2万円以下の自転車の選び方 ママチャリやクロスバイクを中心に2万円以内で購入する時のポイントも解説

更新日:

自転車を購入する時に2万円以下というのが一つポイントになる金額かと思います。

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツ自転車のほか、ママチャリなど2万円以内の予算でよりよい自転車に出会うために詳しい解説をしたいと思います。

2万円以下で購入できる自転車は車種により大きく違う

2万円以下で購入できる自転車は自転車の車種によって大きく異なります。

大人用の自転車の代表格でもあるママチャリ、クロスバイク、ロードバイクを対象にすると以下のようになります。

ママチャリで2万円以下の自転車の場合

ママチャリの場合、2万円以下で自転車を購入することが可能です。

最近では自転車全体の価格が上がってきているため、2万円で高い品質のママチャリも購入しにくくなっています。

しかしながら2万円以下でもママチャリは販売しています。

2万円以下のママチャリは低価格帯のママチャリといわれており、2万円前後が安いママチャリの基準となる価格だといえます。

2万円以下のママチャリは基本スペックに応じて価格があがっていきます。

最も安いママチャリは26インチ、変速ギアなし、ブロックダイナモライトのママチャリが最安値のママチャリだといえます。

最安値のママチャリに6段変速ギアやオートライトが搭載されると価格があります。

6段変速ギア付きママチャリになると2万円を超える価格帯も増えてきており、現状で確実に2万円以下でママチャリを購入するのであれば、変速ギアなし、ブロックダイナモライトが確実かもしれません。

クロスバイクで2万円以下の自転車の場合

クロスバイクで2万円以下の自転車はほとんどありません。

以前よりも全体価格が値上げされており、インターネット通販で最安値のクロスバイクがかろうじて2万円以下をキープしています。

しかしながらこれもいつまで維持されるかわからないため、2万円以下でクロスバイクを探している場合早めに購入することをおすすめします。

ロードバイクで2万円以下の自転車の場合

ロードバイクは現在2万円以下で購入できるインターネット通販の店舗はないようです。

中古でも2万円以下で購入はほとんど流通しておらず、2万円以下のロードバイクに出会うには中古で、以前2万円以下で購入できたルック車のようなロードバイクであれば2万円以下で購入できる可能性はあります。

ただし、あまり期待はできないため、ロードバイクの購入を検討する場合2万円以上の予算は見込んでおく必要があります。

2万円以下の自転車を購入する時のポイント

2万円以下の自転車は全体的に数が少なくなっており、ある程度の品質を求めるのであれば2万円以上の予算を見込んだほうがよいかもしれません。

しかしながら、2万円以下の自転車でも品質が高くコストパフォーマンスが高い自転車もあります。

以下ポイントに注意して2万円以下の自転車を選ぶようにしましょう。

ママチャリで2万円以下の自転車を購入する時のポイント

ママチャリで2万円以下の自転車を購入する場合、以下ポイントに注意しましょう。

インターネット通販で購入する場合、完全組み立ての自転車を選ぶ

自転車組み立て

インターネット通販でママチャリに限らず自転車を購入する場合、完全組み立ての自転車を選ぶようにしましょう。

自転車を「95%組み立て」などとうたっている店舗は最終的な自転車の組み立てや点検を購入者自身にゆだねられるためです。

自転車は整備士の資格があるくらい専門的な商品で整備不良は事故の原因にもなりかねません。

安いからと言って自転車を組み立ててなく配送するような店舗ではなく、完全組み立ての店舗からママチャリを購入することがポイントです。

なお、95%組み立ての自転車を最寄りの自転車店で組み立て点検してもらった場合、5,000円~10,000円程度の費用が掛かるのが一般的です。

2万円以下で安いからといっても最終的に金額が高くなってしまう可能性があるので注意しましょう。

完全組み立ての必要性については「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」にも詳しい解説をしています。

ライトは電池式ライトを利用すればブロックダイナモライトでもペダルが重くならない

2万円以下でママチャリが欲しいができるだけ高いスペックのママチャリが欲しいと思うのは当然だと思います。

しかしながら、変速ギア付き、オートライトのママチャリで2万円を切る価格はほとんど存在しておらず購入が難しいのが実情です。

そのため、対策としては、2万円以下の6段変速ギア付きのママチャリを2万円以下で購入します。

この時にライトはペダルが重くなるブロックダイナモライトで問題ありません。

2万円以下で変速ギア付きママチャリを購入したら別途電池式のライトを購入しママチャリに取り付けます。

そうすることでオートライト付きの自転車よりも安くペダルが重くならずライトを設置することができます。

オートライトとブロックダイナモライトだと価格差は2,000円~4,000円程度ありますが、電池式の後付け可能なライトであれば1,000円程度でも購入可能です。

インターネット通販で購入する場合、送料を気によう

インターネット通販でママチャリを2万円以下で購入する場合、送料が別途かかるかを事前確認するようにしましょう。

送料がかかることで合計2万円以上になってしまう場合もあります。

また、店舗によっては同じ都道府県エリアでも別途送料がかかる場合もあります。

事前告知されているため、しっかりと店舗内を確認してから2万円以下の自転車を探すようにしましょう。

自転車の送料については「自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法」にも詳しい解説をしています。

クロスバイクやロードバイクで2万円以下の自転車を購入する時のポイント

クロスバイクでは最安値であれば2万円以下で購入できる自転車は残っていますが、ロードバイクの場合、2万円以下では購入できません。

2万円以下のクロスバイクも車種数が少なく選択の余地が近年減ってきています。

また、注意したい点としては、クロスバイクの形状はしているが実際はママチャリとほぼ変わらない自転車ということがありえます。

コスト削減のため、自転車としての機能はママチャリの各パーツを利用し製造しているクロスバイク風の自転車もあるため、注意しましょう。 2万円以下のクロスバイクを選ぶときのスペックのポイントとしては以下の通りです。

2万円以下のクロスバイクはブレーキはVブレーキ、タイヤは700Cがおすすめ

クロスバイクでスペックをしっかりとしたものを選びたいということであればおすすめブレーキはVブレーキという種類のブレーキを採用しており、タイヤサイズは700Cという種類のタイヤを採用している2万円以下のクロスバイクがおすすめです。

Vブレーキは制動力が強く、ブレーキが利きやすいです。

一方注意したいブレーキはキャリパーブレーキというブレーキです。

ロードバイクで利用されるブレーキですが、ママチャリ用のキャリパーブレーキが利用されていることもあるため2万円以下のクロスバイクの場合、確認したほうが無難だと思います。

また、タイヤは700Cのほうがおすすめです。

2万円以下のクロスバイクでタイヤサイズが26インチの場合、ママチャリのタイヤを利用していないか確認をしてから購入するようにしましょう。

2万円以下のクロスバイクでも目的が明確であれば選択も可

2万円以下のクロスバイクが悪いわけではなく、目的をしっかりともって2万円以下のクロスバイクが必要であれば購入も検討してみましょう。

ルック車でも見た目を重視し、まずは安くてもクロスバイクが欲しいということであれば第一歩を踏み出すのも面白いと思います。

しっかりと整備しながら2万円以下のクロスバイクを楽しんでみてください。

おすすめの2万円以下の自転車

2万円以下の自転車は数が少ないため、その中でもおすすめできる自転車を紹介します。

インターネット通販で最安値で有名な2万円以下のママチャリ SUNTRUST

インターネット通販で2万円以下の中でも特に最安値をキープしているママチャリです。

26インチ、変速ギアなし、ブロックダイナモライトと最低限のスペックですが、2万円以下で購入できるのはうれしい限りです。

また、運営店舗のゴーゴーサイクリングでは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の多くの地域で送料無料で配送してくれる他、完全組み立てなのですぐ乗れるのがうれしいポイントです。

サントラストの自転車については「サントラストの自転車は価格と品質のバランスがよい!激安ママチャリなら評判のサントラスト」にも詳しい解説をしています。

サイクルベースあさひの2万円以下のママチャリ クリームシティ

サイクルベースあさひの代表的なママチャリのクリームです。

インターネット通販で販売しているママチャリの中でもコストパフォーマンスが高いといえわれておりサイクルベースあさひのオリジナルブランドです。

サイクルベースあさひの店舗で受け取りであれば送料もかからず完全組み立てです。

2万円以下でサイクルベースあさひのブランドを自転車が欲しいかたにおすすめです。

クリームシティについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」により詳しい情報を掲載しています。

2万円以下で購入できるクロスバイク

2万円以下で購入ができるクロスバイクです。

クロスバイクは2万円以下で購入が難しくなってきているだけに数少ない2万円以下で購入できる車種として検討してみる価値はあります。

2万円以下の1万円台で購入できるクロスバイクについては「1万円台で購入できるクロスバイクを徹底研究。通販で買えるものは大丈夫か」にも詳しい解説をしています。

2万円以下の自転車の選び方 ママチャリやクロスバイクを中心に2万円以内で購入する時のポイントも解説のまとめ

2万円以下で自転車を購入したいと考える場合、ママチャリであれば2万円以下でも購入は可能です。

クロスバイクは数少ないながらありますが、値上げ傾向がある現在いずれなくなるかもしれません。

ロードバイクも以前は2万円以下で販売されていましたが現在はありません。

2万円以下でインターネット通販で自転車を購入する場合、完全組み立て、送料まで考慮、ママチャリの場合ライトは別途電池式ライトを購入すると安くなるなどポイントがあります。

2万円以下のクロスバイクを購入する場合、Vブレーキと700Cがセットになっているクロスバイクを選ぶようにしましょう。

これら点に注意して2万円以下の自転車を選んでみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, ママチャリ, 自転車の知識, 自転車の種類, クロスバイク, 自転車の価格
-, , ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.