27インチのシティサイクルの選び方 おすすめの軽量車種や激安コスパが高いシティサイクルなど

投稿日:

シティサイクルの中でも最も人気があるサイズが27インチのシティサイクルです。

今回は27インチのシティサイクルについて詳しく解説します。

シティサイクルとは

シティサイクルは自転車の中でも人気のある車種です。

街中でよく見かける自転車で最も多いのがシティサイクルではないでしょうか。

シティサイクルは定義が曖昧なことが多いですが、ここではママチャリの中の一種として取り扱います。

ママチャリには大きく分けると2種類の自転車があります。

1種類目がハンドルがまっすぐで後ろ荷台がついておらず、スタンドが1本足スタンドのシティサイクルです。

2種類目がハンドルが手前に曲がっており、後ろ荷台がついており、スタンドが両立スタンドを採用している軽快車です。

ママチャリというとこのシティサイクルと軽快車の両方がまとめていわれることが多いですが、今回はハンドルが手前に曲がっているシティサイクルについて詳しく解説したいと思います。

27インチのシティサイクルとは

シティサイクルのほとんどがタイヤインチサイズが26インチか27インチのどちらかです。

その中でも多くを占めるのが27インチのシティサイクルです。

シティサイクルは軽快車と比較するとスピードが出やすく男性にも人気のため、大きいサイズの27インチが人気だといえます。

26インチと27インチで何が違う

シティサイクルを購入検討する場合、26インチと27インチのどちらを購入したらよいのかという悩みがあるかもしれません。

ママチャリの中でもハンドルが手前に曲がっている軽快車ではなく、シティサイクルを探しているということであればおすすめは27インチです。

26インチと27インチの違いはタイヤの大きさが異なってきますが、車体全体の全長も異なることが多く、適正身長が異なってきます。

26インチの場合140cm以上など女性での乗ることができる車種が多く、27インチの場合150cm以上と男性が乘っても小さくない車種が多いです。

また、全体のシルエットからのタイヤサイズが大きいほうがバランスがよくみえます。

また、一般的に27インチのほうがスピードが出やすく、安定性の軽快車よりも快適性を求めるシティサイクルでは27インチのほうがおすすめだといえます。

27インチのシティサイクルを購入する時のインチサイズ以外のポイント

27インチのシティサイクルを購入する時にインチサイズ以外にも選び方はさまざまあります。

以下ポイントは27インチのシティサイクルに限らずスポーツ車を除く、自転車全体の選ぶときにポイントになるので参考にしてください。

変速ギアは「なし」「外装6段変速ギア」「内装3段変速ギア」から選ぶ

27インチのシティサイクルを選ぶにあたり次に気になるポイントとしては変速ギアの有無だと思います。

27インチのシティサイクルの場合、多くが変速ギアがついていないか、外装6段変速ギアだと思います。

一部車種には内装3段変速ギアの27インチのシティサイクルがありますが、数は非常に少ないです。

価格順だと変速ギアなし、外装6段変速ギア、内装3段変速ギアの順で価格が高くなっていきます。

安価で27インチのシティサイクルを探しているということであれば変速ギアなしが外装6段変速ギアがおすすめです。

変速ギアの有無で価格差は2,000円~5,000円程度になります。

変速ギアについては「自転車の変速ギアはどれがいい?わかりやすくママチャリの変速ギアについて語る」により詳しい解説もしています。

ライトは「ブロックダイナモライト」「オートライト」から選ぶ

変速ギアの次に選ぶポイントはライトの種類です。

シティサイクルの場合、基本的には何かしらのライトがついています。

27インチのシティサイクルのライトの種類は大きく分けて2種類です。

タイヤとライトの発電部分がこすれてライトが点くブロックダイナモライトとハブダイナモという前輪中心部で発電されるオートライトです。

ハブダイナモ形式のオートライトのほうがペダルをこいだときに重くならず乗りやすいです。

価格はブロックダイナモライトよりもハブダイナモオートライトのほうが高いです。

注意したい点としては、27インチのシティサイクルに限らず後からブロックダイナモライトからハブダイナモ形式のオートライトへの交換は費用が高額になるという点です。

ライトのみ交換すればよいわけではなく、前輪から交換することになるため、購入時にライトの利用頻度などを考えどちらにするか検討しましょう。

また、ブロックダイナモライトを購入し、後からこいでも軽いライトに変更したいという場合、電池式のライトを別途購入することをおすすめします。

ライトについては「ママチャリのライトの種類は主に2種類。おすすめの自転車ライトを紹介」にも詳しい解説をしています。

軽量さを求めるならアルミフレームがおすすめ

27インチのシティサイクルを探している方はなるべく快適に自転車をこぎたいと考えている方が多いと思います。

自転車をなるべく快適にこぐためには重量が軽いシティサイクルを選ぶのもポイントです。

27インチよりも26インチのほうが車体が小さいため、同じ車種であれば重量は軽くなります。

また、同じ27インチのシティサイクルでもアルミフレームのシティサイクルが一部販売されており、アルミフレームの場合、価格は高くなりますが重量は軽くなり自転車をこぎやすくなります。

27インチのシティサイクルを購入する時の店舗選びのポイント

27インチのシティサイクルを購入する時の店舗選びのポイントとしては、まずは自転車屋などの実店舗で購入するかインターネット通販などで購入するかという点です。

シティサイクルの場合、高価なスポーツ自転車よりもある程度予測はつくため、インターネット通販でも躊躇なく購入できると思います。

また、自転車屋などの実店舗と価格はあまり変わらないかむしろ安く自宅まで届けてもらえるというメリットがあります。

しかしながら注意も必要でインターネット通販の一部店舗ではシティサイクルを組み立てせず配送している店舗もあります。

最終的な組み立ては購入者にゆだねることで価格を抑えています。

27インチのシティサイクルに限らず自転車は専門品です。

日々自転車の組み立てに慣れており、自転車が趣味という方であれば問題ありませんが、自転車の組み立てに慣れてしない方は「完全組み立て」「100%組み立て」と記載されている店舗から購入するようにしましょう。

100%組み立ての自転車の必要性については「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」により詳しい解説をしています。

おすすめの27インチのシティサイクル

以下はインターネット通販で購入可能な27インチのシティサイクルです。

自転車ごと特徴があるので自分にぴったりな車種を探してみてください。

ブリヂストンの27インチのシティサイクル ロングティーン

ブリヂストンの代表的な27インチのシティサイクルロングティーンです。

ブリヂストンの自転車らしくかなりの高スペックです。

LED点灯虫、内装3段変速ギア、雨の日もすべりにくいローラーブレーキ、BAAマークなど充実した機能です。

ブリヂストンの27インチのシティサイクルは多数ありますが、その中でもロングセラーの高級車種です。

とにかく品質の高くブランドがあるブリヂストンの27インチのシティサイクルを探しているという方におすすめです。

ブリヂストンのシティサイクルについては「ブリヂストンの一般自転車!!品質のブリヂストンのママチャリを購入するときのポイント」にも詳しい解説をしています。

アルミフレームの27インチのシティサイクル トラッドラインS

サイクルベースあさひのオリジナルアルミフレームの27インチシティサイクル、トラッドラインSです。

適正身長160cm以上とやや男性向けのシティサイクルとなっています。

機能が充実している分、重量が重くなりがちですがアルミフレームで重量を抑え18.2kgとなっています。

オートライト、外装6段変速ギア、ローラーブレーキとなっています。

価格は比較的27インチのシティサイクルの中では高価格帯ですが、高いスペックでサイクルベースあさひで購入したいという方におすすめです。

サイクルベースあさひであればインターネット通販で購入し、店舗で受け取りを行うことで送料無料でシティサイクルを受け取ることができます。

アルミフレームについては「アルミフレームママチャリ特集!通販で購入できる全車種を細かく紹介!」にも詳しい解説をしています。

イオンバイクの27インチのシティサイクル ネオサージュ

イオンバイクのオリジナルブランドで27インチシティサイクルのネオサージュです。

シンプルなデザインで太めのタイヤが特徴的なシティサイクルです。

1.95サイズという太めなタイヤを採用するとこで自転車の安定性が増します。

基本スペックとしては、外装6段変速ギア、オートライトです。

イオンバイクオリジナルブランドで店頭受取無料で行えるなどメリットも多い27インチのシティサイクルです。

イオンバイクについては「イオンの自転車屋さん イオンバイクの通販がサービスが充実している!」に詳しい解説をしています。

入学祝いにおすすめの27インチのシティサイクル エブリッジL

ブリヂストンのエブリッジLです。

ブリヂストンの27インチシティサイクルの中でも価格とスペックのバランスが取れた自転車だといえます。

アルミフレームで軽量化されているだけではなく、パンクしにくいタイヤ、オートライトの点灯虫、内装3段変速ギアなどが魅力的です。

ロングティーンよりもよりデザイン性が高いように思えるため、中高生の入学祝いなどにも向いている自転車だといえます。

激安の27インチのシティサイクル trois

27インチのシティサイクルをできるだけ安く、コストパフォーマンス高く買いたいという方におすすめの自転車です。

27インチ、外装6段変速ギア、ブロックダイナモライトです。

メリットとしては、コストパフォーマンスが最も高いのではないかといわれており、インターネット通販で同型の27インチシティサイクルの中では最安値です。

また、販売店のゴーゴーサイクリングでは東京神奈川千葉埼玉の多くの地域で送料無料で配送してくれるのでうれしい点です。

その他完全組み立てなので安心して購入できます。

コストパフォーマンスが高い27インチのシティサイクルを探している方におすすめです。

troisについては「trois(トロワ)という自転車の評判は?低価格で高評価のシティサイクル」に詳しい解説をしています。

27インチのシティサイクルの選び方 おすすめの軽量車種や激安コスパが高いシティサイクルなどのまとめ

自転車を購入するときに様々な種類がありどの自転車を購入したらよいのか迷うことがありますよね。

シティサイクルはママチャリの中でもハンドルがまっすぐで比較的スピードの出やすいママチャリのタイプです。

27インチのシティサイクルは26インチよりもタイヤが大きい分全長も長くなり男性でも乗りやすい自転車です。

27インチのシティサイクルを購入する時には変速ギアの有無、ライトの種類などで選ぶのがおすすめです。

購入は実店舗でもインターネット通販でもよいですが、インターネット通販の場合、完全組み立ての自転車を選ぶようにしましょう。

これら点に注意して27インチのシティサイクルを選んでみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車の種類, 自転車インチサイズ
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.