安いママチャリを紹介 あさひやホームセンター、ブリヂストンなど人気のおすすめ自転車も解説

更新日:

ママチャリを購入するのであればできる限り安い値段でママチャリを購入したいですよね。

今回は安いママチャリを購入できる店舗やママチャリの値段などを詳しく紹介したいと思います。

目次

どのようなママチャリが安いか

安いママチャリを購入検討する場合、最も影響力があるのがそもそものママチャリのスペックです。

スペックが低いママチャリのほうがやはり価格は安く購入が可能です。

どのようなスペック別でどのようなママチャリが安いかまとめています。

ママチャリのタイヤインチサイズは24インチが安い

ママチャリのタイヤインチサイズは若干安さに影響があります。

最も一般的なママチャリはタイヤインチサイズが26インチです。

26インチを基準にすると価格が高いのは27インチ、価格が安いのは24インチのタイヤインチサイズになります。

26インチ、27インチのママチャリは一般的ですが、価格が安い24インチのママチャリは子供用ママチャリが多く、大人用ママチャリで24インチは珍しいです。

最近では、価格競争激しいインターネット通販などで24インチママチャリを販売していますがはやりやや小さめです。

背の低い競馬の騎手をモデル写真などに利用し、安い24インチのママチャリを一般的なママチャリのように安く販売しています。

とはいえ、背の低い女性などで安いママチャリを探している方は24インチのママチャリでもよいかもしれません。

また、感覚では、26インチと27インチのママチャリの場合、価格差は1000円程度になると思います。

タイヤインチサイズについては「大人用自転車のサイズの選び方 インチ別、フレームサイズ別適正身長を解説」に詳しい内容を掲載しています。

ママチャリの変速ギアはシングルギアが安い

変速ギアはママチャリの価格要素で大きな要素になります。

安いママチャリは変速ギアがついていないシングルギアと呼ばれるギアが安いです。

次に安いママチャリは外装6段変速ギアが安いママチャリになります。

最も高いママチャリは内装3段変速ギアです。

最も安い変速ギアなしを基準とすると外装6段変速ギアは3000円から5000円程度、内装3段変速ギアは4000円から7000円程度価格が上がります。

外装6段変速ギアのメリットは価格の安さですが、ある程度メンテナンスが必要になります。

具体的には定期的な変速ギアの調整やサビの対策です。

変速ギアの調整は軽微なものであれば、道具を使わず調整箇所を手で回すだけで調整は可能です。

内装3段変速ギアは価格は高いですが、メンテナンスの必要がなく、安定性が高いのがメリットです。

一見すると内装3段変速ギアと変速ギアなしは見た目が似ているため判断つきにくいですが、価格差は大きいです。

また、ママチャリの変速ギアのメーカーはほとんどがシマノです。

シマノ以外の変速ギアのママチャリはほとんど見ません。

もし、安いママチャリで変速ギアがシマノでないママチャリがあった場合、避けたほうが無難だと思います。

変速ギアについては、「自転車の変速ギアはどれがいい?わかりやすくママチャリの変速ギアについて語る」に詳しい情報を掲載しています。

ママチャリのライトはブロックダイナモライトが安い

ママチャリにはライトがついていますが、安いママチャリのライトはブロックダイナモライトです。

昔からあるライトの発電部分とタイヤが擦れて発電するライトです。

価格は安いのですが、ライトをつけると摩擦でペダルをこぐのが重くなるデメリットがあります。

一方、ライトがついてもペダルが重くならないのがハブダイナモタイプのオートライトです。

前輪部分で発電がおこなわれ、暗くなると自動でライトが点灯します。

使い勝手を考えるとオートライトが非常に優れています。

ブロックダイナモライトとオートライトの価格差は2000円~5000円程度になります。

この価格差は新規でママチャリを購入した時の価格差になります。

既に購入済みのママチャリのライトをブロックダイナモライトからハブダイナモ式のオートライトへ変更しようとした場合は前輪ごと交換しなければならず1万円を超えることもあるため、安いママチャリを考えている場合おすすめできません。

既に所有しているブロックダイナモライトのライトを安くオートライト化させたいのであれば、電池式のライトを別途購入しハンドル部分に設置するのが安くておすすめです。

ママチャリのライトについては「ママチャリのライトの種類は主に2種類。おすすめの自転車ライトを紹介」に詳しい情報を掲載しています。

セミアップハンドルとオールラウンダーハンドルどちらのママチャリが安いか

ママチャリには2種類ありハンドルが手前に曲がっているセミアップハンドルとハンドルがまっすぐなオールラウンダーハンドルがあります。

一般的にはセミアップハンドルのママチャリを軽快車、オールラウンダーハンドルのママチャリをシティサイクルと呼びます。

安さだと気持ちセミアップハンドルのほうが安いかもしれませんが、ほとんど気にする程度ではないと思います。

とにかく安いママチャリを探して、ママチャリの用途と異なる種類のハンドルの車種を購入してしまうとストレスを感じるかもしれません。

そのため、安いママチャリを購入する前提として、ハンドルタイプを気にして軽快車かシティサイクルかを判断するようにしましょう。

ママチャリのハンドルについては「ママチャリのハンドルの種類は2種類 自転車のハンドル違いを学ぶ」に詳しい内容を解説しています。

どこでママチャリを購入するのが安いか

安いママチャリを購入する場合、どこで購入するのかも重要なポイントです。

同じママチャリならできる限り安いほうがよいと思うでしょう。

安いママチャリを購入できる店舗としては以下などがあります。

インターネット通販

スマホをみる女性

インターネット通販は現在最も安いママチャリが販売されている購入口だと思います。

特にインターネット通販では安いママチャリが人気で、現在でも2万円を切る価格でママチャリが販売されています。

大手のサイクルベースあさひなどでもインターネット通販限定で1万円台の安いママチャリを販売するなど追随せざるえない状況になっています。

安いママチャリだからといってほかの実店舗で購入する自転車よりも品質が悪いかというとそうでもなく、例えばドン・キホーテで売っている安いママチャリと同じメーカーで同じママチャリがより安く購入できることもあります。

ドン・キホーテ

ドン・キホーテ

ママチャリに限らず安い商品の購入を考えた場合、頭の中にでてくるのがドン・キホーテだと思います。

ドン・キホーテも安いママチャリの販売には力を入れており、東京都内でもドン・キホーテ新宿店など一等地でも広い自転車売り場を設けています。

ドン・キホーテでは現在情熱価格の安いママチャリ型電動自転車の販売に力を入れています。

今後は電動がない一般的なママチャリで安い情熱価格自転車が販売されることも予想され、さらにお買い得に安いママチャリがドン・キホーテで買えるかもしれません。

ドン・キホーテの安いママチャリについては「ドン・キホーテで自転車購入するときのポイント。修理や保証、保険、引き取りについて」や「ドン・キホーテの自転車の価格は!?驚安の殿堂 ドン・キホーテの自転車にせまる。」に詳しい情報を掲載しています。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは中古のママチャリを安く購入することができます。

トレジャーファクトリーでは、中古に限らず、一部新品のママチャリも安く販売されています。

中古の場合、状態をしっかりと判断することで安くお買い得なママチャリを買えますが、品質を見誤ると購入後、修理費用や調整費用がかかりむしろ高くなってしまうということも考えられます。

しっかり購入前にメンテナンスがされていることを確認したうえでママチャリを購入されることをおすすめします。

サイクルベースあさひ

ママチャリなど自転車を購入する場合、最も大きい自転車総合販売店といえばサイクルベースあさひになります。

サイクルベースあさひは全国に店舗があり、安いママチャリだけではなく、子供用自転車、電動自転車、クロスバイクなどのスポーツ自転車など幅広く販売されています。

サイクルベースあさひでも安いママチャリを販売しており、最も安いママチャリの場合、サイクルベースあさひのインターネット通販で購入することをおすすめします。

サイクルベースあさひではインターネット通販で購入し、店舗で受け取りができる安いママチャリ「クリームシティ」があります。

自宅の近くにサイクルベースあさひがあり安いママチャリを探している方におすすめです。

また、そのほかにもママチャリ型電動自転車のエナシスシリーズなど安くて品質が高いママチャリもあります。

クリームシティについては「サイクルベースあさひの「Cream(クリーム)」という自転車シリーズがすごくいい!通販限定でおすすめの理由とその評価」により詳しい情報を、サイクルベースあさひについては「アサヒサイクルは自転車メーカー 国内組立のクロスバイクやママチャリなどの魅力」に詳しいサービスなどを掲載しています。

街の自転車店

残念ながら知る限りでは街の小さな自転車店ではあまり安いママチャリは販売されていません。

インターネットでメーカー直販で販売されているママチャリや大手店舗のプライベートブランドのママチャリと比較すると仕入れが必要になり販売価格が高くなってしまう傾向があります。

街の自転車店は安くママチャリを販売せず、利益率の高い修理などで経営を成り立たせています。

そのため、価格重視で安いママチャリを探しているのであればほかの店舗で購入することをおすすめします。

インターネット通販でママチャリを購入するならどこが安いか

安いママチャリを探している場合、上記でも解説している通り、インターネット通販でママチャリを購入するのが簡単に安いママチャリを手に入れる方法です。

インターネット通販もサイトにより特徴があるため、価格面やそれ以外のサービスを含めて特徴を抑えておくと購入時失敗しないと思います。

楽天市場 安いママチャリが群雄割拠している通販モール

インターネット通販でママチャリを購入する場合、最も車種が多くさまざまな自転車から選ぶことができるのが楽天市場です。

安いママチャリは楽天市場の中でも人気のママチャリでシティサイクル部門の売上ランキングの上位はほとんどが3万円以下のママチャリです。

楽天市場の場合、さまざまな店舗が集まったモール型通販のため、同じ楽天市場内でも店舗によりサービスの品質に差があります。

安いママチャリでも避けるべきママチャリもあるので注意しましょう。

避けるべきママチャリについて下記にある「通販でママチャリを安く購入するための注意点」を参照してください。

Amazon 自転車は全体的に安くない!?世界最大手通販モール

インターネット通販で世界的な企業といえばamazonです。

amazonもママチャリは販売されていますが、楽天市場ほど種類はありません。

楽天市場では出店していてもamazonでは出店していない店舗などもあります。

amazon内のママチャリの価格は楽天市場と同じかやや高い傾向にあります。

純粋に安いママチャリを探すのであれば、楽天市場を探してみてよい商品がなければamazonを探すというのがおすすめです。

自転車通販公式サイト 安いママチャリ通販サイトも探せばある

自転車を専門にしている公式通販サイトで安い自転車を探すのもおすすめです。

公式通販サイトで最も有名なのはサイマです。

しかしながらサイマは安さではあまり販売していないため、価格でママチャリを選ぶのであればあまりおすすめできません。

おすすめなのはゴーゴーサイクリングです。

ゴーゴーサイクリングは楽天市場などでも販売していますが、公式通販サイトでは楽天市場などよりも安い価格でママチャリが販売されています。

ゴーゴーサイクリングは自社のオリジナルママチャリは安いですが、それ以外のブリヂストンなどのママチャリや電動自転車はあまり安くないため、安いオリジナルママチャリを探すのであればおすすめです。

ゴーゴーサイクリングについては「ゴーゴーサイクリングって最近よく自転車通販でみかけるけど評判ってどうなの?調べてみるとママチャリの価格は安く、品質はよさそう!」に詳しい情報を掲載しています。

メルカリやラクマなど中古フリマアプリ

メルカリやラクマなどで、中古のママチャリを探すのも安くママチャリを手に入れる方法です。

メルカリは出品者が独自に価格設定ができるため、5000円以下でもママチャリが出品されていたりします。

しかし、リサイクルショップなどと異なり自転車の専門家がメンテナンスした状態でフリマアプリに出品しているわけではないため、品質の問題はあります。

安いママチャリを購入し、自分で修理メンテナンスができるのであればお買い得な方法かもしれません。

メルカリなどでママチャリを売買するためには「メルカリで自転車を購入する時の注意点やポイント 送料、手渡し防犯登録など中古ならではの解決方法」に詳しい情報を掲載しているのであわせて読んでみてください。

通販でママチャリを安く購入するための注意点

通販で安いママチャリを購入する時に注意することも多々あります。

安いママチャリを購入できたと喜んでいると思いがけない出費で結果として高くなってしまうということもありますので注意しましょう。

完全組み立てのママチャリを購入する

自転車組み立て

ママチャリをインターネット通販で購入するときに最も注意することは完全組み立て、100%組み立てと記載されているママチャリを購入するようにしましょう。

完全組み立てとはハンドルやペダルが設置されており、ブレーキや変速ギアの調整も済んでいる自転車のことです。

実店舗の自転車店でママチャリを購入する場合当たり前のことですが、一部インターネット通販では組み立てや調整を購入者にゆだねている店舗もあるので注意です。

また、完全組み立てとうたっていても中には小さな文字で「変速機やブレーキについては購入後にお客様で再調整をお願い致します。」と記載している店舗もあるので注意が必要です。

しっかりと自転車の調整がされていれば、輸送でブレーキや変速機の再調整が必要になることはそうそうありません。

安いママチャリを購入したが自転車店に持ち込んでメンテナンスや組み立てを行い結果として高くなったということにならないように完全組み立てのママチャリを購入するようにしましょう。

ママチャリの完全組み立て重要性については「絶対完全組立て!通販で自転車を購入するときは100%組み立て(完全組み立て・完組み)自転車を買おう」に詳しい情報を掲載しています。

ママチャリの配送料金を考える

ママチャリの配送料金は高く、スポットでヤマト運輸などに依頼すると1万円以上します。

自転車販売店はさまざまな工夫で配送量を抑えています。

購入時には配送料金がかからない表示だったが、購入後送料が別途かかることがわかったということもあるため、購入前に届ける先が送料がかからないエリアなのかという点はしっかりとチェックして購入するようにしましょう。

ママチャリのの送料については「ネット通販の自転車の送料について」に情報を掲載しています。

ママチャリの安い時期はいつか

安いママチャリを購入する場合、ポイントとなるのはいつママチャリを購入するのかという時期の問題です。

世界的な製造原価や為替の問題で今後も安いママチャリは価格が上昇していくことが想定されます。

そのため、早めにママチャリを購入するのが安い価格で購入できるタイミングだとは思います。

しかしながら、季節などの時期によっても価格の変動はあります。

具体的にはゴールデンウィークすぎごろとシルバーウィーク頃がママチャリの価格が安くなる傾向があります。

理由としては、ママチャリがたくさん販売され売れるのが3月から4月の入学、引っ越しシーズンです。

そのため、自転車メーカーや自転車販売店は2月頃からママチャリの在庫をかかえます。

その売れ残りが流通するのがゴールデンウィークすぎ頃になります。

また、シルバーウィーク頃は、夏の暑さがおさまって涼しくなったタイミングで自転車の流通量が増えるため、安売りをする店舗が増える傾向にあります。

この2つのタイミングを抑えることで安いママチャリが手に入ると思います。

安いママチャリの相場はいくらくらいか

安いママチャリというのは主観であり、人により安い感覚は異なってきます。

また、近年はママチャリの価格が大幅に値上げされており、数年前とは安いママチャリの相場は異なっていると思います。

1万円以下のママチャリ

2010年代の終わりころまで安いママチャリで1万円台のママチャリは販売されていましたが、現在は新品で購入する場合は1万円以下のママチャリはないと思われます。

以前は9980円など1万円以下のママチャリがインターネット通販やホームセンターなどで販売されていました。

同じママチャリでも現在は2万円弱の価格になっており、倍近い価格になっています。

1万円以下でママチャリに限らず自転車を購入したい場合「1万円以下で購入できる激安自転車」が参考になると思います。

2万円以下のママチャリ

現在ママチャリで最も安い部類は2万円以下のママチャリです。

15,000円以上20,000円以下のママチャリがあれば非常に安いママチャリだといえます。

インターネット通販でも2万円以下のママチャリの販売車種数は非常に少なくなってきているため、2万円以下の安いママチャリが欲しいという方は早めに購入したほうがよいかもしれません。

3万円以下のママチャリ

一般的な「安いママチャリ」というと3万円以下を指すと思います。

2010年代では2万円台だったママチャリも現在では3万円台になっています。

3万円台のママチャリの場合、安さの割に品質の高いコストパフォーマンスが高いママチャリも多いため、しっかりとスペックを判断する必要があると思います。

自転車メーカーではどのブランドのママチャリが安いか

自転車メーカーごと同じスペックでも価格差があり、安い自転車メーカーと高い自転車メーカーがあります。

価格が高い自転車メーカーの場合、相応の理由があるため、しっかりとメーカーごとの特徴を抑えておきましょう。

ブリヂストンのママチャリ

大手自転車メーカーの中で一般向けにママチャリを製造販売しているのはブリヂストンのみです。

ブリヂストン以外にも電動自転車を製造しているメーカーとしてはパナソニックやヤマハがありますが、一般向けにもママチャリは製造していません。

ブリヂストンのママチャリは安くなく高い印象がありますが、品質とブランドは日本を誇る一級品で安い価格ではなく安心してブランドの自転車が欲しいという方にはブリヂストンがおすすめです。

ブリジストンのママチャリについては「ブリヂストンの一般自転車!!品質のブリヂストンのママチャリを購入するときのポイント」に詳しい情報を掲載しています。

インターネット通販やホームセンターでみる自転車メーカー

インターネット通販で販売されている安いママチャリの自転車メーカーの多くがメーカー直販品です。

メーカー直販にすることで余計なコストを抑え安い価格でママチャリを提供することができています。

インターネット通販で有名な自転車メーカーとしては、池商、サントラスト、21テクノロジーなどがあります。

注意したいポイントとしては、インターネット通販で販売しているメーカーの一部ではメーカー希望小売価格を高くしており、実際の売価を安くすることで値引き率を大きく見せている店舗やメーカーがあるという点です。

そのようなママチャリや安くても値段相応のことがほとんどのため、定価やメーカー希望小売価格はあてにしないようにしましょう。

人気でおすすめの安いママチャリ

安いママチャリの中でも常にランキングに入っている人気のあるママチャリとそうではないママチャリがあります。

人気の安いママチャリを中心におすすめ自転車を紹介します。

自宅まで届けてくれる安いママチャリ SUNTRSUT

SUNTRSUTは自宅まで配送している最も安いママチャリです。

26インチ、変速ギアなし、ブロックダイナモライトのママチャリとしては基本的なスペックです、価格の安さと自宅まで配送してくれるメリットは大きいです。

特に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県などの多くの地域で送料無料で配送してくれるのは他店とも比較しても価格が安いと思います。

配送希望でロングセラーの安いママチャリが欲しいというかたにおすすめです。

サイクルベースあさひの安いママチャリ クリームシティ

クリームシティはサイクルベースあさひが販売しているオリジナルブランドのママチャリです。

価格の安さは通販の中でも最も安い部類のママチャリです。

店舗受取限定のため、自宅などまで配送はしてくれませんが、店頭で受け取ることで梱包などゴミの問題もなく、店舗で店員さんが組み立て点検までしてくれるので安心してママチャリに乗ることができます。

サイクルベースあさひが最寄りにあり店頭受取が可能で安いママチャリを探している方におすすめです。

折りたたみ24インチの安いママチャリ 21テクノロジー

安さだけを求めるのであればおすすめの21テクノロジーのママチャリです。

24インチ、変速ギアなしの折りたたみ仕様です。

組み立て点検がされていない状態で配送されるため、購入者自身で組み立てが必要になりますが、自転車の取り扱いに慣れている方であれば問題ないと思います。

自転車の組み立てになれていない場合、最寄りの自転車店などで組み立てしてもらうことで安全に乗ることができると思います。

とにかく安いママチャリがほしいというかたにはおすすめです。

コストパフォーマンス高い安いママチャリ dixhuit

dixhuitは26インチ6段変速ギアのママチャリです。

安いママチャリが欲しいというかたも変速ギア付きママチャリが欲しいというニーズは高いです。

変速ギア付きママチャリの中ではコストパフォーマンスが高く安いと思います。

デザイン性も高く、カラーバリエーションも豊富です。

女性向けデザインとしても人気があり楽天などのランキングに常に上位に入っています。

変速ギアママチャリで安いママチャリを探しているかたにおすすめです。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 自転車の価格
-, ,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.