと大きめのクロスバイクとシティサイクルの中間の自転車です。

ガクチャリの魅力である大きめかつ太めのタイヤを搭載した自転車で街乗りにおすすめの設計となっています。

クロスバイク風で泥除けやカゴ付きのため、毎日の通勤通学に最適だと思います。

基本仕様は27.5インチ、外装6段変速ギア、LEDオートライトです。

通勤通学で大きめのタイヤの自転車で通いたいという方におすすめです。

ガクチャリ ワイドタイヤシティ27.5 はしご

27.5インチでママチャリタイプの自転車です。

ガクチャリとしてはオーソドックなママチャリタイプです。

フレームはダブルループフレームという一般的なフレームタイプですが、フレームの真ん中に補強となるフレームがつながっておりはしごフレームとも呼べるフレーム形状です。

特徴としては、27.5インチのママチャリという点で大きめのタイヤのママチャリを探している方におすすめです。

基本スペックは、外装6段変速ギア、LEDオートライトです。

-自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車の知識, 自転車メーカー, 自転車ブランド
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.