リアルストリーム、リアルストリームミニを詳しく解説 比較されやすい電動自転車も紹介

更新日:

ブリヂストンの電動自転車の中でも人気のシリーズにリアルストリームとリアルストリームミニがあります。

見た目は全く異なるリアルストリームとリアルストリームミニですが、どちらも特徴的でおすすめできる電動自転車です。

今回はリアルストリームとリアルストリームミニについて詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


リアルストリーム、リアルストリームミニともに走りやすさにこだわった電動自転車

リアルストリームとリアルストリームミニはブリヂストンの「スポーティバイク」と呼ばれる走りにこだわった電動自転車です。

車種特性に対し機能を絞り込み本来のツーリングを楽しむために開発された電動自転車です。

そのため、ブリヂストンならではの両輪駆動や走りながら自動充電、モーターブレーキなどの機能は搭載されていません。

機能を絞り込んでいる分価格も抑えられているため、購入しやすい電動自転車だともいえます。

スポーツ電動自転車については「大手発売のスポーツ電動自転車を全車種解説 おすすめや車種ごとの比較」により多種な車種の情報を掲載しているので合わせて読んでみてください。

リアルストリームとリアルストリームミニの違い

リアルストリームとリアルストリームミニは車種カテゴリが異なるため、見た目で簡単に違いを区別できます。

リアルストリームはクロスバイクに近いスポーティバイクでリアルストリームミニはミニベロ型の電動自転車です。

見た目が全く異なるため、「どちらのグレードの自転車を購入しよう」など迷うこともなく、それぞれ別車種カテゴリの自転車と比較することになります。

リアルストリームの特徴

リアルストリームの特徴としては、シンプルなデザインと機能性で電動アシスト機能も楽しめる他、自転車本来の走りも楽しめるのが特徴です。

基本スペックとしては、26インチ、外装8段変速ギア、ディスクブレーキと街乗りにもスポーティな走りにも対応できるつくりになっています。

アルミフレームで軽量かされていることもあり重量は22.5kgと電動自転車としては軽く、電動なしのママチャリよりやや重い程度です。

サスペンションホークもついており激しい走りにもある程度対応できると思います。

普段の通勤通学に利用したい場合にも別オプションで前かごや泥除けも設置でき街乗りにも対応できる電動自転車です。

バッテリー容量は15.4Ahと大きめのバッテリーを採用しており、オートエコモードプラスで90kmとまずまずといった走行距離目安です。

ママチャリタイプの電動自転車ではもの足らず、本格的なebikeでは予算が合わない方、カゴが欲しいが電動自転車でかっこいい車種が欲しいという方に最適な自転車だといえます。

リアルストリームミニの特徴

リアルストリームミニはミニベロタイプの電動自転車です。

デザイン性にもこだわりを持ったつくりになっており、スポーティタイプにカテゴライズされていますが、普段使いに向いている電動自転車です。

基本スペックは20インチ、内装3段変速ギア、オートライト付きです。

機能面はブリヂストンならではの独自機能は搭載されておらず、基本的な機能に絞り込んだ電動自転車だといえます。

街乗りに向いている点としては、前かごや泥除け、ライトが標準搭載されており、普段の買い物や通勤通学に向いているといえます。

デザイン面の特徴としては、サドルがスポーティでクラシカルなサドルを採用している点です。

バッテリー容量は12.3Ahとリアルストリームと比較すると一回り小さいバッテリーを搭載しており、一度の充電で走行できる走行距離目安はオートエコモードプラスで83kmとなっています。

ミニベロ型の電動自転車としては価格が安い部類に入るため、手軽にebikeが欲しいという方におすすめです。

リアルストリームと比較されやすい自転車

リアルストリームと比較されやすい電動自転車としては以下などがあります。

ティービーワンe(ブリヂストン)

同じブリヂストンのスポーティタイプの電動自転車です。

リアルストリームの上位版というイメージがありブリヂストン独自の多数の機能が付いています。

クロスバイクとしての機能も高いだけではなく、街乗りにも最適で泥除けが標準搭載されています。

両輪駆動、走りながら自動充電、モーターブレーキ機能が標準搭載されているだけではなく、パンクに強くひび割れしにくいタイヤなどで機能性を高めています。

ブリジストンのクロスバイク型自転車を探しており、リアルストリームよりも高い機能を求めているのであればティービーワンeがおすすめです。

PAS Brace(ヤマハ)

PAS Braceはヤマハのスポーティタイプの電動自転車です。

リアルストリームと共通している点は多く、26インチ、フロントサスペンションディスクブレーキなどは同じスペックです。

リアルストリームと比較する電動自転車で最も対象となるのがPAS Braceだと思います。

価格もほぼ同じ程度の価格でブランドやデザインで選ぶのも方法です。

また、電動アシスト機能に関してはヤマハのほうがややレスポンスの良さなど利があると思うので、迷ったらPAS Braceを選ぶのもよいかもしれません。

PAS VIENTA5(ヤマハ)

PAS VIENTA5もヤマハのスポーティタイプの電動自転車です。

リアルストリームよりも女性向けに開発されているスポーティな電動自転車です。

特徴としては内装5段変速ギアのため、ギア周りのメンテナンスが少なく自転車に慣れていない女性などでも乗りやすいのが特徴です。

子供乗せ付き電動自転車やママチャリタイプの電動自転車では内装ギアが一般的なため、止まった状態でも変速ギアチェンジができる内装ギア慣れしている方にはスムーズに乗り換えができると思います。

街乗り中心な電動自転車のため、最初から前キャリアがついておりカゴの取り付けが簡単です。

リアルストリームよりもより女性向けのデザインや機能のスポーティな電動自転車を探しているかたにおすすめです。

ハリヤ(パナソニック)

ハリヤはパナソニックのスポーティタイプの電動自転車です。

リアルストリームを意識している機能や設計でヤマハであればPAS Braceが近く、パナソニックであればハリヤが最も比較対象になります。

アルミフレーム、フロントサスペンションなど共通する機能が多く、26インチ、外装7段変速ギアです。

バッテリーは12.0Ahとリアルストリームよりも一回り小さく、一度の充電で走行できる走行距離目安は73kmです。

機能面の特徴としては、フレームはオリジナルフォーミングフレームというチューブを異形断面に成型しており変わった形状のチューブになっています。

リアルストリームと比較すると最初から前キャリアやライト付きなど街乗りにより寄せているおりスポーティな電動自転車で通勤通学をしたいという方におすすめです。

ベロスター(パナソニック)

ベルスターはパナソニックのスポーティタイプの電動自転車です。

特徴としては機能を抑えてより低価格にしている点です。

バッテリーは8.0Ahと小さく一度の充電で走行できる走行距離目安は50kmと短いです。

電動スポーツバイクですが、ツーリングよりも毎日の通勤通学をかっこいい電動自転車で通いたいという方におすすめです。

前キャリアや泥除けは標準搭載されています。

タイヤサイズは700Cとリアルストリームよりも大きく乗りごたえはあると思います。

リアルストリームと比較すると価格が安いというのが最大の特徴のため、予算次第ではベロスターはおすすめです。

ベロスターについては「ベロスターの魅力にせまる バッテリーやかごのカスタム性や評判を詳しく解説」により詳しい解説をしています。合わせて読んでみてください。

ジェッター(パナソニック)

ジェッターもパナソニックのスポーティタイプの電動自転車です。

特徴はバッテリーがフレームのチューブ上に設置できるダウンチューブバッテリーを採用しておりデザイン性がかっこいい点です。

モーターカバーも独特な形状をしており見た目にこだわったスポーツ電動自転車です。

また、リアルストリームは1サイズのみ展開ですが、ジェッターはフレームサイズが390mm、440mmの2サイズ展開しており男性でも女性でも乗れるのが魅力です。

リアルストリームのほうがシンプルなデザインのため、よりデザイン性が高い電動自転車を探している方にジェッターおすすめです。

リアルストリームミニと比較されやすい自転車

リアルストリームミニと比較されやすい電動自転車としては以下などがあります。

PAS CITY-X(ヤマハ)

PAS CITY-Xはヤマハのミニベロ型電動自転車です。

リアルストリームミニと非常に似ており、価格や機能などが近いです。

具体的には20インチ12.3Ah、内装3段変速ギアと同じスペックです。

リアルストリームミニとの違いとしては、リアルストリームミニは適正身長が144cm以上に対し、PAS CITY-Xは153cm以上と9cm差があります。

そのため、PAS CITY-Xは男性でも乗りやすく設計されています。

フレームの見た目などのリアルストリームミニとPAS CITY-Xは非常に似ているため、デザインのお好みで選ぶのがおすすめだと思います。

PAS CITY-V(ヤマハ)

PAS CITY-Vもヤマハのミニベロ型電動自転車です。

リアルストリームミニとの違いはPAS CITY-Vはタイヤサイズが24インチと一回り大きいミニベロとシティサイクルの中間のような電動自転車という点です。

スポーティモデルに仕上がっておりデザイン性の高さと機能性を両立しています。

内装5段得変速ギア12.3Ahとリアルストリームミニと共通している点も多いです。

20インチよりも24インチのほうが小回りはききにくいですが、ミニベロならではの不安定さは軽減され乗りやすさは増します。

リアルストリームミニよりもよりデザイン性にこだわり24インチの安定性を求めるのであればPAS CITY-Vはおすすめです。

ベロスターミニ(パナソニック)

ベロスターミニはパナソニックのミニベロ型電動自転車です。

リアルストリームミニと同じくスポーティなミニベロでデザインもebikeらしい独自のデザインに仕上がっています。

ベロスターミニはクロスバイク型自転車としてベロスターがありリアルストリームミニにリアルストリームがあるように兄弟車があります。

ベロスターミニはよりスポーティさを求めるため、前かごがついておらず前キャリアのみです。

追加で前かごを設置することは簡単ですが、カゴがついていないことでよりスマートな見た目になります。

外装7段変速ギアと細かいギアチェンジが可能です。

バッテリーは8.0Ahとやや小さいですが、走ることを目的にするのであれば十分かもしれません。

バッテリーが小さい分リアルストリームミニと比較すると700g程度軽いためスピードを出してこぐのに向いている車種だといえます。

リアルストリームミニよりも走りにこだわりたいかたにベロスターミニはおすすめです。

グリッター(パナソニック)

グリッターもパナソニックのミニベロ型電動自転車です。

おしゃれなデザインで乗りやすくスピードを出し手乗るよりも街乗りに向いている自転車だといえます。

リアルストリームミニと共通スペックが多く、20インチ内装3段変速ギア、前かごありなどが共通しています。

リアルストリームミニとの違いとしてはグリッターはサドルが厚めのテリーサドルのめ安定感高く心地よく乗れるのはグリッターのほうが上です。

リアルストリーム、リアルストリームミニを詳しく解説 比較されやすい電動自転車も紹介のまとめ

ブリヂストンの電動自転車で人気があるのがリアルストリームとリアルストリームミニの兄弟車です。

両方ともスポーティな電動自転車でリアルストリームはクロスバイク型の電動自転車、リアルストリームミニはミニベロ型の電動自転車です。

リアルストリームの特徴はフロントサスペンションホークやディスクブレーキなど機能性の高さです。

リアルストリームミニの特徴はデザイン面がおしゃれでスポーティなサドルなどが特徴的です。

どちらも各カテゴリの中では価格や安い部類でブリヂストン独自の両輪駆動や走りながら自動充電、モーターブレーキなどの機能は搭載されていません。

リアルストリームもリアルストリームミニも購入時に比較対象となる電動自転車は数多くあり、ヤマハ、パナソニックでそれぞれ類似電動自転車を発売しています。

インターネット通販でも気軽に両車種とも購入可能なため、購入時に比較検討材料にしてみてくださいね。

-自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, 自転車の比較
-, , , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.