坂道に強い電動自転車メーカーは 各目メーカーごとの特徴や上り下りを楽にするコツなど

投稿日:

電動自転車の最も恩恵を受ける道といえば坂道だと思います。

メーカーごとに坂道に対する考え方や強みの見せ方などが異なっています。

今回は坂道に強い電動自転車メーカーや電動自転車で上り下りを楽にするコツなどを解説します。

坂道の電動アシスト機能の考え方

坂道の電動アシスト機能は電動自転車を走るときに最も助かる機能の一つです。

電動自転車を購入するきっかけに坂道がしんどいからという方も多いと思います。

各電動自転車メーカー、坂道に強い車種や坂道に対しての考え方が若干異なっていますが、アシストの機能性は法律で定められておりその範疇内でしかありません。

法律で定められた電動アシスト機能とは

法律で定められている電動自転車のアシスト機能は法律でルールが定められています。

ポイントとしては、以下2点です。

  • アシスト機能は最大時速24kmまで
  • 時速10kmまではこぐ力1に対し、アシスト機能は2。その後スピードと比例しアシスト機能は低下し24kmでアシスト機能が0になる。

上記ルールが法律で定められています。

そのため、坂道だからといってスタート時にこぐ力に対して2倍以上のパワーは各メーカー出すことができないのです。

法律を超えるアシスト機能が搭載された電動自転車

法律超えるパワーでアシストを行ってくれる電動自転車もあります。

そのような電動自転車のことをフル電動自転車といいます。

フル電動自転車には2種類あり、公道で走ることができるタイプのフル電動自転車と公道で走ることができないフル電動自転車(モペット)があります。

公道で走ることができるフル電動自転車の場合、坂道でのアシスト機能は強くなりますが、原付と同じ扱いになり、免許やヘルメットの着用、フル電動自転車自体にウインカーの設置などが必要になります。

公道で走ることができないフル電動自転車の場合、私道やイベント会場、工場などで活躍でき坂道もしんどくなくこぐことができると思います。

フル電動自転車に関しては「フル電動自転車とは 公道は走れないけどおすすめのモペットを紹介」により詳しい解説をしています。

坂道に対しての考え方は電動自転車メーカーごと異なる

上記で電動自転車のアシスト力について法律の観点から解説しましが、坂道に対する考え方は各メーカー異なっています。

各電動自転車メーカーの特徴を抑えておくことで自分自身にあった電動自転車がみつかると思います。

ヤマハの坂道に対する電動自転車の考え方

ヤマハの電動自転車は電動自転車メーカーの中で最も坂道に強いという点をアピールしているメーカーです。

Webサイト上では毎年、坂道に強いことを独自のコンテンツで伝えています。

特に、スマートパワーモードという自動でアシスト力を調整してくれる機能がヤマハの電動自転車には搭載されており、坂道だけではなく、平地で早く漕いでもペダルが空回りしにくいです。

坂道に関しても2019年モデル PAS With 26インチと2022年モデルPAS With 26インチを比較し、1.5倍坂道を上っている時のアシスト力が強くなっていると伝えています。

道路交通法の範囲内でアシスト力を高めることで坂道に強い電動自転車メーカーという印象を与えています。

スマートパワーモードは下りの時には自動でアシスト力を弱め、走行距離を延ばすなどのメリットもあります。

また、webサイト上には「激坂チャレンジ」というヤマハのPASシリーズで坂道を上るというコンテンツがあることからも坂道対策に力を入れていることがわかります。

ヤマハの電動自転車の特徴については「ヤマハの電動自転車はパワーがすごい ヤマハの電動自転車をおすすめする理由」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。b

パナソニックの坂道に対する電動自転車の考え方

パナソニックは総合家電メーカーでありリチウムイオン電池に強みのあるメーカーでもあります。

そのため、パナソニックの電動自転車はバッテリー容量が大きく一度の充電での走行距離が長いという特徴があります。

パナソニックの坂道での考え方として緩やかな坂道でも長く乗ることができるというコンテンツを用意しています。

急激な坂道でパワーを発揮するというよりも緩やかな坂道を大容量バッテリーで長距離走ることができるというコンセプトが強いです。

また、パナソニックでは唯一、押し歩き機能が搭載された「ビビ・L・押し歩き」という車種があります。

「ビビ・L・押し歩き」では坂道などで押し歩き機能を利用することでペダルをこがなくともアシスト機能が動きだし、坂道を簡単に押し歩きできるというメリットがあります。

これは他の電動自転車メーカーにはないパナソニック独自の坂道に強い特徴です。

パナソニックの電動自転車の特徴については「パナソニックの電動自転車の魅力は電子キーやバッテリー!通販で購入するときのポイントを解説」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。b

ブリヂストンの坂道に対する電動自転車の考え方

ブリヂストンの電動自転車は3社の中では唯一前輪にモーターがついておりアシストをしてくれます。

そのおかげで坂道では前から引っ張ってもらえる感覚で坂道を上ることができます。

また、ブリヂストンの坂道での最大の特徴は下り坂にあり、ブレーキをかけることでモーターブレーキが作動し、バッテリーに自動充電がされるという点です。

自動車でいうところのエンジンブレーキがかかり、下り坂でスピードが上がってしまうことを抑える効果があります。

また、モーターブレーキの効果によりバッテリーに充電がされ、一度の充電での走行距離がのびる効果もあります。

下り坂で効果を発揮するのがブリヂストンの電動自転車の特徴です。

ブリジストンの電動自転車の特徴については「ブリヂストンの電動自転車は独自機能が優れている!ブリヂストンの電動自転車の総評・機能紹介」により詳しい解説をしているのであわせて読んでみてください。b

電動自転車での坂道の走り方

電動自転車で坂道を上るときにしんどいと感じたり、下りの時にスピードが出すぎて怖く感じるということもあるかと思います。

電動自転車ならではの特徴を活かすことでスムーズに坂道の対応ができるようになります。

電動自転車で坂道を上るときに楽なるコツ

電動自転車といえど、坂道はしんどいものです。

スピードが落ちるだけではなく、不安定になり運転が行いにくいと思います。

以下の方法を試すことで比較的スムーズに坂道を上ることができるようになります。

電動自転車の総重量を軽くする

電動自転車は通常のママチャリと比較すると非常に重いものです。

ママチャリの平均は18.5kgに対し、電動自転車は30kg前後になります。

かつ子供を載せているとさらに体重分重くなり坂道を上りにくいと思います。

ママチャリに10kg前後の水のペットボトルを載せてペダルをこぐといつもより不安定で坂道も上りにくいことは想像しやすいと思います。

電動自転車の場合も同じで重量が重い分、こぐ後力が必要です。

対策としては、なるべく荷物は少なく電動自転車と荷物の総重量を軽くすることで坂道も上りやすくなります。

また、電動自転車購入時に重量が軽い電動自転車を選ぶことで快適に坂道を上れます。

電動自転車の変速ギアを軽くする

電動自転車の多くは変速ギアがついています。

ママチャリタイプや子供乗せ付き電動自転車の場合、多くが内装3段変速ギアだと思います。

変速ギアを軽くすることで坂道は上りやすくなります。

アシストモードを強くする

ほとんどの電動自転車にはアシストモードの切り替えがついています。

アシストモードを強くすることで坂道を上りやすくなります。

時速10km以下の低速でアシストを受ける

電動自転車の特徴としては、時速10kmまではペダルのこぐ力1に対し、アシスト力は最大2まで利用することがでます。

時速24km以上になるとアシスト力は0になります。

そのため、時速10km以下で走ることでアシスト力の恩恵を最大限受けることができ、坂道も上りやすくなります。

電動自転車で坂道を下るときに楽になるコツ

電動自転車で坂道を下るとき通常の自転車よりも重量が重いため、ブレーキがききにくく止まりにくいというデメリットがあります。

しかしながら各社坂道を下るときにも対策を行っています。

ブリヂストンの電動自転車はモーターブレーキを搭載

ブリヂストンは多くの電動自転車にモーターブレーキを搭載しています。

右ブレーキをかけたときに同時にモーターブレーキもかかりより強力にブレーキをかける仕組みになっています。

また、モーターブレーキを利用することでバッテリーに充電がされ充電が回復するという効果もあります。

坂道に強い電動自転車メーカーは 各目メーカーごとの特徴や上り下りを楽にするコツなどのまとめ

電動自転車の購入きっかけの一つに坂道を楽して上りたいというかたも多いかもしれません。

メーカーごと違いはありますが、道路交通法で電動自転車のアシスト力には制限がかかっており、10km以下の場合、ペダルをこぐ力を1とするとアシスト力は2までと様だっています。

そのため、基本的にはアシスト力は大きく変わることは各メーカー最大限に能力を活かしているといえます。

但し、各メーカー坂道に関してはwebサイトなどで考え方を明確にしています。

ヤマハはスマートパワーで最大限、坂道でもパワーを伝えることを明示しているメーカーです。

ブリヂストンは上り坂だけではなく、下り坂でモーターブレーキによる制御でスピードの抑制を強みにしています。

パナソニックはバッテリー容量の強みを活かし、緩やかな坂道で長く運転できることをメリットとしています。

電動自転車での坂道の走り方として、電動自転車の総重量を軽くして走りやすくする他、アシストモードや変速ギアを調整することで走りやすくなります。

また、時速10kg以下で走ることでアシスト機能を最大限に活かすことができます。

下り坂ではブリヂストンのモーターブレーキが有効です。

これら点を考慮して、電動自転車の坂道の運転に活かしてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.