電動自転車はどのくらい楽?機能や乗ったときの感じなどを解説

更新日:

一般的な自転車から電動自転車に買い替えたいと考えるけど、どのくらい楽になるのかが想像できる購入に躊躇されているかたも多いと思います。

今回は、電動自転車はどのくらい楽なり、どんな感じなのかというのを文字で解説したいと思います。

電動自転車のアシスト機能は法律で定められている

電動自転車のアシストできる能力は法律で制限されており、上限以上の公道でのアシスト機能は法律で禁止されています。

道路交通法で定められており、時速10kmまでであれば人の力が1に対して、アシスト力は2まで出すことができます。

時速10kmを超えると徐々にアシスト機能が弱まっていき時速24kmになるとアシスト力は0になります。

おおよそ時速17kmのときに人の力が1に対して、アシスト力も1になります。

そのため、時速24km以上のスピードで走る場合はアシスト機能が稼働しないため、ただの重い自転車をこぎ続けているという状態です。

アシスト機能の恩恵を受けるのであれば時速10km以下のゆっくりとした運転の時に電動自転車の能力が発揮できるともいえます。

ただし、電動自転車がどのくらい楽かはアシスト機能だけではない

電動自転車がどのくらい楽かということについては、メインはアシスト機能ですが、アシスト機能以外にも電動自転車ならではの楽になる機能があります。

ヤマハの消費カロリー表示機能で健康管理が楽

ヤマハの電動自転車にはカロリー消費量がわかる機能が一部の車種についています。

スマートクロックスイッチというスイッチ部分についている機能です。

アシストモードオフでも利用できる機能の為、健康志向の方におすすめです。

パナソニックのラクイックが電子キーで鍵の開錠が簡単で楽

パナソニックの電動自転車の一部にはラクイックという電子キーで鍵が開錠できる機能があります。

鍵が電子キーのため、通常の自転車なら鍵を開けるときにポケットやバックに入っている鍵がどこにあるのかを探すという作業がありますが、ラクイックの場合、電動自転車のスイッチを入れると自動で開錠され楽です。

ブリヂストンのモーターブレーキで安心&バッテリー充電が楽

ブリヂストンの電動自転車の一部にはモーターブレーキ機能がついています。

急な下り坂など自動でモーターブレーキがかかり、手のブレーキの補助機能を担ってくれ楽です。

また、モーターブレーキ機能がついている電動自転車は走りながら自動充電機能もついており、モーターブレーキの制動力を蓄積し、バッテリーに充電することができ楽です。

メーカーによりアシストされる感覚が異なる

電動自転車の種類によりアシスト機能の楽の感覚が異なってきます。

上記で解説した通り最大アシスト力の上限は決まっていますが、アシストされる感覚は電動自転車により異なってきます。

具体的には、電動自転車のどこでアシストしてくれるかという点です。

アシストされるのが、ペダル部分から後輪部分の場合、ペダルを踏みこむと後ろから押してもらっている感覚に近いアシストを得ることができます。。

このアシスト方法は大手電動自転車メーカーでは各社発売されており、ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの一部の車種が対象です。

一方で前輪部分でアシスト機能の恩恵を受けることもできます。

この場合、ぐいぐい自転車を引っ張られている感覚になります。

前輪部分でのアシスト木のはブリヂストンの一部車種に採用されており、「両輪駆動」という表現で販売されています。

両輪駆動というのは、前輪でアシスト機能の動力得て、後輪で人のこいだ力の動力を得ることができるという意味で両輪駆動と表現しています。

私有地や工場などではアシスト機能が強い電動自転車も乗車可能

日本の公道で走ることができる電動自転車は上記でも解説していますが、時速10kmまでは人の力が1に対し、アシスト力は2までと決まっており、時速24km以上になるとアシスト力は0になります。

しかしながら、このルールは公道を走る場合に限りで私有地などでは、このルールに沿わなくても罰せられることはありません。

日本でもフル電動自転車やモペットと呼ばれる電動自転車が発売されており、より強いアシスト力で走ることができる自転車があります。

これらは通常の電動自転車よりも非常にアシスト力が強く楽です。

中には、こがなくてもモーターで走行できるバイクのようなフル電動自転車やモペットも発売されています。

これら商品は日本の公道では走ることはできませんが、工場など大規模用地などの移動手段やイベント会場などで活躍しています。

また、一部車種は原付としてスピードメーターやウインカーを設置することでナンバープレートを申請することもできる車種もあります。

一般的な電動自転車よりも便利でかなり楽に乗ることができますが、法律を守ってのるようにしましょう。

バッテリーの容量や一度の充電で走行できる走行距離が長いほうが楽

電動自転車がどのくらい楽かを計るポイントとしてはバッテリーの容量や一度の充電で走行できる走行距離という考え方があります。

バッテリーの容量が小さいとその分充電をする回数が増え、バッテリーの取り外しと充電を繰り返すという手間があります。

バッテリー容量が減っているのを走行中に気づいて「自宅に着いたら充電しよう」と思って自宅についたときには忘れており、バッテリーの充電がない状態で翌日乗り始めなければならないということはよくあるパターンです。

電動自転車のバッテリーがなくなった状態でも自転車には乗ることができるが、伝度自転車自体が非常に重いため、非常に乗りにくく不便です。

そのため、一度の充電で走行できる走行距離が長い電動自転車のほうがバッテリー充電回数が減り便利にのることができます。

電動自転車がどれくらい楽か感じるためには

電動自転車を初めて購入する場合、どの程度楽なのかを体感したいという方は多いと思います。

10km以下なら2倍のアシスト力があると記載しても体感しないことにはどのくらい楽かというのは実感できないです。

方法としては以下などの方法があります。

試乗ができる店舗で電動自転車がどれくらい楽か感じる

最近では家電量販店で購入前に電動自転車を実際に乗ってみてどのくらい楽か体験できるコーナーがあります。

例えば、ヨドバシカメラでは複数店舗で体験ができます。

電動自転車の試乗体験ができる店舗としては、以下に詳しい情報を掲載しています。

ヨドバシカメラの電動電動自転車試乗ができる店舗

電動自転車のレンタルでどれくらい楽か感じる

電動自転車の試乗ではどのくらい楽か判断できず、実際に毎日乗ってみて電動自転車が必要かどうか判断したいという方も多いと思います。

その場合、電動自転車のレンタルがあります。

電動自転車のレンタルであれば、期間は定められているものの購入するよりも安い価格でレンタルできどのくらい楽かというのを毎日、実際利用しながら体感できると思います。

電動自転車のレンタルについては「電動自転車レンタルサービスがブーム!子供乗せや1か月のみレンタルまで最新レンタル電動自転車の紹介」にも詳しい情報を掲載しています。

電動自転車のアシストをOFFで走るとどれくらい楽か感じられる

既に電動自転車を保有している方や試乗、レンタルしている方に電動アシスト機能の恩恵をどの程度得ているのかを感じられる方法があります。

具体的には、電動自転車に乗りながら電動自転車の電源をOFFにする方法です。

そうするとアシスト機能を得られなくなるため、非常にペダルが重く感じると思います。

10km以下で走行している場合、3倍ペダルが重くなる計算になります。

すべての急な上り坂で電動自転車が楽に上れるわけではない

電動自転車に乗っている場合で気を付けたいポイントとしては、急な上り坂です。

一般的なママチャリなどで上ることができず、自転車から降りて自転車を押して上まで行くことはあると思います。

電動自転車の場合もアシスト能力に上限があるため、必ずしも急な上り坂で全て電動自転車で上れるかは、試してみないとわかりません。

特にママチャリなどの場合、上り坂でサドルからおしりを離したたちこぎができますが、電動自転車の場合、車体全体が重いため、たちこぎが難しいです。

上り坂で電動自転車から降りて押して上るというのは非常に大変です。

重量が電動がない一般的なママチャリと電動自転車では1.5倍程度は重いため、押して上るのは大人の男性でも力がいります。

そのため、通勤通学などで楽をしたいが急な上り坂があるという場合、事前に電動自転車で上ることができるかをチェックしてから購入したほうがよいでしょう。

また、下記で解説しているパナソニックビビL押し歩きがあると改善ができると思います。

楽に感じられるおすすめの電動自転車

楽に感じられる電動自転車で特におすすめできる車種があります。

電動自転車の目的によっておすすめできる車種が異なるため、以下などを参考にしてください。

大手電動自転車のおすすめの格安電動自転車 ヤマハPASチア

ヤマハ、パナソニック、ブリヂストンの電動自転車は比較的高価格帯の電動自転車が多いですが、ヤマハPASチアは大手電動自転車メーカーの中でも価格が安い電動自転車です。

機能面を抑えることで価格を抑えています。

具体的には、バッテリー容量は8.9Ahとやや小さく一度の充電で走行できる走行距離がオートエコモードプラスとうモードで57kmと短いです。

ハイスペックのヤマハの電動自転車であれば100km程度走るので約半分程度です。

ただし、電動自転車としての全体レベルは高くモーター制御に強みがあるヤマハだけに非常に乗りやすい電動自転車になっています。

こまめな充電作業が気にならない方であればおすすめの電動自転車です。

子供乗せ付きおすすめの電動自転車 パナソニック ギュット・クルーム・EX

子供乗せ付き電動自転車の中でも品質が高い電動自転車です。

前に子供乗せがついており、お子さんが2人いる場合、後ろにも子供乗せを設置できます。

子供乗せがベビー用品で有名なコンビ社との共同開発で品質は折り紙付きでお子さんも楽に乗ることができる電動自転車です。

また、電子キーのラクイックやカルパワードライブユニットというパナソニックのなかでもハイスペックのドライブユニットを使っているため、乗られる大人の方も楽に利用できる設計です。

通勤通学用でおすすめの電動自転車 ブリヂストン アルベルトe

通勤通学に最も優れているブリヂストンの電動自転車です。

アルベルトeは歴史ある自転車で、「e」がつかないアルベルトという自転車もあり、電動機能がない自転車も販売されています。

アルベルトeは両輪駆動、走りながら自動充電、モーターブレーキだけではなく、メンテナンスが楽になるようにチェーンではなく、カーボンベルトドライブを採用し、パンクに強いタイヤを利用するなど、日々乗る中のメンテナンスも楽になるように設計されています。

毎日の買い物でおすすめの電動自転車 パナソニック ビビL押し歩き

パナソニックのビビL押し歩きは商品名の通り、自転車を降りた状態で押し歩くときにアシスト機能が利用できる電動自転車です。

坂道などで押し歩きが楽になり、重い電動自転車を軽々おすことができます。

この押し歩き機能は、ヤマハやブリヂストンの電動自転車にはない独自機能のため、急な坂道が日々乗るルートにある場合などに非常に有効で楽になると思います。

電動自転車はどのくらい楽?機能や乗ったときの感じなどを解説のまとめ

電動自転車がどのくらい楽なのかはというのは初めて電動自転車を購入する方は非常に気になる点だと思います。

電動自転車のアシスト力は道路交通法で決められており、時速10kmまでは人の力が1に対し、アシスト力は2となっています。

10kmを超えると徐々にアシスト機能は弱くなり、時速24km以上でアシスト機能は0になります。

アシスト機能以外にも電動自転車の楽になる点は数多くあり、消費カロリー見れたり、電子キーで鍵の会場ができたり、モーターブレーキ機能がついている車種などもあります。

楽という感覚は車種により異なり前輪にアシスト機能がついている場合、引っ張られる感覚になり、後輪にアシスト機能がついている場合、後ろからおされる感覚になります。

また、フル電動自転車やモペットと呼ばれる車種は私有地などでは道路交通法の制限に限らず強いアシスト機能で運転することができ非常に楽です。

そのほか、電動自転車の楽さのポイントとしては、バッテリーの容量の大きさです。

一度の充電で走行できる走行距離が長いほど充電回数が減り、都度バッテリーを取り外すなどの作業が減り楽です。

実際に電動自転車に乗ってどのくらい楽かを感じたい場合、家電量販店試乗コーナーで試乗することやレンタルで電動自転車を借りるなどの方法があります。

また、すでに電動自転車を保有している場合、電動自転車の電源をOFFにすることで楽さを体感できると思います。

また、電動自転車の場合、アシスト力に上限があるため、急な上り坂がある場合、アシスト力を利用しても上り切れないということもあるため、上り坂があり楽に乗れるか不安な場合は事前にレンタルをして試すなどしたほうがよいと思います。

これら点に注意して、電動自転車がどのくらい楽かを体験してみてくださいね。

-自転車を選ぶポイント, 自転車の知識, 電動自転車, 自転車の種類, その他の自転車の知識
-,

Copyright© ママチャリや電動自転車の選び方を学ぶ自転車専門サイト ママチャリ コレ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.