メルカリで自転車を購入する時の注意点やポイント 送料、手渡し防犯登録など中古ならではの解決方法

更新日:

メルカリなどフリマアプリで中古の自転車を購入しようと思ったときに普通の商品と比較しさまざまな確認事項があることがわかると思います。

今回は購入者視点でメルカリなどフリマアプリで自転車を購入する時の注意点をまとめたいと思います。

メルカリで自転車を購入する時の注意点

メルカリで自転車を購入する時にはいくつか気を付けるポイントがあります。

このポイントはメルカリに限らず、ラクマなどほかのフリマアプリでも同様のことがいえるのでフリマアプリで自転車を探す方は注意したほうがよいでしょう。

自転車の防犯登録の手続き

自転車は新車で購入した段階で防犯登録を行っています。

防犯登録は加入義務があり、購入段階で購入店舗などで行うことができます。

メルカリで取引する場合、この防犯登録の所有者を書き換える必要があります。

防犯登録の所有者を書き換える方法は複数種類あります。

メルカリで自転車売却者が防犯登録の抹消手続きを行ってから譲渡する

メルカリで自転車を売却する方は事前に自転車の所有者であることを抹消(取り消し)してから購入者に受け渡す方法です。

防犯登録抹消手続きは自転車を取り扱っている店舗であればどこでも行うことができます。

抹消した自転車であれば、現状の所有者がいなくなるため、メルカリで購入後に問題なく、防犯登録を行うことができます。

防犯登録の抹消手続きについては「自転車の防犯登録の解除方法について詳しく解説」により詳しい解説をしています。

売却者が譲渡証明書を発行し、自転車といっしょに受け渡しを行う

事前に自転車の売却者が防犯登録の抹消ができない場合、譲渡証明書を必ず発行してもらいましょう。

譲渡証明書があれば、防犯登録の書き換えが可能です。

メルカリでの売却者としては、自転車店で防犯登録の抹消手続きを行わなくてもよいので作業としては楽になります。

自転車購入者の手続きの手間はあまりかわりません。

自転車の受け渡しの方法

自転車の受け渡しを行う場合、受け渡し方法に注意する必要があります。

自転車は一般的な宅急便と比較するとものが大きいため、送料が高く注意が必要です。

現地での自転車手渡し

メルカリの自転車の受け渡しの一般的な方法です。

売却者の自宅近くなどで直接会い、自転車の受け渡しを行います。

配送料金がかからず安く自転車を手に入れられる他、購入者としては直接自転車を確認してから受け渡しを行うことができるので安心感が増します。

一方で、事前の受け渡し場所の調整や受け渡し日時の調整など手間がかかるのがデメリットではあります。

また、メルカリでは受け渡し方法が現地での直接手渡しのみは禁止されており、複数の選択肢の中の一つとしています。

自転車を配送する場合

配送する場合、自転車の配送方法により価格が異なります。

例えば、ママチャリの場合、自転車のタイヤを取って配送するなどは難しいため、100%完成車のまま配送するのが一般的です。

この場合、ヤマトコンビニエンスなどに配送依頼した場合、1万円~3万円程度の価格がかかってしまいます。

そのため、あまり現実的ではなく、郵送が難しいです。

一方でクロスバイクやロードバイクなどのスポーツ車の場合、70%組み立て程度まで解体し、段ボールに収納して配送するという方法があります。

しかしながら、70%組み立て程度でも配送物としては自転車は大きいため費用が発生します。

そのため、メルカリで自転車の受け渡しを行う場合、現地手渡しが最もおすすめだといえます。

自転車の送料については「自転車配送料金について解説 ヤマトを利用せず送料価格を安くする方法」に安く配送する方法など詳しく解説しています。

錆やフレームのゆがみなど中古自転車ならではの問題点

メルカリなどのフリマアプリで最も確認が必要なのが錆やフレームの歪みなどの自転車本体の劣化です。

自転車の錆や歪みは長年乗っていればされられない劣化です。

注意すべきポイントとしては、「許容できる範囲なのか」、「修理メンテナンスすれば解決する内容か」という点です。

チェーンの錆に関してはチェーンを交換すれば解決しますが、車体自体の錆はどうしようもありません。

歪みに関しても車体がゆがんでいる場合、そのまま乗り続けるのはあまりおすすめできません。

錆が広がっている場合、メンテナンスしても今後も錆が広がり、車体の歪みが発生する可能性があります。

気になる点があれば事前に売却者に質問を行い、解決してから購入するようにしましょう。

メルカリで自転車を取引する時に起こりえるトラブル

メルカリなどフリマアプリで自転車を購入する場合、残念ながらトラブルも若干発生しています。

できる限りトラブルを減らすためには以下の点に注意することが必要です。

自転車の防犯登録の譲渡証明書を渡したが防犯登録の書き換えが行われない

防犯登録の譲渡証明書を受け渡しされたのにも関わらず、そののちに手間に思い、防犯登録の書き換えをさぼってしまうトラブルです。

通常乗っている場合は問題ないのですが、何かをきっかけに防犯登録の照合をされた場合、もともとの所有者のため、所有者と乗っている方が異なるというトラブルが発生します。

常時譲渡証明書を携帯していれば話はつくと思いますが、譲渡証明書を携帯していない場合、警察官と話をつけるのに非常に時間がかかると思います。

また、メルカリで自転車を購入後、防犯登録の書き換えを行う前に盗難にあった場合、購入した方は自転車の所有者ではないため、見つかっても回収するのも一苦労だと思います。

譲渡証明書と自転車を得たらまずは所有者変更を行いましょう。

自転車の送料が別途発生し追加費用がかかってしまった

メルカリで自転車を購入した場合、送料が別途となる場合があります。

通常の宅急便と同じように考えていると自転車の送料が車体以上の価格なるということはよくあります。

送付された後では送料分を負担しないというのは難しいと思います。

そのため、購入前のメルカリの出品者はどこに住んでおり、現地での直接手渡し

が可能か否かの確認は行っておきましょう。

自転車が盗難品の可能性

メルカリで中古の自転車を購入後、その自転車が盗難品という可能性も避けられません。

自転車の相場観から大きく安い自転車が出品されている場合、注意が必要です。

車種別でメルカリ自転車を購入する時の注意点

メルカリで自転車を購入する場合、自転車の車種により注意するポイントが異なってきます。

車種別で注意するポイントを抑えておきましょう。

ママチャリをメルカリで購入する場合

ママチャリをメルカリで購入する場合、品質と元々の価格を確認しておきましょう。

ママチャリは安いママチャリと高いママチャリでは数倍の価格差がありますが、クロスバイクやロードバイクと異なり新車で購入した時の価格がわかりにくいものです。

フレームの品質など全体的に価格により異なっておりメルカリで中古で購入するのに値する自転車かの確認が必要です。

安いママチャリを中古で若干の値下げで販売されていることもあります。

その場合、相対的に判断すると新車で安いママチャリを購入したほうが安くあがる場合もあります。

安いママチャリの選び方としては「安いママチャリの選び方!通販で安くて品質がよいママチャリを選ぶ5つのポイント」でも説明しています。

電動自転車をメルカリで購入する場合

電動自転車をメルカリで購入する場合、最も注意することはバッテリーの劣化具合です。

電動自転車のほとんどがリチウムイオンバッテリーです。

リチウムイオンバッテリーは充電を繰り返すことで劣化していきます。

購入してから時間が経っていないといっても距離を乗っており充電を繰り返していると劣化している可能性が高いです。

パナソニック、ブリヂストン、ヤマハの通常レベルバッテリーの場合買い替えると3万円~5万円程度の費用がかかります。

バッテリーが劣化して充電してもすぐバッテリー切れをおこしてしまうとバッテリーを買い替えるということになりかねません。

各メーカー、バッテリーの充電回数など劣化具合を確認する方法があります。

詳しくは「電動自転車バッテリーの悩みを解決 寿命確認や値段、処分リサイクル方法など」を参照して、メルカリで購入前にバッテリーの劣化具合を確認しましょう。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクをメルカリで購入する場合

クロスバイクやロードバイクの場合、価格に対し商品の劣化具合やカスタマイズ具合を確認する必要があります。

劣化具合は写真ではわからず、タイヤやフレームの歪みが発生している場合があります。

特にインターネット通販などで販売されている安いクロスバイクなどは剛性の問題でフレームに歪みが発生している可能性があります。

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを購入する場合、現地で直接受取を希望し、フレームやタイヤの歪みがないかを確認してから受け渡しを行うようにしましょう。

メルカリで自転車を購入する時の注意点やポイント 送料、手渡し防犯登録など中古ならではの解決方法のまとめ

メルカリで中古の自転車を購入する場合、まず防犯登録の抹消状況を確認する必要があります。

防犯登録の抹消がされていない場合、譲渡証明書を必ずもらうようにしましょう。

送料に関しても自転車は大型便のため、送料がかさみます。

おすすめなのが現地での自転車の手渡しです。

送料もかからず、現地で品質のチェックを行ってから自転車の受け渡しを行うことができます。

自転車を配送する場合は送料に注意が必要です。

また、メルカリで自転車を購入する時の注意点としては、錆や歪みのほか、盗品でないかのチェックを行いましょう。

車種別で考えるとママチャリの場合、定価に対し購入価格があっているか、電動自転車の場合バッテリーの劣化具合、クロスバイクの場合、品質劣化がないかという点に注意しましょう。

これら点に注意して、メルカリなどフリマアプリでの自転車購入を成功させてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車おすすめ店舗, 自転車ネット通販の店舗, 自転車の知識, その他の自転車の知識
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.