最安値自転車を車種別で解説 最安値自転車を購入する時の注意点や通販とドンキ等との比較

更新日:

自転車を購入する時にできるだけ最安値の車種を購入したいと考える方も多いと思います。

今回は最安値の自転車の紹介と安い自転車を購入する時の注意点について詳しく解説したいと思います。


この記事を書いているのは・・・。
東京都内に本社がある自転車店に勤めている奉行です。
良くも悪くも本音・第三者視点で専門的な立場から書いています。
競合企業や取り扱い自転車についても専門性高く正直に記載しているため、
本名ではなく奉行という名前で記載していますがご理解ください。
奉行について詳しくは→奉行のプロフィール


最安値の自転車はインターネット通販を確認すれば簡単

最安値の自転車を探す場合、インターネット通販で探すのが手っ取り早く簡単です。

特にモール型通販サイトは競合が多いため価格競争が起こっており最安値の自転車が多いです。

スペックや自転車の車種により最安値は変わってきますが、大人が乗るための自転車で最安値のカテゴリは折りたたみ自転車だといえます。

折りたたみ自転車はタイヤインチサイズやフレームサイズが小さいため原材料の面から安いだけではなく、折りたためることでコンパクトになり送料が抑えられるため総合的に最安値の自転車だといえます。

現在でもamazonの最安値の折りたたみ自転車は1万円を切る価格で販売されており、すべての自転車の車種の中で最安値の自転車だといえます。

実店舗でもネットを超える最安値で販売されていることがある

最安値の自転車はインターネット通販で購入するのが探しやすいですが、実店舗でもインターネット通販に負けない安さで自転車が販売されています。

具体的にはドン・キホーテのようなディスカウントストアやホームセンターなどです。

ドン・キホーテは最安値の自転車が多数販売されている

ドン・キホーテではママチャリを中心にさまざまな自転車が販売されています。

全車種最安値に近い価格で販売がされておりインターネット通販で販売されている自転車も多く比較しやすいです。

特にママチャリに関してはインターネット通販よりも安い価格で販売されていることが多くインターネット通販で購入する前に一度確認してみるのもよいでしょう。

注意したいポイントとしては、ドン・キホーテのポップは大きな文字で書かれている価格は税別価格のため、税込み価格に変換する必要があります。

ドン・キホーテの自転車については「ドン・キホーテの自転車の価格は!?驚安の殿堂 ドン・キホーテの自転車にせまる。」や「ドン・キホーテで自転車購入するときのポイント。修理や保証、保険、引き取りについて」に詳しい情報を掲載しています。

ホームセンターの自転車も最安値のことがある

ホームセンターの自転車も最安値の可能性があります。

探し方としては、チラシの特売を狙うのがおすすめです。

台数限定で表記されている自転車は最安値の可能性も高いです。

ホームセンターの自転車については「ホームセンター別の自転車の特徴やホームセンターで安い自転車や自転車用品を購入する方法」に詳しい情報を掲載しています。

インターネット通販で最安値の自転車を購入するときの注意点

上記ではドン・キホーテやホームセンターでも最安値を探すことができる方法を解説しましたが、インターネット通販はやはり簡単に購入ができ時間的なコストを換算するとお買い得だといえます。

ただし、インターネット通販で最安値の自転車を探すときには注意すべきポイントがあるため以下点を気を付けましょう。

完全組み立ての自転車を探す

最安値で販売されている自転車の多くは中国製など海外での生産品です。

日本に輸入される段階では自転車は完全には組み立てられていません。

仮組立の状態で日本に輸入され、その後自転車屋さんなどが最後の組み立てや点検を行い販売するのが通常です。

しかしながら、インターネット通販の一部店舗では仮組立の状態のまま出荷している店舗もあります。

組み立て費用を抑えることで最安値に挑戦している店舗です。

自転車の組み立ては職人技で、自転車整備士のような資格もあります。(資格を保有してい状態で組み立てを行っても法律違反ではありません。)

普段から自転車の組み立てに慣れている人はよいですが、慣れていない方が自転車の組み立てを行うとブレーキや変速ギアなどの調整がうまくいかず事故の原因にもなりかねません。

「完全組み立て」、「100%組み立て」、「完組」と書かれている最安値の自転車を探すようにしましょう。

「90%組み立て」「95%組み立て」など書かれている自転車は最安値であっても整備費用などを考えると避けたほうが無難だといえます。

完全組み立ての自転車をおすすめする詳しい理由は「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」にも掲載しています。

送料を加味した最安値の自転車を探す

自転車は他の商品と異なり商品自体が大きく、通常の宅急便では配送できないことが多いです。

例えばヤマト運輸の場合、ヤマトホームコンビニエンスという家財を配送する特殊な配送料金形態が適用されます。

自転車の場合東京都から東京都と都内間の移動だけでも税込み16,555円もかかります。

そのため、インターネット通販で販売している店舗は各社工夫をして配送しています。

送料無料に抑えている店舗もありますが、送料が発生することも考えられます。

そのため、最安値の自転車を本体価格だけで判断するのではなく、送料との合算価格で計算し、最安値の自転車を探すようにしましょう。

自転車の送料については「自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法」や「ネット通販の自転車の送料について」を参考にしてみてください。

ポイントやクーポンを加味した日に購入する

ポイントやクーポンを駆使することで最安値の自転車がかわることがあります。

楽天市場では5日、10日では楽天カードを利用して自転車を購入するとポイントが5倍になる制度もあります。

そのほか多いのが商品ごとポイントやクーポンが付与されていることが多いため、これらの店舗から選ぶことで最安値の選択幅が広がることが考えられます。

クロスバイクやロードバイクはルック車に注意する

最安値の自転車を探す場合、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクの場合最安値でよいのかしっかりと事前にチェックしましょう。

クロスバイクやロードバイクの一部には見た目はスポーツバイクの形状をしていますが、実際はママチャリと同じような性能の自転車もあります。

最安値に限らず低価格帯のスポーツバイクに見られる傾向のため、スペックやレビューをしっかりとチェックし最安値で問題ないかの確認を行ってから購入しましょう。

ルック車については「ルック車について解説 ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクの見分け方など」を参考にしてみてください。

電動自転車の最安値を探すときには一度の充電で走行できる距離に注意する

電動自転車は他の自転車と比較すると平均単価が高い自転車です。

そのため、できるだけ安い価格で購入したいと考えると思います。

電動自転車の最安値の部類で注意したいことは一度の充電で走行できる走行距離目安が何キロメートルなのかのチェックをするようにしましょう。

電動自転車はバッテリーが車体価格の中でも大きな割合を占めるため、バッテリーを小さくすることで車体価格を最安値にしようと試みています。

バッテリーが小さいと一度の充電で走行できる距離が短くなり、こまめな充電が必要になります。

また、充電回数が増えるとバッテリーの劣化も速くなりバッテリーの買い替えも早く必要になる可能性も高いです。

せっかく最安値で電動自転車を購入したのにバッテリーの買い替えで結果として高くなってしまったということがないように用途と検討し最安値の電動自転車を選びましょう。

格安電動自転車については「格安電動自転車は大丈夫か!?なぜ新品で安いのかの理由にせまる」により詳しい解説をしています。

電動自転車はモペット(フル電動自転車)でないか注意する

電動自転車の中には価格が数万円半ばで購入できる電動自転車があります。

最安値の電動自転車の中にはモペットと呼ばれる日本の公道では法律上走ることができない電動自転車も多数発売されています。

私有地や工場やイベント会場であれば走行は可能ですが、一般の道路では走ることができないので注意しましょう。

モペット(フル電動自転車)については「フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介」を参考にしてください。

メルカリなどフリマアプリで最安値自転車を探す場合

インターネット通販では新品の自転車を中心に販売がされていますが、メルカリなどフリマアプリでは中古の自転車の販売がされています。

中古の自転車を選ぶ場合、サビやブレーキの不具合などをチェックするとともに引き取り時にタイヤのふれ(タイヤが曲がっていないか)や車体本体の歪みが内科のチェックも行いましょう。

最安値の自転車を購入できてもすぐ壊れてしまうということがないように事前チェックを怠らないことがポイントです。

車種別最安値の自転車の紹介

車種別で最安値の部類の自転車を紹介します。

紹介している自転車は必ずしも最安値ではなく最安値に近い価格帯の自転車もあります。

理由としては、最安値ではないが品質が高くコストパフォーマンスが高いためです。

安物買いの銭失いにならないようにおすすめの自転車を紹介しています。

ママチャリの最安値

ママチャリは自転車の中でもオーソドックな車種なため、価格競争が起こっている自転車が多いです。

その中でも人気があり信頼がある最安値の自転車を紹介しています。

また、シティサイクル型のママチャリの場合「安いシティサイクルはこれだ!価格とスペックから判断する安いシティサイクル特集」にも詳しい情報を掲載しています。

インターネット通販最安値のママチャリ すそ

ママチャリの中でも最安稲のママチャリでコストパフォーマンスが高い自転車です。

26インチ変速ギアなしブロックダイナモライトと機能を絞り込んで最安値になっています。

メリットとしては、100%組み立てをおこなっているため、整備がされており安全性が高く自転車が届いたらすぐ乗れるという点がメリットです。

信頼できるママチャリをとにかく最安値でほしいという方におすすめです。

24インチの最安値ママチャリ 21テクノロジー

24インチの通常のママチャリよりも一回り小さい最安値部類のママチャリです。

一般的にママチャリの場合、インチサイズで適正身長が決まってきます。

こちらの自転車は適正身長が145cm~となっています。

タイヤサイズが小さいため背の低い女性におすすめの自転車です。

注意点としては、工場出荷段階で店舗での整備がされていないため、自転車に慣れている方に組み立てや整備を行ってもらうようにしましょう。

具体的には、ハンドル、ペダル、サドル、かごの整備が必要なほか、チェーン回りやブレーキ周りの整備は必須です。

21テクノロジーについては「21テクノロジー 激安自転車だけど品質と保証は!?21テクノロジーの自転車とサービスに迫る!」にも詳しい解説をしています。

クロスバイクの最安値

クロスバイクの場合、見た目はクロスバイクだが機能性が伴っていないルック車に注意しましょう。

最安値の部類にはそのような自転車も含まれていることがあるのでレビューなどから判断するようにしてください。

サイクルベースあさひの最安値のクロスバイク クリーム

日本の自転車店大手のサイクルベースあさひのクロスバイクです。

クリームはインターネット通販限定で販売されている最安値に挑戦している自転車プライベートブランドです。

シンプルで低価格で高品質の自転車が多く、クロスバイクもコストパフォーマンスが高くおすすめです。

クリームについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」により詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

ゴーゴーサイクリングの最安値クロスバイク

ゴーゴーサイクリングはクロスバイクに限らず各種最安値の自転車が多い自転車店舗です。

初心者向けクロスバイクで最安値に近い価格で販売されています。

また、初心者に安心できるポイントとしては、クロスバイクの組み立て整備がされてから配送となるため、整備の工賃が含まれているという点です。

また、配送料も1都3県の多くの地域で無料のため、初めてクロスバイクにのり整備の仕方がわからないという方におすすめです。

ゴーゴーサイクリングについては「ゴーゴーサイクリングって最近よく自転車通販でみかけるけど評判ってどうなの?調べてみるとママチャリの価格は安く、品質はよさそう!」にも詳しい解説をしています。

折りたたみ自転車の最安値

折りたたみ自転車はすべての自転車カテゴリの中で最も価格が安い自転車カテゴリです。

現在のすべての自転車の中で最安値は折りたたみ自転車です。

その中での実績がある最安値部類の折りたたみ自転車を紹介します。

折りたたみ自転車で最安値 グリーンリボン

グリーンリボンは折りたたみ自転車を中心に販売をしている自転車店です。

自転車以外にも取り扱いをしていますが、折りたたみ自転車は最安値を常に意識した価格帯になっています。

その中でも最安値を誇っている折りたたみ自転車です。

大人がのる自転車の中でも最安値の自転車だといえます。

カラータイヤの折りたたみ自転車で最安値 グラフィス

最安値の自転車の中でもデザイン性をもとめ目立ちたいということであればグラフィスはおすすめです。

価格が安いだけではなく、カラータイヤが特徴的でさまざまなタイヤの色から自転車を選ぶことができます。

グラフィスは自転車ブランドの名前で折りたたみ自転車以外にもママチャリやクロスバイクなどさまざまな車種を展開しています。

グラフィスについては「グラフィスの自転車はおすすめ 通販で購入できる各種自転車を紹介」にもより詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

電動自転車の最安値

最安値の電動自転車

インターネット通販最安値の電動自転車です。

26インチ、変速ギアなしという基本スペックですが、電動自転車のため変速ギアに関してはあまり必要なく余計な機能をそぎ落として価格を抑えることに成功している自転車です。

100%組み立てのため、点検整備後に出荷されており安心です。

その分の価格が上乗せされていても最安値という企業努力がうかがえます。

特に電動自転車の場合、整備は必須でほかの自転車よりも重量が重く、スピードも出やすいため、しっかりと店舗やメーカーに整備してもっている自転車を選ぶようにしましょう。

最安値で電動自転車がほしいというかたにおすすめの自転車です。

イオンバイクの最安値電動自転車

イオンバイクのプライベートブランドの最安値電動自転車です。

イオンバイクの中では最安値の電動自転車でデザイン性が大手メーカーのようなデザインでおしゃれです。

イオンバイクの店舗受取の場合送料無料のため、最寄りにイオンバイクがある方におすすめです。

イオンバイクの電動自転車については「イオンバイク限定のオリジナル電動自転車 全車種を紹介 バッテリーや子供乗せ可否についても解説」により詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

最安値自転車を車種別で解説 最安値自転車を購入する時の注意点や通販とドンキ等との比較のまとめ

最安値で自転車を購入する時に簡単に探す場合やインターネット通販が簡単です。

一般的にはタイヤインチサイズが小さいほうが、原価や輸送費が抑えられ価格が安くなる傾向があります。特に折りたたみ自転車はすべての自転車カテゴリの中で最安値のカテゴリです。

インターネット通販以外にも価格が安い店舗があり代表的なのがドン・キホーテです。

ドン・キホーテはママチャリを中心にさまざまな車種が販売されています。

また、ホームセンターでもチラシ特売商品などでインターネット通販よりも安い最安値の自転車が販売されていることがあります。

インターネット通販で最安値の自転車を探すときの注意点としては、組み立てがされている完全組み立ての自転車を選ぶことが大切です。

また、送料やポイント、クーポンを加味して最安値を探してみてください。

車種別ではクロスバイクやロードバイクではルック車という見た目だけの自転車も最安値の部類には含まれていることがあるので注意が必要です。

電動自転車では、バッテリー容量が小さい車種が最安値車種では多いため、一度の充電で走行できる走行距離目安を気にしてください。

また、モペットやフル電動自転車と呼ばれる日本の公道では走ることができない自転車も電動自転車の最安値あたりにあるため、注意しましょう。

メルカリなどで最安値の自転車を購入する場合、サビや変速ギアの状態をチェックするほか、タイヤのフレや車体の歪みなども確認してから購入することがおすすめです。

これら点に注して最安値の自転車を探してみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の価格
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.